192万アクセス記念短編!「あるみかん」

憑依空間が190万アクセスに到達しました!
とっても嬉しいデス!
ありがとうございます~☆

今後も頑張りますのでよろしくお願いします~

今回は久しぶりに記念短編を用意しました!

※ツイッターのフォロワー様
あるみかん様(@Al_kan_031)のゲスト出演小説デス!

-------------------------

あるところに、美味しそうなコーラの缶が置かれていたー。

誰が、何のために、そこに置いたのかー
あるいは、突然現れたのか。

それは、誰にも分からない。

しかし、その缶は、人を引き付ける魔力を持っていたー。

”あるみかん”
と呼ばれる、謎の存在ー。

憑依界では、その存在は伝説のように語られていたー。

誰かに飲まれるのをじっと待ち構えて、
自分を飲んだ人間の身体を奪い、
その身体を貪りつくし、身体が壊れるまで、
使い尽くすー。

そしてまた、身体を失うと、
缶の姿に戻り、
誰かに飲まれるまで、待つー。

それが、”あるみかん”だー。

ある日ー

下校中の女子高生2人が
楽しそうに談笑していた。

「ねぇねぇ、美冬~!あれなんだろう?」
そのうちの一人、
ショートヘアーの子が
あるものを見つけて指を指すー。

それは、道端に置かれている
珍しいデザインのコーラの缶だった。

「--誰かが忘れて行ったんじゃない?」
綺麗な長い黒髪が特徴的な美冬は、
そのコーラの缶の方を見つめる。

近づく2人ー。

「でもさ、こんなコーラ見たことないよ」
ショートへアーの子が言うと、
美冬も、そのコーラを見つめながら呟いた。

「確かに…見ないデザインね」

そこに置かれていた缶ジュースは
確かにコーラのようなデザインに見えるー

が、二人とも、見たことのないデザインで
どことなく不気味さが漂っていた。

「--なんか開けられてすらいないし、
 ちょっと不気味~」

ショートへアーの子が笑いながら言う。

美冬はじっとその缶の方を見つめている。

「-----」

さっきまで笑みを浮かべていた美冬は、
まるでその缶に誘惑されているかのように、
真剣な表情で、その缶を見つめていたー

「美冬…どうしたの?」
異変に気付いたショートへアーの友達が
美冬に声をかける。

しかし、美冬の目は、謎のコーラを見つめたまま
友達の方を見ようともしない。

「ねぇ…美冬?」
ショートへアーの友達が不思議そうに
美冬を覗き込む。

まるでー
操られているかのように美冬は
コーラの缶を凝視している。

そしてー
美冬はその缶を手にした。

「ちょ…ちょっと、やめなよ!」
ショートへアーの友達が慌てて叫ぶ。

缶のタブを躊躇なく開ける美冬。

美冬は、缶の発する不思議な魔力に
魅せられてしまっていたー。

「----」

「---だ、、だめ!」

道端に置かれていた不気味なコーラを
飲もうとする美冬を止めようとしたー

しかしー

美冬は、乱暴に、友達を突き飛ばした。

”邪魔をするなー”

と言わんばかりにー

美冬はコーラを嬉しそうに全て飲み干したー

そしてー
その空き缶になった缶を投げ捨てるー

「あ…あ…ああああ…」

美冬が身体を震わせ始めたー。

中身が空っぽになった空き缶が
音を立てて、地面を転がって行くー

「--…だ、、大丈夫?」

ショートへアーの友達が尋ねるが、
美冬は苦しそうに喉のあたりを
抑えたままだー。

「--き、、救急車…呼ぶ…?」

心配そうに言う友達。

どうしていいか、分からないー。

美冬はなおも返事をせずに、
喉のあたりを抑えたまま
震えているー。

「ーーい、、今、救急車呼ぶから…」

たまらずショートへアーの友達が救急車を呼ぼうとした
その時だったー。

突然、美冬が口を開く。

「呼ばなくていいから!」

とー。

「--え…で、でも?」

困惑する友人を見ながら
美冬はにやりと笑みを浮かべた。

「わたしは…元気よ…
 ふふふふ…
 こ~んないい身体が手に入ったし…」

美冬はイヤらしい笑みを浮かべながら
自分の身体をベタベタと触っているー

その様子を見た友達は、
ちょっと引き気味に呟いた。

「--ちょ、、だ、、だいじょうぶ…?
 落ちてるコーラ急に飲み干したり
 震えたり、そんなベタベタ触ったり…
 ちょっと、今日の美冬、変だよ…?」

友達のその言葉を聞いて
美冬は微笑んだ。

「ふふふふ…そうかもね…♡」

とー。

しばらくして、いつものように
家に向かって歩き出すふたりー。

ショートへアーの子の背後を歩く美冬はー
イヤらしい笑みを浮かべながら
片手をスカートの中に突っ込み、
軽く喘いでいたー

既に、美冬のスカートの中は
ぐしょぐしょになっていたー

缶の中に潜んでいた”あるみかん”と呼ばれる
謎の存在に、美冬は
憑依されてしまったのだったー

彼女は今日ー
生まれ変わったのだー

欲望に満ちた獣のような存在にー

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ツイッターのフォロワー様「あるみかん」様を
題材とした小説でした!

飲み物を飲んで乗っ取られる~という
定番のネタですネ!

お読み下さりありがとうございます☆

今日はこのあと、いつも通りの更新もします~

小説
憑依空間NEO

コメント

  1. あるみかん より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    無事、美冬になりました笑

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 無事、美冬になりました笑

    おめでとうございます!笑

タイトルとURLをコピーしました