<入れ替わり>深夜のコンビニ大騒動①~混乱~

深夜のコンビニー

女子大生バイト、男性フリーター、コンビニ強盗、酔っ払いのギャル、浮浪者ー。

5人の身体が入れ替わってしまいー
”大騒動”が起きてしまうー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深夜ー。
とあるコンビニで、
女子大生アルバイトの川上 麻美(かわかみ まみ)と、
男性フリーターの真泉 正太郎(まいずみ しょうたろう)が
何やら”警戒”の色を見せていたー。

二人が警戒しているのはー
先ほどコンビニに入ってきた、強烈な悪臭を漂わせている男だー

ボロボロの髪は長く伸びー
服は明らかに不潔な感じを漂わせているー
髭もすっかりと伸びきっていて、まったく手入れされていないのが分かるー。

彼はー
浮浪者ー
つまり、ホームレスだったー。

時々このコンビニにやってきては
エロ本を立ち読みしている厄介な客だー。
しかも、最後にはトイレで抜いてから帰るため、
トイレの状況も最悪な状態になってしまうー

しかもー
当然、何も買わないー。

「ーーー…ちょっと…入口開けとこうか」
正太郎が小声で言うと、麻美は「すみません…お願いします」と小声で呟くー

コンビニの入口の自動ドアが閉まっている状態ー
このままでは、このホームレスの匂いが充満してしまうー

正太郎は、ホームレスに偏見を持ってはいないが、
迷惑行為をかけてくるホームレスとなれば話は別だー。

嫌そうな顔をしながら、
さりげなく自動ドアを開けに行こうとしたその時だったー

「ーーあ~~~!ヤリまくりてぇ~~~~~~!」
入ってきたのはー
いかにもギャルな感じの女だったー

濃い化粧に、派手な茶髪ー、
派手すぎるネイルに、
生足を大胆に晒したショートパンツー
肩も露出していて、
正太郎からすれば、目のやり場に困る存在ー

しかもー

”酒くさっ!!!”
正太郎は心の中で叫ぶー

そしてー

「うわっ!くっさ!!!!!!何ここ!?」
酔っ払いのギャルはそう叫んだー

「ーーー」
女子大生バイトの麻美が不安そうにその様子を見つめるー。

悪臭を漂わせながらエロ本を立ち読みし続けるホームレスに、
酒の匂いを漂わせながら、ヤリてぇ!と叫ぶギャルー

「ーーここは地獄か…?」
と、フリーターの正太郎は、思わずつぶやかずにはいられなかったー。

コンビニ店内で電話を始めるギャルー
酔っぱらっているからか、
彼氏との行為についての生々しい話を平気で
大声で話し続けているー

麻美は恥ずかしそうに、しながら、レジで作業を続けているー
そんな麻美の様子を見て、フリーターの正太郎まで
気まずくなってしまうー。

”早く、どっちか一人でもいいから帰ってくれよー
 いや、むしろ両方帰ってくれ”

そしてー
ギャルがコンドームを手にしたー

「ーーうほっ!」
ホームレスの男が、それを見て反応するー

”うほっ!じゃねぇ!とにかく二人とも帰ってくれ”
正太郎は、
最悪の組み合わせが店内にいるこの現状に、
地獄を見出すことしかできなかったー

その時だったー

覆面をかぶったいかにも怪しい男がコンビニの中に入ってきたー

「ーーか、、か、、か、、金を出せ!」

「ーー!!」
「ーー!!」
麻美と正太郎が驚くー

店内にいたギャルとホームレスもハッとして、店内の方を見渡すー

「ーーー全員動くんじゃねぇぞ!オラ!金を出せ!」
強盗がそう叫びながら、”銃”を取り出したー

「ひっ…!?」
女子大生バイトの麻美が、叫ぶー。

ホームレスとギャルも驚いた様子で、その場に立ち尽くすー

ギャルは持っていたものをさりげなく売り場に戻したがー
ホームレスは勃起したままエロ本を手にしているー。

「ーー入口を閉めろ!ほら!今すぐやれ!」
強盗が、麻美に向かって叫ぶー。

正太郎は「俺が…」と言いかけると、
「ーお前には言ってねぇ!黙ってろ!」と強盗は叫んだー。

麻美が泣きながら入口を閉めて、シャッターを下ろすとー
そのまま強盗は、麻美を人質にしたー。

「ーー!」
正太郎は、レジの奥で人質にされた麻美のほうを見つめるー。

「ーーー……!」
歯を食いしばる正太郎ー

”ど、どうする…?
 どうする、俺ー?”

正直ー
今日は”天国”だと思っていたー

20代後半フリーターの正太郎は、
女子大生の麻美のことが好きだったー。

穏やかで、優しい性格の麻美ー。
容姿もとても可愛らしいし、
おそらく大学には彼氏がいるかもしれないー。

もちろん、正太郎自身、麻美とそんな関係になることが
できるなんて、夢にも思っていないし、
”一緒にこうして仕事しているだけで”幸せだったー

だが、そんな麻美と一緒の日に、こんなことが
起きてしまうなんてー

しかしー
そんな風に考えていた次の瞬間ー
信じられないことが起きたー

酔っぱらっていたからかー
ギャルが臆することなく、強盗に向かっていきー
強盗に、飛び蹴りを食らわせたのだったー

吹っ飛ぶ強盗ー
悲鳴を上げる麻美ー

「な、テメェ!」
強盗が叫ぶー

「さっきからごちゃごちゃうぜーんだよ!」
ギャルが叫ぶー

正太郎は、今がチャンスだと思いー
強盗を取り押さえようと、強盗の方に向かっていくー

そこにー
なぜか浮浪者の男も乱入してきてー
5人は大乱闘状態になってしまったー

そしてー
気づいたときにはー

「ーえっ!?」
「ーあ?」
「ん?」
「ー!?」
「ーおぉっ!?」

5人の身体はー
バラバラに入れ替わってしまっていたー。

「ーー……な、、何これ!?!?えっ!?!?
 は~~!?!?マジないんだけど!?」
ホームレスが叫ぶー

どうやら、中身はギャルのようだー。

「ーーそ…そんな……わたし……」
強盗が悲しそうに呟くー。
強盗の身体の中には、女子大生バイトの麻美がいるー。

そしてー
「ーーうほっ…うへへへへっ♡ うほほほほほ♡」
女子大生バイトの麻美が、ニヤニヤしながら
胸を揉み始めるー
中身は、ホームレスの男なのだろうー。

顔を真っ赤にするギャルー
中身は正太郎だー。

「ーーーお、、お前ら…!どういうことだっ!」

ギャルになった正太郎は、
大胆に露出された生足を見て、目を逸らしながらー
”自分の身体”のほうを見つめたー

最悪なことにー
正太郎の身体の中には、”強盗”が入ってしまっていたー

麻美(ホームレス)
ギャル(正太郎)
正太郎(強盗)
強盗(麻美)
ホームレス(ギャル)

5人は、バラバラに入れ替わってしまったー

「ーーう…う…どうしてこんなことに…」
強盗(麻美)がメソメソと泣き続けているー

「ーーんふっ…♡ ふぅぅ…♡」
カウンターで角オナを始めている麻美(ホームレス)ー

「ーー…お、、お…おい、やめろ!」
ギャルになった正太郎が叫ぶがー
麻美(ホームレス)はさっきからエッチなことばかりしていて、
欲望に身を任せているー

その様子に、強盗になってしまった麻美は泣き続けているー

”なんだこれは…
 どういう状況だこれは…
 地獄どころじゃねぇ…”

ギャルになってしまった正太郎は、戸惑いながら
ギャルの髪に手が触れて、ドキっとしてしまうー

「ーーほぉ」
麻美(ホームレス)が急にニヤニヤしながら近づいてくるー

「ーひっ!?」
ギャル(正太郎)が叫ぶと、
麻美(ホームレス)は「一緒にオナるか?」と、笑みを浮かべるー

「ーーう、、う、、ふ、、い、、一緒にしないでください!」
ギャル(正太郎)が叫ぶー。

麻美のいつもの穏やかな笑みは失われてー
下品な笑みを浮かべながら、麻美(ホームレス)が言うー

「ーへへへ 今は女の子同士なんだから…
 キスとかさー」

麻美(ホームレス)の言葉に、
ホームレス(ギャル)が反応するー

「ーあんたマジでいい加減にしろよ!
 ってか、あんたもあたしの身体で変なことしたら、殺すから!」

ホームレス(ギャル)の言葉に、
ギャル(正太郎)は「ひっ…!?」と、情けない悲鳴をあげるー

”っつ~か、くせぇ!離れてくれー”

そんな風に思っていると、正太郎になった強盗が笑みを浮かべたー。

「ーーーーテメェら!静かにしろ!」
正太郎(強盗)が叫ぶー。

ギャル(正太郎)が青ざめた表情で”自分の身体”を見るー

普段はどこか頼りなさそうな雰囲気を醸し出している自分が、
鋭い目つきでこちらを見つめているー

「ーーー俺はこんな面倒ごとはごめんだ!とっとと、金を出せ!」
正太郎(強盗)が叫ぶー

だが、他の4人は入れ替わった現状に戸惑っていたりー
自分の欲望を果たそうとしていたり、それどころではなかったー

ギャル(正太郎)は
”マジかよ”と、思いながら自分の身体を見つめるー。
正太郎の身体で人殺しでもされてしまったら、
自分が一躍犯罪者だー。

しかも、このギャルの生足が気になって仕方がないしー
胸を見ていると勃起しそうになるー
いやーこの身体には勃起するアレもないから、
頭がバグりそうだー。
そして、このギャルー

”ーートイレいきてぇ…最悪のタイミングだー”

酔っぱらっていて、さっきからふらふらするし、
トイレに行きたいー。
こんな状況で女の身体でトイレとか、シャレにならないー。

あの強盗がトイレに行くことを許可してくれるとも思えないし、
ホームレス(ギャル)が”あたしの身体でトイレ!?”とか
喚き始めそうな感じもあるー。

「ーくそっ!」
もじもじし始めるギャル(正太郎)ー

”くっさ…”
ホームレス(ギャル)はホームレスの身体から
あふれ出る悪臭に思わず表情を歪めていたー

「なんであたしがこんな目に…」

ホームレスの身体になったからか、一瞬にして酔いが
醒めたのは良いものの、この状況ー

しかもー

”もじもじしている”元自分の身体ー
ギャル(正太郎)のほうを見て、ホームレス(ギャル)は
表情を歪めるー

”あいつー、何あたしの身体触ってんの!?
 戻ったら訴えてやるから”

そんな風に思いながら、ホームレス(ギャル)は、
ギャル(正太郎)のほうを見つめるー。

強盗(麻美)は、しゃがみ込んで泣きじゃくったままー

泣きながら、暑苦しい覆面を取る
強盗(麻美)ー

「ーーっおい!俺の顔を晒すな!」
正太郎になった強盗が叫ぶー

強盗の身体になった麻美が、暑苦しい覆面を
何も考えずに取ったことによって、強盗の顔が
晒されるー。
監視カメラにもしっかりその顔が写っているー。

それでも泣きじゃくる強盗(麻美)ー

強面の男がメソメソと泣き続ける姿はー
異様な光景とも言えたー。

「ーーえへへへっ♡ えへへへへへっ♡」
麻美になったホームレスは、お構いなしに
再びエロ本を読み始めていたー

いつもは穏やかな麻美の顔が、エロおやじの顔になって
歪んでいるー
ニヤニヤしながら、「うほっ!うほぉぉ!」と、
可愛らしい声で叫んでいる麻美(ホームレス)ー

しかもー
この状況なのに、マイペースすぎて、
ギャル(正太郎)は唖然とすることしかできなかったー

「ーおい!テメェ!俺の顔を晒すな!」
正太郎(強盗)が、強盗(麻美)の方に向かっていくー

だがーー

「ーー皆さん!!!!!聞いてください!!!」
ギャル(正太郎)が、酔っていてふらふらするギャルの身体を
無理やり動かして叫んだー。

「ーーもう一度、5人でぶつかりませんか!?」
とー。

「ーーあ?」
正太郎(強盗)が首をかしげるー。

「さっき、5人でぶつかっちゃったら入れ替わったんですから
 もう一度ぶつかれば、元に戻れるかもしれません!」

ギャルの身体で敬語を喋ることに違和感を感じながらも、
そう言い終えるとー

ホームレス(ギャル)と、泣いていた強盗(麻美)は、
”5人でもう一度ぶつかる”という提案に”賛成”してくれたー

しかしー

「ーー俺はこのエロい身体を返すつもりはないぞ!」
麻美(ホームレス)が笑うー。

「ーー俺も、お断りだな」
正太郎(強盗)がそう呟くー。

”元に戻るか”
”このままか”

5人の意見は、3:2に割れてしまったのだったー

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依空間では珍しい「集団入れ替わり」のお話デス~!

小説だとどうしても、集団の入れ替わりは
状況が分かりにくくなったりしてしまう気がしているので、
あまり書かないのですが、たまには…!ということで書いてみました☆!

続きはまた次回のお楽しみデス!!

入れ替わり<深夜のコンビニ大騒動>
憑依空間NEO

コメント

  1. みのむー より:

    いいねー。続きが気になってしまいますわ。

  2. 匿名 より:

    集団入れ替わりいいですね。ここでは希少な作品なので新鮮です。
    確かにキャラ数が増えると描写が難しくなるかもしれませんが、普通の入れ替わりとは違う味、展開が出せるのが魅力だと思います。

    それにしても、5人程度なら集団と言うほどの規模でもないような気もしますね。
    以前どこかで見たことある集団入れ替わりの話は主要キャラ20人以上と、もの凄かったですよ。その話がさらに凄いのはそのキャラの一人一人にそれぞれちゃんと個性が出てて、埋没したり空気になってるキャラがいなかったとこです。

    まあ、単純に人数が多ければいいといいモノでもないので、少ないなら少ないで別の面白さはあると思いますけどね。キャラ数が多すぎるとやりにくいなら、3人という数もアリかと思いますよ。

    それはそれとして、この話の続きが気になりますね。

    ホームレスと強盗は元に戻りたくないようですが、それも当然かもですね。
    二人とも5人の中では当たりと言える身体になってますからね。逆に一番不幸なのはホームレスになったギャルと強盗になった麻美ですね。ギャルになった正太郎は当たりなのか、外れなのか分かりにくいですね。
    濃い化粧落としたら美人の可能性も、そうでもない可能性もありそうです。まあ、どちらにしろ、ホームレスとか強盗の身体よりは確実にいいでしょうけどね。

    もう一回入れ替わったら、今より最悪な身体になる可能性もあるので、色々リスクが高い気がします。
    下手したら麻美は強盗の身体からホームレスになっちゃう可能性もありますからね。それならまだ強盗の身体の方がマシな気が。究極の選択ですね。

    それにしても、ここの作品って、コンビニ系の話が妙に多いですね。うろ覚えだけど、既にかなりあった気がします。

    • 無名 より:

      コメントありがとうございます~!

      何十人規模の集団のものも確かにありますネ…!

      私のサイトの小説だと、あまり人数を増やしすぎると、
      何が何だか分からなくなりそうなので、なかなか難しそうデス…!
      (何十人を2~3話で書くのも難しいですネ…)

      コンビニ系のお話…!
      確かに度々出てきますネ!
      学校や病院が舞台のものが度々出てくるのと同じような気分で
      度々登場させています~!

タイトルとURLをコピーしました