<入れ替わり>あの子のボディで大好きなあのキャラに

ある日、女友達を家に招き入れた彼はー
ひょんなことから彼女と入れ替わってしまい、
ここぞとばかりに「大好きなアニメキャラ」になりきり…!?

※焔帝竹輪太郎様(@enteitikuwa)※ツイッターID
 との合作デス~!

原案・イラスト
焔帝竹輪太郎様

小説
無名

で、お送りします!

※本日の小説は別途(いつもの時間ぐらい)に更新しますー!

--------------------—-

大学生の
一之瀬 詩織(いちのせ しおり)が、
同じ大学に通う男子、
片岡 善治(かたおか ぜんじ)の家に遊びに来ていたー

詩織が、善治の家に遊びに来るのは、
これが初めて。
小さいころからの幼馴染だったこともあり、
色々雑談しているうちに
”一度、アンタの家、見てみたい”ということになって、
今日、こうして詩織を家に招き入れたのだったー。

「へ~なんかすごいね~、
 思ったより綺麗だし」

詩織が、善治の部屋を見回しながら言う。

善治はアニメやゲームが好きで
アニメキャラのフィギュアやグッズなどが
部屋中に、まるで”小さな博物館”のように
陳列されていたー。

中でも、最近は
少し前から放送されている”魔法少女レイナちゃん”というアニメに
登場する魔法少女の一人・ナナのことが大好きな善治は
ナナのフィギュアをたくさん、並べていたー

「--この緑色の髪の子、なんかいっぱいいるけど、
 この子は?」
詩織が不思議そうに尋ねる。

「--ははは!その子が、俺がいつも大学でお前に
 話しているナナちゃんだぜ!」

善治が嬉しそうに言う。

「ふ~ん、この子がナナちゃん」
詩織が、そのフィギュアをじーっと見つめるー。

「---あっ!」
善治は、詩織の取った行動に思わず声をあげたー

「---こういうフィギュアって、いくらぐらー」

詩織が何気なく、善治の大事なナナちゃんフィギュアを手に取ろうとするー

「うあああああああああああああああっっ!」
善治は思わず叫んだー。

「---えっ!?」
詩織が驚くー
善治がまるで”この世の終わり”かのように
叫んだからだー。

詩織が触ろうとしていたのは、
抽選で限定5名様にプレゼントされた景品で、
世界に5体しか存在しない、超が100個ついてしまうほどの
貴重なフィギュアー

詩織が触れる前に阻止しようと、
善治は思わず、詩織に突進したー

しかしー

ぐらっー

善治に突進された詩織がバランスを崩し、
詩織は、背後にあったショーケースに激突、
ショーケースが倒れてきてー

「うわあああああああああああ!」

二人は、ショーケースの下敷きになってしまったー

「いてててててて…」
しばらくして、詩織が起き上がるー。

頭を押さえながら、
詩織は慌てて周囲をキョロキョロするとー

「-うあああああああああああああああああ!!!!!!!!!」
と、この世の終わりかのような悲鳴を上げたー

「え…」
遅れて起き上がった善治が、自分の手を
見つめながら戸惑っているー。

「あああああっ!ナナちゃん!ナナちゃん!
 うあああああああああああっ!!!!」

悲鳴を上げる詩織ー

”女の悲鳴”が部屋中に響き渡るー

限定生産のナナちゃんの首が、ぽっきりと折れていたー。

「---ひぃああぁぁああああああっ
 ナナちゃぁぁあああああああんん!!!!!」

詩織の悲痛な叫びー

「--ちょ、、ちょっと!」
善治が我を失っている詩織に向かって叫ぶー。

「---ナナちゃぁああああああああああああんん!!!!!」
喉がはち切れそうなほどに叫ぶ詩織に向かって

「いい加減にしろ!」
と、善治が詩織の肩を掴んだー

「へ…」
詩織が、きょとんとした顔で、善治を見つめるー

「お、、、え、、、俺…?俺がもう一人…?」
詩織が唖然としながら言うと、
善治が叫ぶー。

「わたしたち、、入れ替わっちゃったのよ!!!!」
とー。

・・・・・・・・・・・・・・

ようやく落ち着いた詩織(善治)は
ナナちゃんの首を手に持ちながら、
悲しそうにしているー。

どうやら、先ほど、ショーケースが倒れてきて
二人で下敷きになってしまった時に
その衝撃で身体が入れ替わってしまったようだった。

「---……うぅぅ…ナナちゃん…
詩織(善治)が呟くー。

「---ちょっと!人の話聞いてる!?」
善治(詩織)の怒りの形相ー

「え、、あ、、うん…」
詩織(善治)は折れたナナちゃんの首を持ちながら
メソメソしているー

「ーー入れ替わったっていうのに、何でそんなノーリアクションなの!?」
善治(詩織)が言うと、
「--俺にとっては、ナナちゃんの首の方が大事だよ…」
と、フィギュアの折れた首の部分を持ちながらメソメソするー

「--わたしの身体でメソメソしないでよ!?
 気持ち悪い!」

「---だって、、だって、ナナちゃんが…」
詩織(善治)が、入れ替わってしまったことに対して
薄いリアクションを繰り返すことに、善治(詩織)はうんざりとするー。

「---も~まったくアンタは」
善治(詩織)が、ブツブツと文句を言っているー

「---!」
ふと、詩織になった善治は自分の顔を鏡で見つめるー

詩織の顔に、自分がなっているー
詩織の身体に、自分が、なっているー。

「---あ、、あ、、あ、、、あ…」
詩織(善治)が自分の頬を触りながら
奇妙なポーズをしているー

「ちょ!?今度は何よ!?」
善治(詩織)が気味悪そうなモノを見る目で
詩織(善治)に話しかけるー。

「----あ、、、あぁ、、、、あああああああ!」
詩織(善治)はそう叫ぶと、
顔を真っ赤にして、
突然、アイドルポーズをとって、ピースしたー

「わたしの魔法で世界を救っちゃお♡」
とー。

「----は?」
善治(詩織)の表情が怒りに満ちるー。

詩織(善治)は、詩織の身体になっている自分を見て、
”意外とナナちゃんに似てる”と、言うことに気づき、
魔法少女ナナのポーズを決めたのだったー

「うひっ!」
詩織(善治)が、洗面台の方に走っていくー

「ちょ!?ねぇ!何してんの!?」
善治(詩織)が叫ぶー

シューっという音や
カンカンという変な音が聞こえてきてー
しばらくすると、詩織(善治)が戻って来たー

「あ?」
善治(詩織)は思わず変な声を出してしまうー

緑の髪ー
善治が好きな魔法少女・ナナちゃんの衣装ー

しかも、その手は胸に触れているー

「お馬鹿!変態!
 私の体で何してんのよ!
 このムッツリすけべ!」

「--お前の胸デカイから
 勝手に当たるんだよ!
 このデカパイ女!!」

0-entei.png

手痛い反撃を食らうー

「-この胸…もう少し小さければ、完璧にナナちゃんなんだけど、、なぁ…!」

詩織(善治)はムキになりながら
詩織の胸を無理やり押しつぶそうと、手でぐいぐい触っているー

「--こらぁああああああ!
 わたしはナナちゃんじゃないいいいい!!

 っていうか、人を勝手にナナちゃんにしないで!
 …しかも、わたしの身体で勝手に着替えるとか、最低!」

叫ぶ善治(詩織)-

「くっそ~デカパイじゃなければ、完全にナナちゃんになれるのに…」

「--し、失礼ね!いい加減にしなさい!」
善治(詩織)の怒りの言葉も無視して、

「まぁ、デカくなったナナちゃんってことでいっか!」
と、笑う詩織(善治)

「なにもよくない!」
善治(詩織)が突っ込むのも他所に、
”魔法少女ナナちゃん”の決めポーズを決める詩織(善治)-

「えいっ♡」

「ちょ!?ほんとやめて!そんなポーズしないで!変態!」

善治(詩織)が叫ぶと
詩織(善治)が真顔で善治(詩織)を見つめた。

「変態?」

「--な、なによ」

「--魔法少女レイナちゃんは、全年齢向けのアニメなんだけど」
詩織(善治)の言葉に、
善治(詩織)は

「そういうことじゃなくて!!!
 わたしの身体でそういうことしてるのが変態だって言ってるの!」

と、必死になって叫ぶー。

「--そ、そうだ…今なら…」
ニヤニヤしながら詩織(善治)が、部屋の隅っこの方に走っていくー

「ちょ!?待ちなさい!」
善治(詩織)が後を追うー。

音楽プレイヤーで、アニメの主題歌のようなものを
再生した詩織(善治)は、
嬉しそうにその歌を歌い始めたー

いかにもアニソンみたいな歌だー

「--ってこらぁあああ!何してんの!?」
善治(詩織)が叫ぶと、

「魔法少女レイナちゃんのキャラ、ナナちゃんのアニソンを
 歌ってるんだよ」

「--は、恥ずかしいことこれ以上しないで!」
善治(詩織)が顔を赤らめながら言うー。

それを無視して詩織(善治)が歌い出すー

身体をノリノリに動かしながら
歌っている詩織(善治)-

「--いい加減にしなさいよ!!」
叫ぶ善治(詩織)-

大好きなナナちゃんのコスプレを、女の身体で、出来るなんてー、と
我を見失うほどに興奮した詩織(善治)は、
一人大盛り上がりで、ポーズを決めながら
魔法少女レイナちゃんのオープニングを歌っているー

「--あっ」

「----!!」

身体を動かし過ぎたからかー
ちゃんと履けてなかったのかー

スカートが落ちて、詩織(善治)のパンツが丸見えになるー

「--いやあああああ!」
善治(詩織)が、変態!と叫びながら
詩織(善治)をポカポカと叩くー。

善治(詩織)が怒り狂って、
「も~許さない!この身体で好き放題してやるから!」と
叫ぶと、
ズボンを下ろして
肉棒を物凄い勢いで触り始めたー

「--!?ちょ!?やめろ!」
詩織(善治)がようやくアニソンを歌うのをやめて、
善治(詩織)にとびかかるー

善治(詩織)は、男のソレの触り方も良く知らないまま
力を込めてそれを刺激し続けるー。

「--やめろーー!」
詩織(善治)の言葉に、
善治(詩織)は「あんたがわたしの身体で変態なことばかりするなら
わたしもあんたの身体で変態になるから!」と叫んで、
ニヤニヤしながら、肉棒を刺激し続けたー

・・・・・・・・・・・・

「----…ごめんなさい」
詩織(善治)が、しゅんとしながら言うー。

つい、ナナちゃんみたいになれる、と興奮してしまったー。

善治(詩織)は「---もういいけどさ…早く元に戻る方法、探そ」と、
疲れ果てた様子で呟くー。

「--それなら」
詩織(善治)が立ち上がるー

「---簡単なことだよ」
詩織(善治)の言葉に、善治(詩織)は首を傾げたー

「もう一度、同じことをすればいいのさ」
詩織(善治)がショーケースを立てて、
再びさっきと同じ状況を作るー

「え…?そういうものなの?」
善治(詩織)の言葉に、詩織(善治)は、ドヤ顔で「そ」と呟いたー。

そしてー
二人はさっきと同じ状況を作り出すー。

詩織(善治)がショーケースの前に立ちー
善治(詩織)がそこに駆け寄って来るー

ショーケースにぶつかり、
ケースが倒れー

二人はーーー
下敷きになったーーー

・・・・・・・・・・・・・・

「---!!」
善治(詩織)が起き上がるー

「--お、、俺…!お、、、おぉぉぉぉ!」
自分の声ー

戻れたー。

「おおおおおお!やっぱこの声が落ち着く~!」

善治が叫ぶと、
詩織も「あ……も、、戻ったの!?」と嬉しそうに叫ぶー

「あぁぁ~わたしの声~!よかった~!」

しかしー

二人は、お互いの姿を見て

「えええええええええええええええええっ!?」
と叫んだー

「---え…ちょ!?なんで俺に胸が!?」

「--ちょ、わたしの身体に、なんでこれがあるのよ~!?」

叫ぶ二人ー

二人はーーー
”首から上”だけが元に戻ってー
身体は、そのままの状態になっていたーー

「なんだこれええええええええええええ!?!?」

首から上は善治、首から下は詩織の善治が、悲鳴をあげたー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

入れ替わりモノを中心に活動されている
焔帝竹輪太郎様との初合作でした!

竹輪様から送られてきたイラストを元に
私がお話を考えて小説に…!という感じで作った作品ですネ!
最初は文中に挿入されているイラスト1枚で、
他には何も決まっていなかったのですが
こんな形になりました~!

1枚のイラストから物語を作る…!
私自身も貴重な体験ができました!!

お読み下さった皆様、
そして焔帝竹輪太郎様、
全ての皆様に感謝デス!

小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました