<憑依>ゲームノヒロイン①~姫~

ごく普通の女子高生が、
ゲームのキャラクターに憑依されてしまう…!?

憑依された彼女の運命は…?

--------------------—

女子高生の功野 美奈津(いさの みなつ)は、
彼氏の幸崎 良一郎(こうざき りょういちろう)と、
ゲームで遊んでいた。

…と、言っても対戦プレイをしているわけではない。

良一郎が遊んでいるRPGゲームを
隣で美奈津が見つめているー。
という状況だ。

”お願い…助けて”
ゲームの中のヒロインが、涙を流しながら言う。

RPGゲーム
ダークネスファンタジー。

昔から続いている人気シリーズで、
その最新作がつい最近発売されたのだ。
DFと略されることの多いそのゲームは
ファンも多く、彼氏の良一郎もその一人だった。

「--う~ん、こういう子って、好きになれないなぁ~」

ゲームのヒロインである姫を指さして言う。

「--え?どうして?可愛いじゃん」
良一郎がコントローラーを持ちながらそう言うと、
美奈津は少し不貞腐れたように言う。

「だって、なんかぶりっ子みたいに見えるし
 涙を流せば可哀想~!みたいな感じで
 ちょっとイラっとしない?」

美奈津が言うと、
良一郎は笑った

「ははは、女子から見るとそう見えるのかな~」

良一郎は、そう言いながら、
ゲームを進めて行く。

”あはははは…
 よくここまでこれたねぇ…!”

ゲーム中の悪の女性幹部が高らかに笑う。

「わぁ、悪そうなお姉さん!」
美奈津がテレビの画面を見ながら言う。

「--ちょっとエロいよな~!へへ」
彼氏の良一郎がニヤニヤしながら言う。

「も~!」
美奈津が苦笑いしながら
ゲーム画面を見つめた。

悪の女性幹部が、
チェーンソーを持った、狂人のような部下を
主人公に向かって放つ。

そのチェーンソーの怪物との戦闘が始まるー

・・・・・・・・・・

「ふ~遊んだ遊んだ」
良一郎が言う。

「結局、ずっとゲームしてただけじゃん~」
美奈津は少し不貞腐れた様子で言った。

美奈津も、良一郎のプレイしている
ゲームを見るのは好きだが
ずっとゲームだと、さすがに拗ねる。

「--悪い悪い」

今日は、彼氏の良一郎が美奈津の家に
ゲーム機を持って遊びに来ていたー

互いの両親も面識があって
二人が付き合っていることは公認だ。

「--じゃ、今日はそろそろ帰るよ」
良一郎が言うと、美奈津は「うん」と
少しさびしそうに答えた。

「----あ」
良一郎が窓の外を見つめながら
ため息をついた。

さっきまで晴れていたのに
いつの間にか雨が降り出している。

「あ~…これじゃ、ゲーム機
 持って帰るのはきついなぁ~
 濡れたらやばいし」

良一郎が言う。

「確かにそうだね~…
 あ、じゃあ、ここに置いていけば?
 明日、学校の帰りに寄って
 回収していけばいいでしょ?」
美奈津の提案に、
良一郎も確かにそうだな、と答える。

「--じゃ、悪いな!また!」
そう言って、良一郎は、
美奈津の母親にも挨拶すると、
そのまま、雨の中ダッシュで
飛び出して言った。

「--ふ~」
良一郎が帰ったあとー。

美奈津は、ふとゲーム機のほうをみた。

「ちょっとだけ~」
美奈津はニコニコしながら
なんとなくゲームを起動する。

美奈津もゲーム機は持っているのだが
外に持ち運ぶタイプで、
テレビにつなぐゲーム機は持ってなかった。

だから、なんとなくそれが家にあるというのは
新鮮だったー。

外では、弱い雷が鳴り始めていた。

ゲームを起動する美奈津。

先ほど、彼氏の良一郎がプレイしていた
ダークネスファンタジーのゲームを
起動する。

♪~

ゲームが始まった。

”イベントシーン鑑賞”のモードを開くと、
美奈津は過去のイベントを再生し始めた。

「う~ん、主人公はイケメン~!
 でも、こんな人、なかなかいないよね」

イベントを見ながら
美奈津が何やら呟いている。

「やっぱこのヒロイン、キライだなぁ~」
「--この人が最後に戦う敵かな~?」
「あ、この子かわいい~!」
「あー!もうあの人死んじゃった~!」

かれこれ30分以上イベントを
見ていただろうか。

その時だったー。

大きな雷が、落ちた。

ゲーム機が、雷の影響を受けて
一瞬、変な色のランプが点灯するー。

「きゃああっ!?」
美奈津は思わず驚いて声をあげた。

だがー
すぐに雷の音は止んだ。

「は~!びっくりした」
美奈津はそう言いながら
”雷も酷くなってきたし
 ゲーム機壊れちゃうと大変だから”と
ゲーム機の電源を切ろうとした。

しかしー
「--あれ?」
ゲーム機の電源が切れない。

そして、
電源ランプの部分が、不気味な強い紫色の光を発していた。

「---ふぁっ?な、何これ?もしかして
 壊れちゃったの?」

モソモソと小さな音が聞こえる。
何の音だか、分からない。

「え、なになに?」
美奈津は混乱しながら
テレビのボリュームを上げたが、
モソモソ音が聞き取れなかった。

雨がうるさいからかー。

美奈津は自分の机にあった
イヤホンをゲーム機につないで
モソモソ音を聞きとろうとした。

するとー
モソモソした声が聞こえてきた

”あれ…この光は?”

という声。

”なんだよこれ”
”不思議な穴ね”

色々な人の声が聞こえる。

まるで、ゲームのキャラが意思を持つかのように
会話している。

「--!?」
美奈津は、”?”と首をかしげる。

テレビの画面は、モードセレクト画面のままだ。

「--な、何この会話?」
美奈津が首をかしげる。

モードセレクト画面で
キャラクターたちが会話する仕様なのだろうか。

いや、それにしてもー

”わたし、ちょっと飛び込んでみる”

そんな声が聞こえたー

次の瞬間ー

「ひぅっ!?」
美奈津は大声を出して
ビクンと身体を震わせた。

「あ……」
思わず、握っていたコントローラーを落とす美奈津。

「---あ…あ…」
美奈津は口を開いたまま
放心状態だ。

そしてー
しばらくすると、
美奈津は周囲を見渡した。

「こ、、ここは…? 
 …え……あ…あれれ?」
美奈津は周囲を見渡したり
自分の身体を見つめたりする。

「--アレン?リチャード?」
美奈津がキョロキョロと周囲を見渡す。

やがて、耳につけている何かから声が聞こえてきた。

”姫!姫!?”

「---ア、アレン!?
 な、なんだか、わたし、見知らぬ場所に」

美奈津がイヤホンを通じて
”ゲーム内のキャラ”と会話している。

”姫様!?ご無事ですか”

「--あ、うん、だ、大丈夫…
 でも、ダークネスの地にこんな場所が
 あるだなんて…」

美奈津は窓の外を見渡しながら呟いた。

「なんか、水が空から落ちてきてますわ」
美奈津が不思議そうに呟く。

”ひ、姫様…
 い、一体、そこは、どこなんです?”

イヤホンの中から声が聞こえる。

「わ、、分からないわ…」

それだけ言うと、美奈津はイヤホンを外して
立ち上がったー

「---ここは、、どこ…?」
美奈津は、不思議そうに首をかしげた。

美奈津はー
ゲームのキャラに憑依されてしまった。
美奈津が嫌っていた、ゲームのヒロインに…。

・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

彼氏の良一郎は
首をかしげていた。

美奈津が学校を無断欠席したのだ。

「美奈津が学校を休みなんて珍しいなぁ…
 連絡もないみたいだし」

良一郎は少し心配になりながら
放課後、ゲームを回収するついでに
美奈津の様子を見に行くか、と
心に決めていた。

一応、LINEを送ってみたものの、
美奈津からは返事がない。
既読は昼ごろについたのだが、
反応がないのだ。

「--やっぱ、何かヘンだな…」

不安になりながらも、
ようやくその日の下校時間を迎えた
良一郎は、美奈津の家へと向かった。

「--あ、幸崎です」
玄関先でインターホンに出た母親に告げる。

母親が家から出てくると
少し困ったような表情を浮かべていた。

「…何か、あったんですか?」
良一郎が不安そうに尋ねると
「美奈津、昨日からちょっと変で…」
と、母親は答えた。

「変…?」

良一郎は、さらに不安になりながら
”少し、話をしてみます”と告げて
美奈津のいる部屋へと向かった。

「美奈津~?いるんだろ~?
 入るぞ~?」

部屋の中に入ると、
美奈津が「ひっ!?」と怯えた様子で部屋の
隅っこの方に丸まっていた。

「ど、どうしたんだよ?美奈津?」
良一郎が言うと、
美奈津は良一郎の方をじっと見たまま答えた。

「こ…皇帝軍の者ではないのですか?」

とー。

「は?皇帝軍?」
良一郎は首をかしげる。

よく見たら、
昨日置いて行った
”ダークネスファンタジー”のゲームが
起動されたままで
モードセレクト画面のまま放置されている。

昨日、電源を切って帰ったはずだが…。

「--!」
良一郎は、”皇帝軍”という単語を思い出した。

そうだ。
皇帝軍とは
ダークネスファンタジーに登場する敵で、
ファイーナ姫の身体を狙う、
悪党たちだ。

「--あ、、あははははははは!
 美奈津~、何言ってんだよ」
良一郎は美奈津が、ダークネスファンタジーネタを
使って、ドッキリを仕掛けているのだと思った。

学校を休んだ理由はおそらく
ダークネスファンタジーのゲームに
夢中になってしまった、といったところだろう。

良一郎が手を差し伸べる。

「--ち、近寄らないで!」
美奈津が叫んだ。

「--お、おい…ど、どうしたんだよ?」
良一郎は美奈津が演技ではなく
本気で怯えているように感じて、
戸惑いを隠せない。

「こ…ここはどこなのです?」
美奈津が口を開いた。

「は…はぁ?お前の家だろ?」
良一郎が答える。

「わ…私は、昨日まで
 アレンとリチャードと一緒に
 ”封魔の森”にいたはずなのですが…」

美奈津が困り果てた様子で言う。

「--封魔の森?」
良一郎は首をかしげた。

ダークネスファンタジーの序盤に立ち寄る森の名前だ。

「おいおい、いくらなんでも
 ゲームにのめり込みすぎだろ?
 お母さんも心配してたぞ」

良一郎が美奈津にさらに近づくと、
美奈津が咄嗟に良一郎の手を
振り払った。

「触らないで!
 私を連れ去ろうというのなら、
 このファイーナ、全力で戦います」

美奈津がそう叫ぶ。

ファイーナとは、作中のヒロインの名前だ。

「お、、おい、、美奈津…?」
良一郎はさらに戸惑った。

待てー。
美奈津がこんな冗談を言う子じゃない。
まさかとは思うが、
本当にファイーナ姫が…?

いやいや、ありえない。

だが、そうとしか思えないー

「あ…あの…ファイーナ姫…なのか?」
良一郎が、恐る恐る尋ねると、
美奈津は、表情を少しだけゆるめて
頷いた。

「あ、、、あの…?あなたは…?」
美奈津の反応に、
”おいおい、どうなってるんだ?と
思いながら、まずはおかしくなった美奈津を
安心させるために、良一郎は
丁寧に自己紹介するのだった。

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ゲーム内のヒロインに
憑依されてしまった彼女…!

以前一度没にしたネタだったのですが、
今回、やっと書いてみることにしました~

毎日書いているので、たまには
変わった憑依(?)も書いてみようかな~
という感じですネ…!

憑依<ゲームノヒロイン>
憑依空間NEO

コメント

  1. 龍渦 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    面白いねぇ
    普通の女の子に入ってしまったヒロインがすごく好きだなぁ
    慣れないこの世界をどんどん体験する様子とか期待してます

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 面白いねぇ
    > 普通の女の子に入ってしまったヒロインがすごく好きだなぁ
    > 慣れないこの世界をどんどん体験する様子とか期待してます

    コメントありがとうございます~☆
    次回もきっと楽しんで頂けると思います☆

タイトルとURLをコピーしました