<入れ替わり>美はわたしのもの③~デビュー(完)~

入れ替わって奪ったこの身体で
AV女優になるー。

女子高生の身体を奪った彼女の野望の行く末は…?

--------------------–

梨々花(彩香)は、”入れ替わっちゃったの!信じて!”と
両親や、友達に助けを求め始めたー。

しかしー
彩香(梨々花)は”彩香”として完璧に振舞ったー
入れ替わってからの数か月間で
”彩香”としての振る舞いを身に着けていたのだー。

ここ数か月で彩香は変わったー。
家族やクラスメイトは、そうは思っていたものの
”身体が入れ替わった”などというあまりにも非現実的なことを
信用することはできず、
”変わった”とは言え、彩香(梨々花)は、彩香としての思い出や個人情報、
振る舞いを完璧に理解していたために
「--な、、なにを言ってるんですか…?」ととぼけることによって、
”梨々花になった彩香”を
”頭のおかしなおばさん”という状況に追い込むことに成功したー。

「--ふふふ、だから言ったでしょ?」
彩香(梨々花)はひとり、自分の部屋で微笑むー。

彩香がどんな喘ぎ声を出すのかー
彩香がどんな風に感じるのかー。

AV女優になる前に色々なことを試しー
そして、身体の開発も進めておかなくてはいけないー。
美貌を失わないように、最大限の注意を払いー
女子大生になって、一人暮らしを始めたら
AV業界にデビューするつもりだー。

「---ふふふふふ…見てなさい。
 黒森 梨々花は不滅よ」
彩香(梨々花)は、そう呟いて、妖艶な笑みを浮かべたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それからさらに時が流れるー

彩香(梨々花)は、AV女優としてデビューするための下準備を
整えるー。

先日、友達の悪ふざけで、足を怪我しそうになった時には
思わず大声で「ふざけないで!!!!!」と
鬼のような形相を浮かべてしまったが、
それ以外、特に問題なく「彩香」として生活を続けているー。

梨々花になった彩香は、”頭のおかしいおばさん”として
近所から白い目で見られて、
塞ぎ込み、家から出てこなくなったー。

精神的に参ってしまったのだろうー。

全てが、梨々花の思い通りー
近所の可愛い女子高生の身体を奪いー
その身体で大学生になったら一人暮らしを始めー
AV女優としてデビューを果たすー。

入れ替わった相手の梨々花になった彩香が
騒ぎ出すことも織り込み済みー。
自分の身体を奪われて黙っている人間はいないー。
だから、最初は”協力して元に戻る方法を探しましょう”と
梨々花(彩香)をうまくごまかし、騒がれないようにし、
その間に、彩香になった梨々花は、”彩香”として完璧に振舞えるよう
彩香の日常生活を学んだー。

その結果ー
梨々花になった彩香が「おかしい」と感じて騒ぎ出したころには、
もう手遅れだったー。
「わたしが彩香なの!」と梨々花の姿をした彩香がどんなに叫んでも、
彩香の姿をした梨々花が「何を言ってるんですか…?」と
彩香として完璧に振舞えばー
周囲は、梨々花の姿をした彩香のことを信じないー

「--ふふふ、可愛くて、頭もいいわたし…」
彩香(梨々花)は下着姿で鏡の前に立って、ポーズを決めるー

今からー
どんな風に演技をすれば、
より見る人を魅了できるかを、考えているのだー。

「もう少しー
 ふふふふふ、もう少しー」

高校卒業の時が、迫っているー。
既に、1年以上が経過したー

普通の女子高生としての人生も悪くはなかったー。
彩香の両親も、両親として申し分ないー

けれどー

「わたしの舞台は、AVの世界よ」
彩香(梨々花)は、優しそうな顔立ちを歪めながら
笑みを浮かべたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてー
いよいよ、彩香になった梨々花は、高校を卒業ー
一人暮らしを始めたのだったー

両親は、彩香がすぐに「一人暮らしをしたい」と言い始めたことに
驚いている様子だったが、
彩香(梨々花)は「早くお父さんとお母さんを安心させたいし、
わたしが支えられるぐらいになりたいの」と、
甘い言葉で両親を説得しー
一人暮らしをスタートさせたー。

「--ふふふ、わたし、必ずAV界の頂点に立つからー」
家を出た彩香(梨々花)は、実家を振り返って
クスクスと笑ったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AV業界に接触しー
彩香(梨々花)は、AVへの出演が決まったー
色々苦労したが、”AV業界”の裏側も知る梨々花にとって
彩香の”女子大生”というステータスと美貌を生かせば、
取り入ることは簡単だったー

彩香(梨々花)がAVの撮影に臨むー

「ふふふふ」

彩香が、彩香として生きていれば
絶対に縁のなかったであろう世界ー
そこに、今、彩香として、梨々花は身を投じているー

梨々花として生きてきたときの”卓越した演技力”で
スタッフだけではなく共演者も魅了した彩香(梨々花)-

”先輩”AV女優でもある、ぼたんが、やがて彩香(梨々花)を
目の敵にし始めるー。

「----わたし、先輩より可愛いですから」
彩香(梨々花)は挑発的な笑みを浮かべてぼたんを見つめたー

ぼたんは悔しそうに彩香(梨々花)を見つめるー

「いい気味」
彩香(梨々花)はそう思ったー

梨々花を”ババア”と陰で見下し、デビューして
AV界の期待の星として、活躍していたぼたんー。

”こんな小娘に”
と、梨々花は何度も屈辱を飲み込んだー

だがー
今は、”逆”

彩香として、ぼたんを追い詰めることができるー

ぼたんはまだ若かったが、
美貌を手に入れ、ベテランのテクニックも持つ
彩香(梨々花)にはかなわなかったー

AV女優・花崎 奈菜美(はなざき ななみ)の名で
デビューして彩香は、猛烈な勢いでぼたんを蹴落とし、
大学生活なんてどうでも良くなるぐらいに、
AV業界で引っ張りだこになったー。

だが、ある日ー

”最近は、どうだ?”

実家の父ー
”彩香の父”から電話がかかってきたー

彩香(梨々花)は、
「うん!順調だよ」と、”良い子の娘”を演じるー

しかしー

”………どうして、AVに出たりしたんだ?”

父の悲しそうな声ー

「---!!」
彩香(梨々花)は表情を歪めたー

父も母も「AV」などとは無縁の人間に見えたー。
最近は確かに雑誌などにも出ていたから
バレるリスクはあったかもしれないー

だが、こんなに早くばれるなんて…

「---ひ、、人違いじゃないかな?」
彩香(梨々花)が言い訳をするー

けれどー
父は”娘を見間違えるわけがないだろ”と、即答したー。

彩香(梨々花)は観念して言うー。

「これがわたしの夢ー
 邪魔をしないで」
とー。

そう、”邪魔”をするなら、許さないー。
AV女優になるために、彩香の身体を奪ったのだからー。

”----それが、お前の夢なら、
 お父さんは、応援するー”

父は、色々な感情を飲み込んで、そう、優しく呟いたー

もっと色々言われるのではないか?
そう思っていた彩香(梨々花)は、意外な表情を浮かべて
「そ…ありがと」と、返事をするのだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AV業界でさらに地位を高めていく彩香(梨々花)-

しかしー
彩香(梨々花)は、彩香の母親が
食事がのどを通らないほどに落ち込んでいることを知ったー

”AV女優を馬鹿にしないで”と、
最初はそう思っていたー

梨々花はAV女優という仕事に誇りを持っているー
なぜ、娘がAV女優になったら、
悲しむのかー
それが、梨々花には理解できなかったー

けれどー

「-----」
彩香(梨々花)の心は晴れなかったー

彩香と入れ替わってから、彩香として
1年ちょっと、両親と過ごしたのだ。

そしてー
母も父もとても優しかったー

”他人の親”になんて、興味はないはずだったー。

それでもー
1年ちょっと共に過ごしたことで、
彩香になった梨々花の中には”誤算”が生まれていたー

彩香の両親に対する”情”がー。

「---」
彩香(梨々花)は休日に実家に戻り、
彩香の母親と話し合うことにしたー

母親は、泣いていたー
父親も、とても悲しそうにしているー。

AV女優に対する偏見はない、と父親は言う。
けれど、自分の娘が、自分の身体を晒すことを
仕事にしている、ということは、心情としては
複雑で、娘の選んだ道を認め、応援してあげたいと思いつつも、
それができない自分がいる、と父が神妙な面持ちで気持ちを吐き出したー。

「-----…わたしはAVに命を懸けてるの!」
彩香(梨々花)はそう叫ぶもー
揺らいでいたー。

「----……」
歯ぎしりする彩香(梨々花)-

彩香の母親は、泣きじゃくっているー。

”AV女優だって、誇りを持ってやっているのよ!”と
怒りを覚える梨々花ー

だが、それと同時にー
1年以上、彩香として一緒に過ごしたからだろうかー。
この両親が、心底彩香のことを愛していて、
それ故の、悲しみと複雑な心境であることも、
今の梨々花には理解できてしまったー

「---……わたしは、AV女優をやめないー
 AVはわたしの生き様よ」
彩香(梨々花)はそれだけ言うと、
すっかり妖艶な雰囲気になった自分の姿を鏡で見るー

「-----」
(この子はー
 わたしと入れ替わったりしなければ
 AVと縁のない人生を送ったのでしょうね…)

そんな風に思いながら、
彩香の両親のほうを見るー。

ため息をつく彩香(梨々花)-

「--わたしは、AV女優をやめない。
 絶対にー」

そう、”わたしはー”

実家から出た彩香(梨々花)-

梨々花(彩香)は今、どうしているだろうかー。

もういいー。
もういいーー。

「こんな面倒くさい両親がいるなら、
 こんな身体、お断りよ」
彩香(梨々花)は、
梨々花(彩香)の家に向かうー

彩香の実家のすぐそばにある
”元・自分の家”-。

口では悪態をつきながらも、
彩香になった梨々花は
彩香の両親の悲しみに感化されてしまいー

結果ー
”AV女優としての誇りを持つ自分”
”彩香の両親に対する情”

その二つを両立させる手段を取ることにしたー

それはー

もう一度彩香と入れ替わってー
身体を返すことー。

彩香が元の身体に戻ればAV業界とは縁を切りー、
両親も喜ぶだろうー。

そしてー
梨々花はーー

「--わたしの…自分の身体だって、わたしは、まだ、やれるー」
彩香(梨々花)は、自分の身体で栄光を取り戻すことだって、できるからー、と
半分不貞腐れたまま、元・自分の家の前にたどり着いたー。

”美はわたしのもの”
でもー

彩香の両親の顔を見てるとーーー
悲しそうな顔を見てるとーーー

「---!!!」
彩香(梨々花)は表情を歪めたー

”田所”
表札には、そう書かれているー

「え!?誰!?」
彩香(梨々花)は戸惑うー

梨々花(彩香)はどこに行ったのかー。

戸惑いながらー
もう一度彩香の実家に戻った彩香(梨々花)は、
「ね、、ねぇ、お父さん!あの家のおばさん、引っ越したの!?」
と、尋ねたー。

すると、父は答えたー。

「あぁーー…
 あの人は、お前が出てったちょっとあとにー
 首吊って死んだよー」

とー。

「--------!!!」

もうーー
元には戻れないーーー

AV女優・彩香として、生きていく道しか、もう、ないー。

”心を入れ替え”かけていた彩香(梨々花)はー
この日ー修羅の道を歩む決意をするのだったー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

身体を返す決意…改心をしたのですが
もう手遅れでした~…!

この後、彩香になった梨々花は
開き直ってAV女優の世界にどっぷりと…!

お読み下さりありがとうございました~!

入れ替わり<美はわたしのもの>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました