<憑依>憑依されたけど大丈夫①~霊~

肝試しを楽しむ高校生カップルー。

その最中に、彼女が”悪霊”に憑依される瞬間を
彼氏は目撃してしまうー。

しかし…!?

--------------------

男子高校生の倉野 雅史(くぎの まさし)は、
彼女の河井 静穂(かわい しずほ)と共にー

”肝試し”を楽しんでいたー

地元に幽霊な心霊スポットがあり、
そこに、好奇心旺盛な雅史は、静穂を連れて
やってきていたのだー

静穂も、最初は「え~やだよぉ~」と言っていたが、
友達の一人に「大丈夫大丈夫、幽霊なんていないよ!」などと
散々押され続けた結果ー
ついに折れて、雅史と一緒に、肝試しに
やってきていたのだったー。

”悪霊のトンネル”と呼ばれて
恐れられている心霊スポットー

夜になると、幽霊が出現する、などと噂されていて、
誰も、近寄ろうとしない。

そこに、雅史と静穂はやってきていたー

雅史は、授業態度はまじめで、
どちらかと言うと優等生に属するタイプ。
しかし、好奇心旺盛で
こういう都市伝説のようなものを聞くと
確かめずにはいられないタイプー

彼女の静穂は
雅史の幼馴染で、小さいころから雅史と一緒に過ごしてきたー
眼鏡がトレードマークの可愛らしい雰囲気の美少女だー
明るく、なんでもできてしまうタイプであるものの、
守ってあげたくなるようなドジっぷりも時々ある、
不思議な感じ女子生徒ー。

「---ゴクリ」
雅史はトンネルの前にやって来るとー
唾を飲み込んだー

自転車でも通行できるトンネルで、
それほど距離は長くないー。

だが、夜になると不気味なうめき声が聞こえるだとか
幽霊が出現するだとか
色々な噂が飛び交っている悪魔のトンネル…なのだ。

「---ど、どうしたの?だいじょうぶ?」
静穂が、そんな雅史の方を見て、呟くー

「--な、、なんか…いざ見ると怖いなって…」
雅史が苦笑いすると、
静穂も苦笑いしたー

「自分から誘っておいて、入る前にビクビクしちゃうなんて…」
半分あきれ顔の静穂ー

とは言え、静穂も、このトンネルから
ただならぬ気配を感じていたー

昼間はごく普通のトンネルなのだがー
夜になると、凄く不気味な雰囲気を醸し出すー。

田舎なこともあってか、
夜になると人通りもほとんどなくなるためにー
より不気味さを際立たせているー。

「--ちょ、ちょっとトイレ」
トンネルに入る前にトイレ!と、雅史は、トンネルの入り口から
少し離れた公園の公衆トイレに行こうとするー

「--も~!早く済ませてきてね!」
静穂は、眼鏡をいじりながら、
あきれ顔で言うと、
「ここで待ってるから!」と付け加えたー

雅史はぶるぶると震えながら
公園の公衆トイレで、トイレを済ませるー。

「ふぅ~…いざ、目の前にすると緊張しちゃうな…」
雅史はそんな風に思いながらも、
自分に言い聞かせるようにして呟いた。

「しっかりしろ俺!
 幽霊なんていない、幽霊なんていない、幽霊なんていない」

雅史はそう呟くと、よし!と頬を叩いて、
そのままトンネルの方に戻っていくー。

時刻は19:30-
お互いの両親には、ちゃんとここに来ることは伝えてあるし、
ちゃんと、21時頃までは帰る約束をしているー。

何も、悪いこともしていないー
堂々と、心霊スポットのトンネルを突破してーー

「あれ…?」
雅史が、トンネルの前に戻ると、
静穂の姿がないことに気づいたー

「--あ…あれ?」
雅史が戸惑うー

”先にトンネルに入っちゃった♡”

LINEが届くー

「--おい!驚かすなよ…」
雅史は震えながらトンネルの中を見つめるー

周囲には誰もいないー
これが、田舎の夜だー。

雅史は、「くっそ~…静穂め…」と苦笑するー

静穂は、急に、お茶目な行動に出ることも多いー
今の行動も、静穂らしい行動と言えたー

トンネルに入る前にビビッて、トイレに向かった雅史を見て
雅史をもっと怖がらせちゃお!と、トンネルの中に
先に入ったのだろうー。

雅史は、くそっ、と思いながら
さらに追加で届いたLINEを確認した。

”トンネルの中間ぐらいで待ってる~”と、
静穂からのメッセージ。

「くぅぅ…」
雅史は”静穂に負けるわけにはいかない”と、
持ってきていた小さなライトを手に、
トンネルの中を照らしたー

「(静穂のことだからーきっと………
 どこかから急に飛び出してくるぞ…)」

そんな風に思いながら雅史は、
トンネルの中を進むー

一応、照明はあるのだが、
既に古いのか、かなり暗くー昼間は
そんなに広いトンネルではないため、ある程度入口と出口から
光が見えるのだが、夜になると、本当に真っ暗に、ちょっとだけライト、
みたいな感じになってしまっているー

心霊スポットとして知られるほか、
”変質者”が出る場所としても知られているー

これだけ暗いと、確かにそういう、
ヤバいやつからすれば、行動しやすいのかもしれない。

「----」
冷たい空気ー
異様な空気を感じるー

外よりも重苦しく、
負の感情すら感じるような、
そんな空気だー

「びびるな、俺…」
雅史は呟くー

外と空気が違うはずがないー
トンネルの中だから、若干そういうことはあるかもしれない。

けれどー
”邪悪なオーラを感じる”とか
そんなことは、あるはずがないのだ。

「----」
”心霊スポットにいる”
そういう、気持ちが、こういう恐怖心を増長させているのだろうー。

そんな風に、思う雅史ー

その時だったー
薄暗いトンネルの先の方に、人影が見えたー

「----」
静穂かーー?

それとも別の人間かー?

それともーーー?

そんな風に思いながらライトで照らすとー
静穂が背を向けて立っていたー。

「--しず・・・---」
静穂に声を掛けようとしたその時ー
雅史は異変に気付いたー

「--!?!?!?」
静穂の周囲に、黒い煙のようなものが
蠢いているー

「(な、、なんだ…?)」
静穂の身体がビクッビクッと時々震えているように見えるー。

やがて、黒い煙は”幽霊”のような形を作りー
静穂の方に”突撃”したー。

静穂が背を向けているため、
黒い煙のようなものがどうなったのかは分からないがー
”消えた”

「--(今、静穂の中に…?)」
雅史はそんな風に思ってしまうー

黒い煙が静穂の口か、目か、鼻かー
そのあたりから、中に入っていった気がするのだー。

「---し、、静穂…?」
雅史がライトで静穂の方を照らしながら
恐る恐る声を掛けるー

”悪霊に憑りつかれたー”

そんなことがあるはずがないー
そう、思いながらー

「----あ、」
静穂が振り返るー

静穂は、いつものように微笑んだー

「雅史~!遅かったね~?
 急にわたしがいなくなって
 ビクビクしながら来たんでしょ~?」と、
冗談を口にしながらー

ほっと、胸をなでおろす雅史ー。
静穂に、黒い煙のようなものが入っていったように見えたが
見間違いだったようだー。

「--…あ、、、あのさ」

しかしー
”そう見えた”だけでも雅史は不安だったー

「今…静穂の周りに黒い煙みたいなものがあって、
 それが静穂の中に入っていったように見えたんだけどー」
雅史が言うと、
ニコニコしながら、雅史の前を歩いていた静穂が立ち止まったー

「し…静穂…?」
雅史も立ち止まるー

不気味なトンネルの出口付近で、
重い空気が流れるー。

「------見たんだ?」
静穂が低い声で呟くー

「え……あ、、、え…」
雅史の声に恐怖の感情が混じるー

「---クククク……」
静穂が振り返ったー

そしてー
目を、一瞬、赤く光らせると、
静穂は呟いたー

「--この女に、憑りついたところを…見たのか?」
静穂がゆらゆら歩きながら近づいてくるー

「ひっ!?」
雅史は思わず尻餅をついてしまうー

「--だったら生かしてはおけないなぁ!!!!」
静穂が大声でそう叫ぶとー
雅史は「うわあああああああああああああ!」と悲鳴を上げて
目を瞑ったー

だがー

何も起きなかったー

「--な~んちゃって!」
静穂が笑うー。

「-ーーーひ、、、え???」
雅史が目に涙を浮かべながら言うと、
静穂は笑ったー

「--幽霊なんて、いるわけないでしょ?」
笑う静穂ー

「-ーーーな、、な、、な、、なんだよ!びっくりさせるなよ!」
雅史が言うと、
静穂は「ごめんごめん」と苦笑いしたー

「---で、、でも…黒い煙みたいな…幽霊みたいなやつは…」
雅史が震えながら言う。

あれは、見間違いではない。
確かに、静穂の周りに黒い霧のような「幽霊」のような
謎の物体が存在していて、
それが静穂に入り込んだのを見たー。

「---ーーわたしの周りをウロウロしてたやつだよね?」
静穂が笑う。

やはり、静穂にも見えていたのだー。

「-や、、やっぱ静穂…幽霊に憑りつかれたりされたんじゃ…?」
雅史が震えるー

「--いやいや、ただの煙でしょ~?」
静穂が笑いながら、雅史の肩を叩く。

その手はひんやりと冷たいー。
雅史は、そんな”怯える必要のないこと”にまで怯えてしまうー

「--え、、ほ、、ほら、幽霊に憑依されるとか…
 そういう…」
雅史がさらに続けると
静穂は笑ったー

「--ホラー映画とか見すぎなんじゃない?」
とー。

「-そ、そ、そ、そんなことねぇよ」
雅史は、そこそこホラー映画やホラーゲームの類が好きだー
そのせいで、”静穂が憑依されたのではないか”などと
おかしな妄想をしてしまうのかもしれないー。

「---憑依されたけど、大丈夫」
静穂がにっこりと笑うー。

「---え」
雅史は震えながら静穂のほうを見た。

「-な~んちゃって。
 ただの煙だよ~!砂ぼこりとか、何かじゃない?」
静穂は笑いながらトンネルの出口の方に向かっていくー。

雅史も「お、置いていかないでくれよ!」と震えながら
静穂についていくー

ようやくトンネルから出た雅史と静穂。

雅史は「大丈夫か?本当に何ともないのか?」と
不安そうに静穂のほうを見るー

静穂に”黒い霧”のようなー
幽霊のような物体が入っていったように見えるー

もしこれがホラー映画だったら
静穂は悪霊か何かに乗り移られてー

…なんて、展開になるのだろうー。

「だいじょうぶだってば~!わたし、何ともないよ?
 自分から誘っておいて、そんなに怖がるなんて…」
静穂は苦笑いを浮かべるー。

「--ほ、ほんとに???
 憑依されたりとか、されてない?」
雅史がなおも静穂を心配するー

「--大丈夫だってば~~!!
 もしあの黒いのがオバケとかそういうのだったとしても
 ほら、わたしは元気だし、正気だよ!」

静穂が身体を動かしながら微笑むー

「な、、ならいいけど…」
雅史は不安に思いながらも、
それ以上は確認せずに、深呼吸してようやく落ち着きを取り戻したー

「---はぁぁ…緊張したらお腹空いてきた」
雅史のそんな言葉に、静穂は
「久しぶりにごはん!いいねいいね!いこっ!」と
微笑んだー

雅史は、時計を見るとー
”ファミレスか何かで静穂とご飯を食べてから帰宅すれば
 だいじょうぶだな”と、心の中で考えてからー
静穂と共にファミレスに向かったー

雑談しながらファミレスに向かうふたりー

その最中ー
雅史はふと、さっきの静穂の言葉を思い出すー

”久しぶりにごはん!いいねいいね!いこっ!”

ファミレスの入口にたどり着いたところで、
雅史は思わず立ち止まるー

”久しぶりにごはん!”

ひさしぶりにーーーー

ごはんーーー?????

雅史は、目の前で微笑む静穂を見て
凍り付いたー

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

彼女は憑依されてしまったー……のでしょうか?

謎に包まれたまま、明日に続きます~!

憑依<憑依されたけど大丈夫>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました