<憑依>濡れたい NU・RE・TA・I

美少女になって濡れたいー。

とにかく、濡れたいー

そんな男が、憑依薬を手にしてしまったー

---------------—-

「濡れてる女ってエロいよな」
中年の男・圭介(けいすけ)がそう呟くと、
友人の男は苦笑いしたー

「ははは、なんだよいきなり…
 またお前の性癖の話か?」
学生時代からの数少ない友人の男は、
苦笑いしながらそう呟いたー

篠森 圭介(しのもり けいすけ)
彼は、昔から少し変わった性癖を持っており、
その独特な性癖には、この親友も驚かされてきたー

そしてー
今回も、例外なく、そうだったー。

「--へへへ…見ろよ」
圭介は、自宅に置いてあったコスプレ用のセーラー服をおもむろに手に取ると、
それを台所の方に持っていき、
台所の水で、セーラー服を濡らして見せたー

「--この濡れた感じ…
 どうよ?興奮するだろ?」

圭介の言葉に、友人は「--いや、よく分かんねぇ」と
苦笑いしながら、再び首を振るー。

「---制服じゃ、あんまイメージ沸かないか」
圭介はそう呟くと、美少女のドールを手にして
それを台所の水道で、濡らしたー

「--濡れた女はエロイよな。
 俺のパンツも濡れちまいそうだぜ」

圭介が満面の笑みで呟くー

親友には、圭介の性癖を理解することは
できなかったがー
とにかく、圭介は嬉しそうだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな圭介が、ネット上で偶然、
”憑依薬”に出会ってしまったのは
その1週間後のことだったー。

ネットで、とあるサイトが憑依薬なるものを販売していたのだー

「へへ、んなもんあるわけないだろ」
圭介はそう思いながらも、
身体は正直だったー。

迷わず憑依薬を購入した圭介は
憑依薬の到着を待ったー。

そしてー、
憑依薬は、届いたのだー

「--へへへへ…俺が女になってびしょぬれに…
 へへへへへっ…」

不気味な笑みを浮かべながら憑依薬を握りしめる圭介ー

圭介は、
近所の高校生をターゲットに、雨の日を待ったー

可愛いJKが、制服姿でずぶぬれになっている姿ー
それを想像しただけで、圭介は興奮してしまいー
1日に何度も何度も、自分の手で、快感を放出したー。

「--はぁ…早く…早く…雨!雨!雨!」
圭介がニュースサイトの天気予報を見つめるー

圭介は、女を乗っ取ることにはあまり興味はなかったー
自分自身のことも、好きだからだー。
自分の身体は、モテないが、彼は、自分が好きだったー

だから、女を乗っ取ってそのままその人生を奪いたいー、
だとか、そういうことは特にはなく、
ただただ、”濡れたい”それだけだったー

”濡れてるJKの感触を、自ら体験したいー”
それが、圭介の目的ー

ニヤニヤと笑みを浮かべながら
雨の日を待った圭介ー

そして、ついに雨が降ったー

しかもー
なかなかの大雨だー

ちょうど、今日は夕方頃から夜のはじめにかけて
ゲリラ豪雨の予報が出ていたー

圭介は”ずぶ濡れになる絶好のチャンスだ!”と
嬉しそうな笑みを浮かべながらー
早速憑依薬を飲み干したー

・・・・・・・・・・・・・・・・

「--すごい雨…どうしよう」
女子高生二人組が、雨宿りをしながら
”豪雨”と称するにふさわしい雨を見つめるー。

「--あたしは強行突破!」

「えぇっ!?」

ショートヘアーの女子のほうが強行突破を宣言し、
そのまま大雨の中に突撃したー

残された大人しそうなロングヘアーの少女の方は
戸惑いながら雨宿りを続けるー

”み~つけた”
圭介は笑みを浮かべたー。

この子だー
この女を濡らそうー

圭介はそう思い、迷うことなく、その子に憑依したー

「--っ、ぁっ!」
ビクンと震える少女ー

すぐに少女が、その優しそうな顔立ちとは
不釣り合いな、不気味な笑みを浮かべると、
鞄から生徒手帳を取り出したー

「-夢川 佳穂(ゆめかわ かほ)ちゃんか へへ」
佳穂はそう呟くと、ニヤニヤしながら、雨宿りしていた場所から
飛び出したー

「--ふへっ!ふへへっ!あははははははは!」
嬉しそうに両手を広げながら大雨に打たれる佳穂ー

雷が鳴り響く中ー
佳穂は自分の長い黒髪が、濡れていくのを感じるー

「ふあああああああっ!
 んあああああああああああっ!」

あまりの興奮に雄たけびを上げる佳穂ー

佳穂の全身が、どんどん濡れていくー
制服がびしょぬれになりー
透けていくー

「--んぁああぁぁぁあぁあ…」
佳穂の下着が透けて見えて語学力を失う圭介ー

佳穂の制服が、すぐに水で重たく、
イヤな感触になっていくー
スカートもずぶ濡れー。

あまりの雨に、すぐに下着も濡れ始めて
佳穂はゾクゾクしながら雨を浴び続けるー

長い髪が濡れると、こんな風にくっつくのかー
などと、感動を覚えながら、
ずぶ濡れのまま佳穂は、
大空を見上げたー

気持ちよさそうに「さいこ~~~~!」と叫ぶ佳穂ー

自分自身が女子高生になって、
こんな風に濡れることができるなんて、
夢にも思わなかったー

濡れた女は芸術品だー。
そんな風にすら思っている圭介は
激しく興奮していたー

「濡れてる女って、エロすぎだぜぇ!」
佳穂はびしょ濡れの状態でそう叫び、ガッツポーズをするー

佳穂を知る人間が今の香帆を見ていたら
どう思うだろうかー

雷が鳴り響くー
佳穂は、反射的にビクッと震えながら
嬉しそうに笑うー

佳穂の鞄も既にびしょぬれー
「--えへへへへへ…濡れちゃった♡ ぬ~れちゃった♡」
佳穂がまるで子供のように、公園で両手を翼のように
広げながら、嬉しそうに駆け回るー

「--えへへへへへ~~!っ
 わたしは濡れた佳穂ちゃん♡」

どうせー
”自分の身体”ではないー
そんな思いが佳穂を乗っ取った圭介を
大胆な行動に走らせていたー。

周囲から見たらー
今の佳穂は完全に、
頭がおかしくなってしまった少女にしか
見えないだろうー。

「あはははっ あはっ!」
雨粒が顔全体に当たるー
目を開いていられないー

けれど今、圭介は
この佳穂という少女を乗っ取って
完全に意のままにしているということー

そして何より
自分自身が少女となって、濡れていることに
”この上ない快感”を感じていたー

「---はははははは…あぁぁぁぁ~~~」
佳穂は、自分の服を見つめるー
ずぶ濡れになって、既に服として機能しておらず、
水浸しの制服の重みが、びっしりと、自分の身体にのしかかるー

「--はぁ…はぁ…っていうか、、、
 この子、体力ないなぁ…」

濡れて少しはしゃいでいただけで、佳穂の身体が
とても疲れていることを感じて
圭介は、”自分の身体との違い”を身をもって体感したー。

それもまた、興奮してしまうポイントの一つー

「--あああ~~あ、濡れすぎると気持ち悪いなぁ~
 ってか、下着とか、どうなってるのかな?」
佳穂はニヤニヤしながら
土砂降りの中、放り投げた学校の鞄も無視して、
制服を脱ぎ始めるー

「へへっ…へへへへへ…
 あぁぁぁ…ジメジメして気持ち悪い…」

佳穂のイヤらしい笑みー
佳穂は、上の制服のボタンをはずすと、
それを脱ぎ捨てるー。

ふわっ!という感じは既になく、
水びたしになっていることで、重くなってしまっている制服ー

「--ははっ!」
佳穂は、制服が公園の水浸しの部分に落ちたのを確認すると、
下着もびしょぬれになっているのを見て、笑みを浮かべたー

「あぁぁぁあ…つめてぇええええええええええ!」
佳穂が、上半身の素肌に当たる雨を感じながらー
嬉しそうに叫ぶー

これじゃ、この佳穂という子は風邪を引いてしまうだろうかー。

「--ふふ、でもどうせ自分の身体じゃないしぃ」
佳穂は笑いながらそう叫ぶと、
びしょぬれになったスカートも脱ぎ捨てて
下着姿で大笑いしながら、
ひたすら濡れまくったー

身体中に染み渡る雨ー
下着の中にも雨水が入り込み、
気持ち悪い感触に思われるー

雷が鳴り響くほどのゲリラ豪雨を
下着姿で受け止める女子高生ー。

放り投げた鞄は既にずぶ濡れで
中に入っているであろう教科書や
私物は、既に壊滅的ダメージを受けていることだろうー。

しかし、今の佳穂にとってそんなことは関係なかったー

大口を開けて空を見上げてー
佳穂は可愛い顔を歪めながら
雨を飲み込んでいくー

「ははははははっ はははははははははっ♡
 濡れ濡れの濡れ濡れだぁ~♡」
佳穂の声を極限まで歪めて叫ぶー

これほどの大雨の中
歩いている人は少ないだろうがー
それでも、誰かに見られているかもしれないー

しかしー
そんな緊張感すらも、今の佳穂にとっては
”ゾクゾク”の材料の一つでしかなかったー

存分に快感を味わった佳穂はほほ笑むー

「さぁ~て、俺はもう帰るかなぁ」
佳穂のことは知らないー
制服を再び着るのも面倒臭いし、
あとは佳穂が自分でどうにかしてほしいー

そんな、”完全に無責任”な思考になりながら
佳穂に憑依している圭介は佳穂から抜け出そうとしたー

その時ー
激しい光と共にー
公園の、何もない広い場所に立っていた佳穂にー
雷が、直撃したー

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「----う……」
雷に打たれた佳穂が目を覚ますー

「----」
佳穂が周囲を見渡すと、そこは、
病院の天井だったー。

「あれ…わたし…?」
戸惑う佳穂ー

両親が泣きながら駆けつけてくると、
佳穂を両親は優しく抱きしめたー

「--あの…」
佳穂は両親の方を見て呟くー

「--あの…ごめんなさい……
 どちら様…ですか?」
佳穂の言葉に、両親は泣きながら佳穂の方を見つめたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

佳穂はー
雷に打たれた衝撃で、一命は取りとめたものの
”記憶喪失”になってしまっていたー

やがてー
落雷によるダメージから奇跡的に回復し、
記憶喪失として、佳穂は学校に復帰するー

「--ーーまた、友達になろ?」
学校のクラスメイトたちは、記憶喪失になった佳穂を
受け入れてくれたー

あの日ー
大雨の日に、佳穂より先に走り去っていったクラスメイトが
佳穂に手を差し伸べるー

佳穂は「うんー」と嬉しそうに微笑んだー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真相は、違うー

佳穂本人は、記憶喪失にはなっていないー

けれどー
”表”に出てこれない状態ー。

佳穂に憑依した圭介が
落雷のショックで記憶喪失になってしまい、
自分は”佳穂に憑依している別人”だということも
完全に忘れてしまい、
そのまま自分を佳穂だと思い込んでしまったー

圭介が佳穂の身体から抜け出さなければ
佳穂の意識は表に出てこれないー
しかし、圭介は既に、自分が憑依した人間であることも
忘れてしまっておりー
佳穂の身体から抜け出す方法も、もはや覚えていないー

本当の佳穂の意識は、心の奥底で、眠ったままー

「----」
時折、急に自分の胸を揉みたい衝動に襲われたり、
雨にぬれたりすると興奮したりするー

佳穂に憑依している圭介は
そんなときに、ちょっとだけ”違和感”を覚えたもののー

彼は記憶を取り戻すことなく
佳穂として学生生活を送り続けるのだったー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

とにかく濡れることに快感を覚える
憑依者のお話でした~!

これからの季節は急な雨にも気をつけましょうネ~!

小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました