<女体化>俺たちの夢③~夢~(完)

仲良しオタク4人組ー

一人が女体化したことで、
その関係は変わってしまったー。

4人の絆の行方は…?

--------------------

「--え~~!?ほんと~ですか~?
 ありがとうございます~!」

オタクたちに写真撮影を頼まれて
”かわいい”と言われたことで
とても嬉しそうな麻人ー。

以前は、同人誌の収集に勤しんだり、
自分が、写真撮影をする側だったのだが、
今や、麻人は、写真を撮影される側になり
快感を感じていたー。

「--ふふふ」
握手を求められて握手する麻人。

相手の男性が顔を真っ赤にしているのを見て
麻人は”優越感”を感じたー

”今のわたし、かわいいもんね”
麻人は、すっかり有頂天になっていたー。

「--へ~!ゲットできたのか~よかったな!」
麻人の友人の一人だった隆也が言う。

隆也・義弘・大輔の3人も、
このイベントにやってきていたー。

前回までは、4人でいろいろ回っていたのだが、
麻人はもういないー
麻人は、麻美になってしまった、と言ってもいいだろう。
女体化した麻人は、変わってしまったー。

「---俺たちが出会ったのはここだったよな」
義弘が悲しそうに言うー。

4人はー
元々他人だった。
けれど、ネットで同じ趣味で意気投合してー
真夏の日差しが降り注ぐ中ー
木陰となっているこの場所で、
初めて実際に出会ったー

麻人、隆也、義弘、大輔の4人は
その時から、強い絆で結ばれていたー

「----よろしく」
麻人の笑顔を思い出す。
麻人は、オタク趣味に時間を費やしているとき、
とても楽しそうだったー

いつも満面の笑みだったー

”ここには俺たちの夢が詰まってる”
などと、いつも言っていたー。

その麻人は、今や、完全に女子になってしまって、
以前とは変わってしまったー

あんなに仲良しだったのに、
麻人は、俺たちのことを見下すようになってしまった。

「くそっ!女体化なんてしなければよかったのに!」
義弘が悔しそうに叫ぶ。

「変わっちまったよなぁ…あいつ」
童貞を守る大輔が呟くー

「あぁ…だな」
イケメン風の隆也が悲しそうに呟くー

最初、女体化したばかりの頃は
胸を触らせてやるだの、いろいろ言っていたが
今ではすっかり、距離が離れてしまったー

「---ま、あいつのことなんて
 考えててもしょうがねぇよ。
 俺たちと一緒に夢を追っていたあいつは、
 もういないんだ」

隆也はそう言うと、
他の二人の方を見て呟く。

「俺たちは、俺たちなりに、夢のような
 この空間を、楽しもうぜ」

まだまだイベントの最中だ。
欲しい同人誌もあるし
ネット上で有名な会っておきたい人もいるー
コスプレイヤーもたくさん歩いているし
まだまだ夢のような時間は続く。

「よし!そうだな」
義弘が呟く。

大輔も頷き、3人は、再び会場の中へと向かって行ったー

・・・・・・・・・・・・・

「---あ~あ~すっごいなぁ~」
麻人は、他のコスプレイヤーの写真撮影に
夢中になって群がる男たちを見つめるー

そんな男たちを”上から”目線で見つめる麻人ー。

自分はあいつらとは違う。
今のわたしはとってもかわいいんだからー。

満面の笑みを浮かべる麻人。

大輔、義弘、隆也の3人のことをふと思い出す。

あいつらも、ここに遊びに来ているのだろうか。
”負け犬”のあいつらもー。

「-あ、、、、あの…」
背後から声がしたー

小太りの、眼鏡をかけた男がそこにはいた。

「--はい?」
麻人が首を傾げながら返事をすると、
「--あぁぁ・・あ、、あ、、麻美ちゃん…
 い、、いつも、ツイッター、見てます」と
挙動不審に男が言い放った。

「あ、、、あぁ~…はい、ありがとうございます」
麻人は内心で
”キモオタめ”と、見下した発言をしながら
愛想笑いを浮かべるー

「--み、、み、、、充です」
その男は、充と名乗ったー

「---」
麻人は”あぁ、充さんか”と頭の中で考える。

あさみ★のアカウントのフォロワーの一人に
充という男が確かに、いた。

やたらとアプローチをかけてくるアカウントで、
”あさみちゃんのことを宇宙一愛してる”だの
”一緒にハワイに旅行に行こう”だの言ってきていたー。

そんな充に対して
麻人は”優しそうで素敵です!”などと返事をしていたー

「-えへへへへ…はい」
充が笑みを浮かべながら、
何かケースを取り出して、それを開いた。

「--?」
麻人は首をかしげるー

開かれたケースの中には、婚約指輪。

「--えへへへへ…テレちゃうなぁ…ふぅふぅ」
充が笑う。

「-は?なんですかこれ?」
麻人が疑問に思っていると、
「優しそうで素敵って告白してくれてから僕、
 ず、、ずっと考えてたんだ…
 どうやったら、麻美ちゃんがよろこんでくれるかなって。

 こ、こ、、これが、、僕の、、僕の答えだよ」

充は笑みを浮かべた。

「--は!?!?」
麻人は戸惑ったー

ネット上で”優しそうで素敵”と返事をしただけで
何で勝手に告白したことになっているのかー

「あ、、あの…すみません
 そういうのは、ごめんなさい」
麻人はそれだけ言って立ち去ろうとするー

充は呆然とそのまま立ちつくていたー

だがー

「--ぼ、、ぼ、、僕の、、僕の心を、、
 弄んだのか!」

充が背後で叫んでいるー

麻人はため息をついたー

”お前みたいなキモオタを相手にしてる暇などないんだよ”
麻人は、内心で周囲の男を見下すようになっていたー

「---あの、迷惑なんで。」
麻人はそれだけ言うと、
立ち去ろうとした。

しかしー

「うあああああああああああああああ!!!!」
発狂した充が、麻人の方に猛ダッシュで走ってきたー

「--!ぎゃ!?」
麻人が壁にたたきつけられるー

”こんなやつ”と思いながら
充を振り払おうとするー

しかしー

女体化した麻人は、以前のように
力を出せなくなっていたー

非力な、身体ー

「--ひっ!?」

「--えへへへへへへ…
 麻美ちゃぁぁぁぁん」
充は麻人を押し倒して、笑みを浮かべるー。

「---ん?あれ?」
大輔が指を指すー。

たまたまその現場に通りかかった
大輔・義弘・隆也の3人は
オタク男に襲われている麻人の姿を見つけた。

「--はは、チヤホヤされて調子に乗ってるから
 ああなるんだ」
義弘が呟く。

「だな」
大輔もそれに賛同するー。

女体化した麻人の態度に、3人とも
腹を立てていた。

だからー
ああいう風に
”罰が当たっている”麻人を見ることには
せいせいとした気持ちさえ覚えるー

しかしー

「隆也!?」
大輔が驚く。

イケメン風の隆也が
襲われている女体化した麻人と充の方に近づいていくー

「おい」
隆也が声をかけると
女体化した麻人の服を脱がせようとしていた充が振り返る。

「その辺にしておけ」
隆也が言うと、充が叫ぶ

「な、なんだ、、なんだ、おまえ、、おまえは!」
明らかに動揺している雰囲気の充。

そんな充の手を掴んで
隆也は充の手を握る腕に力を込めるー

”その辺にしておけ”
もう一度、力強く言い放つ隆也。

隆也の言葉に、びびった充はそのまま
意味の分からない言葉を発して、逃走したー

「--た、、た、、隆也」
巫女服姿のコスプレをしている麻人が
隆也の方を見つめるー

「……ずいぶん可愛くなっちまって」
隆也はそう呟くと、
麻人の方を見つめたー。

「-----…悪い」
麻人は、助けてくれた隆也に申し訳なさを覚えるー

女になって、調子に乗りすぎていたかもしれないー、
と、そう思いながらー。

いつの間にか、自分はチヤホヤされることに
有頂天になって、
大事な友達すら失う羽目になるところだったー。

「----…」
大輔と義弘も、近づいてくるー。

「---……」
麻人は、弱弱しく座りながら
他の3人を見つめる

「--最近のお前はさ、正直、
 何様なんだよって感じだよ」
隆也が呟く。

「今まで俺たちとギャーギャー楽しくやってたのに
 急によそよそしくなったり、見下すような態度を取ったりー。
 なんか、お前が遠くに行っちまったような…
 そんな感じだよ」
隆也の言葉に、
麻人は複雑な表情を浮かべるー

「--……--
 だってさ…急にチヤホヤされるようになったら……
 誰だって」

麻人が言い訳を口にしようとするー。

だがーそれを、途中でやめた。

「--……俺たちも悪かったよ」
義弘が呟く。

「--胸を揉ませろとか触らせろとか
 もうそういうことは言わないからさ」
大輔が言う。

麻人は、”俺が女だったらいくらでも触らせてやる”みたいなことを
仲間たちに、女体化する前に豪語していたー

「--お互い、変に意識しすぎていたのかもしれないな」
隆也はそう言うと、
「男とか、女とか、そういうこと考えるのやめて、
 また、仲良くやろうぜ」
と、続けた。

麻人は「…みんなに酷いことしたし…」と呟く。

さらに続けて、
「そうは言っても…もう、この身体だし…
 ふるまいもだいぶ女っぽくなっちゃったし…
 今までのようには…」

麻人は、後ろ向きな言葉を口にするー

そんな麻人に対して
義弘、大輔、隆也は色々と思うところはあったが
友としてそれらを全て飲み込み、
手を差し伸べたー。

「---でも、麻人は麻人だろ?」

そんな言葉に、麻人は
3人の方を見上げるー

「ここには俺たちの夢が詰まってるー。
 一緒に掴みに行こうぜ、俺たちの夢を」

隆也が、賑わうイベント会場の方を
指さしながら笑うと、
麻人も、全ての気持ちを飲み込んで、
隆也たちの手を握ったー。

そうだー
変に女体化のことを意識する必要なんて、ない。

自分も、女体化を意識しすぎていたのかもしれないし、
有頂天になりすぎていたー

「---そうだな。ごめんな」
麻人は可愛い声でそう呟くと、
女性に耐性がない義弘が、顔を真っ赤に赤らめたー

・・・・・・・・・・・・・・・

その日からー
4人の絆は取り戻されたー

麻人は相変わらず女子を満喫しているが、
3人のことも大事にする素振りを見せるようになったし、
隆也たちも、麻人が女子女子していることに
文句を言ったり、胸をどうこう、とかそういうことは
言わず、あくまで”今まで通り”の付き合いをしたー

一時は引き裂かれそうになった
絆は、無事に取り戻されたのだったー

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

「--うぉおおおおおおおお!?!?!?!?」

ある日ー

イケメン風の隆也がーー
女体化したー

金髪のツインテールお嬢様のような美少女にー

「---うっふふふふふ♡」
その日からー
隆也は有頂天になったー

かつての麻人と同じようにー
チヤホヤされて、調子に乗って、
麻人・義弘・大輔の3人を馬鹿にし始めたー
今度は、隆也が孤立して、一人女子ライフを満喫している。

「--なんだよ、あいつも結局同じじゃんか」
童貞を守る大輔が呟く。

「---はぁ…ってか、麻人が女体化したときよりひでぇよな」
義弘が呟くー。

可愛らしいファッションに身を包んだ麻人が
ジュースを飲みながら苦笑いするー。

結局、散々文句を言ってた隆也も、
麻人と同じような道をたどっているー

「--ま、、まぁ、ほら、俺みたいに
 戻って来るかもだし」
麻人がそう呟くと、
大輔は「俺たちまで女体化しちまったりしてな!」と
冗談を呟いたー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

女体化して有頂天になるお話でした~!

皆様が女体化した立場だったら
どうしますか~?

お読み下さりありがとうございました!!

女体化<俺たちの夢>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました