短編憑依<ミスト・ゾーン> 

憑依空間とは別のTSF小説サイト様、

霧のかかった坂 様が
登場する小説を作りました。

管理人様の井澄ミスト様のご許可を頂いております。

※フィクションです。

-------------------------—-

女子大生、成岡 蛍(なるおか ほたる)は
彼氏が好きだという、
”TSFモノ”と呼ばれる、ジャンルの小説をパソコンで
見つめてみた。

「ほーら、そんなに嫌そうな顔するなって!」
彼氏が笑う。

彼氏が画面に表示された
TSF小説のサイト、
霧のかかった坂 を指差して言う。

「このサイトの小説、本当に面白いんだって!
 ホラ、これなんか見てみろよ、
 女の子が憑依されて好き勝手されてる!

 興奮するよなぁ!
 俺、毎日深夜にココ見てるぜ」

興奮していう彼氏に
蛍はあきれた。

「--はぁ…
 趣味悪いのねあんた…」

彼氏が笑う。

「読むだけなら、自由だろ。
 実際に何かするわけでもなし。

 心のオアシスだよ」

そういうと、彼氏が
「あ、ちょっと、用事を思い出した!
 コンビニ行って来るわ!」と言って
玄関から外へと出て行ってしまった。

「ちょっとぉ~私、こういうの興味ないんだけど!」
蛍が玄関先の彼氏に言うが、
彼氏は笑って手を振るだけだった。

蛍は嫌悪感を露にしてサイトを見る

「”奇妙な女子高生”」

「”憑依小説サークルの秘密”」

蛍は嫌そうな顔をしながら
作品を読んでいく。

そして、そのまま呟く

「何よ・・・
 こんなの楽しんでニヤニヤして・・・

 女の子の敵ね!

 体を自由に弄ぶなんて、
 わたし、ゆるせない!」

蛍が一人叫ぶ。

サイト管理者の名前を見る。

”井澄ミスト”と書かれている。

どんな人物なのだろうか

「--ま、女の子の敵であることには・・・」

そのときだった。
パソコンのモニターから、突然、霧のようなものが
あふれ出した。

「な、、、なにこれ…!」
蛍が驚く。

突然モニターから出てきた霧は、
あっという間に蛍の体を包み込む。

「ひっ、、、な、、なによ!やめて!」
蛍が叫ぶ。

ふと蛍がパソコンのモニターに目を戻すと、
”井澄ミスト”と表示されている横の少女のイラストが
不気味に笑みを浮かべているのが見えた

「ひっ!!!」

イラストが・・・動いた?

そんな恐怖にかられている間に、
蛍の口から、鼻から、耳から、
霧が体内へと侵入していく

「いっ・・・いやああああ!」

叫ぶ蛍。

そして、蛍は恐怖のあまり気を失った。

「---おい、、、おい蛍!」

・・・・

「・・・あれ?」
蛍は目を覚ました。
彼氏の声で。

蛍が辺りを見回す。
霧はもうない。

「あれ・・・わたし?」
蛍が不思議そうに言うと、
彼氏が笑う

「そんなに、小説つまらなかったか?」
彼氏にたずねられた蛍は思い出す。

そうだー
TSF小説を読んでいて、
霧が…。

でも、、大丈夫。
もしかしたら自分が憑依されちゃうんじゃないかと
怖かったけど、
大丈夫。

ちゃんと、わたしだ。

蛍は画面に映っている
”霧のかかった坂”を見つめる。

「ううんー、とっても楽しかった!」

蛍の口から出た賞賛の言葉。

彼氏は、自分の趣味を理解してくれたと
判断して笑みを浮かべた。

「--TSF小説っていのも、
 面白いね!
 わたし、すっかりはまっちゃった♪」

笑う蛍。

あれー
さっきまでわたしー?

でも、そんな疑問はすぐに”霧がかった疑問”となり
消えうせた。

画面を食い入るように見つめる蛍。

「--この井澄ミストさんって人、天才だよね!」

蛍が微笑む。

その日以降、彼女は
霧がかかった坂、のサイトを毎日のように見ては
「拍手」をし、ツイッターで紹介をし、
褒め称えた。

何故だか知らないが、楽しくて仕方がない。

「あ~今日もミストさんの小説楽しみ!」
蛍は大学からの帰路で、そう呟きながら
笑みを浮かべた

蛍の家にでつきっぱなしのパソコンのモニターに
”霧のかかった坂”に表示されている。

サイトの少女が、不気味に笑みを浮かべる。

TSFを侮辱するものは許さないー。

蛍は、
”ミスト”の怒りに触れてしまった。

霧は今日も拡散する。
サイトを侮辱するものに、
霧は憑依するー。

そうして、少しずつ、サイトは成長していく。

ファンが毎日少しずつ増えていく。
霧のかかった坂を侮辱した人間が、
ファンになっていく…。

井澄ミストの領域を侵すものは居ないー。

なぜなら、
侵そうとすれば、
霧に憑依されて、ファンになってしまうのだからー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

井澄ミスト様の恐ろしきお力…
ではなく、
執筆許可を下さりありがとうございました^^

TSFサイト管理人様は、
きっと何かの力を持っている…はず!

憑依<ミスト・ゾーン>
憑依空間NEO

コメント

  1. きみき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然のご連絡失礼致します。
    きみきと申します。
    ブログを運営しているのですが、
    貴サイト様を拝見させていただきまして、
    是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
    URL: http://ky8uqsnu.blog.fc2.com/
    お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

  2. きみき より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然のご連絡失礼致します。
    きみきと申します。
    ブログを運営しているのですが、
    貴サイト様を拝見させていただきまして、
    是非相互リンクさせていただきたくご連絡差し上げました!
    URL: http://ky8uqsnu.blog.fc2.com/
    お手数をお掛け致しますが、ご検討のほどよろしくお願い致します。

  3. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    忘れてた。そういや管理人が最強だったわ
    しかしどうも自分はミストときくと、あのドラクエで出てくる奴を条件反射で思い浮かべてしまう。
    自分的には最強三大憑依者の一角って感じなんだけど、もしかしたら俺も知らないうちに毒されてたりして笑
    こういう一風変わった話も面白い

  4. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 忘れてた。そういや管理人が最強だったわ
    > しかしどうも自分はミストときくと、あのドラクエで出てくる奴を条件反射で思い浮かべてしまう。
    > 自分的には最強三大憑依者の一角って感じなんだけど、もしかしたら俺も知らないうちに毒されてたりして笑
    > こういう一風変わった話も面白い

    井澄ミスト様のご許可を頂いて書いちゃいました^^
    私ではミスト様には敵いません…

タイトルとURLをコピーしました