<入れ替わり>ストーカーはお姉ちゃん②~姉の愛~

姉の中にストーカー男がいる…

そのことに気付かない妹。
絵梨香になったストーカーは、
姉として、妹に接近していく…。

-------------------------—

「--はぁ…♡ はぁ…♡
 もえみ…♡ もえみ…♡ もえみ♡」

姉の絵梨香はシャワーを浴びながら
妹の名前を連呼していたー

身体からは、イヤらしい液体が流れている。

「はぁぁっぁぁ♡
 かわいい…♡ かわいい…♡」

女の身体になったことにも少なからず
興奮はしていたが、
それ以上に、萌美の姉になれたという事実が
絵梨香の中に居る和馬を興奮させていた。

「も…え…みぃ♡ はぁはぁはぁはぁはぁはぁ♡」
胸を触りながら、萌美の姿を浮かべて、
絵梨香は甘い声で喘ぐのだった…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お風呂から上がった絵梨香は、
萌美の部屋へと入る。

「あ、お姉ちゃん!」
萌美が嬉しそうに絵梨香の方を見た。

「--(あぁ…そんな顔で僕を見ないで…)」

絵梨香が顔を赤らめながら
萌美の方に近づいていく。

そして、萌美の背後から、萌美を
優しく抱きしめた。

「--萌美…
 これからは何があってもわたしがあなたを守るからね…」

突然のことに萌美は少し驚きながらも
「あ、、う、、うん!お姉ちゃん!ありがとう」
と微笑んだ。

「髪の毛…サラサラしてて綺麗~」
思わず妹の髪を触りだしてしまう絵梨香。

「~~ペロリ」

「--お、お姉ちゃん?」

絵梨香が萌美の髪の毛を舐めた。

萌美はさすがに違和感を感じて
振り返ると、
絵梨香が「ごめんごめん」と苦笑いしながら
萌美から離れた。

「--あ、、、え、と、そうだ!
 わたしもお風呂に入って来るね!」

そう言うと、萌美は部屋から出て行った。

「はぁぁぁぁああ…髪の毛の味ぃぃぃ…」
絵梨香は、狂った目つきで、萌美の部屋を
見回す。

「--ふひっ」
笑みを浮かべると、萌美の部屋の洋服ダンスをいじりだした。

「んあぁあああ!萌美ちゃんの洋服だぁぁぁああ!」
絵梨香はそう叫ぶと、狂ったように洋服のニオイを
嗅ぎ始めた。

「んんんんんん~~~!んんんんんんん~~~♡」
妹の服のニオイを嗅いで顔を真っ赤にしている絵梨香。
どう見ても変態だ。

「はぁ…はぁ…」

洋服を荒らしながら、絵梨香はさらに
部屋を見回す。

「---あぁぁぁ~!」
萌美の使っているリコーダーを見つけると、
絵梨香はそのリコーダーを取り出し、口に咥えた。

「あぁん♡萌美ちゃんと、、萌美と間接キス・・
 はぁ♡はぁはぁはぁ♡」

クチュクチュとリコーダーをしゃぶる絵梨香。

その表情は優しいお姉ちゃんではなく、
ストーカー男そのものだった。

いやらしい音と音程の外れたリコーダーの音が部屋に響き渡る。

「はぁ…♡ はぁ…♡ はぁ…♡」
唾液が床に落ちる。

それでも絵梨香は夢中で萌美のリコーダーを
舐めつづけた。

「んはぁぁあ…♡ おいしい…♡ 萌美の…♡ あぁぁ♡」
萌美のリコーダーが、絵梨香の唾液だらけになっていく。

手にまで唾液が零れ落ちた頃に、ようやく飽きて、リコーダーをしまう。

萌美の部屋のあちこちのニオイを嗅いで回る絵梨香。

そしてー

「そろそろお風呂から出てくるかなぁ~」
そう呟くと、萌美の洋服をいくつか勝手に持ち出して、
絵梨香は自分の部屋へと戻って行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ーーーーーーこ…これは…」

和馬になってしまった姉の絵梨香は、
和馬の記憶が少しだけ読み取れることに気付き、
和馬の家を訪れていた。

ボロアパートの一室。
そこに和馬の部屋はあった。

そしてー
和馬の部屋に入った絵梨香は唖然としたー。

「---な…なにこれ…」

部屋中に貼られた萌美の写真ー

盗撮された写真だった。

萌美の登下校中の姿ー
プライベートの姿ー

写真の数は、数百はある。
もしかしたら、1000を超えているかもしれない。

さらに、机には
”もえみちゃんのかんさつにっき”と書かれたノートが
置かれている。

毎日、萌美のことを観察して、
絵日記にしていたようだー
絵はとても下手で、文章も小学生レベルだが、
異様さが伝わってきた。

「---やっぱり…
 やっぱり、なんとかしなくちゃ…!」

和馬の中にいる絵梨香は、
なんとか萌美にこのことを伝えないといけない、と
そう思ったー

だがー
自分が和馬の記憶を少し引き出せるように、
和馬の方も、絵梨香としての記憶を、一部引き出すことが
できているはずー。

だから、ただ単に”入れ替えられてしまった”と言っても無駄…。

もしも萌美に接触するなら、
なんとか、”絵梨香”に見つからないように、
妹の萌美と接触しなくちゃいけない…

和馬の中にいる絵梨香はそう考えて、
作戦を練り始めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

「------」
萌美は、姉の絵梨香の視線を感じていた。

何だか、舐めまわすように見つめられている気がする。

「--ど、、どうかした?お姉ちゃん?」
あまりにずっと見つめられている気がして、
萌美が絵梨香に声をかける。

「--ううん、萌美は今日もカワイイなって!」
絵梨香が微笑む。

「え、、あ、、ありがと…」
萌美が苦笑いしながら言う。

昨日から何か変だ…。
萌美はそう思いはじめていた。

なんだか…

萌美は一瞬”変な考え”が頭によぎったが
それを振り払った。

昨日ー
お風呂から出てきた後、萌美は部屋の異変に気付いた。

一見、綺麗に片付いているように見えたがー、
少し、変だった。

そしてー
リコーダーに、謎の唾液がついていたー。

「---…」
萌美は”得体のしれない何か”を感じながらも
学校へと向かう。

「--あ、わたしも行く!」
いつも、高校の位置の都合上、萌美の方が
早く家を出るのだが、何故か絵梨香も一緒に家を出てきた。

「---なかよし~!」
絵梨香が突然、手をつないでくる。

「--ちょ、お姉ちゃん!」
萌美が言うと、
絵梨香は「いいじゃない!わたしたち姉妹なんだから!」と微笑む。

手をすりすり触るようにして、
ずっと握りしめている姉。

「---こうして2人で歩くって、なんだか興奮しちゃうね!」
絵梨香の言葉に、
萌美の違和感は、さらに強まって行ったー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後。

絵梨香は記憶を頼りに学校での生活を終えると、
そのまま家に帰らず、妹が通う高校の付近にまで移動した。

「---あふふふふふ…萌美…ま~だかな!」

”いつもの公園”で妹を待ち伏せする姉。
汚らしい女子トイレの中で、絵梨香は
興奮を抑えきれずに、自分の胸を触りながら
喘いでいた。

「あぁ♡ わたしはお姉ちゃん♡
 萌美ちゃんの♡ お姉ちゃん♡
 あぁぁああ…もえもえもえもえもえもえもえもえもえもえも~」

胸を狂ったように触りながら、
スカートの中の下着が興奮で濡れていくー。

「---あ…もえみ~!」
トイレの出入り口から萌美の姿が見えた。

絵梨香は嬉しさのあまりスキップしながら
萌美の方に近づいていく。

「--お、、お姉ちゃん!?」
スキップしながらこちらに向かってくる姉を見て、
萌美は反射的に走り出した。

自分でも分からなかったが、
萌美は、絵梨香のことを”怖い”と思った。
そして、気付けば走っていたのだ。

「--萌美!」
絵梨香が叫んでいる。

しかし、萌美は振り返らなかった。
足を止めなかった。

「怖い…怖いよ…!」
萌美は”お姉ちゃんがストーカー”に見えた。

まるで、あの気持ち悪い男のように見えた。

「--くっそぉ…!
 どうしてだよ!」
絵梨香が叫ぶ。

「こんなに君のことを愛しているのに!
 どうしてだ!!!」

大声で叫ぶ絵梨香。
その瞳には怒りが滲んでいるー

ガシッ

ー!?

絵梨香の手が何者かに
捕まれたー

ガン!

「---え?」
絵梨香が何がおきたのか理解できないまま、
公園の壁に叩きつけられるー。

「--はっ…!」
絵梨香は何がおきたのか理解した。

目の前に、壁ドンの状態で
”自分”が居るー

そう…和馬…
中身が絵梨香の和馬が居た。

「--身体、返しなさいよ。
 これ以上、あなたの好きにはさせない」

和馬になった絵梨香が激しい形相でこちらを睨んでいる。

”近づいたら妹を傷つけるー”

そう言われた絵梨香は、
ストーカー男に乗っ取られた自分が、
妹と離れているタイミングを狙って襲撃したー。
下手に、この身体で萌美と接触すれば、
妹は怯えるだろうし、
”中身はお姉ちゃんよ!”なんて言っても信じないだろう。
最悪、警察沙汰になる可能性もある。

「ーー無理だよ」
絵梨香の身体は答えたー。

「僕と君が入れ替わったのは、雷で、だろ?
 だから、無理だよ…
 僕にはどうにもできない…くへへへ…

 それに…」

絵梨香は、和馬を抱き寄せて、
そのままキスをした。

「--な、、何を…!」
絵梨香を壁際に追い込んで、自分が優位だと思っていた和馬は、
自分の身体に抱き寄せられて、キスをされ、動揺するー

そしてー
自分の身体に抱き着かれて、
和馬の中にいる絵梨香は興奮してしまった。

「あらあらぁ、こんなに大きくなっちゃってぇ~♡」
笑いながら、絵梨香は、和馬の身体の大きくなったモノを見る。

ズボンが破裂しそうなほどに膨らんでいる。

「ど…どうして?」
和馬の中に居る絵梨香は思う。
どうして自分が自分の身体に興奮しているのー? と。

「--そりゃあ、僕の身体だからな。
 女の子に抱き着かれれば、興奮するよ」

そう言うと、絵梨香は、和馬の身体の急所を
蹴り飛ばした。

「ぎゃああっ!」
和馬の中にいる絵梨香は
生まれて初めて味わう痛みに悶絶して、
その場に倒れ込む。

「ふふふふ…
 私が絵梨香なのよ…
 あんたは邪魔しないで、一人で惨めな生活を
 送ってなさい。

 ストーカーさん… ふふふ♡」

絵梨香になった和馬が勝ち誇った表情でそう言うと、
和馬は、悔しそうにそれを睨みつける。

「--」
腕を組みながら、元・自分を見下していた絵梨香は、
にやりと笑って叫んだ。

「きゃああああああああ!」

と。

周囲の視線が集まる。

「---だ、、、誰か助けて~!」
わざとらしくそう叫びながら逃げていく絵梨香。

和馬の中にいる絵梨香は思う。

”こ、これじゃ、自分が変質者扱いされちゃう…”と。

急所の痛みを抑えながら、
和馬はその場から足早に立ち去った…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャワーを浴びながら、
萌美は、困惑していた。

姉の様子が、昨日から変だー。

あの変質者…ストーカー男と話をしてからだ…
まるで、姉が…

ガチャ…

「--!?」
萌美が驚いて振り返ると、
そこには、姉の絵梨香がいた。

絵梨香はにこっと微笑む。

「---いっしょに、お風呂…入ろ?」

とー。

「え…で、、でも…?」
萌美が恥ずかしそうに顔を赤らめると、

「いいじゃない、わたしたち姉妹でしょ?」
と言って微笑んだ。

”はぁぁぁぁ…しまいでしょ?ふふふふふふふ~”

中に居る和馬は興奮して、
今にも目の前にいる萌美を襲いそうだった。

「---あぁぁあ…綺麗だね…萌美…」

絵梨香が興奮した様子で、
萌美の身体をジロジロ見ながら言う。

「--お…お姉ちゃん…、、やめて…」
萌美は震えていた。

恐怖にー

出しっ放しにされたシャワーの音が響き渡る。

「---あぁ…お姉ちゃん…ちょっと興奮してきちゃった…」
妹の太ももをなぞるようにして、触る絵梨香。

絵梨香の表情は完全にイヤらしい表情になっていたー。

萌美は恐怖で声も出せない。

「ふふふふふ…へへ♡」
涎を垂らしながら、指で萌美の身体をなぞる絵梨香。

「----はぁ…はぁ…♡
 萌美…わたしとここで…」

姉としてなら、萌美とエッチが出来る…!

そう思って、絵梨香は萌美の顔を見たー

「---!!」

萌美が、泣いていたー

「--も、、、もえみ…」
絵梨香は唖然とするー
萌美は、心から恐怖して、涙を流しているー

「…おねえちゃん…どうしちゃったの…?
 昨日から…変だよ…怖いよ…」
萌美がぽたぽたと涙を流す。

「----!!」
絵梨香はその涙を見て、ゾクゾクしてしまうー

今すぐ襲いたいと思った。

しかしー

同時に”可哀想”と思った。
”わたしが守らなくちゃ”と思った。

和馬の意思かー
絵梨香の身体に刷り込まれた意識かー。

「---」
気付いたときには、
和馬としてではなく、姉として萌美を抱きしめていた。

「--ごめんね…」
優しく囁く絵梨香。

「---…お姉ちゃん…」
萌美は震えながらも、姉の優しいぬくもりを受け入れるのだったー。

それを境に、
和馬は考えを変えたー。

萌美のことは大好きだー
だが、ストーカーとしてではなく、お姉ちゃんとしても大好きになった。

本当の意味で、守って行こう。
彼は、そう決意した。

その日を境に、萌美に気持ち悪がられることは
”萌美に気付かれないように”することにしたー

萌美は、絵梨香が元に戻ったと感じて、
また、姉妹の絆を取り戻していた。

いやー
それ以上にー

休日には、2人でショッピングに出かけるようになったー。
姉妹の絆は、さらに強まって行くー
”異常”なまでにー

「はぁぁぁああ♡」
その日の夜も、絵梨香は、妹のことを考えながら
部屋で一人、エッチをしていたー

入れ替わった初日に、萌美の部屋から盗んだ
萌美の服を着て、そのニオイを嗅ぎながら
一人、興奮しているー

「くふ…♡ ふふふふふふ♡」

萌美も自分を信用してくれているー
何より、自分がお姉ちゃんとして萌美を守ることが
できていることに、和馬は興奮していた。

「もえみ…もえみ…もえみ…♡
 ふふっ…も~えみ♡ もえみ♡
 えへへへへ♡ へへへへへへへへへぇっ♡」

萌美の服を着ながら、姉の絵梨香は、
顔を真っ赤にして笑い始めたー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--萌美…」
入れ替えられて3週間が経過していた。

和馬になってしまった絵梨香は、
何もすることができず、時間の経過を待つばかりだった。

こうしていても、始まらないー

この3週間、
何もしなかったのはー

”決定的な証拠”を手に入れる為ー。

和馬は手に入れたー

”あの日、雷に打たれた2人を目撃した人物”を
見つけ出すことに成功したー。

そして”証拠”も手に入れたー。

近くで遊んでいた不良たちが、偶然、
”修羅場発見~”と面白がって、
遠くから、絵梨香とストーカーの和馬を撮影していたー

つまり、”入れ替わりの瞬間”の動画があるー。

「---待ってて萌美…
 必ず、助けるから」

不良たちに金を払って譲った動画を手に、
和馬になってしまった絵梨香は
”姉妹の絆”を取り戻すための行動に出るのだった。

③へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

次回が最終回デス!
衝撃の結末(?)をお楽しみください~!

入れ替わり<ストーカーはお姉ちゃん>
憑依空間NEO

コメント

  1. しあのすラビット より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゾクゾクですっ!!!
    もえもえもえ~~♡♡って、姉の身体で
    いいながら、液を垂らしながら
    気持ち悪く接触するの、恐ろしく
    ゾクゾクですばらしいですねっ♪♪
    最終回も楽しみにしていますっ!!

  2. 匿名 より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    スケジュールに書いている予定に上がっている、リクエスト作品に何月何日のリクエストか日付けを下さいませんでしょうか?

  3. 飛龍 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いやぁ、最高です!
    ストーカー男の心が入ったお姉ちゃんの気持ち悪さがすごいっ…w
    "いつものように"汚らしい公園のトイレで自慰して待ち構えるところ、お姉ちゃんの中身がストーカー男なんだって事実が強調されていて好きです♪
    さすがに妹も異常さに気付いて破綻するかと思いきや、姉性本能(?)に目覚めて仲直りしてきたのが意外でしたね。
    姉としての愛に目覚めながら、裏で萌美の服を着て自慰するストーカーとしての心も持ち続けているところにはゾクッときました!
    最終回で元お姉ちゃんの逆襲は成るのか……結末が楽しみです!

  4. みのむー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いろいろな意味で、素晴らしいですね。
    姉の身体でやりたい放題なのがもうね。
    どんなラストになるのか楽しみですよ。

  5. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ご要望ありがとうございます!
    確かにその方が分かりやすいですネ!

    日程が決まったスケジュールに関しては日付を表示するようにします!

  6. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > ゾクゾクですっ!!!
    > もえもえもえ~~♡♡って、姉の身体で
    > いいながら、液を垂らしながら
    > 気持ち悪く接触するの、恐ろしく
    > ゾクゾクですばらしいですねっ♪♪
    > 最終回も楽しみにしていますっ!!

    しあのすさまー!
    ありがとうございます!
    最終回もゾクゾクして下さいネ~!

  7. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > いやぁ、最高です!
    > ストーカー男の心が入ったお姉ちゃんの気持ち悪さがすごいっ…w
    > "いつものように"汚らしい公園のトイレで自慰して待ち構えるところ、お姉ちゃんの中身がストーカー男なんだって事実が強調されていて好きです♪
    > さすがに妹も異常さに気付いて破綻するかと思いきや、姉性本能(?)に目覚めて仲直りしてきたのが意外でしたね。
    > 姉としての愛に目覚めながら、裏で萌美の服を着て自慰するストーカーとしての心も持ち続けているところにはゾクッときました!
    > 最終回で元お姉ちゃんの逆襲は成るのか……結末が楽しみです!

    ありがとうございます~!
    リクエスト下さった飛龍様のご期待に
    お応えできて何よりデス!

  8. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > いろいろな意味で、素晴らしいですね。
    > 姉の身体でやりたい放題なのがもうね。
    > どんなラストになるのか楽しみですよ。

    みのむー様!!
    ありがとうございます!
    最後まで頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました