57万アクセス記念短編!リアルデュエリストVol15 ~お前のライフは0だ~

憑依空間が57万アクセスを達成しました!
いつもありがとうございます!!

今回の短編は
リアルデュエリストVol15 ~お前のライフは0だ~ です!

お楽しみ下さい!

-------------------------------

とある深夜のコンビニー。

チンピラ風の男、等々力 修造(とどろき しゅうぞう)が
店員にしつこくクレームをつけていたー。

いかにも気の弱そうな青年店員の
南雲 道彦(なぐも みちひこ)は、必死に、
修造に対してお詫びを続けていた。

「申し訳ございませんー
 本当に申し訳ございませんー」

トイレから仲間の男が出てくる。

「へい、どうしたの?修造?」
明らかにガラの悪そうな男2人。

男2人同時にトイレに入って
何をしていたのだろうか。

いやー、
今はそんなことを気にしている場合ではない。

このクレーマーをどうにかしなければ。

クレームの内容はこうだ。
「ホットスナックのつかみ方が気に入らない」

要は、言いがかりだった。

道彦は、いつものように、
丁寧にホットスナックのチキンを袋に入れた。
それなのにクレーム。

この客たちの雰囲気から見て、最初から絡んでくるつもりで
来店しているのは明らかだった。

「--なぁ、土下座しろよ 土下座」
修造が、道彦の頭をポンポンと叩く

「申し訳ありません
 そういうことは…」
道彦が言うと、
他の男2人が怒鳴った。

「おら!誠意を見せろよ!」
「店長を出しやがれー!」と。

道彦はひたすら謝り続ける。

修造は、勝手にアイスクリーム売り場のアイスを
取り出し、その場で食べ始めた。

「んっん~
 ソフトクリームってうめぇよな?」

笑いながら他の二人にも
ソフトクリームを投げていく。

2人のうちの一人がキャッチに失敗し、
残りの2人がゲラゲラと笑っている。

道彦は拳を握り締めた。
”好き放題しやがって”
とー。

道彦は正義感の強い青年だった。
だからこそ、こういうやつらは許せなかった。

「--おう、お前、金払っとけよ」
修造が道彦に向かっていった。

「もうしわけありませんお客様、そういった対応は…」

修造がカウンターを叩いて怒鳴る。

「お客様は神様だぜ?
 できねぇってのか?
 俺らの食べたアイスの分、
 お前が金を払っとけって
 言ってんだよ!」

修造が怒鳴るー。
道彦は困り果てたような表情を浮かべた。

「---ふざけやがって」

今度はチンピラたちが雑誌コーナーで不機嫌そうに
雑誌を読み始めた。

「--警察呼びますよ!」
道彦が叫んだ。

”最後の警告”

「あぁん?ふざけやがって
 呼べるものなら呼んでみろってんだ!」

修造がキレたー。

店内のモノを蹴り飛ばし、道彦のほうにやってきて、
唾を道彦の顔に吹きかけるー

ブチッ・・・

キレた。

道彦はーー
キレたーーーー。

ボッ!!!

当然、チンピラ風の男、修造の全身が
火に包まれた。

「いぎゃああああああああああ!」
修造が悲鳴をあげる。

そしてーー
ほどなくして、燃え尽き、
修造は消えてしまった。

道彦は”火あぶりの刑”のカードを持っている。

彼はー
リアルデュエリスト…
かざしたカードを現実化する能力を持つ男だった。

「--お、おい!何すんだテメー!」
残りの2人のうちの一人が、道彦に向かって突進する。

しかしーーー
次の瞬間、チンピラの首が吹き飛んだーーー。

「--!?」
残りの一人のチンピラが道彦の姿を見るー。

そこには、妖艶な美女が立っていた。

”斬首の美女”
道彦はそのモンスターカードで、
自らが斬首の美女となり、
チンピラの一人を斬首してしまった。

「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ!?」
残りのチンピラが泣き喚いて逃げようとする。

ーー薄幸の美少女ー

そのモンスターカードをかざされたチンピラは
少女の姿になって走り続けたー

彼がそのことに気付くのは少し先のことだー。

「--あぁ、またやっちゃったよ」
道彦は呟く。
ある日、突然手に入れたリアルの力。

この強大な力を使うまいと心がけてはいるものの、
イラッとするとついつい使ってしまう。

「ま、仕方ないか」
道彦はそういうと、「記憶抹消」のカードを使い、
監視カメラの映像を削除した。

道彦は、何食わぬ顔で深夜のコンビニ営業を続けるのだったー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依要素が…ない(汗)
記念短編のときはこういうこともあります!

憑依<リアルデュエリスト>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました