<入れ替わり>あなたを地獄に落としたい②~堕ち行く二人~

表向きは仲良しの先輩と後輩ー。

しかし、裏ではお互いに相手のことを嫌悪し、
陰口を叩いている二人。

そんな二人が入れ替わってしまい、
二人は相手の人生を汚そうとしていくー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ーーう~ん…うま!」
ポテトチップスを素手で食べる美穂(結子)ー

美穂のような、華奢なOLの普段の日常とは思えないような光景ー

「ーーーは~~~~!」
ペットボトルのコーラをぐびぐびと飲み干すと、
美穂(結子)は、満足そうに微笑んだー

「ーふふふ…生意気な後輩の健康を壊しちゃう…!」
美穂(結子)が嬉しそうに笑うー

後輩・美穂の身体になった結子は、
いつもムカつく後輩の身体で
ポテトチップスを食べまくり、コーラを飲んで、
ご満悦だったー。

確か、昼休みにサラダを食べながら、
「ダイエットしてるんですぅ~」とか言ってた気がするー

「ふふふ…太っちゃったら、男の人に媚びを売れなくなっちゃうね~!」
美穂(結子)がニヤニヤしながら呟くー。

実際のところー
美穂は男性社員に媚びを売ってはいないのだが、
先輩の結子からすれば、そう見えていてー
その点をはじめ、結子は、後輩・美穂のことを
”気に入らない小娘”だと思っていたー。
自分よりも仕事ができるのも腹立たしいー。

結子は決して無能などではなく、
結子自身もかなり仕事はできるほうなのだが、
後輩の美穂は”それ以上にできる”

それが、腹立たしかったー

「ーそうだ!」
立ち上がった美穂(結子)は、そのまま外に出かけていきー
コンビニで”煙草”を購入したー

「ーーうわっ…煙草ってこんな味なんだー」
帰宅した美穂(結子)は咳をしながら煙草の方を見つめると、
”煙草を吸わない”と言っていた後輩・美穂に煙草を吸わせている
現状に激しくゾクゾクしながら笑みを浮かべたー。

「ー美穂ちゃんの身体でいられるうちに
 普段できないことい~っぱいしちゃおっと」
美穂(結子)はそう呟くと、2本目、3本目、と
どんどん煙草を吸い始めたー。

「あはっ…!あははははははっ!
 堕落した生活、最高っ!」
美穂(結子)はそう叫ぶと、
あまりに浮かれているからかー
”自分の身体”の方の心配など、まったくせずに、
4本目の煙草に手をかけたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、先輩・結子になった美穂は、
帰りに購入した、コスプレ衣装を着て、
その写真を自撮りしていたー

「ー先輩の弱みを握っちゃお」
結子(美穂)は笑うー。

結子の夫・航の帰宅時間は、
結子から聞かされているー。
話が間違ってなければ、まだ2時間以上は帰宅しないはずだー

「ーーふふふ…先輩ってば、ツインテールにして
 セーラー服なんて着ちゃって~!
 おばさんの癖に!」

まだ20代で、美穂からすれば1つ年上でしかない結子のことを
内心で”おばさん”と蔑んでいる美穂は
結子(美穂)の身体で、そう呟くー

「ーおばさんなのに、女子高生になっちゃった~!うふっ♡」
結子(美穂)はそう言うと、
「うわっ!きっもっ!」と、自分で呟いてから、
その格好の自撮りを繰り返すー。

メイド服を着たりー
ラバースーツを着たりー、
スクール水着を着たり、
やりたい放題して、その写真を撮影し終えると
「よし!先輩の弱みゲット!」と、結子(美穂)は嬉しそうに
自分のスマホをなでたー。

「ーーふっふふふふ…♡この洋服は先輩のお金で買ったんだし…
 あとで先輩にプレゼントしよーっと!」

元に戻れたら、結子にこの洋服のことを伝えて、
”あまりに先輩が可愛かったんで、つい自撮りしちゃいました♪”と、
悪意がない風を装って伝えるつもりだー。

遠回しにー
”先輩の弱み、握りましたよ”という、
そういう意味合いを込めてー。

「ーーふ~…」
一息つくと、結子(美穂)は、
「旦那さんが帰ってくるとか、緊張するなぁ…」
と、少し困り果てた様子で呟いたー

一人暮らしの美穂からすれば、
「夫がいる」という状況は、あまり想像できず、
今のところ急いで結婚するつもりもなければ、
機会がなくてそのまま生涯独身だったとしてもいいや、という
考えの美穂にとっては”窮屈”な印象さえ受けたー。

「ーーま、まぁ…元に戻るまでの辛抱だからー」
そう呟くと、
先輩・結子の夫・航が帰ってくることに備えて、
深呼吸し始めたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1日目が終わったー。

二人はそれぞれ、お互いの家でベッドに向かうー。

”もしかしたら、寝れば元に戻るかもね”
美穂(結子)がそうLINEでメッセージを送ると、
結子(美穂)も”そうですね”と返事を返したー。

美穂(結子)は、後輩・美穂の身体で
不健康な1日を過ごしたー
仕事帰りに買った煙草をすべて吸い終えて、
散々、太るような食べ方をしたー。

「まぁ、1日ぐらいじゃ変わらないと思うけど、
 少しせいせいした気分!」
美穂(結子)がそう呟くー。

一方、結子になった美穂は、夫・航と無難に過ごしてー
1日を終えていたー。

”先輩の恥ずかしい姿の写真、手に入れられて満足…
 今度、結婚自慢みたいのされたら、見せてやろーっと”
そんな風に満足そうに微笑む結子(美穂)ー

二人は、お互いに満足したまま、入れ替わり初日を終えたのだったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日ー

二人は、元に戻っていなかったー。

出勤した二人は朝の時間帯には使われていない
会議室で、相談をするー

「どうするんですかぁ…先輩…」
少し困った様子の結子(美穂)ー

”先輩みたいな、人妻おばさんの身体とか、ごめんなんだけど!”
結子(美穂)は心の中でそう思うー。

「ーーう~ん…しばらくこのままで過ごすしかないよね…
 どうやって元に戻ればいいのかもわからないし…」
”頼れる先輩”
そんな感じのオーラを出しながら、美穂(結子)が言うー。

”ーあんたみたいな性格悪い子の身体とか、最悪…”
美穂(結子)も内心でそんな風に毒づきながら
ふたりとも”表面上”は仲良しのためー、
真剣に今後について相談したー。

「あ、昨日は大丈夫だった?変わりはなかった?」
美穂(結子)が、会議室から出る直前に、そう聞くと
「はい、なかったです~!」と、結子(美穂)は答えたー。
そして、結子(美穂)が「先輩のほうは?」と尋ねると、
美穂(結子)も「美穂ちゃんは”一人暮らし”だから、楽だったよ~」と笑ったー

”何それ…?また結婚自慢?”
結子(美穂)が少しだけ表情を歪めると、
ふたりは微笑みながら、会議室から外に出て、
オフィスの方に戻っていったー。

”まぁ、先輩は昨日…恥ずかしい格好してたんですけどねぇ~”

”美穂ちゃんは昨日、ポテチとコーラと煙草に…ふふふ…不健康生活を送ってたけど”

ふたりして、内心では腹黒なことを考えながら、
そのまま二人は、自分のー、いや、相手のデスクへと戻っていったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再び、相手の家に帰宅する二人ー。

「ーーはぁ~…まさか今日も美穂ちゃんの家に
 帰ってくることになるなんて…」
ため息をつきながら、美穂(結子)が、美穂の家の中に入ると、
周囲を見渡して、笑みを浮かべたー

「そうだ…!」
そう呟くと、美穂の家を物色し始める美穂(結子)ー

「ー美穂ちゃんのために、”断捨離”してあげよ~っと!」
そんなことを言いながら、美穂の家の”必需品”以外のものを
勝手に捨てていく美穂(結子)ー

帰りに買ってきたポップコーンを食べながら、
今日もコーラをがぶがぶ飲んで、美穂の身体の健康を
壊していくことも、忘れないー。

”美穂ちゃんのため、家を整理してあげたつもりだったんだけど…
 ごめんね!”
と、元に戻れたら言うつもりだー。
悪意のないフリをしてー。

「ーーふふふふふふ」
美穂(結子)は容赦なく、美穂の私物を処分していくー。

一方ー
結子(美穂)は再びコスプレをして、自撮りを繰り返していたー。

「ーーそうだ…まだ元に戻れないならー」
にやりとする結子(美穂)ー

さらに過激な衣装をネットで注文して、
その写真を撮影することに決めて、
ニヤニヤしながら
「先輩の恥ずかしい姿、もーっと、見てあげますからね…」と
小声で呟くー

夫の航とは”どんな風に接すればいいか”を
結子本人から聞いていたものの、あえてそれを無視して
結子(美穂)は、部屋に引きこもることにしたー。

「どんどん険悪ムードになっていって…
 先輩が離婚でもすることになっちゃったら…!
 ふふふ、ふふふふふ…いい気味!」

そんな風に笑いながら結子(美穂)は、夫・航を放置して、
自分の部屋で、友達とLINEを始めるのだったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから1週間が経過してからも、
ふたりは元に戻ることができなかったー。

やがてー、
”このまま戻れないんじゃ…”という不安を感じ始める二人ー。

そして、
その不安を払拭するかのように、
ふたりは、”相手の人生”をさらに傷つけることばかり
考え始めたー。

「ーーんぁぁ~~~~~!
 なんでわたしが、こんな子の身体にいつまでもいなくちゃ
 いけないのよ!」
美穂(結子)が、自宅で、酒を飲みながら
怒りの形相で呟いたー。

さすがに1週間も戻れないとなると、不安やストレスが溜まってくるー。

「ーまぁ、いっか。
 わたしの身体じゃ食べられないもの、できないこと 
 い~っぱいできてるし」

一昨日から酒を飲み続けている美穂(結子)ー

「美穂ちゃんがアル中になろうが知ったことじゃないしぃ~!
 あははははははっ!」
美穂(結子)はそんな風に叫びながら、
酒を何杯も何杯も飲んで、吐き気を催してトイレに駆け込んだー。

結子(美穂)も同じく、
”1週間経過しても元に戻れていないこの状況”に
強いストレスを感じー、
夜の街で男遊びを繰り返していたー

「(わたしじゃこんなことできないけど、先輩の身体なら
  どうなってもいいし!)」

そんな風に思いながら、今日も仕事終わりに、夜の街で
出会った男とホテルに駆け込むー。

「ー(まさか、先輩が浮気してるなんて思わないだろうなぁ…)」
男とエッチなことをしながら、結子の身体で喘ぐ美穂ー。

「(あぁぁぁ…先輩の身体…すごい…!わたしなんかより
  ずっと激しく…)」

先輩の身体で勝手に男とヤッてー、
帰宅した結子(美穂)は、何食わぬ顔で、
自分の部屋へと戻っていくー。

”いっつも、結婚してるからわたしは幸せです~!みたいな顔しちゃって…!
 おばさんの癖に!”

まだ20代の先輩のことをおばさん呼ばわりして、
結子(美穂)は部屋で悪態をつくとー、
”元に戻る方法”をネットで調べ始めたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

会社では、いつも通り”仲良く”振る舞う二人ー。

だが、二人とも”異変”を感じていたー。

「(なんかわたしの身体…肌の感じとか、体形とか…ちょっと
  変わってきてる気がする…)」

結子になった美穂が、自分の身体を見ながら心の中でそう不安を覚えるー。

「(……何をしてるの……?この女…)」
美穂になった結子も不安を感じるー。

美穂(結子)は、結子のスマホを持っているー
ここ数日、航から”仕事の帰りが遅いことを心配するメール”が
届いているのだー。

美穂(結子)はとりあえず「仕事で遅くなる」と
返事をしているものの、
結子になった美穂が、何をしているのかは分からないー

お互いに不信感を膨らませながらもー
陰険な二人は、相手に確認できず、
ニコニコと”仲良しな先輩と後輩”を演じるー。

「ーー(でもーー)」
結子になった美穂は笑みを浮かべていたー

”元に戻る方法”
結子になった美穂は、既にそれを見つけていたー

”先輩の夫婦関係を壊したらー
 元に戻りますからね…先輩”

クスッと笑う結子(美穂)を見てー
美穂(結子)もクスッと微笑んだー。

③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

表面上仲良しに見えるのに、
裏ではお互いに悪口の嵐…の子は
実際に時々いるのデス…!

次回が最終回なので、
ぜひお楽しみくださいネ~!

入れ替わり<あなたを地獄に落としたい>
憑依空間NEO

コメント

  1. 匿名 より:

    今のところ美穂の方が有利な気がしますね。
    体型とか健康は少しくらいなら後でどうにもできると思うけど、夫婦関係は壊れたら元に戻すのも難しいですからね。
    それにしても美穂のやり方悪辣ですね。いくら嫌いだからってそこまでやるか、って感じです。
    結子の方は人間関係をどうこうするわけではないので、まだかわいいものと思いますけどね(幼稚なやり口とは思いますが)。

    美穂は元に戻る方法を見つけたようですが、このままいくと二人共、元に戻りたくなくなる結末になりそうな気がしますね。

    そういえば、この話ってずっと前の『女沼』に似てますね。こっちは入れ替わりであの話は憑依で、メインとなるキャラの人数も違いますが。あの話は思わぬ第三者の介入で全員破滅しましたが、この話の結末はどうなるかとても楽しみです。

    • 無名 より:

      コメントありがとうございます~!☆

      女沼…!懐かしい作品ですネ~!
      今回はどのような結末になっていくか、ぜひ見届けてくださいネ~!

      今のところ美穂の方が有利…!
      確かにそう見えます…★!

タイトルとURLをコピーしました