<憑依>体越し2021①~次なる欲望~

「1年に1度」
年越しの瞬間に身体を乗り換えて、
毎年”別の身体”で過ごす男がいたー。

2021年大晦日ー。
彼は今年も”次の身体”に乗り換えようとしていたー。

⇒昨年までの体越しのあらすじ・登場人物は
これまでの体越しをチェックしてください!☆

(※全部読む場合はこちらから過去の体越しを読んでみてください~★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年大晦日ー

「ーーークククククッー」
2021年の元旦とは、まるで別人のようになってしまった
現役女子高生アイドルのあかりは、笑みを浮かべながら
街を歩いていたー

いや、今は”元”と言うべきだろうかー

ヤッて、ヤッて、ヤッて、ヤリまくったー。
そんな1年だったー。

2020年、男は、咲という少女の身体で1年を楽しんだー
”無邪気な少女の身体”で、悪さをするのは、本当に楽しかったー
”まさかこんなに良い子がー”と、子供だからこそ疑われない
立場を利用して、大人顔負けの悪さを繰り返したのだー

だがー
咲の身体はまだ、子供であり、”Hな方面”ではあまり楽しめなかったー

その反動、とでもいうべきだろうかー
2年分の欲望をこのあかりで発散したー

今やー
あかりは”清純派アイドル”などでは
すっかりなくなってしまい、
アイドルグループからも追放されているー

”なんで…なんで、そんな風になっちゃったの!”
追放される直前、同じアイドルグループに所属する”かりん”からは、
そう泣き叫ばれたー。

「ーなんでって…?わたし、性欲に取り憑かれちゃったの♡」
そう言い放って、かりんに無理やりキスをしたときの
かりんの”獣を見るような目”は忘れられないー。

危うくー
”2022年の身体”に決まるところだったー。

「ーーククー。良かったな”既に内定”していてー」
あかりは、大晦日のカウントダウンイベントに向かいながら笑みを浮かべるー。

”2022年の身体”は、今年の元旦に既に決めてあったー。
だからー
かりんが”2022年の身体”に選ばれることはなかったー

「ーーあんまり俺を興奮させるなよ?」
あかりはゾクゾクしながら、そう呟くー

あかりの身体は男の意思に従って、激しく興奮しているー。
かりんの獣を見るような目を思い出しながらー。

「ーーー興奮させるとー”俺の1年間を過ごす入れ物”に
 決まっちまうからなー?」
あかりは指を舐めながらそう呟くと、
「ーーさて」と、笑みを浮かべるー

”2022年の身体”の場所は調べてあるー。
”Happy New Year”のその瞬間ー
あかりに憑依している男は、その女に乗り換えるー。

そうー
2022年の身体はー
横山 優亜(よこやま ゆあ)だー。

2017年に男が憑依していた、女子大生ー。
憑依したあと、同じ大学に通う歩武に告白して、
誘惑し続けて、欲望の1年間を過ごした思い出の”入れ物”の一つー。

2018年元旦に解放し、その後はどうなったか知らなかったが、
今年の元旦、偶然、歩武と共に街を歩いている姿を目撃してしまったー。

”歩武に告白したのは、男が憑依したあと”だったから、
正気を取り戻した優亜からすれば、戸惑い以外の何物でも
なかったはずだが、あれから数年、
優亜は、歩武と付き合い始め、幸せの道を進んでいる様子だったー

”第2回戦”
男にとっては初めてのチャレンジだー。

「ー俺が2回同じ人間に憑依するなんて、初めてなんだからー
 感謝しろよー…横山優亜ー」

あかりは、スマホを開くと優亜の写真を見つめながら
ペロリと唇を舐めたー

「ーー1年間、お疲れさんー
 ま、妊娠もしちまったけど、どうにか頑張れよ」
あかりは、自分の頭を指でつつきながら、
静かにそう囁いたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”結婚しようー”

2021年クリスマスー。
歩武は、優亜にプロポーズをしていたー

元々、優亜と歩武は恋人関係などではなかったー。
2017年元旦に憑依された優亜が歩武に告白ー付き合いだしたため、
そもそも、歩武を彼氏に選んだのは優亜本人の意識ではないー。

しかし、2018年元旦、正気を取り戻して困惑する優亜に、
歩武は全てを話し、1から関係をやり直し、寄り添ったー。
当然「彼氏」としてではなく、「同級生」としてー。

その結果ー
二人は今度こそ本当に付き合い始めてー
大学卒業後には同居も始めているー

そしてー
一般企業に就職して、生活も安定してきた歩武は
優亜にプロポーズして、承諾を受けたのだったー。

「ふふっ…だって、絵とか芸術品とかより、
 わたしの方がよっぽど綺麗じゃない」

”憑依された優亜”から始まった付き合いー。

だがー
不思議なことに、優亜と歩武は、こうして結ばれたのだったー

「ーー本当に…ありがとうー」

2017年の”憑依されていた優亜”のように、
過激で、高飛車で、欲にまみれた優亜の姿はもうないー

けれどー
歩武は、そんな、優亜のことを支えていこうと、
2018年ー優亜が正気を取り戻したあの時固く決意したのだったー

けれどー
歩武は知らないー

”優亜の記憶が1年飛んでいる”理由をー、
彼はまだ、知らないのだー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あいつは、必ずあそこに現れます」
2018年の憑依被害者・梨花の彼氏だった慶介は、
2020年の大晦日、憑依されていた咲にはめられて
警察に連行されてしまっていたものの、
その後、釈放され、再び”男”を追っていたー

”ごめんね”
彼女の梨花は、憑依から解放されたあとー
2019年に自殺したー。

”ごめんね”と書き残してー。

元々気弱だった梨花には、憑依されていた事実が
耐えられなかったのだー。

慶介は、2019年の憑依被害者・若菜の夫である
和彦と共に、”男”の行方を追っていたー。

和彦と連絡を取り合う慶介ー

”あいつ”は必ずあそこに現れるー

去年ー
2020年の大晦日は、感染症の拡大で
毎年男が姿を現すカウントダウンイベントも中止になっていたが
今年は行われるー

やつは、必ずあそこに現れるー。

慶介は、和彦と連絡を取り合い、
別々に会場に向かうー

”不審な行動をとる女”
あるいは、
”年越ししてから急に様子がおかしくなった女”

それを、見つけることができればー。

そしてー
現在は、梨花の仇を取ることに執念を燃やしー
フリーターとして働いている慶介は
”生きるための最低限のお金”を稼ぐにとどめて、
他の時間はすべて”男の追跡”に費やしていたー

”怪しいのはー”
慶介は、怪しい人物の候補を送るー

”ここ1年で明らかに様子がおかしくなった女たちー”

「ーーー」
それを受け取った和彦は、表情を歪めるー。

その中にはー
”突如豹変した清純派アイドル・あかり”の名前も挙がっていたー。

”慶介がリストアップした人間”の誰かが、大晦日のあのイベントに来ればー
8割は”憑依被害者”であると、慶介はそう踏んでいたー。

「ーー俺もこれから向かいますので」
慶介が和彦と電話でやり取りをしながら、
そう言い放つと、
”わかった”と、和彦の声が電話の向こうから聞こえたー

「ーーーえ?」
電話を切った直後、慶介は痛みを感じて、背後を振り返るー。

そこにはーー

「よくも娘を!!!!」
ナイフを持った男がーー
慶介を刺して赤く染まったナイフを手に、叫んでいるー

「ーーちょ…え…??」
慶介は、腹部から流れる血を見ながら、
男のほうを見つめるー。

「ーーあ、、あなたはー…?」
慶介が苦しそうに叫ぶと、人の気配のない夜道に現れた
その男は、再び慶介に突進したー。

夜道でつかみ合いになる二人ー

「咲は…!咲はお前のせいで!」
男は、2020年に憑依されていた少女、咲の父親ー。

あの時ー
大晦日の日、”憑依している男”を追い詰めようと、咲に迫った慶介を
”咲に憑依していた人間”と誤解していたー。

「ーー咲はお前に憑依されたせいで…!」
咲の父親が叫ぶー

慶介は「ま、、待ってくださいー!」と慌てて叫ぶー

だが、咲の父親は怒りの形相で叫んだー

「お前は…!咲の人生を壊したんだ…!」
泣き叫ぶ父親ー。

その怒りはー
慶介にもよく分かるー

”あいつに、梨花は壊された”のだからー

「ーー待ってください!相手が…!相手が違うー!」
慶介は苦しそうにそう叫んだー

乗っ取られた人間の”悲劇”は、
その1年で終わりではないー。

男の身勝手な”体越し”で壊れていくー
色々なものが、
音を立てて、崩れていくー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

23:40-

「ーーどうしたんだ…慶介くんはー」
2019年に憑依されていた若菜の夫・和彦は、
大晦日のカウントダウンイベントの会場で
スマホを手に、表情を歪めていたー。

共に”男”を追う慶介と連絡が取れなくなったのだー。

2020年になってすぐに、
慶介と知り合った和彦は、以降、共に男を追ってきたー。

和彦の方が年上で、年齢も立場もだいぶ違ったものの
”同じ被害者”として協力し合ってきたー。

「ーーーー!」
和彦は表情を歪めるー。

慶介から送られてきていた
”男に憑依されている可能性のある人物リスト”の中にいた
女子高生アイドル・あかりが、寒い中、ミニスカート姿で
会場を歩いていたのだー。

「ーーーーー…!」
和彦が声を”お前!”と叫ぼうと思ったが、
男が憑依している保証はないー。

そう、迷っていると、あかりの方から和彦に気付き、
笑みを浮かべたー

「ーーお?久しぶりだな」
あかりが、ニヤニヤしながら近づいてくるー

「ーーお前…!若菜に憑依していたー…」
和彦が怒りの形相で言うと、
あかりは「そんな顔するなよ」と、馬鹿にした様子で呟くー

「一度は”夫婦”だった間柄だろ?」
あかりが挑発的に言うと、
和彦は「ふざけるな!俺は”若菜”の夫だ!お前の夫なんかじゃない!」と叫ぶー。

「ーでも、その若菜に俺は憑依してたんだから、
 一時的にお前の妻だったんだぜ?」
あかりが「あ~~さみぃ」と、生足を触りながら呟くー。

「ーーその子ー…」
和彦が言うと、あかりは「クク…人気アイドルだった、あかりだよ♡」と
ふざけた様子で言うー。

「ー面白いよなぁ…憑依って!
 わたし、アイドルになりたいって、必死に思って頑張ってきたのに、
 この1年で、ぜ~んぶ、台無しにしちゃったの!
 しかも、こんな風に嬉しそうに笑いながらね!
 あはははははははっ!

 自分で育てた花を、自分で踏みにじってる気分ーー
 たまんねぇぜ!
 はははははははっ!」

あかりの言葉に、和彦は「このクズ野郎!」と、叫ぶー。

「ーーーはぁぁぁ~~~あかり、クズって言われちゃった♡」
うっとりしながら笑うあかりー。

和彦はイベント会場のスクリーンに映し出された時計を見つめるー

23:55ー
もう時間がないー
こいつは”また”移動するー

「ーーークズは、その子じゃない!その子の中にいる、
 薄汚いお前だ!」

和彦の言葉に、
あかりは「そうそう、あまり調子に乗るんじゃねぇぞ」と
笑みを浮かべるー

「ーーお前さぁ、息子もいたよな?
 それに俺のせいで別れた若菜も…さ」

あかりはそれだけ言うと、冷たい笑みを浮かべながら
低い声で呟いたー

「ーー俺がその気になればー”2022年の身体”に選ぶことだって
 できるんだぞー?」

あかりの邪悪な笑みに、
和彦は戸惑うー。

「ーーお前、離れて暮らす妹もいるらしいな?
 妹も家庭持ちだったっけ?

 ーーあんまり、俺にしつこく絡まないほうが、いいんじゃないか?」

あかりが笑うー。

「ーー…貴様…!」
和彦は”脅し”であるとすぐに理解するー

あかりは、そこまで言うと、時計を見て笑うー。

「ーーま、いいや、チャンスをやるぜー。
 俺はこれからまた”体越し”をするー。
 1時間以内にもし、”俺が移動した先”を見つけることができればー
 俺は、潔く消えてやる。
 どうだ?」

あかりが、挑発的に笑いながら言うー。

「ーーーふざけるな…!」
和彦が歯ぎしりをするー

「ーふざけてないさー。
 それにー
 お前は、俺の提案に乗るしかないー。
 
 それとも、このアイドルごと俺をぶち殺すか?
 そんなことできないだろ?」

あかりはそれだけ言うと、和彦に背を向けたー

「ーまぁ、せいぜい頑張って俺を見つけるんだな」

23:59-

あかりは、イベント会場のスクリーンを見つめながら微笑むー。

「ーーいい身体だったぜー
 変態JKー。

 いや、変態にしたのは俺か。
 ま、どうでもいいや」

あかりはそう呟くと、
背後の和彦のほうをチラッと見て笑みを浮かべたー

「ーーそうだー」
あかりが、和彦のほうを今一度指差して、笑みを浮かべるー。

「ーー2022年12月31日ー」
あかりが笑うー。

「ーーえ?」
和彦が表情を歪めるー

「ーーーあんた、死相が出てるよー」

「ーー!?!?!?」

Happy New Year
観覧車にそう表示されるーー。

「ーどういうことだ!?」
和彦が観覧車から視線をずらして、あかりに向かってそう叫んだときにはー
もう、あかりは、ぐったりした様子で倒れて、ピクピクと身体を震わせていたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ーーーーうっ…」

自宅で”新年”を迎えた優亜が、小さなうめき声をあげたー

「ーーおかえり…2017年の入れ物ー」
優亜はそう呟くと、唇を触りながら微笑むー。

「ーー残念だが俺は、遠くの身体にも、場所さえ分かってれば
 憑依できるんでなー。」

和彦のことを思い出しながらそう呟いた優亜は、
「ー彼氏はトイレかー」と、トイレの電気がついていることを
確認して、静かに微笑むー。

「ーー俺に2回目憑依されるのは、お前が初めてだー」
鏡に映る優亜に向かって、男は静かに笑みを浮かべるー

「ーーー嬉しいだろ?」
優亜は、そう呟くと、自分で
「ーーうん…!嬉しい…!」と、甘い声で囁いたー

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

大晦日ということで、定番の体越しでした~!

今年の憑依空間の更新は
これで終了になります~!
今年も1年間、休まずに皆様に新作をお届けすることができました!
全ての皆様に感謝デス~!

来年も、私自身が楽しむことはもちろん、
誰か一人でも喜んでくださるようなお話を作れるように、
頑張ります~!

2021年も、1年間ありがとうございました!
2022年もよろしくお願いします!(もちろん明日から早速更新していきます~!)

良いお年を~☆

憑依<体越し>
憑依空間NEO

コメント

  1. 匿名 より:

    あかりちゃん、かわいそうに。アイドルとして破滅させられた上に妊娠までさせられて。
    自分の現状を知ったら発狂しそう。

    そして慶介は案の定、誤解されて咲ちゃんの父親に襲われてしまいましたね。多分、咲ちゃんの現状、あれから更に悲惨なことなってるんでしょうね。

    優亜もせっかく開放されて、幸せになろうとしてたのに、また憑依されて本当に災難ですね。

    続きがとても楽しみです。

    • 無名 より:

      コメントありがとうございます~!☆

      憑依している人物のせいで、
      被害者たちの人生がどんどん壊れていっていますネ~…!

      明日の元旦に②があるので、
      ぜひ楽しみにしていてください~!

  2. 匿名 より:

    咲ちゃんの父親としては娘の人生を壊した憑依人に復讐したかったんでしょうけど、父親が殺人犯なんかになったら、ただでさえ壊れてる咲ちゃんの人生がさらに豪快に壊れちゃうでしょうね。咲ちゃんの母親も同じく、殺人犯の妻と娘ということになるでしょうね(仮に死ななくても犯罪者には違いないですし)。本当に気の毒です。

    そもそもまるで見当違いの相手、自分と同じ憑依被害者を襲ってるのが本当に救えないです。

    • 無名 より:

      コメントありがとうございます~!

      体越しを続けている男のせいで、
      色々な人の人生が壊れてしまっている状況ですネ~…!

      咲ちゃんの父親がそういう行動に出てしまうぐらいに、
      2021年の間に何かがあったのかもしれません…★

タイトルとURLをコピーしました