<憑依>リアルFPS

目が覚めたら、見知らぬ研究所のような場所で、
突然、FPSゲームが始まった…!

”リアルFPSの始まりだ…”

※FPSゲーム
銃を持って敵を倒しながら進んでいく
主観視点タイプのゲームのこと。

---------------------

大学生の松谷 守男(まつや もりお)は、
ある日、目を覚ますと
見知らぬ研究所のような施設の中にいた。

「はっ…!?」
守男は、突然の状況に戸惑う。

彼女の三戸 明日香(みと あすか)と
イチャイチャしている夢を見ていたのだが、
その余韻に浸る暇もなく、
見知らぬ周囲の様子を見渡すー。

何が起きたのか、
全く理解することができないー。

”おはよう”

突然、施設内に声が響き渡る。

「--!?な、なんだ!?」
昨日の夜、普通に家で寝たはずなのに、
目を覚ましたら全く知らない場所にいるー。

このような状況で、困惑するな、と
言われる方が無理だー。

ふと、あたりを見回していると、
近くに銃のようなものが落ちていることに気づき、
守男は「ひっ!?」と悲鳴を上げるー

”おはよう守男”

「--!?」
守男は戸惑う。

あんた誰だよ、という気持ちと
いきなりなれなれしくおはようじゃねーよ、という気持ちで
いっぱいになるー。

”驚かせて済まない。
 君はFPSゲームをやったことはあるかい?”

男の声が言う。

FPSゲーム?
守男は首をかしげたものの、
すぐに友人がそういうゲームが好きだったことを思い出す。

銃を持って、敵を倒していくタイプのゲームだ。
最近は、オンライン対戦プレイが流行っている。

「--は、はい」
守男が戸惑いながら
一応敬語で答えると、
男は言った。

”結構。では、説明の必要はなさそうだな。
 これから君にはリアルFPSゲームに挑戦してもらう。

 1VS1の対戦プレイだ。
 相手を倒したら、君は無事にここから出ることができる”

守男はその言葉を聞いて叫んだ。

「ど、、どういうことですか!?なんで俺が!?」
守男の言葉に、
男は笑ったー

”答えを知りたくば、その手に銃を取れ。
 そして、敵を倒せ

 勝利のその先に、光はある”

男の言葉はそれで途切れた。
”伝えるべきことは伝えた”と言わんばかりに
沈黙する男ー。

「くそっ…」
守男は、近くにあった銃を拾う。

ハンドガン…とでも言えば良いのだろうか。
ゲーム的に言うならば
ゲームを始めて一番最初から持っているかのような
そんな感じの武器だ。

「--1VS1って…」
守男は呟きながら、とりあえず死角になりそうな場所を
見つけて、そこに身を隠す。

敵が”誰”なのかは全く分からないが
とにかく見つかってしまったり
急に撃たれてしまうことは避けたいー。

「---!」
守男は、ふと人影に気づいたー

遠くの柱と柱の隙間を横切った
ラバースーツ姿の女のようなものが見えたー。

「---!…あれが対戦相手」
守男は呟くー

彼女も、自分と同じように、
ここに連れてこられたのだろうかー。

守男は”とにかく勝たないと”と、
その女が見えた方角に向かって、
慎重に移動し始めるー

”おそらく”相手はこちらに気づいていないー。

相手のだいたいの位置を先に
知ることができたのは大きな収穫だ。

「---…」
守男が慎重に移動していくー

しかしー

ドン!ドン!

「--!?!?」
背後から銃弾が飛んできて、
守男は驚いて柱に身を隠すー

「---」
背後にさっきの女がいたー

”くそっ…相手も俺の位置に気づいてた”
守男はそう思いながら
柱に必死に身を隠した。

”ま、どうせおもちゃだろうけど”
と、思いながら相手の女に反撃するー

ドッ

「--!?!?!?」
守男はズキッと言う痛みを感じて、
慌てて身を隠したー

女の放った銃がー
手にかすったー

そしてー

「血…!?」
守男は驚くー

「じ、、、実弾…!?」
守男は思わず戸惑ってしまうー

”リアルFPS”
何の目的だかは全く分からないー

だが、まさか、実銃だとは思っても見なかったー

”驚いたかい?”
男の声が聞こえてきたー

館内放送で話す男ー

”それはおもちゃなどではない。
 実銃だ。
 リアルFPSは、ゲームなどではない。
 リアルな命のやり取りなのだ。

 生き延びたくば、戦え。
 松谷 守男よー”

そう呟くと、再び館内放送は途切れた。

「くくく…今のを避けるとは、やるじゃない」
相手の女が笑ったー

「---!?!?」
守男は、その声に聞き覚えがあったー

「--明日香!?」
驚いて守男が遮蔽物から身を出すと、
そこには、きつめのメイクをした明日香の姿があったー。

派手な口紅とメイクで、別人のように見えるし
ラバースーツ姿なんて見たことがないから、
”本当に明日香なのか?”と思ってしまうぐらいに
違和感があったが、
確かに、目の前にいるのは明日香だったー。

「---あら」
明日香が腰に手を当てながら笑う。

「-そんな顔を出していいのかしら?」
挑発的な明日香。

「-お、、おい、明日香…何してるんだ…
 明日香もここに・・・?」
守男が戸惑いながら言う。

だが、明日香は不敵な笑みを浮かべたままー

「おい…いったいどうなってるんだ…?」
守男は明日香に質問するー

明日香も自分と同じように
連れてこられたのだろうー。

ここはいったい…?
リアルFPSとはいったい…?

「----ふふふ」
明日香は、守男に銃を向けた。

「え…」
戸惑う守男。

「--今は、勝負の最中でしょ?
 そんなにぼーっと突っ立てていいのかしら?
 うふふふふ」
笑う明日香ー

なんだか、口調までいつもと違う気がするー

ぎこちないというかー
”無理して女言葉を使ってるようなー”
そんな感じだ。

明日香はもっと、自然な感じでしゃべるー。

「---明日香!どうしたんだよ!?
 この銃は本物だ!これ以上は危ない…!
 俺と一緒に出口をさがーー」

パァン!

銃声が響いたー

銃弾が、守男の腕を貫くー

血が噴き出すー

「あっはははははは♡
 出口ぃ~?
 出れるのは、勝った方だけよ?

 さっきの説明、聞いてたでしょ?」

明日香が笑うー
銃を嬉しそうに持ちながらー

「---あ、、あす、、あすかっ!」
守男は撃たれた場所を抑えながら叫ぶー

慌てて柱の方に向かって走る守男ー
明日香は狂ったように笑いながら、
そんな守男に向かって銃弾を放つー

「--ひぃっ!」
守男は柱の背後に必死に隠れたー

「わたしは、あんたをぶっ殺して
 ここから出るの!
 うっふふふふふふ♡」
明日香が笑いながら叫ぶー

「--ほら!あんたもここから
 出たかったら、わたしを撃ってみなさい!」
明日香が挑発的に叫ぶー

そんなこと、できるはずがないー
明日香を撃つなんてー

「---…う、、撃てるわけないだろ!」
守男が叫ぶー
明日香はつまらなそうに舌打ちする。

「--あんた、FPSゲーム理解してる?」
明日香があきれた様子で呟く。

「--抵抗してこない相手をつぶしても
 つまんないのよ。
 必死で生き延びようと、必死に戦う相手を
 この手で撃って、終わらせるー

 それが、楽しいのよ!」

明日香が狂ったように笑いながら叫んでいるー

「--あ、、明日香…ほ、、本気なのか…?」
守男が戸惑いながら言う。

「--本気で俺を撃つってのか?」
その言葉に、明日香は狂ったように笑うだけで
返事はしなかったー

”くそっ!どうなってるんだ!?”
守男は、走り出すー

研究施設のような場所からの
出口を見つけるためにー

何があっても、明日香と戦うつもりはない。

守男は、明日香から距離を取ろうと、
威嚇射撃だけして、反対方向に走り出すー

”くくく…無駄だよ”
男の声がしたー。

さっきから、音声で、守男に
語り掛けてきている男だ。

「--くそっ…!明日香に何をした!」

どう考えても明日香の態度は
正気とは思えないー

洗脳かー?
それとも…脅しか…?

いやー
本物の明日香ではない可能性もある。

”くくく…
 ここから出られたら教えてやろう”

男はそう言うと、放送を切ったー

「くそっ!」
守男は、広々した施設内を駆け巡るー

どこかにー
どこかに出口はあるはずだー。

「---」
周囲を警戒しながら移動する守男。
明日香に見つかるわけにはいかないー

「あははははは!出てきなさぁい!」
明日香の狂ったような笑い声が聞こえるー

一体、明日香はどうしてしまったのかー

”男”を見つけなくてはならないー
さっきから、この施設内のスピーカーを通じて
語り掛けて来る男…
その男こそが、黒幕に違いない。

明日香が操られているのか、
何が起きているのかは分からないが、
とにかく、明日香と殺し合うわけにはいかないー

「----」
守男は銃を握りしめて慎重に歩き出す。

ドォォォォン

爆音のようなものが聞こえるー

「あはははは!ロケットランチャー~♡」
明日香の狂った笑い声が聞こえるー

「明日香…」
声がした方向的に距離はあるー
だが、いよいよヤバいー。
ロケットランチャーなんて現実で見たことは
なかったが、ヤバいのだけは分かる。

下手をすれば明日香も自爆するかもしれないー

「そんなことはさせないー」

”くくく…愚かな”
スピーカーから男の声が響くー

「どこにいるー」
守男は、明日香と遭遇しないように、施設内を駆け巡るー

”お前は、もう終わりだ”

男の声が聞こえるー

「--!」
スピーカー越しに聞こえる声と
かすかにーー
別の方角から、男の声が聞こえたー

「--そこにいるのか!」
すぐ横の扉を開ける守男ー

男の声は、この中からしたー

しかしーーー

「---!」
守男は、信じられない光景を見たー

明日香の口からー
ランプの精霊のような状態で
男が出てきているー

明日香は大口を開けて
涙を流しながら震えているー

男が、マイクを持っているー

「---くくく」

スピーカーで守男に語り掛けていた男は、
明日香に”憑依”していたー

明日香の身体から時々出ては
マイクでスピーカーを通じて語り掛けて、
話し終えると明日香の中に完全に憑依して、
守男を襲っていたのだー

「---お、、おおおおおお!!!!
 明日香に何をしたあああああああああ!」
大声で叫ぶ守男ー

明日香が涙を流したまま
振り返るー

「わたし~憑依されてるの~!えへへ♡

 身も心も、完全に乗っ取られてる!」

明日香はそう言って笑うと、両手を挙げたー

「生き残るラストチャーンス!」
明日香がゲラゲラ笑うー

戸惑う守男ー

「明日香を…返せ!」
守男が銃を構えながら言う。

「-あと10秒だけ待ってあげる~!
 その間にわたしを撃てば、お前は脱出できるぅ~!

 さぁ、どうする~?」
明日香が大笑いしているー

”相手を倒せば脱出できる”

つまり、ここで、明日香を撃てば
自分は脱出できるー

けれど、そんなことをしたら、
明日香はー

「5~4~3~2~!」
明日香が両手をあげながら、
カウントダウンをしているー

「---明日香」
守男は、明日香を抱きしめた。
銃を捨ててー

撃てるはずなど、ない。

「0~~~~!」
抱き着かれた明日香は、叫んだ。

そしてー

「ばーか!!!」
明日香はロケットランチャーを手に持ってー
そのままーーーー

研究施設内に、爆音が響き渡ったー

・・・・・・・・・・・

「---美しいーーー」
明日香に憑依していた男は、
戦いが終わって、自分の身体に戻るや否や、
そう呟いたー

”極限状態で愛し合うものが殺し合う姿は、美しいー”

人間同士の”愛”を研究している彼はー
最愛の相手が敵となるシチュエーションに
無限の可能性を追求していたー。

”彼女を殺さなければ、自分が死ぬ”

「そうと分かっていて、死を選ぶとはー」
男は笑うー

「まぁ、結局、彼女も助からないのだがな」

ロケットランチャーによって
跡形もなく吹き飛んだ二人が
いた場所をモニター越しに見つめる男。

「さてーー
 ”次”に移ろうか」

男はまたー
地獄の”FPS”を始めようと、
ターゲットを探し始めるのだったー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・

コメント

お読み下さりありがとうございました~!

私はFPSゲームの経験がほとんどないので、
こんなのないよ!と思うかもですが、
お許しください!!

小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました