<憑依>女沼~OLの嫉妬~②”暴走”

4人のOLは
”表向き”仲良しだったー。

しかし、憑依薬によって、ギリギリで保たれていた
均衡(バランス)は崩れ去るー。

--------------------—-

社内が騒然としたー。

愛那が”わたしを抱いて”と突然叫んだのだ。

「--うふふふふ♡
 わたし~性欲を抑えられないんですぅ~!」

愛那が、イケメン社員・浩二の元へと迫って行く。

その表情は、飢えた雌のように、
歪んでいたー

愛那に憑依した松子は、
愛那に恥をかかせてやろうと思って
浩二に迫るー

はずだったが、イケメンの浩二に迫るー
そのことに、自分自身も興奮してしまっていた。

「--ふ、藤崎さん?」
突然豹変した愛那を前に驚く浩二。

「--うふふふ~!わたしが欲しい?」
愛那がニヤニヤしながら言う。

既に35の松子は、
浩二には、相手にされないだろう。

だが、まだ若い愛那なら。

「--ま、待て!落ち着くんだ!」
浩二が叫ぶ。

そんな浩二の叫び声を無視して、
愛那は浩二に抱き着いた。

周囲の社員が声をあげる。

勤務時間中に、突然愛那が浩二に抱き着いた。
驚くのも、しかたがない。

騒然とした様子の職場ー

三澤部長がたまらず立ち上がる。

「そこ!仕事中にそういうのは困るよ!」

がー、
ざわざわしていた室内ー
周囲のざわついた声に三澤部長の声は
かき消されてしまった。

「----あらら」
優季がその様子を見ながら呟く。

「あのババア…愛那ちゃんに憑依したのね」
優季は、”自業自得ね”と愛那のことをあざ笑う。

愛那は、誰にでも媚を売る性格で、
それが鼻につくところもあった。

優季も、残った憑依薬で愛那にも恥を
かかせてやろうと思ったぐらいだ。

「----…」
眼鏡の位置を直すと、智里が
憑依されている愛那の方を見る。

「--ちょっと、面白そうかも」
智里が不気味に微笑んだー。

「--せんぱい!先輩!わたしと、わたしとキスをしてぇ!」
愛那が叫ぶ。

はぁ♡ はぁ♡ はぁ♡と甘い声を出しながら
浩二を押し倒した愛那は、
浩二にキスをしようとする。

浩二はもがいていたー。

愛那は確かに可愛いー

だが、正直、媚を売るような性格の子を
好きになることはできない

「は…離せ!」
浩二が叫ぶ。

「--なんでよ~!いいじゃない~!
 わたし、我慢できな~~い!」

愛那が服を脱ぎ始める。

「ほら!抱いて!抱いて!抱いて!!抱いて!
 わたし、欲求不満なの~!」

愛那が普段出さないようなエッチな声で
叫ぶと、浩二は愛那を無理やり押し飛ばした。

「きゃっ!?」
思わず声をあげる愛那。

「---この、変態女!」
浩二はそれだけ叫ぶと、
足早に休憩室の方に走り去ってしまった。

”変態女”

そう言われた愛那はー

いやーー、
”愛那の中にいる松子”はー
激しい怒りを感じた。

唖然とする周囲を無視して
愛那は叫んだ

「わたしをバカにして!!!」

そして、愛那はそのままその場に倒れるのだったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「---え…」

愛那が目を覚ました時には、
周囲はざわついていた。

「---わ、、わたし…」
脱ぎかけた服を見て、愛那は戸惑う。

「---藤崎さん」
三澤部長が近づいてきて呟く。

その目には”失望”の色が浮かび上がっている。

「--え、、わ、、わたし?」
愛那は、何が起きたのか分からず、
周囲を見渡す。

「---」
優季や智里、松子と目が合う。

「---ま、、まさか…」
愛那は、”自分が憑依されたのではないか”という
最悪のシナリオを頭に浮かべた。

「---え、、ちょ…あ、、あの、わたしは…」

「--今日は、もう帰りなさい」

三澤部長のその一言と、
周囲の冷ややかな視線。

愛那は泣きそうになりながら
職場から立ち去ったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜ー

眼鏡をかけたOLが、
仕事を終えて、お手洗いに入る。

「---憑依薬」

智里は、それを握りしめて笑みを浮かべた。

最初は、使うつもlりはなかった。

けれどー。
憑依された松子や、愛那を見ていたら
気が変わったー。

自分は他の3人とは違う。
優秀で、美人で、何でもできる。

智里は、
3人の醜い争いを見ることで
優越感に浸るのが何よりも大好きだったー。

「--ちょっと、イタズラしちゃおうかな」
智里が憑依薬を見つめながら微笑むー。

憑依するなら、
松子か、優季か、それとも愛那かー。

ガチャ

「--!」
トイレの扉が開いたのに気付いた智里は、
慌てて憑依薬の入った容器を
ポケットにしまい、
洗面台で手を洗いはじめたー

”明日、誰に憑依しようかなー”と
考えながらー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌朝。

愛那は周囲から冷たい目で見られて
落ち込んでいたー

三澤部長に謝ろうー
そう思ったものの、
三澤部長は今日から出張で不在だし、
謝る相手もいない。

「--だいじょうぶ?愛那ちゃん」
松子が愛奈に声をかける。

「あ…先輩…!はい、、なんとか」
愛那は落ち込んだ様子で答えた。

いつもの媚を売るような雰囲気は
そこにはない。

松子は、そんな愛那を見つめながら、
静かに微笑む。

「---まぁ、誰にでも、
 そういうことはあるから、ね?」
松子の言葉に、愛那は元気なく「はい…」と答えて、
落ち込んだ様子で仕事をし始めた。

松子は笑うー
愛那をこらしめてやったー。

次はーーー

涼しい顔で、仕事をしている優季の後姿を見つめる。

「あんたの番よー」

優季の方を見て、松子は笑った。

最年長の松子ー。
自分より年下の優季が表彰されるなんて許せない。
それに、この前は、優季に憑依されて恥をかいたー。

「徹底的に、やってやるわよ」
松子が呟く。

そういえばー、と
ふと松子は思う。

”憑依したまま自殺したらどうなるのか”

松子は、さらに”越えてはならない一線”を超えようとしていたー。

お手洗いに入る松子。
憑依している間、身体は抜け殻になってしまうから
隠さなくてはいけない。
そういった意味では、お手洗いの個室は最適だった。

恐らく、優季も、この個室を使っていたに違いない。

ガチャ

「---!?」

優季に憑依しようとして、憑依薬を飲み干そうとした
松子の後に、誰かがお手洗いに入ってきた。

松子はドキッとする。

このまま個室に入るべきか。
いや、万が一、疑われたら…。

松子は振り返って、
いつも通りの笑みを浮かべたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼休み。

「--今日は2人だけですね」
最年少の愛那が言う。

今日の愛那は大人しい。
昨日、松子に憑依されて、
イケメン男子社員の浩二に迫ってしまったから
形見が狭いのだろう。

「--そうね」
優季が微笑む。

優季も、愛那の媚を売るような態度を
面白くは思っていない。

だから、昨日のことは
とても、愉快な光景ではあった。

しかしー
とは言え、優季は社会人だ。

表向きは、これまでも、これからも
愛那と仲良くしていくつもりだった。

「--あ、、、あの…昨日のことは」
愛那が顔を赤くして言う。

「---わかってるわ。憑依されてたんでしょ?」
優季が、サラダを食べながら言うと、
愛那は、食べていたカレーライスの手を止めて
目に涙を浮かべる。

身体をがくがくと震わせている。

「-わたし…憑依なんて、、端道先輩の
 冗談だと思ってたんです…
 でも…でも…」

愛那は、自分が憑依されて、
”憑依されること”に対して恐怖を抱いてしまっていた。

この上ない、恐怖を。

「--わ、、、わたし…」
愛那は、その場で泣きじゃくってしまう。

優季は思うー
確かにこのままではエスカレートしかねない。
他の3人のことは気に入らない。

けれどー
このままエスカレートすれば、
4人揃って共倒れすることになってしまうかもしれない。

人の身体を奪うー、ということは
人間を無責任にしかねない。
”どうせ自分の身体じゃないから”とー。

優季だって、そうだった。
最年長の松子の身体を奪った際に、
”どうにでもなってしまえ”と思った。

このままでは、
越えてはならない一線を越えてしまう。

「---愛那ちゃん」
優季が泣いている愛那の肩を掴んだ。

「--端道さんに、わたしから話してみる。
 智里ちゃんにも。
 憑依薬…みんなで捨てよう」

優季はそう言って微笑んだ。

心からの言葉ー
憑依薬を4人揃って廃棄すればー
また、元通りの関係に戻れるー

表向きは仲良しな4人組にー。

手早く食事を終えると、
優季は愛那を残して、
部屋へと戻る。

まだ昼休みの時間はある。

松子は、ワガママな性格だが、
なんとか説得して、憑依薬を処分させよう。

松子が自分の所属する部署の部屋に
戻ると、人だかりが出来ていた。

「んあぁっ♡ あぁっ♡」

甘い声が奥から聞こえる。

「あぁ♡ あっ♡ あっ♡ んぁっ♡」

ーー!?

優季が、同僚たちの人だかりを突破すると、
その先にはー

部屋の隅に全裸で座り込み、
ペンをアソコに突っ込んで、液体を垂れ流した
松子の姿があった。

35歳ながら
その身体は美しかった

「は、、端道さん?」
優季が唖然としながら叫ぶ。

お腹の部分に汚い字で
”わたしはへんたいで~す☆”と
ペンで書かれていた。

肩や胸にもいろいろな落書きがされている。

参上!

変態戦車!

いっぱい喘いじゃいま~す!

おかしな言葉がたくさん刻まれている。

胸には♡マークが大量に刻まれていた。

「んぁぁ♡あ」

何度もイッたのか、松子の周りは
汚れきっていた。

それでも松子は身体をビクンビクンしながら、
あひぃ!と声をあげて、
完全にイッている表情で、気持ちよさそうな声をあげた

「こ…これ…は」

優季が唖然としていると、
松子は「う…」と言って、
だらしない姿のまま、その場で気を失った。

「----お、、、おい!」
他の社員たちが言う。

あまりの出来事に唖然とする社員たち。

松子に服を被せて、
松子が気絶したため、救急車を呼ぶ社員たちー。

あまりの出来事に、優季は言葉を失った。

「どうしたんです?」
休憩で外に出ていた智里が戻ってくる。

眼鏡をかけ直しながら
のんきに戻ってきた智里は、
驚きの表情を浮かべたー。

「-ーー先輩?」
カレーライスを食べていた愛那も戻ってきたー

そこにはー
乱れきった松子が、ピクピクしながら倒れているー

智里も愛那も唖然とするー

優季は2人を見つめる。

松子が持ち込んだ憑依薬は”わたしたち4人”しか
知らないはずー

優季はそう思いながら愛那と智里を見つめる。

”どっちかが、やったってこと?”

優季は、ついに不安が現実となってしまったことを
後悔しながら、救急隊員に運ばれていく松子を
見つめることしかできなかったー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日ー

さらに衝撃が走った。

「--おい!」
他の男性社員が叫ぶ。

「出張中だった、三澤部長が変死体になって
 発見されたらしいぞ!」

男性社員の言葉に、優季は恐怖した。

三澤部長は、時に厳しい人間であったことから、
部下の一部からは嫌われていた。

愛那か智里が三澤部長に憑依して、
自殺させた可能性ー。

優季は、すぐにその可能性に辿り着く。

「--ちょっとちょっと…」
優季は思わずつぶやく。

憑依なら、誰にもばれずに
松子や三澤部長のように、人生を破壊できるー

「ーーーやりすぎよ」
優季は呟く。

確かに、彼女たちは裏で陰険な争いを繰り広げてきた。

けれどー
ここまでするなんてー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お手洗いー。

愛那が落ち込んだ様子で鏡を見つめていた。

自分が憑依された時のことー
昨日の松子の暴走ー

それが、トラウマになっていた。

「---うぅ…」
愛那がため息をついて、お手洗いから
出ようとすると、そこに眼鏡をかけた智里が入ってきた。

「あ、先輩…」
仲良し4人組の中では2番目に年下の智里。

智里はいつものように優しく微笑みー

そしてーーー

「---!?」
智里がいきなり抱き着いて、キスをしてきた。

「え…あっ?」
愛那が驚く。

「--やっぱ、若いっていいわよね」
智里がニヤニヤしながら言う。

「--愛那ちゃんの味、味わいたいなぁ」
智里が笑う。

「---え…や、、やめ…」

クチュクチュとお手洗いに音が響き渡る。

「--んふぅ~…ほら、口を開きなさいよ」
智里がイライラした様子で言う。

「---や、、やだ…やめて!
 先輩も、、ひょ、、憑依されてるんですか!」
愛那が叫ぶー

智里はこんなことをする女性ではないー

陰険なことをしているのは知っているが、
智里は、表向き、こんなおかしなことを
する女性ではないー。

「(優季先輩?それとも松子先輩??)」
愛那は必死に頭の中で色々な可能性を考えた。

「--ふふふ~!愛那ちゃんのおっぱい~!」
智里が涎を垂らしながら、愛那の胸を揉み始める。

「んぁぁぁ♡ やめ、、やめてくだはいぃぃx~♡」
声にならない声を出す愛那。

智里は狂った目つきで、愛那に激しいキスを
お見舞いして、「んっん~♡」と声をあげた。

「-----」
智里が笑みを浮かべながら、愛那に何か耳打ちをしたー

「---ひっ!?」
愛那は、衝撃の言葉に、恐怖したーー

しかし、もう、
既に、手遅れだったー

③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

女性同士の陰険な争いはよくあること…
なのですが、憑依薬が加わって
エスカレートしてしまったようデス…!

結末は明日のお楽しみです~!

PR
憑依<女沼>
憑依空間NEO

コメント

  1. 飛龍 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    よくあることなんですか!? こわい……
    とうとう死人まで出てとんでもないことになってますね
    智里に憑依してるのは他の2人のどちらかなのか、それとも……
    結末が気になります!

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > よくあることなんですか!? こわい……
    > とうとう死人まで出てとんでもないことになってますね
    > 智里に憑依してるのは他の2人のどちらかなのか、それとも……
    > 結末が気になります!

    ありがとうございます~!
    本人の前ではにこにこしているけれど、
    本人が立ち去った直後に「うざ~い!」みたいなことは
    よくあります(笑

タイトルとURLをコピーしました