<憑依>勇者さまご乱心・終章① ~終焉~

憑依の力に溺れー、

魔王フォーティスと共に欲望に満ちた日々を送る
かつての勇者ー。

”勇者さまご乱心”
最終章…!

---------------—-

「---姫」
巫女・イリーナが、セレス姫の元にやって来るー。

セレス姫が、「あら、イリーナ」と笑みを浮かべるー
玉座に座り、足を組むセレス姫ー

その、慈愛に満ちた美貌とは裏腹に、
セレス姫は、魔王フォーティスに憑依されていて、
”永遠の戦乱”を演出しているー

魔王フォーティスとして魔王軍に、
セレス姫として王国に命令を下しー
”絶対にどちらかが有利にならないように”しているのだー

目的はひとつー
”どちらかが”勝ってしまえば”戦乱”は終わるー
そうなってしまっては、困るのだー

魔物の世界ー
人間の世界ー
どっちかが誕生すれば、戦争は終わるのだー

だからー
”終わらせないー”

戦いこそー
永遠に終わらない戦乱こそ、魔王フォーティスの望む、地獄なのだからー。

「---姫は最近、エリーゼとばっかり遊んでいるようですけど」
イリーナが不貞腐れた様子で言う。

イリーナには、かつての勇者・クロウが憑依しているー。
回復魔法エッチを生み出し、セレス姫とも何度もエッチを繰り返してきたー

だがー
最近は違う。

新たにやってきた勇者・ラッシュ一行の一人だった
バーゼルという男が憑依しているエリーゼとばかり、遊んでいるのだー

イリーナは”疎外感”を感じるとともに
”危機感”を抱いていたー

”セレス姫に…いや、魔王フォーティスに自分は飽きられているのではないか”
という危機感だー

確かに、エリーゼに憑依したバーゼルの探求心は見事なものだー。
衝撃波の魔法を使って、巫女服を内部から破裂させて見せたり、
毒魔法エッチで、苦しみながら、喘ぐドMっぷりを披露したりー
”新しい快感”をいつも追求しているー

「--わたしは、先輩です」
イリーナが不貞腐れた様子で言う。

「--憑依歴も、巫女としてもー」
勇者クロウの方が、バーゼルより先に憑依しているー

そして、身体も…。
勇者クロウが乗っ取っているイリーナは、
バーゼルが乗っ取っているエリーゼの”先輩”だー。

全てにおいて、”先輩”なのだー

「--ふふ」
セレス姫はほほ笑んだー

セレス姫の脇には、
第6騎士団長のオリオンが控えているー。

「-------」
イリーナが、第6騎士団長オリオンの方を見つめるー

”オリオンがいるこの場で、これ以上深い話をしてもいいのか?”という
イリーナに憑依している勇者・クロウの戸惑いだー。

それを見透かしたかのように、セレス姫はほほ笑むー

「構いません」
とー。

”憑依”のことは
セレス姫とイリーナに憑依しているクロウ、
そしてエリーゼに憑依しているバーゼルだけの秘密だ。

他の人間は、憑依のことを知らない。
イリーナやエリーゼはともかく、
王国の王女であるセレス姫が、
倒すべき敵・魔王フォーティスに憑依されているなどと知られれば、
ただでは済まないだろう。

もちろん、魔王フォーティスの望む”永遠の戦乱”も、ただでは済まないー

そのセレス姫が”構いません”と言っているのだー
第6騎士団長のオリオンも、”憑依”のことを知っていると解釈しても
良いのだろうかー。

オリオンの方を見つめるイリーナ。
オリオンは覆面で口元を隠し、鋭い眼光でイリーナを見つめ返すー。

「------…」
少しだけためらってから、イリーナは口を開くー

「わたしだって、姫と色々したいんです!
 エッチなこととか…最高の回復魔法を味わいたいんです!

 姫の聖なる力で、、こう、、身体をゾクゾクと」

イリーナの身体が激しく興奮するのを感じながら、勇者クロウは
そう叫んだー。

最近は、エリーゼばかりがセレス姫に呼ばれている。
イリーナは自暴自棄に酒を飲みながら、一人回復魔法エッチを
繰り返す日々ー

自分だけが、姫の秘密を知る人間だったのにー

あの、バーゼルという男さえ来なければー

「----あなたはわたしの”友”です」
セレス姫が玉座から立ち上がるー。

「---どんな時でも、わたしが一番の”相棒”だと
 思っているのはーーー」
セレス姫が耳元で囁くー

「あなたですよ」
とー。

「---ひ、、姫…」
イリーナはそれだけでうれしくなって、顔を真っ赤にしながら
姫に頭を下げるー

そのまま立ち去っていくセレス姫ー
第6騎士団長のオリオンも、そのままセレス姫と一緒に
立ち去っていくー

「--姫…ふふ…
 そう…そうだ…俺が、、俺が一番の…ふふふ、ふふふふふふ」
嬉しそうに立ち上がり、自分の部屋に向かうイリーナ。

その途中で、後輩の巫女・エリーゼとすれ違うー。
黒っぽい巫女服のエリーゼが「あ、先輩~」と、馬鹿にした雰囲気で
頭を下げるー

「ふふ、可愛い後輩」
イリーナは、エリーゼを見下すように、頭を下げるー。

すれ違いざまに激しい火花を散らせる二人ー。

元の二人は仲良しで、
イリーナは、後輩の巫女見習いであるエリーゼのことを
妹のように可愛がっていたし、
逆にエリーゼは、先輩の巫女見習いであるイリーナのことを
心から慕っていたー

でも、今のふたりには、そんな感情はないー。

「----いつまでも回復魔法でしかゾクゾクできないなんて、可愛そうな先輩」
クスクス笑いながら立ち去っていくエリーゼ。

部屋に戻ったイリーナは、エリーゼに憑依しているバーゼルに対して
激しい怒りを覚えて、部屋の中で暴れるー。

巫女服と髪を見出して、
「--生意気な小娘め!」と、鬼のような形相で叫ぶー。

イリーナは、爆発しそうなストレスを発散させるために
自分のアソコに錫杖の先端を突っ込んで回復魔法を放ち始めるー

「んあっ♡♡ んっ♡♡」
自分の苛立ちと不安と嫉妬を、打ち消すかのようにー
回復しまくるイリーナ。

本来の使命を見失ったイリーナは、
激しく喘ぎながら、乱れ切った姿を、部屋の中でさらし続けたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”--ベリアル海岸へ侵攻せよー。
 そこに王国の第4騎士団長が陣取っているー
 奇襲して、滅するチャンスだー”

魔王フォーティスの声が魔王城に響き渡るー。

魔王フォーティスは、直接、配下の前に姿を現さずに
魔物や、将軍たちに命令を下しているー。

「---御意」
大将軍・ゼルが、頭を下げるー
禍々しい鎧を身に着けた、魔王軍のNo2だ。

魔王フォーティスが姿を現さない今ー
この大将軍・ゼルが現場を仕切っているー。

「-----ふふ」
王国にいる魔王フォーティス…
セレス姫に憑依している魔王フォーティスは、
指示を下し終えると、笑みを浮かべたー

大将軍・ゼルも含めて、まさか魔王である自分が
セレス姫の身体で王国から指示を下しているなどと
思わないだろうー。

魔王フォーティス=セレス姫は笑みを浮かべるー

「--この世界は、我の舞台だー。
 我が演出する”永遠の戦乱”のなー」
セレス姫の目が赤く光りー
セレス姫と魔王フォーティスが同時に同じ言葉を口にするー

”我は魔王であり、
 我は姫ー

 絶対的な存在だー”

セレス姫は笑みを浮かべながら家臣を集めるー

現在の第4騎士団長・ティルクに、ベリアル海岸の警備にあたるように指示をするー。

これでー
魔王軍VS第4騎士団長ティルクの構図が出来上がるー。

第1騎士団長・アストラル
第2騎士団長・カミーラ
第3騎士団長・エンダルフ
第4騎士団長・ティルク
第5騎士団長・シンゲン
第6騎士団長・オリオン

上位騎士団長たちが、姫に一斉に頭を下げるー

そうー
自分は、王国も魔物も支配する”神”-

全てを自由に操ることが、できるー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--ーーー王国には、、悪魔がいます!」

城下町で、そんな噂を流す娘が現れたー。

たちまち、城下町にその噂が広まっていくー
王国には”人間の身体を乗っ取る”悪魔がいるー、という噂ー

その噂を流しているのはー
”新たなる勇者一行”の一人だった”リン”という少女だー

殺された勇者ラッシュー
憑依薬に魅入られて、仲間を乗っ取ったバーゼル、
そして、乗っ取られた巫女・エリーゼ。

3人を失った、勇者一行の最後のひとりー。
身の危険を感じて王国から逃亡したリンはー
なんとか、エリーゼを取り戻そうとしていたー

「--エンダルフ様、城下町で妙な噂が」
兵士が第3騎士団長・エンダルフに報告を入れる。

いかなる時でも冷静に、合理的に判断する能力に
優れている第3騎士団長のエンダルフは、
”王国には人間を乗っ取る悪魔がいる”という報告を聞き、
兵士に対しては、その話を誰にも言わないよう指示をしたー。

”---”
エンダルフはある疑問を抱いていたー

セレス姫は、確かに慈悲深く、民一人一人にまで
慈愛を注ぐ優しいお方だー。

しかしー
その一方で、

”魔王”との戦いは、一進一退を繰り返しているー

まるでーーーーー
”台本”が最初から存在しているかのようにー

「--…」
第3騎士団長エンダルフは、その日から
セレス姫のことを探り始めるー。

その様子を”王国の魔女”の異名を持つ
第2騎士団長・カミーラが、じっと見つめていたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「----イリーナ」
翌日ー
セレス姫から、呼び出されたイリーナは、
セレス姫にキスされて、幸せな気持ちになっていたー。

セレス姫が、「久しぶりにあなたの回復魔法、味わおうかしら…?」と
笑みを浮かべるー

イリーナは嬉しそうに、回復魔法をセレス姫のアソコに向かって放つー

セレス姫はとても気持ちよさそうに声を出すー。

イリーナはゾクゾクしながら、そんなセレス姫を見つめたー

この世の宝石とまで言われるほどに
美しいセレス姫ー

そのセレス姫が魔王フォーティスに憑依されて、
邪悪な行為を繰り返しているー
そのギャップに、イリーナは激しく興奮するー。

そしてー
そのセレス姫こそが、
自分に、勇者としてつまらない人生を送っていた自分に、
”憑依”の魅力を教えてくれたー

魔王を倒すなんて、もうどうでもいいー

勇者クロウは、今や、欲望の巫女イリーナとして、
日々、欲望に身を任せていたー

イリーナとセレス姫が激しく乱れあうー

そしてー
セレス姫は囁いたー

「あなたも、明日、ベリアル海岸に向かってくれるかしら?」
セレス姫の言葉に、イリーナは少し戸惑うー

”第4騎士団長・ティルクの墓場となる場所”だー。

「--第4騎士団長のティルクは戦死ー
 そこに駆け付けたあなたが、魔王軍の将軍・ヒュドラを倒すー
 そういう筋書きです」

セレス姫は笑うー。

「--ティルクは”アックスの名手”-
 そう簡単には負けないでしょう。
 ヒュドラも弱るはず。

 そこにあなたが駆けつけて、ヒュドラを倒すー

 王国の戦力を”1”削りー
 魔物の戦力を”1”削るー

 いつもの、”バランス”」

セレス姫がクスリと笑うー
イリーナも不気味な笑みを浮かべるー。

「--エリーゼに憑依している、あのバーゼルとかいう野蛮人には
 任せられない仕事…

 勇者クロウ…いやイリーナ。
 わたしが一番信頼しているのは、あ・な・た」

セレス姫の言葉に、イリーナは、幸せの絶頂を感じて、
嬉しそうに頭を下げたー。

イリーナが立ち去っていくー。

一人残されたセレス姫ー

蝋燭の炎が揺れるー。
背後に、第6騎士団長のオリオンが姿を現すー。

「----手はず通りに」
セレス姫が邪悪な笑みを浮かべると、
覆面で表情を隠していて、表情を読み取れない、第6騎士団長のオリオンは
”御意”とだけ呟いて、再び姿を消したー

「----」
セレス姫は笑みを浮かべるー

「---新しいおもちゃが手に入ったらー
 古いおもちゃは、捨てるものでしょうー?」

もはや、慈愛に満ちた姫の姿は、そこにはないー。
邪悪な笑みを浮かべるセレス姫ー

永遠の戦乱を望むセレス姫ー

姫に疑問を持ち始めた第3騎士団長エンダルフー。

姫の愛を取り戻そうとする、イリーナを乗っ取った勇者クロウー。

勇者クロウの座を奪い、姫の愛をその身に受ける、エリーゼを乗っ取ったバーゼル。

そしてーー

それぞれの思惑が蠢くー
最後の戦いが、今、始まろうとしていたー

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

毎週火曜日だけ、リアルタイムで執筆できないので、
作り置きで小説を掲載していますー!
(他の曜日のお話はいつもその日に書いているのですが
 火曜日だけは、先に書いておいて予約投稿!という感じですネ!)

火曜日枠(?)で掲載していく都合上、
勇者さまご乱心・終章は、週1連載になってしまいますが、
気長に来週までお待ちください!!

今日もお読み下さりありがとうございました!!

憑依<勇者さまご乱心>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました