<憑依>初めての一人暮らし②~この世の全てが憎い~

事故物件の悪霊に憑依されてしまった
女子大生の真由美。

真由美は、憎悪に支配されて、
次々と周辺の人間を餌食にしていく…

-------------------------—-

「土曜日から連絡がつかないんだって~」

真由美の友人・奈津が、大学で
真由美と談笑していた。

「ふ~ん…そうなんだ」
真由美は美味しそうに大盛りのカレーライスを
食べながら返事をする。

月曜日ー
真由美の彼氏である龍太は
大学にやって来ず、連絡もつかないとのことで
ちょっとした噂になっていた。

もちろん、龍太が大学に来ることはもう二度とない。
事故物件で怨霊に憑依された真由美自身が
この世から消したのだから。

「---真由美、ダイエット中じゃなかったっけ?」
奈津が不思議そうに聞くと、
真由美は、カレーライスとコーラを物凄い勢いで
食べ終えると、にっこりとほほ笑んだ

「そんなこと、わたしにはもう関係ないもんね~!」
真由美が笑う。

この身体は、壊れるまで使い尽くす。
どうなろうと知ったことではない。

けれどー
奈津にはそんな意味だとは夢にも思わない。

「-ーー」
奈津は思う。

朝からご機嫌そうに見える真由美だけれども、
彼氏の龍太が消息を絶っているのだ。
本当は心配で心配で仕方がないのだろう。

その気持ちは分かるー。
自分の彼氏にもしものことがあったらー

「あ、そうだ。
 奈津って彼氏いたよね?」

真由美が微笑む。

「え、あ、うん。浩太くんのこと?」
奈津が聞き返すと、
真由美はにっこりと笑った。

「そっか~。リア充ね」

とー。

夜ー。
奈津は、今日の真由美はちょっと変だったと
思いながら、夜道を歩いていた。

なんだか妙に明るいというか、ハイテンションだったからだー。

♪~

スマホの通知音が鳴り、
奈津がそれに目をやる。

”東地区の今は使われていない第4倉庫”

彼氏の浩太から
意味不明なLINEが送られてきた。

「--!?」
奈津は不審に思い、
なんとなく嫌な予感がしたために、
そのLINEに記されていた場所へと向かうー。

倉庫に向かいながら
浩太にLINEを送るが、返事がないー

そしてー

「---きゃあああああああああああっ!?」
奈津は叫んだ。

第4倉庫の壁に、ポスターかのように
貼りつけられた浩太の姿があったー

浩太の身体は紫色に変色していて、
明らかに死んでいるー

しかもー
壁に貼りつけになっているのに、
縛られているわけでも、
つるされているわけでもないー

浩太の身体は、宙に浮いている状態だったー。

・・・・・・・・・・・・

一方、真由美は、バイト先にやってきていた。

「ねぇ、、店長…?」

真由美が甘い声を出す。

「ん?どうしたの?」
店長が振り返ると、
真由美がイヤらしい笑みを浮かべていたー

「--わたし…店長のこと、、好きなんです…♡」

甘い声で囁く真由美。

「え…な、、、なに…!?」
店長は驚くー

けれども、独身の店長は
少し嬉しそうだった。

「今ならだれも来ませんから…」
真由美が近づきながら微笑む。

「-わ・た・しと遊びしょ?うふふ♡」
誘惑するような声を出す真由美。

普段真面目な真由美の
突然の豹変に、店長は驚きながらも
興奮し、顔を赤らめているー。

抱き合うような格好になったところで
真由美は目を赤く光らせた。

「--どいつもこいつも、人によって
 態度を変えやがって!」

真由美の突然の怒鳴り声。

店長は驚いて真由美の方を見る。

「---憎い憎い憎い憎い憎い!」

呪いの言葉を呟く真由美。

真由美はそのままキスをしたー。
紫色の怨念の集合体のようなものが、
真由美の身体から湧き上がる。

キスをされた店長は、
まるで何かを吸い取られたかのように
あっという間にミイラのように
干からびて、紫色の干物のようになって
床に横たわった。

「---はぁぁぁぁぁ…」
真由美は、亡骸になった店長を見つめると、
それに唾を吐き捨てた。

ピクン…

真由美の身体が一瞬震えるー。

「--邪魔すんじゃねぇよ」
真由美は呟いた。

真由美の意識がまだどこかに残っていて
必死に身体を取り戻そうとしている。

だが
事故物件の悪霊の強い怨念はそれを許さなかった。

バイト先の売り場にあったバナナを乱暴につかむと、
スカートをめくりあげて、乱暴にバナナをアソコへと突っ込んだ

「おらぁぁ…気持ちよくなって
 心の奥底ではぁはぁしてな…」

バナナを激しく動かす真由美。

身体の痛みなど全く無視して
激しい快感を味わう。

「んあぁあああああっ♡ んひぃぃぃぃぃぃ♡
 んええええええっ♡」

真由美が激しく液体を噴きだしながら
狂ったように笑っているー

真由美の意識に邪魔されそうになった時は
身体を快感漬けにしてしまえばいいー
土曜日に真由美の身体を奪ってから、
真由美の意識に抵抗されそうになるたびに、
真由美は激しいエッチを行い、
真由美を黙らせていた。

「はぁはぁはぁ♡」

バナナを事務所に放り投げると、
真由美はバイト先を放棄して
そのまま家へと向かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部屋に戻った真由美は、
部屋の壁を殴りつけていた。

その表情は
憎しみに染まっている。

「--ウザいウザいウザいウザいウザいウザい!」
真由美の手には打撲がいくつもできている。

しかしー
この世の全てを憎む悪霊は、
壁を殴りつづけた。

真由美がはぁはぁと息を切らしているが
そんなことはお構いなしにー。

コーラとポテトチップスを乱暴に開封すると、
真由美は、それを食べ始めた。

「んふぅ~」

ポテトチップスを食べながら
頭をかきむしる真由美。

こんな程度じゃ、到底この世に対する
恨みは消えない。

真由美は、目を赤く光らせると、
再び憎悪をたぎらせたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

真由美の友人・奈津は、大学で
泣きながら一人、落ち込んでいた。

「---」
真由美はそんな奈津の姿を見つけて
笑みを浮かべる。

「な~つ!どうしたの?」
真由美が声をかけると、
奈津は大粒の涙をこぼしながら言った。

「--浩太くんが…」
涙を流し続ける奈津。

真由美は、にやりと笑みを浮かべる。

浩太とかいうリア充も、昨日、地獄へと送ってやった。

かつて自分のことをバカにした女たちが
こうやって苦しんでいるのを見るのも
真由美に憑依した悪霊の楽しみの一つだった。

奈津のことはもっともっと苦しめてやるつもりだ。

「---ふふふふふふ」

ふと、笑みを浮かべている真由美に奈津が気付く。

「---真由美…?」
奈津が涙目で不思議そうにしているのを見て真由美は
「ううん、なんでもないよ」と微笑んだ。

奈津と別れて
近くの自販機でコーラを買って
その場で一気飲みをし始める真由美。

「-----」
奈津はその様子を見ながら違和感を感じる。

(最近、真由美の様子がなんだかおかしい…)

そう考えながらはっとした。

(そういえば…例の事故物件に引っ越ししたあたりから…)

奈津はそこまで考えて、
まさかね…と考え直して
再び死んでしまった彼氏のことを考え始めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜ー

真由美は家に帰ると、
鞄を放り投げて、
笑い声をあげた。

「くくくくくく…」

自分の身体を見つめる真由美。

怨霊である自分の力が真由美の身体に
馴染んできているのを感じるー

あと少し待てば、人間たちに大きな復讐が
できるぐらいの力になるー

「ふうぅぅぅぅぅぅぅぅ」
目を赤く光らせる真由美。

最初よりも、赤い輝きが強くなっている。

「--さ~てと」
部屋の机の前に行くと、真由美は
嬉しそうに自分の身体を押し付けた。

「うひひひっ…角オナって言うの、
 一度やってみたかったんだぁ~!」

真由美が激しく身体を動かしだす。

「--うあああっ♡ す、、すごい~
 女の身体ってずるいなぁ うへへへぁ♡」

笑いながら喘ぎ声をあげる真由美。

「------」

その部屋の外に、
人が来ているのに真由美は気づかなかった。

「---真由美…?」
友人の奈津は、どうしても真由美の様子の
違和感をぬぐえず”事故物件”である
アパートの一室の前に来ていた。

「んぁぁぁぁっ♡ あっ♡ あっ♡ ぁぁああ♡」

真由美のエッチな声が響き渡る。

「-----ま…真由美…」
奈津は唖然とするー。

だが、夜に一人でエッチする子はいるー。
これだけじゃ何とも言えない。

「--くふふふ…この女、こんなに気持ちよさそうにしちゃって…!
 うへへへへ…
 この部屋に引っ越してくるからこうなるんだぜぇ…!
 いひひひひひひ♡」

真由美の言葉が廊下にまで漏れ出している。

その言葉を聞いて、
奈津はゾッとした。

「---…!!」

今の言葉ー

やっぱり、明らかにオカシイー

奈津は意を決して、
鍵の閉まっていない部屋の中に飛び込んだ。

するとー
そこには、顔を真っ赤にして
身体から液体を流している真由美の姿があった。

「--うふ…♡ あらら…?」

真由美が笑いながら振り返る。

「--ま…真由美…!
 い、今の…」
奈津が震えながら聞く。

「---あらら~聞いちゃったの?」
真由美が自分の指についた液体を
ペロリと舐めながら笑う。

部屋中にポテトチップスの袋が散らばり、
数日前まで綺麗だった部屋はゴミ屋敷に
なりかけている。

壁には「この世が憎い」という文字が
刻まれていたー

「---ま、、真由美を返して!」
奈津は叫んだ。

自分の彼氏である浩太を殺したのもー
真由美の彼氏が行方不明なのも
こいつの仕業だとそう思った。

「---ふふふ…奈津~
 なにを言ってるの~?」

微笑む真由美。

「---…とぼけないで!
 あんた…真由美じゃないでしょ!」

奈津が叫ぶ。

真由美がこんな部屋をちらかしたりするはずがないしー
それにーー

「---ふふふ…」
真由美が床に落ちているポテトチップスを拾って
それをバリバリと食べ始める。

「---ちょっと!人の身体で勝手なこと…!」
真由美はダイエット中だった。

それなのにー

奈津の言葉を聞くと、真由美は笑みを浮かべた。

そして叫ぶ。

「--俺が自分の身体をどう使おうが
 勝手だろうが!!」

大声で怒鳴る真由美。
目が真っ赤に光りだすー

「ひっ!?」
奈津は思わず恐怖で足を震わせた。

「--はぁぁぁぁぁぁぁ…」
真由美の目が赤く光り、
髪はとげとげしく逆立ち初めるー。

「きゃあああああっ!?」
奈津は思わず、尻もちをついてしまう。

「---この身体は俺のものだぁぁぁぁぁ…
 世の中に復讐してやるぅぅ…」

真由美の可愛らしい顔が憎しみに染まる。

奈津は叫ぶ
「だ、、だから事故物件なんてやめといた方がって言ったのに!」とー。

「--くひひ…今さらおせぇよ!」
真由美が邪悪な表情を浮かべて言う。

そしてー
真由美の口から、紫色の怨霊の塊が飛び出した。

真由美がその場に膝をついて、
痙攣し始める。

「--真由美…!」

”くくく…”

真由美の口から飛び出した怨霊の塊は、
真由美のすぐそばに浮遊している。

「あ……な、、奈津…」

真由美が意識を取り戻す。

「---ま、、真由美!しっかりして!」
奈津は真由美に駆け寄り、
真由美を助けようとするー。

しかしー

「あ…ア…あはは…えへへ…あは」

真由美が突然ケラケラと笑いだした。

真由美は泣きながら
狂ったように笑っている。
自分が怨霊に憑依されて、彼氏や友達の彼氏、店長の
命を奪ったことやー
恐怖心から、真由美は壊れてしまった。

「---ま、、真由美…!」
奈津が真由美を抱きしめるー

こんなに酷い目に遭わされた友達を
どうやって慰めれば良いのかー
そんな風に思いながら奈津は、
ひたすら、真由美のことを抱きしめ続ける。

しかしー

再び、怨霊が真由美の身体に飛び込んだー

「---むひっ♡」
突然、怪しい笑みを浮かべる真由美

「--!!」
真由美に抱き着いていた奈津は、
そのまま押し倒されて
獣のような表情をした真由美に
襲われてしまうー

「--うひひひひひひひ♡
 親友に犯されるってどんな気分~?
 うひひひひひひっ♡
 あははははははっ♪」

真由美は、奈津の服を強引に脱がせようとするー

抵抗する奈津をグーで殴りつけると
真由美は、無理やり奈津の服を引き千切り、
そのまま、激しいエッチな行為を始めるのだったー

③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

続きは明日デス~
次回が最終回~!

憑依<初めての一人暮らし>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました