<他者変身>引きこもりの俺がアイドルに!?①~衝撃~

実家で引きこもり生活を送る28歳の男ー。

彼は、ある日突然、
”1ヵ月前に失踪した人気アイドル”の姿に
変身してしまうー。

--------------------—

1か月前ー
人気アイドルの萌(もえ)が突然失踪したー。

世間は大騒ぎになり、
事件や自殺も視野に入れて、警察の捜査が行われたものの、
ついに、萌が見つかることはなかったー。

”萌はもう死んでいる”

事件であったにせよー
自殺であったにせよー
1か月も消息を絶ったまま、という状況は、
ただ事ではないのは確かなことで、
萌が現在もどこかで生きている可能性は、低いー、
と、言えたー。

「---へへ」

そんな、人気アイドル・萌の失踪とは
まるで関係のない男ー

尾関 康春(おぜき やすはる)は、
スマホを見つめながら、ニヤニヤしていたー。

康春は、大学卒業後、定職に就かず、
コンビニでアルバイトを始めたものの、
人間関係が上手く行かずに、退職ー。
その後は、働くこともせずに、家で引きこもり生活を送っていたー。

両親には、もはや”諦め”ムードが漂っていてー
妹の留美(るみ)は、完全に呆れていてー
話しかけるだけで怒るー

そんな状況だー。

2カ月ほど前に、28歳になった康春は、
今日も変わらずの引きこもり生活ー。

スマホでネットサーフィンをしながら、
ゲームをしたり、漫画を読んだりー、という日々を送っていたー。

「--ごはんは部屋の前に置いておいて」
康春は、母親に対してそう言うと、
母親は「ちゃんと食べるのよ」とだけ呟いて、
部屋の前にご飯を置いておくー。

康春が、部屋から出るのは、
”トイレに行くとき”と、”たまにお風呂に入るとき”
ぐらいで、その他はずっと、部屋に引きこもっているー。

買い物は、ネットショップでするし、
届いたものは、開封せずに部屋の前に置いておくように
親に言いつけてあるー。

「---…へへへへ!今日から遊ぶぞ~!」
新発売のゲームソフトを手にしながら
笑みを浮かべる康春ー。

だがー
彼はまだ知らないー。

”明日”
自分の身に起きることをー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝ー

「----」
いつものように、好きなだけ寝て、
今日は11時頃に目を覚ましたー

目覚まし時計の類も、必要ないー。

康春にとっては、カレンダーの数字は
全部赤い文字で書かれているのだからー。

「--さて、昨日の続きでもやるかな」
昨日発売されたゲームの続きをやろうと、
そう呟いた康春は、突然ビクンと、震えて、
慌てた様子で飛び上がると、
まるで、サバイバルゲームをプレイしている最中かのように、
物影に隠れて周囲を見渡したー。

”さて、昨日の続きでもやるかな”

と、いう、誰かの声が聞こえたからだー。

”俺の言おうとした言葉を先に言うなんてー
 いったいー?”

しかも、その声は可愛らしい女の声だったー。

部屋の中をじっと見渡す康春ー。
だが、誰かがいる様子はないー。

”おかしいな…今、確かに女の声がしたんだけどな…”
ビビり症の康春は、冷や汗をかきながら、
部屋の中には誰もいないと思いながらも
「---だ、、誰かいるのか!?」と叫ぶー

「---!?!?」
康春は、ここでやっと気づいたー。

”女の声”はー
自分の口から出ていることにー

「--えっ!?」
康春が戸惑いながら、「あ、、、あ~~~~」と
声を出すと、
自分の声ではなく、可愛らしい声が出たー

「え…?ちょ!?なにこれ!?どうなってんの!?」
そう叫ぶ声も、もちろん”女”の声ー。

意味が分からないと思いつつ、
自分の身体を見るとーー

「ぎゃああああああああああああああああ!!!!」

そこには”膨らんだ胸”と
”肩にも掛かる綺麗な髪”

そしてーーー

「ねえええええええええええええええ!!!!!」
自分の股間にあったはずのソレがなくなっていたー。

パニックになる康春ー

「ちょ!?なんだこれ!?
 俺、女になってんの!?え!?マジー?」

康春はそう呟くと、周囲を見渡すー。

だが、康春の部屋に姿見などあるはずもなくー
小さな手鏡をようやく机の引き出しから取り出すと、
自分の顔を見つめたー

「--誰こいつ!?」
思わず叫ぶ康春ー

鏡に映ったのは、可愛らしい女性だったー。
年齢は、自分よりも下に見えるー。

「----……」
自分の顔をまじまじと見つめる康春ー

「-これってーー」

”他人に憑依する”
”他人と入れ替わる”
”朝起きたら女になっていたー”

そんな感じの話を、いくつかネットや漫画などで
読んだことがあるー。

憑依
入れ替わり
女体化ー

だがーー
”俺は自分のベッドで寝てたー
 憑依なら、この場所で寝てることはあり得ないはずー”
と、考えて、”憑依”を候補から外すー。

あぐらをかきながら、考え込む康春ー

”入れ替わり”の場合も、自分がここにいるのはおかしいー。
夜中には部屋の鍵も閉めているから、
誰かが入れるはずがないのだー。
自分と、相手が、遠隔で入れ替わったなら話は別だが、
やはり、可能性は低そうに思えるー

「俺はーーー…俺は、女体化したのか!?」
そう叫びながら、康春は再び自分の姿を見つめると
「やべぇ…かわいいじゃん…エロイじゃん!」と嬉しそうに叫んだー。

すぐに胸を触り始める下心満載の康春ー。

「うわあああああ…♡ やべぇえええええ♡」
ケダモノのように叫ぶ康春ー
その声が、可愛いことで、さらに興奮してしまい、
あまりのうれしさにどうしていいか分からずー
アニメキャラの抱き枕を抱いて、雄叫びを上げるー。

「--ふへへへへ…そうだーー」
笑みを浮かべる康春ー。

「こんなかわいい姿ならーーー」

そう思って、部屋のマスクを探して、さらには帽子をかぶりー
自撮りを撮影すると、
それをそのまま自分のツイッターアカウントに載せてみたー

”可愛い女が自撮りを載せる”
それを、やってみたかったのだー。

「おぉぉ!?」

マスクと帽子を着用して自撮りしたのはー
なんとなく、素顔を全て晒すのに抵抗があったこととー
もしかしたらこの姿でこれから暮らすことになるかもしれないー、と
考えたためだー。

さすがに、顔を全て晒すほどの勇気は、康春にはないー。

「---!!!スゲーーー!」
康春はゲラゲラと笑うー。

”実は女だったんです♡”と、ゲーム垢にツイートしたところ、
物凄い勢いで、いいねとリツイートが増えていくー。

「女って自撮り載せるだけでこんなになるのかよ…ウケるなぁ」
ニヤニヤしながら、康春は可愛い声でそう呟くー。

だがー
「---」

康春は”さすがに伸びすぎじゃね?”と思い始めたー。

女の自撮りツイートはこれまでに何度も見たことがあるがー
一般人で、1000とか、そんな数字に行くことは
珍しい気がするー

確かに、ある程度のいいねやリツイートはつくがー
有名人でもない限り、
ここまで伸びたりすることはー。

”あっという間”に、1000いいねを越えて、さらに爆発的に
数字が伸びていくのを見て康春は、少し怖くなってしまったー。

そしてーー

”帽子とマスクをしてても分かりますー
 萌ちゃんですよね!”

”萌ちゃん!”

”生きてた”

”何があったか知らないけど、まずは生きててよかった”

などという、コメントが多数寄せられているのに、
康春が気づいたのは、その数分後のことだったー。

「--は…?萌…?」
康春は戸惑うー。

萌ーー
萌ーーー
萌----

康春は自分の記憶を必死に探りー
ようやく、思い出したー。

「あっ!!!!!!!!!
 この顔…1か月前に失踪したとかいうアイドルー!」

あまりアイドルに興味がなかったため、
すぐに思い出せなかったがー
康春は、人気アイドル・萌の姿に
”変身”してしまっていたのだー

「ーーーえ!?ちょ…なんで俺が…?」
何で自分が、アイドル・萌の姿になっているのかー。

意味が分からないー

だがー先ほどから、
妙に自撮りツイートのいいねの増え方がおかしいのはー
”失踪していたアイドルが無事だった”と、みんな勘違いしているからだと、
康春は思ったー

”人違いです!”
康春はすぐにそうツイートしたー。

だが、その声は、大量の声にかき消されー
失踪していたアイドル・萌の無事が確認された、と
世間的に大ニュースになってしまったー。

「--お、、おい、、おいおいおいおい!」
”くそっ!面倒なことになった”

康春はそう思いながら、自分の長い黒髪を
ぐしゃぐしゃとかきむしるー。

「-ーーーこうなったら」
康春は可愛い声でそう呟くと、
自分のツイッターのアカウントを削除しー
そのままスマホをベットに放り投げて寝転んだー。

「--ったく、どうするんだよ」
片手で胸を揉みながら、ベットの上であおむけになって
天井を見つめるー。

「--なんで急に俺が、アイドルの姿に…?」
意味が分からないー。

「---ってか、この姿、親とか留美には
 どう説明すればー?」
康春はひたすら片手で胸を揉みながら考えるー。

”気持ちイイなこれ”などと思いながらー
ひたすら、これからどうするかを考えるー。

”朝起きたらいきなりこの姿になっていた!”
と、でも説明するかー?

いや、ダメだー。
康春は「あ~~~!」と、叫びながら
起き上がってベットの上に座り込むー。

ズボンの上からアソコのあたりを触りながら
「ここの感じ…やべぇ」と、ニヤニヤするー。
アレがついていないというだけで、
康春からすれば、新鮮極まりないー。

”萌”のことは、当然、両親も妹の留美も知っているだろうー。
アイドルにほぼ興味がなく、ニュースをほぼ見ない
康春でさえ、思いだせたぐらいなのだー。

と、なればー

親や妹にこの姿を晒せばー
きっとーー

”俺がこの子を誘拐した”みたいに思われるー。

康春は、そう思ったー

「--俺だよ!俺、起きたらこの姿に!」
ーと、言って、家族は信じてくれるだろうかー。

いや、くれないー。
きっと”人気アイドルを誘拐したやべぇ息子”と
両親は思うだろうし、
妹の留美は100パーセントそう判断するだろうー。

「--この姿を家族に見せるわけにもいかない…か」
康春は、太もものあたりを撫でまわすようにして触ると、
ベットの上でため息を繰り返しつくー。

面倒なことになったー。
この身体はエロくて色々楽しめそうな気もするがー、
よりによって、どうして1か月前に失踪したアイドルの姿になんて
なってしまったのだろうー。

「----引きこもりでよかった…」
康春は思うー。

幸い、引きこもりであることから、
家族の前に、普段、姿を見せることはないー

部屋に篭ってさえいれば、
この姿を見られる心配は低いー

ネットで騒ぎになったのは失敗だったが、
マスクと帽子で顔を隠していたしー
最終的には「他人の空似」で落ち着いてくれることを願うー

「----トイレと風呂が難関だなー」
康春はそう思いながらも、
両親は働いてるし、妹の留美も出かけてることも多いからー
なんとかなるだろう、と笑みを浮かべたー。

ようやく、気持ちを落ち着けて来た康春は
「-身体のチェックでもしようかな~!へへへ」と笑みを浮かべたー。

「いや、この姿でエロゲーをやるのもなんか背徳感があるぞ!」
ますますニヤニヤする康春ー

「ーーっていうか、せっかく可愛くなったんだから
 俺の服じゃ、ダメだなぁ」

チェックのポロシャツと破れたズボン姿で呟く康春はー
ネットで、”この姿にふさわしい服”を何個か注文して、
”届くのが楽しみだぜ”と、ニヤニヤ笑みを浮かべたー

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

1か月前に失踪したアイドルになってしまった
引きこもりの彼の運命は…!?

続きはまた明日デス~!

他者変身<引きこもりの俺がアイドルに!?>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました