<憑依>体越し ~これまでの体越し~

毎年の大晦日・元旦に執筆している
憑依空間恒例の「体越し」!

でも…毎年1年も経過していると
前のお話を覚えていない…!という人も
たくさんいると思いますので、
”今年分”までの簡単なあらすじを見れる
コーナーを用意しました!

前年分までのネタバレがあるので、
できれば、前年の分まで、読んでからご覧ください~★!

※「体越し2020」までのあらすじを解説しています
(まだ1回も読んだことがない方は、2020までご覧になってから、見て下さいネ~!)

あらすじ

2017
2017年の大晦日ー
同じ大学に通う優亜(ゆあ)と付き合っていた男子大学生・歩武(あゆむ)は、
それまで真面目だった優亜が突然豹変し、自分に告白してきたことに
違和感を感じながらも、最高の1年を過ごしていたー。

そんな優亜の異変はー
”とある男”が、優亜に憑依したことによるもので、
優亜は身体を奪われていたのだったー。

男は”毎年年明けの瞬間に身体を乗り換えて”
1年ごとに異なる身体で過ごしている憑依人ー。

2017年の大晦日、男はカウントダウンイベントへと歩武と共に足を運びー
”2018年”の身体に乗り換えようとしていたー。

そして、2018年がやってくるー
優亜に憑依していた男は、カウントダウンイベントにやってきていた
大学生カップルー
星野 梨花(ほしの りか)と三本 慶介(みつもと けいすけ)に目をつけたー。

梨花は、奥手な性格で、悩みやすい性格の持ち主ー
そんな梨花に憑依して、好き放題しようとしていたのだー。

2018年になった瞬間ー
男は梨花に乗り換えたー。

梨花は別人のように豹変し、
優亜は、正気を取り戻して、彼氏の歩武のことも分からず、困惑するー。

ここから、男の”乗り換え”の物語は幕を開けたのだったー。

2018

2018年に突入し、憑依された梨花は、
今までの梨花とは別人のような行動を繰り返し、慶介と破局していたー。

それから1年、憑依された梨花は”女”の立場を利用して
慶介を脅迫、欲望の1年を送り、
別れることすらできず、すっかり追い詰められてしまっていたー。

そして、大晦日にネタばらしをする憑依された梨花ー。
慶介は”彼女の梨花が憑依されていた”という事実に驚き、
怒りを覚えるー。

しかし、抵抗することもできずに、大晦日恒例の
カウントダウンイベントの会場に足を運ぶことになり、
そこで、梨花は、慶介を変態扱いした挙句ー
そのまま2019年を迎えー、
男は、梨花から、幸せな家庭の人妻・若菜に身体を乗り換えたー。

憑依された若菜は、これまでの被害者と同じように豹変ー
夫の和彦と、一人息子を巻き込み、幸せな家庭を
地獄の家庭へと変えていくー。

そんな中、解放された梨花は、
1年間憑依されていた事実に、酷くショックを受け、
入院生活を余技なくされてしまっていた…。

2019

あれから1年ー
若菜に憑依した男は、若菜の身体で家庭を崩壊させ、
既に夫の和彦と離婚状態に陥っていた。

乗っ取られて欲望のままに1年を過ごした若菜は
家族からも縁を切られて、友達も失っていた。

それでも、若菜にー
若菜に憑依していた男にとっては、そんなことは
関係のないことだった。

そして、いつものようにカウントダウンイベントに
足を運ぶ若菜。

”2020年”の年明けと同時に、若菜の身体を捨てて、
男はまだ小学生の咲という少女に憑依した。
咲になった男は”無邪気な少女”という立場を利用して
悪事を尽くす1年にしよう、と決意する。

一方、正気を取り戻した若菜は困惑ー
元夫の和彦から、何が起きたのかを聞かされて、
驚き、恐怖するー。

困惑しているのは、夫の和彦も同様だったー。
そこに、2018年の憑依被害者・梨花の彼氏であった
慶介が姿を現し、和彦と情報交換を行うー。

そしてー、慶介は、
彼女だった梨花が、去年の夏に自殺したことを、
和彦の前で話すのだった…。

2020

咲の”年齢と立場”を利用して、悪事を繰り返していた男。
2020年の夏には、両親にも咲が悪いことをしていることが
バレてしまい、両親たちは、咲の豹変に絶望ー、
それからも男は、悪事を続け、
2020年の大晦日、
次は現役女子高生アイドルの”あかり”をターゲットに定め、
年明けの時間を待ったー。

しかし、男の行方を追っていた、2018年の憑依被害者・梨花の彼氏、
慶介に見つかってしまい、問い詰められるー。

それでも、男は咲の立場を利用し、慶介を罠にはめー
慶介は逮捕され、男は咲の身体を捨ててアイドル、あかりに憑依したー。

2021年ー。
アイドルのあかりになった男は、
昨年、咲の身体ではあまり楽しめなかったエッチ方面を楽しむことを決意していたー

今年は欲望の1年ー
あかりの身体は年末まで持つのだろうか。
そんな風に思いながら、男は再び、欲望の1年を開始するのだったー

そしてー
物語は「体越し2021」へ…!
(2021/12/31スタートデス)

これまでの登場人物と現在までの状況

(「体越し2020の②で、2021年元旦が描かれていたので、
そこまでの状況を記載しています~!)

横山 優亜(よこやま ゆあ)
現在の状況…歩武と正式に付き合い始めて同居中。
”2017年”に憑依されていた女子大生。元々は非常に真面目な性格で、
美術系の勉強に熱心だった。憑依された後に歩武に告白し、欲望を露わにした。
2017…男に憑依されて、元旦に告白。欲望の1年間を過ごした。
2018…身体を開放される。歩武とは憑依以前に面識なし。
2021…歩武と付き合いだしていた。

沖野 歩武(おきの あゆむ)
現在の状況…一般企業勤務。優亜と同居中
優亜の彼氏。ただし、告白された時点で優亜は憑依されており、
憑依される前の優亜とはほぼ面識のない状態だった。
2017…憑依されているとは知らず、優亜とカップルに。
2018…優亜が憑依されていたことにショックを受けつつも優亜を支える決意をする
2021…正式に優亜と交際を始めている。

星野 梨花(ほしの りか)
現在の状況…死亡
”2018年”に憑依されてしまった女子大生。
元々悩みやすい性格で、とある悩みを慶介に支えてもらったことで付き合い始めた。
2017…彼氏の慶介と共にデートに来ていた
2018…新年と同時に男に憑依されてしまい、完全に支配されてしまう⇒大学は自主的に退学
2019…正気を取り戻すも、精神的に深い傷を負い、入院する
2020…自殺したことが、慶介の口から語られた。

三本 慶介(みつもと けいすけ)
現在の状況…フリーター(梨花の仇を取るため、正社員は断念)
男子大学生。梨花の彼氏。梨花が憑依されていたことを知り、
怒りに震えて”男”の行方を追う。
2017…梨花と共にカウントダウンイベントにやってきていた。
2018…彼女の梨花の豹変に戸惑う
2019…事実を知り、復讐を決意する
2020…2019年の被害者の家族、和彦と知り合う
2021…咲の身体を使った男にはめられて逮捕されてしまう。

波野 和彦(なみの かずひこ)
現在の状況…会社員
波野家の父親。家族思いで優しい性格の持ち主。
2018…家族で大晦日のカウントダウンイベントに訪れていた
2019…妻の若菜が憑依されてしまい、家庭崩壊。家から飛び出し、離婚に至る。
2020…過去に同じく被害を受けた慶介と知り合う。
2021…慶介から連絡を受ける。

波野 若菜(なみの わかな)
現在の状況…入退院を繰り返している
”2019年”の憑依被害者。
波野家の母親。和彦とは高校時代からの付き合いだった。
2018…家族で大晦日のカウントダウンイベントを訪れていた
2019…憑依されて豹変。家庭を崩壊させ、離婚に至る。
2020…正気を取り戻し、自分の状況に困惑する。

波野 良助(なみの りょうすけ)
現在の状況…父と共に暮らしている。
波野家の長男。
2018…家族で大晦日のカウントダウンイベントを訪れていた
2019…憑依された母親を前に、父と共に家出。精神的に病んでしまう。
2020…母親に対してトラウマを抱いている模様。

咲(さき)
現在の状況…学校復帰できず療養中
”2020年”の憑依被害者。
ごく普通の家庭の娘。穏やかで良い子に育っていた。
2019…カウントダウンイベントに両親と共にやってくる
2020…男に憑依されて豹変。”無邪気な少女”の立場を利用して悪事を働く
2021…年明けと共に解放される。本人は心の傷を負うことに。

咲の父
現在の状況…慶介を犯人であると誤解している
咲の父親。現時点では本名不明。
2019…娘と共にカウントダウンイベントにやってきていた。
2020…咲の豹変に困惑する
2021…咲の無事を喜ぶも、慶介の仕業であると誤解してしまう。

咲の母
現在の状況…娘の心配をしている
咲の母親。現時点では本名不明。
2019…娘と共にカウントダウンイベントにやってきていた。
2020…咲の豹変に困惑する。
2021…咲が元に戻ったことを喜ぶ

あかり
現在の状況…”2021年”の憑依被害者
現役女子高生アイドル
2020…年末のカウントダウン生放送に出演していた。
2021…放送中に憑依されてしまい、淫乱アイドルとして1年を過ごすことに。

かりん
現在の状況…あかりに困惑中。
あかりと同じグループに所属するアイドル
2020…年末のカウントダウン生放送に出演していた。
2021…様子がおかしくなったひかりを心配している。

PR
憑依<体越し>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました