<憑依>それでも僕は君と共にいたい③~愛の行方~(完)

悪の組織”ジード”の幹部に憑依されてしまった彼女ー。

それでも彼女を見捨てることはできない、と、
乗っ取られた彼女の下僕として働く彼氏ー。

二人の愛の行方は…!?
その先に待つ、運命は…!?

-------------------------—

次元の狭間に存在する悪の組織”ジード”の
本拠地が爆音に包まれるー。

いかにも特殊部隊、という感じの服装の人間たちが、
ジードの本拠地に、銃を持って迫っているー。

対ジード特殊部隊ー。
次元の狭間に存在するジードの本拠地の場所を特定し、
特殊な技術でここまでやってきたのだー。

人類とて、黙ってジードに屈するほど、
愚かではないー。

「-ーーー愚かな人間どもめー」
ジード首領は、クリスタルに映るその様子を見つめながら、
歯軋りをしたー。

そして、幹部4人に命じたー。

「--侵入した人間どもを、根絶やしにせよ!」
ジード首領の言葉に、
ガオスに乗っ取られた唯花を含む4人は、笑みを浮かべながら頭を下げたー

「っかし、女の身体を乗っ取った途端に、武器を鞭に変えるとか
 悪趣味だなお前は」

唯花に向かって、幹部の一人・ゴリラスが笑うー。

「---ククク…悪の女王様みたいな感じがして、
 楽しいだろう?」

唯花が禍々しい鞭を手にしながら言うと、

「-ま、確かにお前が元々使ってた剣よりも
 ドSな女王様って感じがして、ゾクゾクするけどな」
ゴリラスが笑いながら、通路を歩くー。

「--この手を血で染めてやる…ククククク」
唯花はそう言うと、ゴリラスと別れて、別の方向に向かって歩き出したー

各所で、戦闘が始まるー。

拷問室から出た健司も、
ジード本拠地の中層階の窓から、その様子を見つめるー

「--あれは…人間…!
 ってことはーー」

健司の心の中に、少し希望が湧いたー。

人類が、悪の組織ジードに対する反撃に出たということなのだろうー。
もし、ジードを倒すことに成功すれば、
自分も、唯花も、助かるかもしれないー。

そんな、希望を抱きながらー。

「---」
窓から外を見つめると、
幹部の一人、”悪意を人間にプレゼントする”サタン・クロースが、
戦いを続けていたー。

「--…そうだ…唯花は?」
健司は一気に不安に駆られたー

まさかー
幹部のガオスに憑依されている唯花もー
戦闘をさせられているのではー

そう思ったからだー。

健司は必死に廊下を走り始めたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ーーーあははははははははっ!」
鞭を振るいながら、特殊部隊を始末していく唯花ー。

悪の女王のようなポーズを取りながら
”今、楽しめる欲望を全て楽しむ”ことがモットーな
幹部ガオスは、唯花の身体で、戦いを続けていくー。

「---助けてほしい?」
唯花が、悪女のような声で、倒れた特殊部隊隊員の頭を踏むー

「た、、た、、たすけてくれ…!」
悲鳴を上げる特殊部隊隊員ー

「-じゃあ…”女王様、たすけてください”って命乞いしてごらん?」
唯花が冷たい声で言うー。

「--く、、、く…」
プライドからか、言葉を口にできない特殊部隊隊員ー

「--おら!死にたいのか?」
唯花が足で乱暴に特殊部隊隊員を踏みつけるー。

他の隊員が、唯花に銃を放つー。

唯花は、バク転してそれを回避すると、
禍々しいオーラを纏いながら、奇声を上げて特殊部隊隊員たちの方に向かうー

邪悪なオーラをこめた鞭で、
悪の女王のような笑い声をあげながら、特殊部隊隊員たちを蹴散らしていくー

「--!」
だがー
特殊部隊隊員はそれなりの人数がいて、
唯花の背後を取ることに成功したー。

両手を上げる唯花ー

「いいの?この身体は、唯花っていう人間のものなんだけど」
唯花がクスッと笑うー。

唯花が憑依されて、健司がここに来てから
既に数週間ー。

元の世界では、唯花と健司の捜索願も出されていてー
”女子大生消息不明”のニュースは、大々的に報じられていたため、
特殊部隊隊員たちもそれを把握していたー。

「馬鹿ね」
クスッと笑った唯花は、その隙を見逃さなかったー。

鞭を振るい、特殊部隊隊員を蹴散らしていくー。

隊員も銃弾を放ったが、それは唯花の肩をかすめただけだったー。

「ふぅんー」
肩から噴き出した血を見て笑う唯花ー

「人間の身体って貧弱なのね」
唯花は指に血をつけてペロリと舐めるー。

「でもーー」
唯花に憑依しているガオスが闇の魔力を用いて、
唯花の身体の傷を強引に修復していくー

「-多少のダメージなら、問題ないー」
唯花はペロリと唇を舐めると、特殊部隊隊員の方を見つめたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戦いはさらに激化するー。

優れた技術力を持つ悪の組織・ジードは、
本来”人類と真っ向勝負を仕掛ければ”確実に勝てるほどの
技術や戦力を有していたー。

だが、”人類侵攻”に分散させている戦力はわずかであり、
また、”人類を遥か格下”と見下していることー、
そして、”人類をいたぶるように、遊び半分で侵略している”ことが、

”仇”となったー。

人類はいつの間にか、ジードに所属する悪魔の組織を崩壊させる
特殊な化学兵器の開発に成功していたー

「--ぐおおおおおおおっ…」
幹部ゴリラスが吹き飛ばされるー。

吹き飛ばされたゴリラスの側に別の隊員が駆けつけて、ゴリラスの頭を撃ち抜くー。

「クリア!」
南側を守っていた幹部のゴリラスが突破されたー。

「---……」
そんなことも知らない健司は、唯花がいる東側に向かうー。

北側では既に、人類に悪夢をプレゼントする幹部、サタン・クロースが、
特殊部隊に死をプレゼントされ、突破されていたー。

本拠地内に特殊部隊隊員がなだれ込んでくるー。

健司は、特殊部隊とは遭遇しないままー
東側にたどり着いたー

「--唯花!」
健司が叫ぶー。

唯花は、鞭を手に、少しだけ苦しそうにしていたー

「---(チッ…さすがに人間の女の身体では、もたぬか)」
はぁはぁ言いながら、唯花は舌打ちをするー。

いかに闇の魔力で、唯花の身体を酷使しようと、
唯花は”普通の女性”でありー
限界を超えて激しい動きをしていたことで、
唯花の身体は激しく消耗していたー。

横たわる特殊部隊隊員たちー。

唯花が、残る隊員たちに、鞭を振るうー。

「--あははははは!死ね!死ね!」
唯花は、とても楽しそうに人間たちを始末しているー

”あんな唯花…僕は見たくない!”
健司はそう思いながらも、唯花の方に向かって行くー。

その時だったー。

パァン!
”健司もジードの一員”と勘違いした特殊部隊隊員の一人が、
健司の足を撃ち抜いたー。

「ぐあっ!」
その場に倒れる健司ー。

「----!」
唯花も、健司が撃たれたことに気づくー

「--ククク…バカな下僕だな」
唯花はそれだけ呟くと、健司から視線を逸らして
他の特殊部隊隊員との戦いを続けようとしたー

しかしー

「------…」
唯花は、少しだけ表情を歪めたー。

「--覚悟しろ」
特殊部隊隊員が倒れた健司に近づくー

健司は、足を押さえながら
「ち、、違う!待ってくれ!僕はー」
と、叫ぶー。

だが、特殊部隊隊員は、聞く耳を持たなかったー

銃を手にー
健司に向かってそれを放ったー

パァン!!!!!!

「--!?」

しかしーー
健司の前に、悪の女幹部のような姿をした唯花が立ちはだかりー
”盾”になっていたー

「--!?!?」
健司が驚くー

撃たれた唯花は、笑みを浮かべると
そのまま、特殊部隊隊員を倒したー。

その場に膝をつく唯花ー

「--え…な、、なんで…?」
健司が戸惑うー。

唯花は、闇の魔術で傷を回復させながら
健司の方を見つめたー

「--何で?”この女の彼氏”なんて立場の
 面白い下僕はもういないからに決まってるでしょ?クククー」
唯花が笑うー

”乗っ取った身体の彼氏”
そんな立場の人間は、健司一人しかいないー。
下僕はいくらでも補充できるー
だが、そういう立場の下僕は、健司しかいないー

だから、助けたー

「---ありがとう…」
健司は、唯花に助けられた気がしてそう呟くー

唯花は少しだけ戸惑ったような表情をしながらー
「--ありがとう、ございます!、だろうが!」と
健司を蹴り飛ばすとー、
そのまま鞭を手に、再び特殊部隊の方に向かって行ったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

破壊され尽くした指令室ー。

ジード首領が苦しそうに呟くー

「我は所詮…”数ある実働部隊の司令官”に過ぎぬー」

既に、ジード首領の部屋まで到達した特殊部隊は、
ジード首領に銃撃を加え、制圧を完了していたー

ジード首領の脇には、幹部の一人・パリピーナスが屍となって転がっているー。

「---ジードは……滅びぬ…!」
ジード首領がそう叫ぶと同時に、銃弾が放たれて
ジード首領はそのまま死亡したー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「---おのれ人間どもがああああああああああ!」
鬼のような形相で、乗っ取られた唯花が、
鞭を振るっているー。

特殊部隊隊員の数が多くー
唯花を乗っ取ったガオスの魔力による
回復も追いつかなくなっていたー

「--はぁ…はぁ…はぁ… ぐっ…
 所詮は小娘の身体か…」
唯花は、表情を歪めて膝をつくー。

「---ーおわりだ」
特殊部隊隊員の一人が銃を唯花に向けるー。

「--さっきも言ったけど…この身体は…人間…
 俺を殺せば…この女も、、、死ぬ!」
唯花が笑いながら言うー。

特殊部隊隊員は一瞬躊躇したー。

だがー

「--………それしか、その子を救う方法はないー」
特殊部隊隊員は、唯花を撃つ気だったー。
そうしなければ、この子の身体は、永遠に悪用され続けるからだー。

「---ま、、待って…くれ…」
戦いの巻き添えを喰らい、既にボロボロになっていた健司が、
ふらふらと、膝をついた唯花の前にやって来るー。

「--君も人間だな?どくんだ」
特殊部隊隊員が言うー。

だがー
健司はどかなかったー。

「---唯花を…唯花を…殺さないでくれ…」
嘆願する健司ー。

唯花は笑みを浮かべるー。

「--ククク…下僕!そうだ!わたしを助けなさい!」
唯花の心ない言葉ー。

健司は、傷つきながらも、
それでも唯花を守ろうとしたー。

「--どくんだ!」
特殊部隊隊員が叫ぶー。

「--僕…約束したんだ…
 何があっても唯花の側にいるってー
 何があっても、唯花を守るってー」

健司が涙を流しながら特殊部隊隊員たちの方を見るー。

「--ククク…バカなやつ」
唯花が低い声で呟いて笑うー

「-------」
健司は両手を広げて、唯花を守るようにして立ちはだかったー

たとえー
唯花がどんな姿になってもー

たとえー
唯花がどんなになってもー

それでも、唯花の側にいたいー

特殊部隊隊員の一人が、「ジードの首領を始末した」と、遠くから叫ぶー。

「了解した」
唯花に銃を構えている隊員が返事をすると、
健司の方に銃を向けたー。

「-ーー5秒以内にどくんだー。
 君の気持は分かる。
 だが、ここで引けば、そいつの思うつぼだー
 
 君が引けないようにー
 我々も引くことはできない」

特殊部隊隊員にも、強い決意があったー。
健司と、同じようにー。

「-------」

「---5、4、3,2--」
特殊部隊隊員は本気で撃つ気だー。

健司は、静かに目を閉じたー

”もういいよー”

健司が、ふと目を開くー。

そこには、”いつもの穏やかな唯花”がいたー。

「--もういいよ…健司ー。
 わたしのためにー
 ごめんなさいー。

 もう、十分だからー」

唯花は涙を流しながら、
健司の方を見つめたー。

健司は、周囲を見渡しながら、
唯花の方を見つめるー。

「--ずっとそばにいるって、約束したからー」
健司が言うと、
唯花は、悲しそうにー
けれども、嬉しそうに微笑んだー

「--これからは、ずっと、いっしょだよー」
唯花の言葉に、健司は、優しくほほ笑むと、
そのまま、光に包まれて、穏やかな表情を浮かべたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「-------クリア!」
特殊部隊隊員がこの場を制圧したことを確認して、叫ぶー。

「--------」

悪の組織ジードを壊滅させたー。

いや、ジード首領の言葉から、
また、別の部隊がやってくるのかもしれないー

だが、その時は、またー。

「-------」
特殊部隊隊員は、
最後まで彼女を守ろうと立ちはだかった健司の方を見つめたー

健司は、悪女のような恰好をした唯花と、手をつないでー
そして、満足そうに倒れていたー。

ジードの幹部・ガオスに乗っ取られたまま倒れた唯花もまたー、
最後の表情は穏やかそうだったー。

そんな二人の亡骸を見つめて、
特殊部隊隊員は、静かに”来世では幸せになれよ”と
祈りをささげたー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

乗っ取られてしまった彼女に
それでも寄り添い続ける彼氏のお話でした~!

もっと長い話数で、もしも書いていたら
身も心も下僕になっちゃうような展開に
なっていたかもしれませんネ~!

お読み下さりありがとうございました!!

憑依<それでも僕は君と共にいたい>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました