<憑依>浦島憑依③~未来~(完)

一瞬にして「30年」を奪われた彼女。

乗っ取られていた彼女からすれば、それは”たった1秒”の出来事で、
短時間のうちに、別世界に飛ばされたような、
そんな、気持ちだったー。

彼女の運命はー?
この先に待ち受ける未来は?

--------------------—-

「わたし、こいつを絶対に許さないー」
杏菜が、怒りの形相で、送られてきた荷物を指さしながら言うー。

いきなり30年以上も奪われた杏菜ー
その間に、両親は死亡し、
親友の優姫をはじめとする人間関係も壊れたー

そして、今、なお、
杏菜の身体から抜け出した男は、杏菜を弄んでいるー。

目覚めた浜辺で困惑していた杏菜に声を掛けてー
杏菜を助けてくれている女子大生・紗里の家にまで
荷物を送ってきて、挑発を繰り返しているー。

「---村井さん」
紗里が寂しそうに呟くー

「--行っちゃだめです」
とー。

「-どうしてー?」
杏菜は戸惑うー。

”男”からのお届け物には
”杏菜を匿っている紗里にも危害を加える”というようなことまで
書かれていたー。

これ以上、ここにいれば、紗里にも危害が及ぶ可能性があるー。

それに、やっぱり、自分の人生を30年間も奪った男を
許すことは出来ないー。

だからこそ、杏菜は紗里の家を離れてー
自分の力で、自分に憑依していた男を探し出すつもりだったー。

「---……わたしも、その人を見つけるのを手伝いますから…」
紗里の言葉に、
杏菜は首を振るー

「あなたには本当に感謝してる…
 あなたと出会ってなければ、わたし、本当にどうしていいか分からなくて
 どうすることもできなかったと思うー。

 でもねー。
 ここにいたら、あなたも巻き込んじゃうかもしれないー」

杏菜が”男”から届いた手紙のひとつを手にしながら言うー。

そこには”お前を匿う女も、巻き込むことになるぞ?”と
書かれていたー。

「---わたしなら、大丈夫ですー。
 わたし、村井さんの力になりたいんですー」

紗里の言葉に、
杏菜は少しだけ首を傾げるー。

「-あの……ごめんね、疑うわけじゃないんだけど、
 どうして、わたしのためにそこまで?」
杏菜が言うと、紗里は悲しそうに微笑んだー。

「--そうなりますよねー。
 わたしが、何か企んでるんじゃないかって、
 そう、思いますよねー」

紗里はとても悲しそうだったー。
杏菜は「あ、ごめん、そういうことじゃ…」と
必死にフォローしようとしたが、
すぐに紗里は笑ってー

「いえ、大丈夫ですよ。逆の立場だったらー
 わたしが、村井さんだったら、
 やっぱり、急に見ず知らずの自分に話しかけてきて
 一緒に暮らそうって提案されて
 親切にされ続けたら
 「この人、やばくない?」って思いますから」

と、杏菜の方を見つめながら呟いたー。

「----……実は」
紗里は、言葉を続けるー。

そして、机から写真を取り出したー。

そこにはー
小さな少女と、杏菜に似た女性が写っているー。

杏菜に似ているがー
メイクの感じや髪型が少し違うため、
別人かもしれないー

紗里は、その写真を見つめながら微笑むー

「”お母さん”ですー。
 よく、似てるでしょ?村井さんにー」

その写真を見てー
杏菜は、写真に写っているのが、
紗里の母親と、小さいころの紗里であることを悟るー。

「--わたしのお母さん、わたしが8歳の時に家出したんですー。
 それ以降、一回も連絡が取れてなくてー。」

紗里は悲しそうに言うー。

「--最初に、村井さんを見つけたとき…
 ”お母さん”かなって、そう思っちゃってー」

確かに、写真の紗里の母親と、今の杏菜は
とても似ているー。

「もちろん、この写真は10年以上前のものですし、
 お母さんは今、もう、この写真の時の時よりも
 年を取ってるはずですから、
 村井さんがお母さんのはずはないんですけどー、
 つい、お母さんにそっくりだったからー
 他人とは思えなくてー」

紗里の言葉に、杏菜は戸惑いながらー
「そうだったんだ…」と呟くー。

紗里は”杏菜に母親の面影”を感じたからこそ、
見ず知らずの人間であるはずの杏菜をこうして
家に招き入れて、さらには親切にしているー

杏菜は、そう理解したー。

「--わたし、親孝行したくても、できないんでー…
 だから、せめて…村井さんの役に立てればなって…」

紗里の言葉に、
杏菜は「---でも、あなたまで巻き込むことになったらー」と、
不安そうに呟くー

「--大丈夫です。わたし、こう見えても、自分の身を守ることには
 長けてるんですよ?

 だってほら、お母さん小さいころに出て行っちゃって
 それからは、酒乱のおとうさんと二人暮らしでしたから!」

紗里が笑いながら言うー。

杏菜は、”この子と出会えて本当によかった”と思いながらー
紗里の手を、微笑みながら握ったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それからも、紗里の家に荷物が届き続けたー。

”杏菜に憑依している男”からの荷物だー。

「-ーーー…」
杏菜は写真を見つめて、悲しそうに震えるー。

”夜の仕事”を杏菜がしていた時の写真が
何枚も送られて来たー

”お前の身体、マジでエロかったぜ”と
メモ書きが添えられているー。

「---…村井さん」
心配そうな紗里ー。
杏菜は辛そうに「大丈夫」と頷くー。

憑依されて意識のなかった30年間の間の”写真”を見るのは
とても、辛いー
色々な思いがこみ上げてきて、爆発しそうになるー。

けれどー
そんな”挑発”にも杏菜は負けずー
それから数週間が経過したタイミングで、
バイトを始めたー

もうー
”失われた30年”は元には戻らないー
どんなに悲しんでも
”憑依されて30年以上”が経過して、
杏菜本人からすれば”1秒”の感覚で
30年以上が経過してしまったのだー

けれどー。

”まだ”死んでないー
40代後半になってしまったけれどー
まだ、死んでないー。

「--紗里ちゃん、これ」
杏菜は、バイトの初任給を、紗里に手渡したー

「えぇっ!?いいですよ!?」
紗里が驚くー

だが、杏菜は優しくほほ笑んでー
「わたしも、少しずつ、頑張らないと」と、紗里の方を見つめたー

「-ーー”わたし”の初めての給料ー
 本当はお父さんとお母さんに渡したかったけどー」
と、冗談を口にしながら、杏菜は紗里に
日頃の感謝の気持ちを込めて、”はじめての給料”を
手渡したー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--へへへへへへ」
荷物を作り終えた男は、
家から出ると、コンビニに向かって、それを発送するー

宛先は”紗里の家”だー。

「--あの女、なかなか気丈じゃないか。
 30年も乗っ取られていたのに、健気だなぁ」

そう呟きながら、荷物の発送を終えると、
彼は笑みを浮かべながら、
杏菜のことを思い出し、一人、笑い始めたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日ー

「---いってきます」
杏菜が紗里に声を掛けると、
読書をしていた紗里が「あ、はい!行ってらっしゃい!」と
ほほ笑んだー。

杏菜は、”この世界”での生活にもだんだんと慣れてー
バイトをきっかけに、順調に社会復帰を進めていたー

今日は大学が休みの紗里が「気を付けて」と
玄関まで杏菜をお見送りしたー。

「うん」-
そう返事をして、杏菜はバイト先に向かうー。

しかしーーー
バイト先から突然電話が入ったー

”今日、他の子がシフト間違えて、来ちゃったからー
 村井さん、今日、休みでいいかな?”

とー。

”え~?”
と思いながらも、
「分かりました」と杏菜は、突然バイト休みになったことに、
頬を膨らませたー。

「-も~~電車代無駄した」
そんな風に思いながらー
杏菜は、乗って来た電車と反対側の電車に乗りー
家に帰る準備を始めるー

電車を降りてー
紗里の家の側までやってきた
その時だったー。

紗里が家から出てきて玄関のカギを閉めて、
出かけていくー。

それを見た杏菜は「あ!紗里ちゃん!」と、
背後から声を掛けて、紗里の方に駆け寄ったー

振り返った紗里はー
笑顔ではなかったー

表情を歪めてーー
その手には、小さなダンボール箱が握られていたー。

「------む、、むら、、村井さん、
 なんで? バイトは…?」
紗里の表情が引きつっているー

杏菜はーー
その質問に答えることが出来なかったー

紗里が手に持っていた段ボールは
”紗里の家宛て”の、
”杏菜に憑依していた男からの荷物”
だったからだー。

しかもー
伝票を見る限り
”送られてきたもの”ではなく
”これから発送しようとしているもの”

杏菜と紗里の目が合うー。

次の瞬間、杏菜は怒りの形相で、紗里の腕を掴んで、
紗里を家の中に連れ込んだー

「ど、、ど、どういうことなの!」
とー。

杏菜が叫ぶー。

紗里の家に届いていた
”杏菜に憑依した男”を名乗っていた荷物は、
紗里自身が、コンビニで紗里の家の送っていたものだったー

「--く、、くくく…なんだよ、ばれちまったか!
 くくくく…!
 なんで、バイトなのに帰って来たんだよ!?ババアが!」

紗里がー
豹変したー。

杏菜は「さ、、さ、、紗里ちゃん…?」と
震えながら、紗里の方を見るー。

「--へへへへへ 馬鹿な女だぜ。
 見ず知らずの女に声をかけて
 家に連れ込んで面倒見てくれる女子大生なんて
 いるわきゃねぇだろうが!」

紗里はそう言うと、
乱暴に引き出しから写真を取り出したー

”少女時代の紗里”と
”紗里のお母さん”が写る写真をー。

「-これはこの女が小さいころに撮影した
 写真じゃねーよ!

 ついこの間、お前の身体から抜ける前に
 その辺の知らない子供と撮影した写真だよ!

 はははははははっ!」

紗里はそう言うと、写真を破り捨てて笑ったー。

紗里が先日
”小さいころのわたし”と”小さいころのお母さん”と
説明した写真はー

”紗里ではない見ず知らずの少女”と
”憑依されていた杏菜自身”の写真だったのだー

「-わたしのお母さんが、あなたに似てたので
 姿を重ねてあなたを助けましたぁ~~~?

 そんな女子大生いるかよ!?
 ぎゃはははははははは!」

紗里の言葉にー
杏菜は震えながら「あなたは、、誰なの!?」と、叫んだー。

紗里が無気味な笑みを浮かべるー。

「--お前に憑依していた男だー
 砂浜でお前の身体から抜け出してすぐー
 今度はこの女子大生の身体をいただいたってわけさ!
 ははははははっ!」

可愛い声で狂ったように笑う紗里ー。

杏菜は「そ、、その子の身体を返しなさい!」
と、叫ぶー

だが、紗里は笑いながら言ったー

「--”憑依から解放されたあとのお前”、すっげぇいいよ!
 ババアの癖に、JKみたいに目を輝かせちゃってさぁ!
 ははははは!
 一緒にいて、毎日毎日楽しかったぜぇ!

 でも、バレちまったなら仕方ねぇー」

紗里はそう言うと、
「この女子大生の身体で楽しむつもりだったけど、気が変わったー」と
呟いたー

そしてー
「--お前の反応、マジでおもしろすぎるよー。
 憑依薬飲んだ俺は、霊体になったから時間はいくらでもあるしーー

 もう30年”おかわり”行っとくか!」

紗里がそう叫ぶとー
「…ぁ」と、紗里がふらっと倒れて意識を失ったー

「--さ、、紗里ちゃー

「-------!!!」

”1秒”

乗っ取られて、意識を完全に遮断されている間ー
夢を見ることもなくーー
過ごした杏菜はーー

次の瞬間ー

病院のベッドで老衰していたー

82歳
村井杏菜ー

「----ぁ…」
杏菜は、身体を動かすこともできず、
苦しそうに、目を開いたー。

「---村井さん、大丈夫ですか?
 今日も、いい天気ですね」

病室に入って来た看護師の女性が、にっこりとほほ笑むー

そしてーーーー
衰弱しきった杏菜に向かって、看護師の女性は静かに耳打ちしたー

”合計60年以上ー
 お前の人生、俺がしゃぶりつくしてやったぜ”

「---!!!」

それだけ言うと、看護師の女性は、小さな玉手箱のようなものを置いてー
「あとは楽になれや」と、馬鹿にしたように笑みを浮かべたー。

その玉手箱の中には
60年後の技術で開発された”特殊な薬”が含まれていたー

”安楽死”の薬だー。

「----」
杏菜は目から涙をこぼしながらー
その薬を見つめて、手を伸ばしたー

”もう、楽になりたいー”
杏菜には、その気持ちしか、残されていなかったー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依された側の困惑を描く系のお話でした~!
こんな風に人生奪われちゃったら…?と思うと、
恐ろしいですネ~!

憑依している側はとても楽しそうですケド…笑

憑依<浦島憑依>
憑依空間NEO

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっぱり沙里の中身は杏菜に憑依してた男でしたか。親切なフリして杏菜の反応を身近で楽しんでたわけですね。沙里は怪しすぎるのでそんなとこだと予想はついてましたが。

    そしてさらに憑依して年老いてから解放するなんて、なんて悪辣な。

    結局杏菜は憎い男に一矢報いることすらできないまま、自分の人生の大半をオモチャにされたままで終わってしまいしたね。大変気の毒です。

    でも杏菜が再度ターゲットにされたおかげで新たな犠牲者になるはずだった沙里は結果的に助かりましたね。杏菜と比べて幸運でした。

    それにしても、杏菜を苦しめて反応を楽しむためだけにババアになるまで憑依しつづける憑依男もよくやりますね。

    年老いた杏菜の体でいること自体はなにも面白いことはないでしょうに。

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます~!

    紗里は露骨に怪しすぎるキャラとして作りました~笑
    (結果的に助かったのは、そうですネ!杏菜ちゃんのおかげデス…笑)

    男は、霊体状態で、特に老いることもないため、
    長年杏菜に憑依して、解放する瞬間を楽しむぐらい
    時間と気持ちに余裕があった設定でした!!

タイトルとURLをコピーしました