19万アクセス記念!「まちのはいしゃさん 番外 ”凡人”」

憑依空間が19万アクセスに達しました!
ありがとうございます!!!

次は20万ですね…

今回は「まちのはいしゃさん」の後日談&番外編 ”凡人”を
記念にどうぞ!

”凡人”では憑依などできない、という悲しい現実を描いた短編です。

------------------------------------

東歯科…。
そこの院長の東医師は、ある日、幽体離脱の力を手に入れた。
その力を悪用しようと考えた東は、
特殊な歯を作り出し、それを歯科治療の患者につけ、
その歯を”魂”の受信装置として、歯を通して、
患者を操るという凶行におよんでいた。

患者の一人、中森 彩友美(なかもり さゆみ)は
歯を通して東医師に体を乗っ取られ、
実の父を誘惑した。

だが、すんでのところで、父は憑依された娘の誘惑を
乗り越え、父として、
娘の歯を抜歯、無事に娘を救い出したのだったーー

翌日。

東医師の逮捕を行った刑事の一人、
年配刑事の奥脇 達郎(おくわき たつろう)は、
自宅で、とある”歯”を見つめていた。

東医師を逮捕した際に、拾った
”例の歯”だ。

これを差し込めば、人を自由に操ることが
できるという歯…。

本来ならば証拠として、提出するべきものだったが、
奥脇は欲望に負けた。

歯をこうして自宅に持ち帰り、まじまじと見つめていた。

「---この歯で、憑依か…」

彼は20年以上、警察官として真面目にキャリアを
積み上げてきた。

だが、最近思うのだ。

このまま独身で俺は終わるのかー?と。
もう40半ばの奥脇にはチャンスはないのかもしれない。

しかしー。
事態は変わった。

この歯を女性に差し込むことさえできればー、
その体を奪って、新しい人生を送ることができるのではないかー。

「---悪く思うな…。
 俺だって、人生、逆転したいんだよー」

仕事に明け暮れる日々。

そして、帰ってくれば、酒を飲みながら
録画しておいたテレビドラマを自分ひとりの部屋で見て、
そして風呂に入って寝る。

そんな日々の繰り返しだった。

「--俺にだって、楽しむ権利はあるはずだ」

奥脇はそうつぶやいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後日、奥脇は通学中の高校生を、
車の物陰から見ていたー。

「------!!」

奥脇の目が光る。

長いストレートヘアーの可愛らしい女子高生が
目に入った。

しかも、ちょうど友人と思しき女子が、
何かの用事か、先に学校のほうに走っていったのだ。

奥脇はニヤリとした。

そして、手に持った歯を見つめながら呟く。

「俺は、女子高生に生まれ変わる!
 ピチピチの女子高生に!
 ふふふふふふ!」

正義の執行人であるはずの奥脇は、
欲望に取り付かれて邪悪な笑みを浮かべた。

そしてー。
背後から女子高生に近づき、奥脇は警察手帳を差し出した。

「君のお母さんが事件に巻きこまれた。
 すぐに来てくれるか?」

奥脇が言うと、女子高生は不思議そうな顔をした。
警戒の色がにじみ出ている。

しかしー
奥脇の警察手帳を見たからか、女子高生は慎重な
表情で、「はい、わかりました…」と答えて、
奥脇の言うとおり、パトカーに搭乗した。

「-----」
奥脇は笑う。

1時間後には、俺がこの子になっているのだ。

まず、何をする?
やはり、この子の体でエッチなことをするべきだろうー。

今夜はオールだな!

奥脇は、パトカーを人気のない場所で止めた。

そして…女子高生のほうを見た。

「きみ…名前は?」
奥脇の問いに、女子高生が警戒をあらわにする

「--え…?
 な、、名前も分らないのに、私を…??

 お、、お母さん、本当に事件に・・・」

女子高生がそう言いかけたその時、
奥脇は強引に女子高生を押さえ込んだ。

そして、無理やり隠し持っていたペンチで
女子高生の歯を力任せに引き抜いた。

「---知り合いが歯科医師だったからな。
 ふふふ」

そして奥脇は、女子高生の悲鳴と出血を無視して、
「東医師の特殊加工の歯」を、女子高生に差し込んだ。

「ふはは!悪く思うなよぉ!
 君の体は、俺のモノダー!」

・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。

「……ひっ…や、、、やめて・・・」

口から血を流している女子高生が涙を流している。

「---!!」
奥脇は思うー。

そういえばーーー

”幽体離脱なんて、俺はできないぞー”

と。

唖然とする奥脇。
有頂天になってた彼は、この歯を通して、憑依できる、
そう思っていたー。

だが、違ったー。

東医師は言ってた。

”幽体離脱”能力を手に入れたから、
人に憑依するための”受信装置”としてこの歯を作った。

とー。

「---ゆ、、幽体離脱?くそっ、俺にはそんなこと」

目の前に、こんなに可愛いからだがあるのにー。

「---た、、助けて!
 助けてぇ!」

女子高生が叫びだした。
まずい!

早く憑依しなければ。

「くそっ!幽体離脱しろ!俺の体、幽体離脱!」

奥脇はパニック状態になった。

しかしー
当然ながら幽体離脱などできない。

彼はー
“器”ではないのだー。

「---くっそぉ!体をよこせぇ!」
奥脇は理性を失い、女子高生に襲い掛かった。

「やめて!やめて!やめてーーー!」
悲鳴をあげる女子高生に襲い掛かる奥脇。

しかしー。

「----…そこまでだ」

呆れた様子で別の駆けつけた警察官に腕をつかまれ、、
奥脇の”一瞬の夢”は終わったー。

”凡人”に憑依など、できるはずがなかったのだー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

留置所で奥脇は、東医師と出会った。

先週まで、警察官だったのに、
今や自分は暴漢の犯罪者…。

「・・・・お前の作っていた歯…
 あれを拾って、女子高生の体を奪おうと思っちまった」

奥脇が呟くようにしていうと、東医師は振り返った。

「---俺だってよ…人生、逆転したかったんだよ…
 女の子の体で、人生やり直したかったんだよ・・・」

奥脇は、悔しさと情けなさで涙を流した。

東医師は、そんな奥脇を鼻で笑った。

「---一緒にしないでくれ。
 私は、歯を虫歯にしてしまう愚民どもを導くために
 憑依していたに過ぎないー。

 それに、憑依能力を誰もが、会得できるとは
 思うなー。

 あなたみたいな凡人には、”憑依”など、
 することはできない。
 永遠になー」

東医師は諭すようにそう言うと、牢の中へと戻っていった…。

奥脇は悔しそうに唇を噛みしめたー。

ーーー憑依は誰にでもできることではない。

けれどー。

選ばれた人間ー
努力した人間ー

そして、才能…。

それらの要素が運よく、折り重なったとき、
あなたの元にも憑依能力が、舞い降りてくるかもしれないー。

憑依との出会いは、突然なのだから…

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

19万アクセスありがとうございます!

今回は”憑依”は誰にでもできるわけじゃない、という
憑依を夢見てできなかった男の話を書いてみたかったのと、
「まちのはいしゃさん」の最後の伏線(?)が未消化だったので
番外編ということで書いてみました。

記念小説は、変な感じのが多いですが
大目に見てください!笑

憑依<まちのはいしゃさん>
憑依空間NEO

コメント

  1. 柊菜緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    まちんはいしゃさん 番外
    まちん→まちの

    できという歯
    できるという歯

    前提を間違えてしまった残念な人でしたね( ˘ω˘ )

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > まちんはいしゃさん 番外
    > まちん→まちの
    >
    > できという歯
    > できるという歯
    >
    > 前提を間違えてしまった残念な人でしたね( ˘ω˘ )

    まちんはいしゃさんw
    失礼しました!笑

タイトルとURLをコピーしました