<入れ替わり>10年後の再会③~現在~(完)

10年前ー
入れ替えられてしまった少女はー

10年後の現在ー。
ついに、再会を果たした。

”元・自分の身体”とー。

そして、彼女の下した決断はー?

--------------------–

ネオンが輝く屋上ー

裏社会で暗躍する”リサ”という偽名で暗躍する女が、
”元・自分の身体”
香奈美(亮吾)であることを確信した
亮吾(香奈美)は、偽の取引情報を流し、
香奈美(亮吾)をこのビルの屋上におびき寄せたー

自分の手でー
この悲劇に、幕を下ろすためー

「---く、、、く、、、くくくくく…」
銃を突き付けられた香奈美(亮吾)が笑うー。

亮吾(香奈美)は、10年前に自分の身体を奪われてから、
ずっとずっと、亮吾を追い続けてきたー

「--わたしが、警察官になったのは、なんでだと思う?」

入れ替わるまで、不良生徒だった亮吾の身体で
警察官になるには、並大抵ではない努力が必要だった。

けれど、亮吾になった香奈美は、それを成し遂げたー。
周囲の同級生たちも「まるで別人になったみたい」などと
常に言っていたー。

元の身体だったころの親友・澄子も驚いていたー。

”本当に中身は別人になったんだけどね”と、
内心で思いつつも、
誰にも信じてもらえない苦悩を一人、抱えながら、
亮吾(香奈美)は、やがて警察官となったー

全ては、今日、この日のためー

「はは、、はははははは…俺を探すためだけに…
 警察官になったってか!」
香奈美(亮吾)がゲラゲラと笑うー。

10年ぶりに見た自分の身体ー
亮吾(香奈美)は銃を突きつけながら、
”こんなにスタイルよくなったんだ…”と
悲しそうに思うー

香奈美になった亮吾がどんな生活をしてきたのかは
分からないー。
でもー今の香奈美の身体は”美人”だったー。

「----へへっ、エロイ身体だろ?
 この10年、何人もの男を騙して破滅させてやった
 エロエロな身体だ」
香奈美(亮吾)はニヤリと笑いながら言うー

額に銃を突き付けられながらも、
香奈美(亮吾)は余裕だったー。

”どうせ、こいつに、撃てやしないさー”

高校時代のことを思い出す香奈美(亮吾)-
暴力が何よりも嫌いなこの女が、自分のことを
撃てるはずなどないー。

それにーーー

”いざとなったら、こいつをボコすぐらい簡単だぜ”
香奈美(亮吾)は拳を握り、ぱきっと音を立てるー

今の香奈美の身体は、暴力もお手のものだー
この10年ー
香奈美の身体で何人もの奴をぶんなぐってきたー。
この綺麗な足で、何人もの奴を蹴り飛ばして、
そして、踏みつけてきたー

”お前の身体は、10年前と同じとは限らないんだぜ”
香奈美(亮吾)は笑うー

「--最高の10年だったぜぇ…?
 俺を退学に追い込んだうぜぇ女自身に俺がなって、
 周囲を泣かせながら悪女にする…

 ゾクゾクが止まんねぇよ!
 俺の邪魔をしてたお前が、悪女になっていくのを
 この身で体感して、今も男とヤリまくって
 犯罪を犯しまくってる!

 ひひひひひひ!
 お前を滅茶苦茶に、ぶち壊しまくってるこの快感!
 
 でもさぁ、
 お前の身体、すっげぇ喜んでるんだよ!
 たまんねぇよ!
 ひゃはははははははっ!」

香奈美(亮吾)が、表情を悪魔のように歪めて笑うー

周囲から見れば
香奈美自身が喜んでいるようにしか見えないー

「--わたしの身体を…
 これ以上、好き勝手にはさせない!」
銃を持つ手に力を込める香奈美(亮吾)

警察官になったのは、
今日、この日のためー

元自分の身体に、自分自身で引導を渡すー

「---はは、俺を殺したら、もうお前は元には戻れない!」
香奈美(亮吾)が叫ぶー

「--それでも構わない!」
亮吾(香奈美)が叫んだー。

こんなに、薄汚れて、堕ちるところまで堕ちてしまった
元・自分の身体ー。
もう、今更、戻りたいなんてー

「----」
亮吾(香奈美)が表情を歪めるー

”本当だったら、戻りたいー”

その、迷いがわずかにー

「---うらぁ!」
香奈美(亮吾)が、その一瞬の迷いをついて、
亮吾(香奈美)をグーで殴りつけたー

銃が吹き飛び、
屋上の端の方に飛ばされるー

「---!」
亮吾(香奈美)がバランスを立て直そうとするも、
香奈美(亮吾)はゲラゲラ笑いながら、
亮吾(香奈美)を何度も何度もグーで殴りつけるー

「この綺麗な手でさぁ、
 いろいろなやつをぶんなぐる快感!
 くははははは!
 
 俺がこの女の身体を奪って好き放題してるって
 感じがしてさぁ、最高なんだよ!」

香奈美(亮吾)は何度も何度も、亮吾(香奈美)を
殴りつけながら笑うー

亮吾は、”元・自分の身体”にまるで容赦ないー
懐かしい、という素振りも見せず、
情けのようなものも、一切感じられないー

「--お前の身体ってさぁ、すっげぇエロイんだよ。
 感じやすくてさぁ~

 あ、お前は自分の身体で男とヤッたことはなかったか?
 入れ替わったときは、まだ処女膜あったもんなぁ~!
 ぎゃははははははは!」

香奈美(亮吾)は、倒れた亮吾(香奈美)に向かって
唾を吐き捨てながら笑うー

「---喘ぎ声、今ここで聞かせてやろうかぁ~?」
ヤンキー座りのようなポーズで、倒れた亮吾(香奈美)を
見つめる香奈美(亮吾)-

「--男とヤリまくってー
 人を殴りまくってー
 犯罪に手を染めてー
 親を泣かせてー

 あぁぁぁ~糞みたいな女だなぁ、俺は…
 いいや!お前はぁ!」

香奈美(亮吾)はゲラゲラと笑うー

「--島崎 香奈美は悪女として
 歴史に名を残すことになるんだよ!くくく!
 
 俺はお前の身体で私利私欲の限りを尽くしー
 そして、お前への復讐も成し遂げたー
 くくく 最高だぜ」

香奈美(亮吾)が笑うー

「ふ、、ふざけないで!」
亮吾(香奈美)が立ち上がるー

だがー
香奈美(亮吾)は、
亮吾(香奈美)を抑え込むと、
顔を近づけて笑ったー

きつい香水の匂いがするー

「ーーー10年前と自分の身体が同じと思うなよ?
 この10年間、俺は裏社会で生きてきたんだ。
 身体は女でも、そこらの男に負けねぇぐらい、
 この身体は強くなったんだ」

香奈美(亮吾)が低い声で、そう呟くと
さらに続けたー

「くくくくく、その、負けず嫌いな目ー
 昔と変わらないなー

 死んだ、あの根暗を俺から守ってた時と同じ目だー。」

香奈美(亮吾)が、自殺した香奈美の幼馴染・恭太の
ことを言いながら笑うー

「--幼馴染を自殺に追いやって、
 親友にブス女と言い放ってー
 母親を泣かせて、精神的に病むまでに追い込んでー
 父親を困らせて、職を失うまでに追い込んだー

 ははははっ!ゾクゾクするほどの悪女になっただろ?」

香奈美(亮吾)はなおも挑発を続けるー

「---許さない…!絶対に許さない!」
亮吾(香奈美)が叫ぶー

「---わたしぃ~、わる~い女になっちゃった!うふ♡」
香奈美(亮吾)が挑発的に笑うー

「-さ~て、どうしてくれようかな?
 ここでお前を殺すか、
 それともー
 ”元・自分”とここでエッチするってのも悪くねぇな」

香奈美(亮吾)がご機嫌そうに呟くー

屋上から見える夜景を見つめながら
勝ち誇った表情の香奈美(亮吾)に対してー
亮吾(香奈美)が呟いたー

「ーーー10年前と自分の身体が同じと思わないことね…
 この10年間、私は警察官目指して、そして警察官として生きてきたのー」

とー

「--!」
香奈美(亮吾)がさっき言い放った台詞と似たようなセリフを返された香奈美(亮吾)が
表情を歪めるー

そうー
亮吾(香奈美)は、10年前とは違うー
身体も男になったし、
何よりー

警察官として、あらゆる訓練・トレーニングを積んできたー

「---!」
香奈美(亮吾)の手から、亮吾(香奈美)が抜けるー

さっきまで一方的に殴られていたのはー
香奈美(亮吾)の話を聞くためにあえてしたことー。

今の亮吾(香奈美)は、高校時代とは違うー

「---ぐはっ?!」
亮吾(香奈美)は、香奈美(亮吾)に格闘技の技を叩きこんだー

「--ぐぼぉっ!?」
圧倒される香奈美(亮吾)-
裏社会で生きてきた亮吾も、それなりに”強い”

だがー
身体が女の身体…香奈美の身体であることー

そして、警察官として厳しい訓練を積んできた亮吾(香奈美)の
敵ではなかったー

「ぐがっ!」
地面に叩きつけられた香奈美(亮吾)は、
荒い息で亮吾を見つめるー

「---おわりよ」
亮吾(香奈美)が、香奈美(亮吾)に銃を突きつけたー

「---ま、、ま、、待ってくれ!」
香奈美(亮吾)が、一転して命乞いを始めるー

「---じ、、じ、自分の身体を殺すのか?」
香奈美(亮吾)が亮吾(香奈美)を見つめるー

悪女になった香奈美と
警察官になった亮吾ー
二人がいる屋上を、他のビルのライトが照らすー。

「-----自分の身体だから殺すの」
亮吾(香奈美)が言うー
その目は、真剣だー。

「---これ以上、わたしの身体が悪用されないようにー
 これ以上、わたしが悪女にならないようにー」
亮吾(香奈美)の言葉に、
香奈美(亮吾)は「お、、お前も犯罪者だぞ!」と叫ぶー。

今の香奈美の身体がどんなに悪党であろうと、
殺せば犯罪者ー
香奈美(亮吾)は、香奈美の声で乱暴に叫んだー。

「---わたしは、わたしを止めるために警察官になったのー
 覚悟は、出来てる。
 この10年は、全部、今日、この日のため」

亮吾(香奈美)の言葉に、
香奈美(亮吾)は、悲鳴を上げて土下座をしたー。

「--す、、すまなかった!許してくれ!
 も、、元に戻る方法ならある!
 だから、、命だけは!」
香奈美(亮吾)は、注射器のようなものを取り出したー

”入れ替わり薬”
10年前に香奈美と亮吾が入れ替わったときに使ったものだ。

「----」
香奈美(亮吾)は有無を言わさず、自分にそれを注射したー。

亮吾(香奈美)が、わずかに銃を持つ手を緩めたー

その時だったー
「今だ!」
香奈美(亮吾)が亮吾(香奈美)に強引にキスをしたー

10年前のようにーー
二人は倒れてーー

そしてーー

屋上で起き上がる香奈美…

「---あ…」
10年ぶりの、自分の身体ー
10年ぶりの、女としての身体ー
ラバースーツの感触を感じながら、起き上がると、
そこには亮吾がいたー

「はははははっ!」
銃を持っている亮吾ー

「形勢逆転だぜ!10年ぶりの俺の身体!」
亮吾は笑みを浮かべているー

「--これで、お前が犯罪者ー
 俺が警察官ー」

香奈美の身体を気に入っていた亮吾だったがー
追い詰められたことで、計画を変更したー

再び”入れ替わり”を起こしー
そしてーー
香奈美を犯罪者に、自分が警察官にーーー

「---相変わらずバカな女だぜ。
 これからは俺が警察官として生きていくよー

 お前の身体は、もう悪女の中の悪女だー
 今更何を言おうと、誰も犯罪者の言葉に何か
 耳を貸さないさ」

亮吾が言うとーー

香奈美がクスっと笑ったー

「--何がおかしい!?」
亮吾が声を荒げるとー
ビルの屋上の入り口からー
別の年配刑事が出てきたー

「全部、聞かせてもらったよー」
とー

「---!」
亮吾が表情を歪めるー

年配刑事の手には、スマホー。

全てのやり取りが、音声と共に、映像で
記録されていたー

「入れ替わりなんて、信じてなかったがー
 本当だったようだな」

年配刑事の言葉に、
亮吾は「お、、お??? どういうことだ!?」と
香奈美の方を見るー

ラバースーツ姿の香奈美は言うー

亮吾をはめた、のだとー。
ここに来る前に、亮吾の身体の香奈美は、
信頼できる先輩刑事に
全てを打ち明けたー
10年前、自分は身体を奪われたこと、
そしてそれを追うために刑事になったこと、
自分の身体を見つけたことー。

半信半疑の年配刑事を根強く説得した亮吾(香奈美)-
そんな熱意を受けて、年配刑事は力を貸してくれることを約束したー。

そして、この屋上に、亮吾(香奈美)と共に
年配刑事はやってきていたー
最初から、屋上の入り口付近で、全てを聞いていたのだー

入れ替わりの証拠を記録するためー
そして、年配刑事自身が、入れ替わりの確証を得るためー

「最初から、あんたを殺すつもりはなかった。
 でも、元に戻してもらうには、あんたをギリギリまで
 追い詰めるしかなかった」

香奈美が言うー
香奈美は元々、自分の身体を殺すつもりなどなかったー

身体を取り戻して、
その上で亮吾を逮捕するー

そのために、迫真の演技をしたのだったー

「---バ、、、馬鹿な」
亮吾が座り込むー
ついに、観念した様子だー。

年配刑事が、亮吾に手錠をかけるー

「---く、、くくく」
亮吾が笑いだすー

「--世間は、何て言うかな?
 入れ替わりなんて、大々的に発表できやしねぇだろ?

 それに、資格の問題もあるー
 お前は刑事でいられるのか?
  
 裏社会のやつらが、入れ替わりを知らずに
 これからもお前に接触してくるかもしれないー」

亮吾は、連行されながらニヤニヤと笑うー

「--お前の身体は、もう、いろいろな男とヤリまくった
 中古品だ!ひひひひひひ!
 今更取り戻してもおせぇんだよ!」

亮吾の言葉に、
年配刑事が「おい!黙れ!」と無理やり連行しようとするー

亮吾は最後に言い放ったー

「----せいぜい苦しんで生きるんだな!」
とー。

ビルの屋上に一人残された香奈美は
夜空を見つめて呟いたー

入れ替わったことを知らず、香奈美になった亮吾に
酷いことを言われて自殺してしまった幼馴染・恭太を思い出すー

「---ごめんね」
”ようやく仇は取れたかな”と
悲しそうに呟く香奈美ー。

そして、
香奈美は亮吾が連行されていった方向を見つめながら
呟いたー

「わたしはー
 どんな苦難が待っていても、負けないからー」

とー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1か月後ー
香奈美は”警察官”にはなれなかったー
香奈美の”身体”には、警察官としての資格がないからだー
あくまで警察官になっていたのは”亮吾の身体”-。

亮吾の言った通り
入れ替わりのことは公表できず、
内密に処理された。

警察に出来ることは、香奈美が犯罪者にならないよう
上手く手回しすることだけだったー。

協力してくれた年配刑事らに、お礼を言い、
警察を去りー
香奈美は今、一般人として暮らしているー

しかしー

”10年”

「----」
香奈美は、ネット通販で、エッチな服を見ていたー
何故だか無性にドキドキしてしまうー

10年は、長すぎたー

既に”身体”に染みついているー

エッチの快感がーー
亮吾の、欲望がーー

やがて香奈美は、”闇”に飲まれるー。

亮吾も香奈美も予想していなかった”副作用”

10年の間でー
香奈美の”身体”は悪に
亮吾の”身体”は善に染まっていたー

その影響を、二人が受けてしまうことになるなんてー
二人は、知らなかったー

「---ちょっとだけ…家で着るだけ」
そう呟きながら、過激な衣装を注文する香奈美ー

香奈美の”闇”へと一歩は、始まっていたー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

自分の身体を奪った亮吾の件は
解決しましたが、
なんだか不穏ですネ~!

お読み下さりありがとうございました!!

コメント