<皮>大事な娘はいただいた~深淵編~・後編

娘たちを取り戻すことはできるのかー。

大事な娘はいただいたー?

ふざけるなー。
大事な家族は取り戻して見せるー。

---------------------

「---」
敏夫は、生まれて初めてとも言える速度で全力疾走するー

バイクに跨ったラバースーツの女を追いかけるー。
信号で止まっている女のバイクめがけてー
敏夫がとびかかろうとするー。

だが、女は、直前でバイクを発進させたー

信号無視をしてーー

そのままー

「--あれが…”D”なのか…?」
敏夫が呟くー

娘・美菜を”皮”にしていた
邪太郎は”元に戻す方法を知らない”と
確かにそう言ったー

そして、人を皮にする力を
”D”なる人物から手に入れたー

とー。

「---」
”D”と思われる女を思い出すー

若い女だったー
そんな、”闇”を担うようなことができる容姿には思えないー

それに、”どこかで”見たことがあるような気がするー。

「俺だー」
敏夫は電話を掛けるー。

協力してくれている親友の耕作が電話に出るー

状況を報告する敏夫ー。

”わかったー”
耕作はそう答えるー。

”俺は、例の若いのと一緒に”D”について調べてみるー”

耕作の言葉に、
敏夫は「頼む」とだけ告げて、電話を切るー。

アパートに戻った敏夫は
唖然としている息子の昭俊に「大丈夫だったか?」と声を掛けるー。

「--ああ」
昭俊は、気丈に返事をしたー

美菜の皮ー
晴子の皮ー

二人は、虚ろな言葉を時々発するだけでー
今にも意識が消えてしまいそうだー

そしてー

「おい!」
敏夫は、皮にされた邪太郎を掴むー

だが、邪太郎は、もう
”完全に皮”になっていてー
意識を感じなかったー。

返事を貰うことは、もう、できなかったー

「----」
敏夫は、邪太郎の皮から手を離すと、
昭俊の方を見たー

「---すまん 昭俊…」
敏夫は決意の表情で昭俊を見つめるー

「--ここは、頼めるか?」
敏夫の強い決意を前に、昭俊は「わかった」と答えて頷くー

皮にされてしまった
娘の美菜-、妻の晴子ー

その二人を息子の昭俊に託し、
敏夫はすべてに決着をつけに行くー。

「--必ず、二人を助ける方法を聞き出して、
 戻って来る」

敏夫の言葉に、
昭俊は頷くと
「必ず戻って来いよ 父さん!」と力強く言葉を掛けたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四国を後にしてー
林吾に電話を入れる敏夫ー

「--そっちは変わったことはないか?」
敏夫が聞くと、
林吾は”ええ”と答えたー

敏夫の親友・耕作から話は聞いた林吾は
”Dについての重要な情報が分かりました”と、
電話口で呟いたー

「Dー」

娘・美菜を皮にした男、邪太郎に”皮にする力”を提供した人物ー

邪太郎の口封じに来たラバースーツの女が、
その”D”であるかどうかは、まだ分からないが、
確実に”黒幕”に近づいているー

そんな、感じはしたー。

”D”とは誰なのかー

まだ見ぬ黒幕”D”
謎のラバースーツの女ー
そして、青年・林吾の彼女を皮にした男ー。

全てのピースが、ひとつになる
その時は、近づいていたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

耕作のアパートに戻ってきた敏夫は、
耕作の部屋に入るー

だがー
部屋に入ると、敏夫はすぐに”異変”に気付いたー

「え……」
敏夫は警戒しながら「耕作…?いるか?」と声を出すー。

だが、耕作も、彼女を皮にされた青年・林吾の気配もないー。

そしてーーー
恐る恐る奥に進むとー

「--!?!?!?!?!?」

耕作と林吾が”皮”にされていたー。

そして、背後からーーー

”女”が、敏夫に襲い掛かってきたー

「おらぁ!」
女が乱暴な口調で蹴りを加えて来るー

四国で、邪太郎を始末しにきたラバースーツの女だー

髪を振り乱しながら乱暴に襲い掛かって来る女をー
敏夫は投げ飛ばすー

そしてー
女が「ぐぇぇ!」と声をあげるー。

敏夫が叫ぶー

「お前が”D”か!?
 お前が、耕作たちを皮にしたのか!?」

敏夫の言葉に
女は狂ったように笑いだしたー

その顔を見つめるー

ふと、敏夫は、皮にされた林吾を見るー

この女ーーー

”林吾の彼女ー”

彼女を皮にされた青年・林吾の彼女ー

ラバースーツの女は、
林吾の彼女だったー

「---お、、お前は…誰だ!?」

もちろんー
相手が林吾の彼女本人ではないことは分かっているー

娘・美菜がそうされたように、
誰かが、この女を”着ているー”

パキッ

なんとも言えない、いやな音が響き渡るー。

そして、皮が抉れてー
中からー”男”が姿を現したー

顔に傷のある不気味な風貌の男ー

この男がー
林吾の彼女を皮にした、男ー?

「---はじめまして」
男が、紳士的な声で呟いたー

「--私が、”D”ですー」
とー。

「なに?」
敏夫が表情を歪めるー。

紳士的な男は笑みを浮かべたー

「あなたがお探しの”D”は、私です。
 私が”人を皮にする”ための薬を作ったのですよ」

林吾が座っていたイスに座り、
足を組んで笑う”D”-

「なっ…、、き、、貴様…!」
敏夫が、周囲を見渡すー

親友の耕作も、
彼女を皮にされた青年・林吾もー
そして、林吾の彼女も皮となって、横たわっているー

耕作だけは「う…あ…」とたまに声を出しているが、
林吾とその彼女の皮は、全く生気を感じず、
完全に”皮”になってしまっているー

「--あなたが、その青年の3年前のツイートを見つけて
 連絡してきたときには驚きましたよ」
”D”が笑うー

「なんだって?」
敏夫が”D”を睨むー

「気づきませんでしたか?
 あなたと会ったときー
 いいえ、あなたがツイッターで連絡してきたとき、
 その林吾という青年は、既に私が中に入っていたのですよ」

”D”は笑うー

「---…まさか」
敏夫の言葉に、”D”は頷くー

「あなたが林吾だと思ってしゃべっていた青年は、全部私ですー
 私が、そこの林吾の皮をかぶり、喋っていただけの過ぎない」

”D”は笑みを浮かべたー

「私はね…”人を皮にする力”を、ここ数年ー
その林吾という青年の皮と、彼女の皮を交互に着て、
 売りさばいていたのですよ」

”D”は笑ったー。

「----」
敏夫は”D”を無言で睨みつけているー

3年前ー
”D”は、人を皮にする力を、ある男に売りつけたー
是澤 幸彦(せざわ ゆきひこ)という男だー。

敏夫の家族を皮にした邪太郎と同じように
”D”から皮の力を買った男ー。

そして、幸彦は、林吾の彼女を皮にして乗っ取ったー。

それが、3年前、林吾本人が
”彼女が皮にされた”とツイートした時の出来事ー

だが、
その是澤幸彦は、林吾に追い詰められて
”D”のことや、皮のことを洗いざらい話してしまったー。
そして、林吾は是澤幸彦を引きずって、警察に皮のことを
知らせようとしたー

だからーーー
是澤幸彦ごと”全員”始末したー

”D”は、是澤幸彦を皮にして焼却処分、
さらには、林吾を皮にし、既に是澤幸彦に皮にされていた
林吾の彼女共々、自分が利用することにしたー

林吾と、林吾の彼女の皮を巧みに着こなしー
各地で、皮にする力を売りさばいたりー
林吾の彼女の身体を使って、男たちから金を稼いだりして、
ここ数年は活動していたのだー

「---……くそっ……最初から、お前はー」
敏夫が呟くー

敏夫がツイッターで連絡を取ったときには
既に、林吾と言う青年は、林吾ではなく
Dに皮にされて着こまれていた林吾だったのだー。

「--すごいでしょう?」
”D”が林吾の彼女の皮を着て、
再びラバースーツの女の姿になると笑みを浮かべたー

「”皮”の力があれば、誰にだってなれるー」
女が笑うー。

「---例えばここで、お前をぶち殺してもー
 ”この女”が手を汚すんだー。

 どこかでこの女の皮を脱ぎ捨てればー
 私は何の罪にも問われないー」

”D”が林吾の彼女の姿で笑うー

敏夫は咄嗟に動いたー。

”D”の顔面を殴りつけたのだー。
こういう”サイコパス”には何を言っても通じないー
少しでも躊躇したり、少しでも狼狽えるようなそぶりを見せればー
やられるー。

だからー動いたー

「ぐあっ!?」
女の悲鳴が響き渡るー

「、、き、、急に乱暴な…!女を殴るなんt」

言葉の途中で、Dはさらに殴り飛ばされるー

「--俺は、たとえ俺が逮捕されてでも、
 家族を助ける覚悟でここにきているー
 俺にそんなくだらん戯言が通用すると思うな」
敏夫が、林吾の彼女の姿をした”D”の胸倉をつかむー。

「--他に何人に”皮”の力を売ったー?」
「皮から元に戻すにはどうすればいい?」
「どうして、林吾として、俺と接触した!?」

敏夫が握り拳を作りながら言うー

「---女を殴るの?」
”D”が林吾の彼女の姿で笑うー

ドカッ!

敏夫は容赦なく”D”を殴りつけたー

「中身は男だろうが!」
とー。

「---へ、、へへへ…」
”D”が、可愛らしい声で笑いだすー

元々は、この子も普通に笑う
少女だったのだろうー、と思いながら
敏夫は、Dを睨みつけるー

「--3つの質問にお答えしましょうー」
唇から血を流しながら笑う”D”-。

「---私が皮の力を提供した相手は既にーー
 何百人と存在していますー」

「なんだと!?」
敏夫は思わず叫ぶー

敏夫の家族を皮にした邪太郎や、
青年・林吾の彼女を皮にした幸彦のような人物が
既に何百人もいるということか…?と
敏夫は戦慄せざるを得なかった。

考えただけで恐ろしくなるー

仮に100人、人を皮にする力を持っていて
その中の半分が悪用していたとしたらー
恐ろしいことに、既に世の中はなっているのかもしれない。

「そこの青年として、あなたと接触した理由ですがー」
Dが、林吾の彼女の姿のまま微笑むー

「ただ、面白かったからですー
 家族のために、必死こいて走り回る、あなたがー」

Dが笑うー。
林吾の彼女の身体でー。

クスクスと笑うー
人を小ばかにしたようにー

「貴様ぁ!」
敏夫が、林吾の彼女の胸倉を思いっきり掴むー。

「---必死こいて、四国まで行ってー
 クク、ふふふふ、笑っちゃいますよねぇ!」

”D”が女の声で笑うー

敏夫がDを殴りつけるー

「--そんなことはもういい!
 皮にされた人間を元に戻すにはどうすればいい!?
 答えろ!」
敏夫が大声で怒鳴りつけると
”D”は不気味な笑みを浮かべたー

口元を歪めてー
囁くー

「---皮にされた人間を元に戻す方法はーーーーー」

「あ」

「り」

「ま」

「せ」

「ん」

”D”が、林吾の彼女の顔を極限まで歪めてー
”顔芸”を見せながら笑うー

「貴様あああああああああああ!」
敏夫は、Dを殴り飛ばしたー

林吾の彼女の顔がボロボロになっているー

「---あなたは本当に面白いー
 あなたも今日、ここで皮にしてあげようと思いましたがー
 見逃してあげましょうー

 あなたにはーーー
 ”生き地獄”でも味わってもらいましょうか。

 必死にもがいてー
 必死に私を追ってー

 ククク
 必死こいて、ゴミ野郎が、もがいてる姿を
 見せてもらいますよぉ!!!
 ははははははははははっ!」

林吾の彼女の姿をした”D”が、
何かを敏夫に放ったー

敏夫は、反射的によけようとしたがー
避けることもできずー

そのまま眠りについた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「------う」

敏夫が目を覚ますー

林吾の皮もー
林吾の彼女の皮もー

そして、敏夫の親友・耕作の皮も置き去りにされたままー

”D”はいないー

「---!」
敏夫は、自分の身体を慌てて確認する。

だが、おかしなところはないー
”皮”にされたわけではないようだー。

「---!」
続けて敏夫が、周囲を見渡すー。

耕作の家に置かれているデジタル時計が、
日付を示しているー。

「--2日も眠っていたのか…!?」
敏夫が戸惑いながら、周囲を見渡すとー

ちょうどー
スマホに電話がかかってきたー

”美菜”

娘の名前が表示されているー

「--!」
敏夫は、”もしもし”と叫ぶー

”--ふふふ、お父さんー 
 あなたの娘さんと、妻、そして息子さんは頂きましたー”

美菜の声ー

だが、話し相手は美菜ではない

”D”だー。

敏夫が表情を歪めるー。

「娘を返せ!」と叫ぶー。

Dは笑うー
”今度は、あなたの娘と妻と息子の”皮”を使って
 ビジネスを続ける”

とー。

「--ククク…返してほしければ
 必死にもがき、あがき、私にたどり着いてごらんなさい」

”D”が美菜の声で挑発するー

「貴様ぁぁあああああ」
敏夫がスマホをぎしっと握りしめるー

「---ククク…
 大事な娘は、いただいたーーーーー」

”D”はそれだけ言うと、電話を切ったー

美菜の皮を着こんだ男が、スマホを放り投げて笑うー。

「--面白い男だー
 助けられやしないのにー
 必死こいて…

 ククククー」

”D”にとってー
人生とは”ビジネス”であり、”遊び”でもあるー

人を皮にする力を”ビジネス”とするならば、
敏夫を生かしておいたのは”遊び”だー

「クククー
 もっと楽しませてくれよーー

 ”お父さん”」

美菜の姿でクスッと笑うとー
”D”は不気味な笑みを浮かべたー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

「大事な娘はいただいた~深淵編~」の完結編でした!

もしかしたら、またいつか”D”との戦いが
描かれる日が来る…かもしれませんネ~!

皮<大事な娘はいただいた>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました