<憑依>注文履歴

「人の注文履歴を覗くと、その人生が見えてくるー」

自らを”注文履歴プロファイラー”と名乗る
その男は、憑依能力を持っていたー!

※リクエスト作品デス

--------------------—

安馬 損太(あま ぞんた)は、
ネット通販の注文履歴を覗くことを生きがいとしていたー

2年前、
彼は”憑依能力”を手に入れた。
手に入れるまでの経緯は企業秘密。

その能力を駆使し、彼が始めたことはー
人の身体を乗っ取って犯罪を犯すことでも
エッチなことをすることでも
人生を乗っ取ることでもなかったー。

彼が憑依薬を使って始めたことはー
”人の注文履歴を覗くことー”
だった。

人の身体を憑依能力で乗っ取り、
その人のネット通販の注文履歴を確認し、
その人の全てを理解するー。

損太は言うー

”注文履歴には、その人の人生が描かれている”

とー。

実際、注文履歴からは
色々なことが分かるー。

損太はいつしか、
人の注文履歴を探り、そこから人物像や行動を推測する
”注文履歴プロファイラー”を名乗り、
仕事を辞め、現在では注文履歴を探る人間として
裏社会で名をはせているー。

「----ふふふ♡」

この日もー
彼は、智恵(ちえ)という女性に憑依していたー。

28歳の、人妻だ。

今日、智恵に憑依しているのは
仕事ではない。
損太の個人的な趣味だ。

「むふ…♡」
智恵はイヤらしい笑みを浮かべながら
ネット通販のサイトを開く。

途中だった家事を放り投げて
ソファーで足を組み、
綺麗な脚を見せつけながら
スマホで注文履歴を除いたー。

そこにはー

「--うっ… ふふ♡  
 そういう趣味か」

智恵は呟いた。

男と男が抱き合っているようなDVDだとか
そういうものが多く見受けられたー

また、大人のおもちゃもよく購入しているー。

その中にカレーライスや
お酒などの日用品も混じっているのが
なんともアンバランスで笑わせてくれるー。

「ふ~ん…えっちじゃん!」
智恵はそう呟くと
注文履歴を見ながら
ニヤニヤと笑みを浮かべた。

智恵の身体を乗っ取ったまま
智恵は部屋にあったパソコンを起動し、
妖艶に足を組みながら
自分のアカウントにログインをするー。

パスワードぐらいの記憶であれば
損太はなんとか引き出すことができるー

そしてー
部屋にあったプリンターで注文履歴を印刷して
それを夫の部屋と思われる場所に貼りだした。

「くふふ…わたしの秘密…
 丸見え♡」

智恵はそう呟くと、パソコンの電源を切り、
にっこりとほほ笑んだー

損太は、憑依して
履歴を見て、
ちょっとしたイタズラをして
憑依から抜け出すという”遊び”を繰り返しているー。

憑依される側にとっては
とんでもないことだったが、
損太にとっては”ただの遊び”だった。

そう、テレビ番組を見るような
軽い気持ちで、イタズラを繰り返している。

「さ、次にいこ~っと!」
智恵は嬉しそうに叫ぶと、
「あ…」と声をあげて、
そのまま糸が切れたように
その場に倒れたー

損太は早速次に向かうー。

智恵がどうなってしまうのかは知らないが、
損太に結果を見る趣味はないー。

「--うん、それでね、明日なんだけど、
 わたしが先に、うぁっ!?」

彼氏と電話している最中の
女子高生に憑依した損太。

憑依された女子高生・萌奈(もな)は
突然変な声を出して
スマホをその場に落とした。

「ん…ふ、、ふふふふ…憑依完了~
 可愛い子だな~」

部屋にあった姿見を見つめて微笑む萌奈。

電話口で彼氏が何か言っていたが
そんなことは関係ない。

憑依された萌奈は通話を終了して
そのままニヤニヤしながら
大手ネットショップの”注文履歴”を開いたー。

「んふふふ~♡
 わたし、何を買ってるのかな~」

嬉しそうに注文履歴を眺める萌奈ー。

「ふんふんふん~
 なるほど~♡」
萌奈は注文履歴をひとつひとつ
見つめて行くー。

ごく普通のものしか買っていない。
年頃の女子高生、という感じのものだろうかー。

「----」
萌奈は最後まで注文履歴を見終えると呟いた。

「な~んだ!つまんな~い!」

無差別に憑依している損太ー。
”人に見せられないようなもの”を購入している人もいれば
萌奈のように、特に何も見せられないようなものを
購入している感じはしない子もいるー。

「--ま、いっか、
 よいしょっと」

萌奈はニコニコしながら
ネットショップで勝手に
過激な衣装を注文すると、
そのままスマホを放り投げた。

「--は~い!つまんない!
 次いこ~っと」

壁に叩きつけられたスマホが
音を立てて落下する。

そして、萌奈は
うすら笑みを浮かべたまま
その場に倒れたー

損太は、次の憑依先を探しに、
萌奈から抜け出したのだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・

「---すー…」

穏やかに昼寝をしている
女子大生・美姫ー。

久しぶりの休日で、
疲れていた美姫は
一人暮らしの自宅で
眠っていたー

「---んあっ…」
穏やかな寝息を立てていた
美姫が突然ビクンとなって
声を上げるー

「---くふ…お邪魔しますぅ~」
今まで眠っていた美姫が
笑みを浮かべながら立ち上がる。

キャミソール姿の美姫は
一直線にスマホの方を目指すと、
早速”注文履歴”を確認し始めたー

「ふひっ…♡」
美姫は思わず笑みを浮かべた。

「きたきたきたきたぁ~!」
美姫は狂ったように声を上げるー。

美姫の姿を鏡で見つめる。
とても大人しそうで清楚な雰囲気の
女性だー。
机の上に眼鏡が置いてあること、
そして視界が悪い事から
眼鏡っ娘であることも分かるー

だがー
注文履歴にはー

チャイナドレスや
SM衣装、
ゴスロリ衣装や
バニーガールの衣装など、
過激な衣装が並んでいた。

「くふふふふ… この女、
 コスプレ趣味でもあるのかな~うひひ」

美姫は部屋の中を探し回るー。

すると、目につきにくい場所に
綺麗に整理された
過激な衣装の数々が見つかった。

「んひひひひ~♡
 これだから注文履歴漁りは辞められねぇ~
 きひひひひひひひ!」
美姫が狂ったように笑いながら
その服を身に着けていくー。

そしてー
スマホで過激な衣装を身に着けた自分を撮影した。

美姫は自分のツイッターの画面を開く。
ログインしたままだったのか
パスワードの入力画面は表示されない。

普段の美姫のツイートは
やはり大人しい感じだった。

「そうかそうか
 隠れてコスプレを楽しんでるんだな~?」
美姫は自分の顔をツンツンと押すと、
そのまま自撮りした
過激な格好の写真を
ツイートした。

”どう?”とだけ言葉を添えてー

すぐに反応があったー。
友達が驚いている様子だ。

「んふふふふふふふ~♡
 もっともっと見せてあげる~」

美姫は、SM衣装からチャイナドレスに着替えて
写真を撮って再びそれをツイートする。

さらに次の服に着替えてー

美姫は部屋が滅茶苦茶になるまで
自撮りを繰り返しては
それをツイッターに投稿した。

「---うふふふふふふふふ~♡
 あははははははh…」

最後はー
笑い声をあげたまま
突然電源をオフにされたロボットかのように
バニーガール姿のまま、美姫はその場に崩れ落ちた。

損太は笑みを浮かべる。

「さ~て!つぎだ!」

損太は、次々とターゲットを
見つけては、憑依を続けている。

大体、1日に10人以上の
身体を乗っ取っては注文履歴を
確認し、楽しんでいるー。

”おしゃれになんて興味ないから”と
豪語しているボーイッシュな女子大生に憑依した損太は
注文履歴を見つめて微笑む。

そこにはー
女子力全開のものが並んでいた。

「お~お~、
 女子力全開じゃないか~」

ボーイッシュな女子大生はニヤニヤと笑う。
本当は可愛くありたい、ということだろうかー。

「ま、それ以外に面白いものはねぇな」
そう呟くと、特に何もせず、そのまま
その身体から抜け出すー。

次に憑依したのは、
現役のキャバクラ嬢ー。
何か面白いものが出てくるかと期待したが、
ごく普通のものしか購入していなくて
詰まらなかったので、なんとなくその身体で
エッチなことをして、離脱したー。

次は、40代のキャリアウーマン。
健康食品と、お墓関係の本ばかりで
特に面白いものはなかったー。

さらに続いて学校の若い女教師に
憑依したー。

「これはやべぇな…」
ショタ趣味でもあるのだろうか。
注文履歴を見て、
”いつかこの女教師、何かしそうだな”と
呟きながら、”私はショタです”と身体に
マジックで刻んでからその身体から離脱したー

「さて…そろそろ今日も終わりにするか」

さすがに疲れてきた。
次の身体で注文履歴覗きを
今日は終わりにしようと思いながら
損太が次にターゲットに定めたのは
子供2人と、夫がいる、
幸せそうな家庭ー。

20代後半か30代前半の
穏やかそうな母親に憑依した。

「---ふっぁっ?」

優しそうな母親・薫(かおる)が
苦しそうに声を上げた。

だがー
家族は誰も気づかなかった。

もう夕方だから子供たちも家に帰ってきている。

「---さーてと」
薫はカレーを作っている最中だった。

薫はカレーを作るのをやめて、
そのまま、家族の見ていない場所に向かう。

「んっふふふ~♡
 さぁ、秘密を見せてもらうよ~」

薫はニヤニヤしながら
ネットショップの注文履歴を開くー。

すると、そこにはー
信じられないものが
写しだされていたー

「うっほ!」
思わず薫は笑みを浮かべてしまったー

劇薬や、
ナイフや包丁、
危険なものが注文履歴に並んでいるー

そしてー
薫のスマホには
浮気相手とのLINEや
夫への不満をつづったツイッター、
ネットの閲覧履歴には
人を手にかける方法まで
刻まれていたー

「--あ、もう、あるじゃん!
 うひひひ、悪い女だな~!」

薫は部屋にあった劇薬を見つける。

これを、どうするつもりだったのだろうかー。

「--あ~…」
薫の裏垢には
”明日が勝負”だとか
”わたしを満足させられない夫と、
 夫の子供をこの世から消しま~す!”と
書かれていた。

それを見た薫は立ち上がった。
劇薬やナイフ、法律上グレーなものまで
そういったものを鞄に詰め込むと
薫は作りかけのカレーをそのままにして、
外へと歩いていく。

「--どこへ行くんだ?」
それに気づいた夫が声をかけた。

薫は振り返って笑みを浮かべた。

「--人助け」

と。

損太は人に憑依して
悪い事をすることもあるが
気まぐれで人を助けることもあるー

そう、今回のようにー

薫は、警察署の前までやってくると
にっこりと笑みを浮かべた。

「わたしは悪い女だから、
 自首しちゃいま~す!
 うふっ♡」

そう言うと、薫は警察署に入っていき、
自らしようとしていたことを
自白するのだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安馬 損太は、
今日のおたのしみを終えて
自宅へと戻ったー。

「くく…今日もなかなかのメニューだったな」

注文履歴を覗くことは、
人の人生を覗くことであると
損太は思っている。

注文履歴からは
多くのことを覗くことができるー。

損太のスマホに着信が入る

「はいー。」
損太が電話に出ると
電話の向こうの、低い声の男が言った。

”ひとり、調べてほしいやつがいるー”

とー。

「---分かりました。
 この注文履歴プロファイラーにお任せ下さいー」

損太はニヤリと笑いながら
電話を切った。

今日の仕事のはじまりだー。

そう呟くと、
損太は、”依頼をこなすため”に
また誰かへと憑依しに向かうのだったー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

大手ネットショップの注文履歴を
題材とした憑依モノでした☆!

注文履歴を題材に1本書いてほしい、との
ことだったので、こんな感じで笑

お読み下さりありがとうございました~☆

小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました