<入れ替わり>わたしはお前のお姉ちゃん①~どうしたの?~

ある日ー
帰宅すると、姉の部屋から悲鳴が。

姉の部屋に駆け付けた妹が
見てしまった光景とはー?

※リクエストを元にした作品デス!

------------------------------

浅野 真梨(あさの まり)
高校1年生ー

彼女は、幸せな日々を送っていた。
学校も楽しいし、
家族関係も良好ー

「♪~」
思わず、ご機嫌になってしまうほど、
真梨の人生は、順調で、楽しいものだった。

高校入学してから既に半年以上ー
だんだんと涼しくなり始めていて
高校生活初めての冬も近づきつつあった。

「ただいま~!」

真梨には仲良しの姉がいる。

姉は、高校2年生ー
年が近いものの、二人はとても仲良しで、
休日には、二人で出かけることもあった。

仲良しのかわいい姉妹として、
周囲では知られた存在だったー

姉の瑠香(るか)は、先に帰宅しているはずー

と、いうのも、高校は別々で、
いつも、姉の瑠香の高校のほうが早く
授業が終わることが多くー
友達と遊んだり、部活があったりしない日は
基本的には、姉のほうが早く帰宅するのだ。

今日は、父と母が夜遅くなるからー
二人だけ。

家には瑠香しか
”いないはずだったー”

「--?」
帰宅した真梨は少し不思議に思う。

姉の部屋がある2階から
ドタバタと足音が聞こえるー。

「--んん~?誰か来てるのかな~?」
真梨がにっこりとほほ笑む。

姉の瑠香には彼氏がいるーー
…と、思う。

瑠香は恥ずかしがって教えてくれないものの、
誰かとやりとりしていて、とても幸せそうに
しているし、
彼氏からのプレゼントらしきものも、
真夏の誕生日にもらっていたー

「まさか、、彼氏さん…!」
真梨がニヤニヤしながら
忍び足で姉の部屋がある
2階へと近づいて行くー

「--(ふふふ…お姉ちゃんの彼氏さん、
 どんな人かな~)」

いたずらっぽい真梨は、
急に部屋に飛び込んで行って
「おね~ちゃん!」と叫ぼうとしていた。

忍び足。

忍び足。

姉のいる部屋へと近づいて行くー

ドタバタと
走り回るような音が聞こえる。

まるで子供がはしゃいでいるみたいに。

「ふふふ…お姉ちゃんってば元気~!
 なぁ~にしてるのかな~!」

姉の部屋の前に辿り着いた真梨は
ほんの少しだけ扉を開いてー
姉の部屋の中を見つめたー

するとー

「---!?」
見知らぬおじさんーーー
40を超えているだろうか。

小太りの見知らぬおじさんが、
はぁはぁ言いながら、姉の瑠香に
抱き着いていた。

「わお…!」
真梨は、扉を少しだけ開きながら
その光景を見て、
驚いてしまったー。

姉の瑠香に
彼氏がいそうだとは思っていたけれど
まさかこんなおじさんだなんて。

しかもー
大胆に抱き着いちゃって…

しかしー
真梨は、自分の考えが
間違っていることを知るー

真梨は会ったことがないけれど、
確かに、姉の瑠香には彼氏はいるー。
それは、正解だー。

だが、
今、姉と抱き着いている男は、
彼氏ではないー

では、何者なのかー。

その正体をー
真梨はすぐに知ることになる

「やめて…離して!」
姉の瑠香が叫ぶ。

「--え…」
真梨は、部屋の中を見つめながら唖然とする。

彼氏ー?
それとも、違うのー?

そんなことを考えながら
部屋を見つめていると、男が叫んだ。

「へっへっへっへ…
 いつもいつも、可愛いと思ってたんだぁ~」

男が気味の悪い口調で話す。

「--俺さ~
 最近、毎晩ず~っと、君になる夢を
 見ててさ~
 朝、起きたらパンツびしょ濡れなわけよ。
 分かるかい?」

悲鳴を上げる瑠香。

「--そしたらさぁ、
 ホームレスの仲間のリュウさんがさ、
 ヒトと入れ替わる薬ってのをくれてさぁ~

 あ、俺がさっき飲んだやつね くくく」

真梨は、その光景を見ながら
”こ、この人、彼氏じゃない”と
思うー。

恐怖で身体が硬直する。

「--君の身体…
 いただきま~す!」

男がそう言うと、
男は瑠香にキスをした。

もがく瑠香。
やがて、二人は気を失って倒れてしまう。

「---…え」

警察に連絡しようとしていた真梨は
二人が倒れてしまったことに驚くー

そして、
警察への電話よりも先に
部屋に飛び込んだ。

「ちょ、、ちょっと!お姉ちゃん!?だいじょうぶ?」
気を失っている瑠香を起こそうとするー

同時に、男のほうも確認するー
男は小汚い男で、
さっき”ホームレス仲間”と言っていたことから、
ホームレスなのかもしれない。

「う…」

そういうしているうちに、
姉の瑠香が目を覚ました。

何が起きているのかは
まったく分からないけれどー
とりあえず、男が気を失ってくれて助かった、と
真梨は思う。

「お、お姉ちゃん!だいじょうぶ?」
真梨が言うと、
瑠香は、ひきつった表情で「お姉ちゃん?」と
呟いた。

「え…」
真梨が戸惑うと同時に
瑠香は、はっとした様子で笑顔を作った。

「あ、うん、だいじょうぶだいじょうぶ~!」
瑠香の元気な笑顔。

「はぁ~よかった~」
真梨は安心したようにため息をつく。

「--で…こ、この変な汚いおじさんは?」
真梨がそう言うと、
瑠香が舌打ちをして、明らかに
不機嫌そうな雰囲気になった。

”もしかして、本当に彼氏?”と、
真梨は一瞬思ったが
すぐに、瑠香のことがその疑念を打ち消した。

「--き、急に家に入ってきたの。
 おれ…あ、いや、わたしが下校して
 帰ってきたときに、うしろから…

 ぷっ…くくく…」

瑠香が状況を説明しながらなんだか
笑いをこらえている様子で、
変だ。

「お、、お姉ちゃん?」
真梨がその様子に不思議そうな
表情を浮かべると、
瑠香は続ける。

「--と、とにかく…そいつを
 早く外に追い出してやろうぜ…
 じゃない、やりましょ」

瑠香がそう言うと、
瑠香は、男を乱暴に引きずって部屋から外に出し、
さらには、階段の方に向かっていく。

「ちょ、ちょっとお姉ちゃん!?
 警察呼ぶから待って!」

男が勝手に家に入って来たなら
気を失っているうちに
警察を呼んだ方がー

「---余計なことすんじゃねぇ!」
瑠香が突然大声で怒鳴った。

「--!?」
真梨は思わずビクッとしてしまう。

普段、声を荒げることのない姉の
怒声ー。

真梨が驚くには十分だった。

真梨は、「ご、、ごめん」と呟く。

そしてー
階段を引きずって
男の身体は1階へと下ろされた。

真梨は、そんな様子を見ながら、不安に思うー

「--君の身体…
 いただきま~す!」

入れ替わり…?

真梨は、思うー
さっき、二人が気を失う直前、
入れ替わり、と男が言っていたー

もしかしてー

真梨は、瑠香を見つめる。

乱暴な手つきで、男の身体を玄関のほうへと
引きずって行くー

「ねぇ、手伝ってよ!」
瑠香が男を引きずりながら言う。

「え…」
真梨が唖然としていると
瑠香が少し声を荒げた

「怪しいおっさんが入って来てるのよ…
 早く手伝えよ!
 それにこの身体、力無くて
 イライラするし」

「--!?」

真梨は
”やはり姉の様子がおかしい”と不安になる。

「--お、、お姉ちゃん…」
真梨は怖くなって
その場で立ったまま動けなくなってしまう。

「---チッ!」
姉が舌打ちをした。

そしてー

「う…」

倒れていた男が目を覚ますー

「--くそっ!もう起きやがった!
 お前がモタモタしてるからだ!」

姉の瑠香が真梨の方を向いて
怒鳴り声を上げる。

「---え…」
目を覚ました男は
周囲を不思議そうに見まわしてから、呟いた。

「---わ、、、わたし…?」

男は、確かにそう言った。

真梨の中で疑念が
確信へと変わって行くー。

姉と、この男の
身体は、入れ替えられているーと。

あまりにも非現実的だけれども、
入れ替えられているー。

「う、、うそ…わ、、わたしが…
 え…なにこれ!?」

男が、近くにあった鏡で
自分の姿を見つめ、
”信じられない”という表情を浮かべる。

その様子を見て、
瑠香は腕を組みながら笑みを浮かべている。

「ね、、ねぇ、わたしの身体を返して!」
小汚い男がそう叫んで瑠香にすがりつく。

しかし、瑠香は
「汚い手で触らないでくれるかしら」と
呟きながら男を振り払った。

振り払われた男が、
妹の真梨の前に倒れる。

「--ま、、真梨…
 わ、、わたし…!
 か、、身体をあの人に…!」

男が泣きそうになりながら叫ぶ。

「--お、、お姉ちゃんなの?」
真梨は不安げな表情を浮かべて
涙を流す男に話しかける。

「---何言ってるの…?
 お姉ちゃんはわたしだけど?」

瑠香はニヤニヤしながら言うー

「---…」
真梨は二人を見比べながらー
そして、叫んだー

「--わ、、わたし、二人が入れ替わった瞬間、見たから!」

とー。

見てなければー
信じなかったかもしれないー

けど、真梨は、
”二人が入れ替わる瞬間”を見ているー。

「---あ、そ」
瑠香がイライラした様子で
髪を掻き毟ると笑った。

「--」

そして、瑠香が男の方に近づいて行くと、
何やらぼそぼそと耳打ちした。

「---!!」
男の表情が青ざめる。

「--あ…あの…すみません…
 勘違い…でした」

男は歯を食いしばって
身体を震わせながら、
そのまま足早に玄関の方に向かう。

「ちょ!?お姉ちゃんなんでしょ!?ねぇ!?」
真梨が男を呼びかけるも、
男はそのまま外に出て行ってしまった。

残されたのは、姉の瑠香と妹の真梨。

瑠香が真梨の方に近づいて、
真梨の髪を乱暴に引っ張ると
小さく囁いた。

「今日からー」

「わたしがお前のお姉ちゃんだー」

とー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「----うぅぅぅぅ…」

家から出た男…
入れ替えられてしまった瑠香は
泣き崩れていた。

”今の俺には、お前の身体で
 どんなことだってできるんだぜ?

 例えば、可愛い可愛い妹とエッチしたり、
 可愛い妹を殺して、
 自分も死んだり…とかな?

 お前の置かれている状況が
 わかったら、大人しく出ていきなー”

そう、脅された瑠香には
出ていくしかなかったー

「----必ず…必ず…助けるから…」

男になってしまった瑠香は
家の方を振り返りながら
そう呟いた…。

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

リクエストによる入れ替わりものデス!
以前も姉妹の姉が入れ替えられてしまって~、という
作品はありましたが
今回はその作品とは別のリクエストデス☆

明日以降もお楽しみに~

入れ替わり<わたしはお前のお姉ちゃん>
憑依空間NEO

コメント

  1. みのむー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    続きが楽しみですわ。

  2. 飛龍 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    以前の私のリクエストとは大分趣向が違って面白いですねぇ……。
    入れ替わりを知る妹に対して"姉"はどう接するのか。元・姉の巻き返しはあるのか、次回以降に期待です~!

  3. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 続きが楽しみですわ。

    ありがとうございます!!
    頑張ります~!

  4. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 以前の私のリクエストとは大分趣向が違って面白いですねぇ……。
    > 入れ替わりを知る妹に対して"姉"はどう接するのか。元・姉の巻き返しはあるのか、次回以降に期待です~!

    ありがとうございます~!
    巻き返せるのでしょうか~?笑

タイトルとURLをコピーしました