<憑依>ダークドライブ~帰ってきた悪魔の車~

あの車が帰ってきた…!

悪霊宿るハンドルを握った人間は、
彼に憑依されー、
そして、意のままに爆走するー…!

※数年ぶりのダークドライブの新作デス!

⇒過去のダークドライブはこちらからどうぞ~!☆

※毎回、その時その時完結する系のお話なので、過去作を読んでなくても大丈夫デス!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”最後に”
身体を乗っ取って、自由に爆走したのは、いつだっただろうかー。

”ハンドルの中に宿る悪霊”は、
そんなことを考えていたー。

長い間、闇に飲まれていた意識ー。
けれども、それが次第に明確になっていくー。

”また”
自分の宿るパーツが、”再利用”されて、
新たに車が生み出されたのだろうー。

今度は一体、どんな身体がこの俺の餌食になるのかー。
どんな爆走をー
どんな狂気を見せつけてくれるのか。

実に、楽しみだー。

意識がまた、明確になってきたー。

あとは、”乗っ取る身体”が、車に乗るのを、待つだけだー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間の歴史は、流れ続けるー。
誰が生まれ、誰が死のうとも、
全滅しない限り、歴史は刻まれ、そして、過ぎ去っていくー。

現在もやがて過去になり、
未来もやがて現在となるー。

そんな、人間の歴史の鼓動は進みー、
既に、この世界では
”車は空を飛ぶ時代”が到来していたー。

車はタイヤを捨てて、上空に作られた”エア・レール”と呼ばれた
光路を通行することでー
人類は土地の有効活用ー、
そして”歩行者が巻き込まれることのない夢の世界”を
手にしていたー。

だがー

”チッー…”

ハンドルの中に宿る亡霊はー
そんな時代の流れを良しとはしなかったー

”ったく、何だよー”

前回、ハンドルに宿る亡霊が目を覚ました時には、
車は既に”オートドライブの時代”になっていたが、
眠っている間に、さらに時は流れたのだろうー。

現在は、オートドライブどころか、
車が空を飛ぶ時代になっていたー。

”確かにすげぇけど…”
亡霊はそう呟きながらも、
戸惑いの表情を浮かべるー

今までの”爆走”では人を巻き込んだこともあったし、
建物に激突したり、色々やらかしたー。

だが、車が空を飛ぶ時代になったということはー
事故のない時代に進みつつあるということはー
爆走のスリルを味わえるのだろうかー。

”ありがとうございました~!”

ここは、リサイクル車の販売店ー。
この時代では、事故などで破損した車のパーツや
古い車のパーツなどを再利用して生み出された車は
”リサイクル車”と呼ばれて安価で購入できるようだー。

そしてー
そのリサイクル車に、今回、”亡霊が宿るハンドル”パーツが
使われたらしいー

それで彼は、再び意識を、自我を取り戻したのだー。

前回ー
オートドライブが当たり前になっていた時代で目を覚ました彼は、
車に乗り込んでさえくれれば、簡単にその人間に憑依することが
可能になったー。

それは、今回も同じことだろうー。

「ーーわ~!…すごい~!リサイクルでも、十分綺麗だね」
可愛らしい子が、嬉しそうにそう呟くー。

「ー大学生でいられるのもあと1年だからなー。
 今のうちに色々な場所にドライブに行きたいしー」

この時代の車を購入した大学生カップルがそう呟くー。

”クククー今回の”身体”もなかなかいいじゃないか”
亡霊がそう呟くー。

”でも、彼氏の方はいらねぇなぁ”
久しぶりの”目覚め”ー

一緒に乗っている人間がいた方が面白いこともあるが、
今回は”一人で”楽しみたかったー。

しかしー、
彼氏が先に車に乗ってきてしまえば、どうすることもできないー。

亡霊はあくまでも車のハンドルー
いや、今の時代ではハンドルではなくレバーとなった
ハンドル代わりのものに宿っているだけで、
車に乗った人間に憑依する以外のことはできないー。

先に彼氏が乗ってきた場合、彼氏に憑依して車から
追い出すこともできなくはないがー
異変を察知されて、あの子が乗って来なくなると、
亡霊は楽しめないー。

この時代の車
”エア・カー”の説明を受ける大学生カップルの二人ー。

やがて、説明が終わると、
男の方が「じゃあ、優美(ゆみ)、早速乗ってみるか!」と
言いながら先にエア・カーに乗り込もうとしたー。

しかしー

「あ…!わ、わたしが先に乗ってみたい!」
優美が恥ずかしそうにそう呟くー

「ーえ?運転したくないって言ってなかったっけ?」
男の方が苦笑いしながら言うと、
優美は「う~ん…そうだったんだけど、実際に実物を見たら
何だか先に運転したくなっちゃってー」と、
顔を少し赤らめながら言うー。

「ーそっかー。いいよ!
 じゃあ、優美に運転してもらおう」

そう言いながら、彼氏の方が、
エア・カーの扉を開けて、優美に乗るように促すー

”良し!!!!”
ハンドルに宿る亡霊がそう心の中で叫ぶとー
車に乗った優美を早速”支配”したー

「ーひっ!?」
ビクンと震える優美ー

嬉しそうに微笑んでいた笑顔が突然消えて、
真顔になりー、
やがて、にやりと笑みを浮かべるー。

そんなこと知らずに、続けて助手席の方に乗り込もうとする彼氏ー

だがー
憑依されてしまった優美は
「久しぶりの爆走だぜぇ!」と、別人のような形相で
叫びながら、エア・カーを急発進させて、上空へと浮遊したー。

「う、うわっ!?!?!?!」
エア・カーに乗り込む途中だった彼氏が悲鳴を上げながら
エア・カーにしがみつくー。

操作方法も分からないまま優美に憑依した
ハンドルの亡霊は、上空の”エア・レール”にたどり着くと、
そのままアクセルと思われえるようなものを踏んだー

「ふぅ~!久しぶりの中身の身体での爆走ー
 やっぱりこのスリルがたまらないぜ!」

優美が嬉しそうにそう叫ぶー

「ゆ…優美…ちょ…!?優美!助けてくれ~!」
エア・カーに乗り込む直前だった彼氏は、
エア・カーに必死にしがみつきながら
振り落とされないようにもがいているー。

「ーあん?」
優美が不機嫌そうに反応すると
「何だよ…お前、ついてきたのかよ」と、
小声で呟いてから、
彼氏がしがみついているほうに向かって移動するー。

「ーーーえへへへへ… この女は爆走するために俺が使うからー」
優美がそう言うと、
彼氏は「な…何を言って…?」と、困惑の表情を浮かべたー。

「だから…」
優美はクスッと笑いながらー
そのままエア・カーにしがみつく彼氏を
上空から突き落としたー

「ばいば~い♡」
ゲラゲラと笑う優美ー。

優美本人が”大好きだった”はずの彼氏が、
上空から落下していくのを見つめながら
「へへ~未来の車ってアブねぇんだな」と、笑うー。

だが、エア・カーはハンドル代わりに見える
レバーのようなものをいじらなくても自動で移動しており、
”ドライブモード”という表示が表示されているー。

「この時代の人間なら分かるんだろうけどー
 俺には分かんねぇな…
 前に目覚めた時は、まだオートドライブになってるだけで
 地上を走ってたしー」

優美はそう呟きながらも
ふっ、と笑みを浮かべると、
「ーま、事故っても俺の身体じゃないしー
 たっぷり楽しむか」と、笑みを浮かべたー。

まずはアクセルのようなものを踏んで、スピードを上げていく優美ー。

その速度は軽く100キロを突破して、さらに200キロを突破するー

「うっ…うおおおおおおおおおおおおおっ!」
かつてない疾走感に、優美は髪をなびかせながら
激しく興奮するー

「す…すげぇ…すげぇ…これが…未来の…!すげぇ」
優美は興奮した様子で、さらにアクセルを踏むと、
時速はさらに上がっていき、
亡霊が生きていた時代では、あり得ないほどの
速度が出ているー

「ーーうっ…ふああああああ♡!」
興奮した様子で絶叫する優美ー。

”まさか、こんなに速度が出るなんてー”

身体中からアドレナリンが出て来るのを感じながら、
優美はさらに、加速しようとアクセルのようなものを踏むー。

しかしー

ピピっと、何か音がして
”セーフティモード起動”と、車内のモニターに
表示されたー。

「あん?」
嬉しそうにしていた優美は、途端に不愉快そうに
そのモニターを見つめるー。

アクセルを何度踏んでも、踏んでも
それ以上の速度は出ず、表情を歪める優美ー。

「チッ…まさか、安全装置みたいのがあるのか?」

よく見ると、”運転”もある程度は操作できるものの、
基本的に事故を起こさないようにするためか、
自動で、経路などが調節されているー

「なるほどなぁ…技術の進歩ってやつはすげえなぁ」
感心した様子でそう呟くと、
優美は「じゃあ…」と、
エア・カーを操作するためと思われるレバーに自分の身体を
押し付けて笑みを浮かべたー

「ー運転中にオナニーもできるってことだね!ふふっ♡」
優美みたいな口調で、嬉しそうにそう叫ぶと、
車のレバーで一人、快感を感じ始める優美ー。

セーフティモードが起動しているエア・カーは
優美の操作を受け付けず、
優美が車のレバーでゾクゾクを感じていても、
”外から見れば”問題なく運転してるように、
そう見えてしまう状態ー

「えへっ…えへへへへ♡
 運転中にわたしってばナニしてるのかなぁ~
 うふっ…ふふふふっふふ♡」

はぁはぁ言いながら、
普段、優美が浮かべそうにない笑顔を浮かべて
ご満悦の亡霊ー。

やがてー
エア・カーの運転はセーフティモードになって
どんどん穏やかになっていく中ー、
優美の行為は逆にどんどんエスカレートして、
過激になっていくー。

「ーーあ…どんな未来でもーー
 女の感じ方は…すげぇ…♡」

気持ち良さそうに笑いながら、優美が一人、楽しそうにしているー。

「ーーー…なんだあれ…?」

「ーーさぁ…?」

ちょうど、近くを走行していた”別のエア・カー”に
痴態を見られてしまってもお構いなしー

やがて、空中を走行しているエア・カーのレバーでイクと、
「空中でイク女とか… えへ…♡」と、乱れた格好で
笑みを浮かべたー。

その時だったー

ふと、エア・カーの後部座席に説明書らしきものが
置かれているのを見つめるー

「ーーーふ~ん」
服を半分以上脱ぎ捨てたままそれを見つめる優美ー。

「ーーーん?」

ふと、ある表記が目に入るー。

”オートモード解除方法”
と、書かれた内容ー。

”オートモードの許可ない解除は犯罪となり
 法律で罰せられます”とも書かれているそのページを
優美は興味深そうに見つめたー。

どうやら”何らかの緊急時用”だろうかー、
オート系統の機能を全てオフにし、
セーフティモードも解除できる機能が
エア・カーには備わっているらしいー

「ーーーへへへへ…どうやって解除すんのかなぁ~」

はぁはぁ言いながら、優美とは思えないような
乱れ切った姿で、説明書を読み始めるー

「危険?ふふー
 危険なんて今のわたしには関係ないもんね♡」

優美はそう呟くと、説明書を読みながら
ついには面倒臭くなったのかー
「いいや、ぶっ壊しちゃえ!」と、
緊急時に使用すると思われるボタンのようなもののカバーを
拳で何度も何度も叩いて破壊しー、
そのスイッチを押したー

エア・カーが制御を失い、暴走し始めるー

「うわっ!ははっ!あはははっ♡ すっげぇ~~~!」
可愛い声で、興奮した声を上げると、優美は
嬉しそうにエア・カーで爆走し始めるー

やがてー
あまりのスピードに制御を失い、
ものすごい姿で地上の方向に向かって行くのに気づくと、
優美は「ひいいいいいいいいいいいいいいいっ!?!?」と大声を
上げながら笑っていたー

「ーーじ…G…!遊園地の乗り物みたいなGを感じるぅうううううう!」

重力による、形容しがたい感覚を感じながら、
喜びと恐怖と快感に表情を歪めた優美は、
あり得ないほどの速度でそのまま地面に激突し、
一瞬にして、車共々スクラップになってしまったー

”ーーーー次は…”

亡霊は、車の大破と共に薄れゆく意識の中、笑みを浮かべたー。

”次はーーー…ワープする時代になっていたりしてな…?”

そして、亡霊の意識は再び闇に飲まれたー

またいつか、自分が宿る素材が再利用されて、
意識を取り戻すその日までー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

かなり久しぶりの「ダークドライブ」の最新作でした~!☆

初めての皆様にも、以前のダークドライブを読んだことがある皆様にも
楽しめる作品になっていれば、と思います~!

お読み下さりありがとうございました~!

PR
憑依<ダークドライブ>
憑依空間NEO

コメント

  1. 匿名 より:

    優美ちゃん、可哀想に。仮に生き延びていても、大好きな彼氏を殺した犯罪者として、悲惨な人生を送ることになったでしょうから、何も知らずに死ねたのは、せめてもの救いですかね?

タイトルとURLをコピーしました