<憑依>フュジティブ~ロードオブポリス~①”魔”

成りすましモノ祭りに投稿した
「フュジティブ」のアフターエピソードです!
(過去のフュジティブはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

凶悪犯罪者 座間が用いていた憑依薬。
その製造元を龍平の父、孝彦は突き止めた。
憑依薬を決して、流通させるわけにはいかない。
孝彦は、その製造元である工場に突入した。

一方、息子の龍平は、クラスメイトの由香里から
とあるお願いをされることに・・・

-------------------------—

ーー座間 良一郎(ざま りょういちろう)

数々の罪を犯した凶悪犯罪者だ。

彼は、警察官の市村 孝彦(いちむら たかひこ)に
追い詰められた際に、裏世界のとあるルートで
怪しげな男から手に入れた”憑依薬”を使ったー。

そして、通りすがりの女子高生たちに憑依し、
悲劇は起きたー。

数人の被害者を経て、最終的には清水 由香里(しみず ゆかり)という
女子高生が半年以上もの間、座間に支配され続けることとなってしまった。

その座間は、由香里のクラスメイトでもあり、
警察官・孝彦の息子である市村 龍平(いちむら りゅうへい)の手によって
その霊体は消滅させられた。

しかしー
父の孝彦にとっては、まだやるべきことがあった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市村 龍平(いちむら りゅうへい)
高校生。凶悪犯の座間の憑依を突き止めた。

市村 孝彦(いちむら たかひこ)
龍平の父親。座間を追っていた。

松本 彩香(まつもと あやか)
高校生。龍平の彼女。

清水 由香里(しみず ゆかり)
高校生。生徒会副会長で、読書好き。

竹内 美香(たけうち みか)
高校生。お嬢様育ちでわがまま。

小笠原 淳子(おがさわら じゅんこ)
高校生。ショートカットが似合うスポーツ好きの少女。

座間 良一郎(ざま りょういちろう)
凶悪犯罪者。憑依薬を手に、女子高生に成りすましをしていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--いよいよだな」
秘密裏に結成された特捜部の部長が言う。

「はい」
龍平の父、孝彦はあれからも”憑依薬”について
調べていた。

だが、憑依薬なんてもの、普通は誰も信じないし、
何より、それが明るみに出るのはまずい。

大混乱が起きる上に、同じ憑依薬を作ろうとするものが
次々と現れれば、それこそ、世界は終わりだ。

そんな孝彦は、新人時代からよくしてくれている
警察上層部の男、佐倉(さくら)に相談し、
相談を受けた佐倉は、特別チームを結成。
孝彦は二人の部下と共に、少数で、憑依薬の行方を追っていた。

そして、先日、ついにその憑依薬の出所を突き止めたのだ。

「---西地区の廃工場。
 こんなところで作っていたとは」

孝彦が装備を整える。

「準備完了です」
後輩刑事の一人、南(みなみ)と、

「--わたしも、大丈夫です」
可愛らしい風貌の女性警官、雪野 史恵(ゆきの ふみえ)が
答える。

「--目的は、工場の制圧と、関係者の逮捕だ」
孝彦が、南と史恵にそう伝えて、
特捜部の部屋から出ようとした。

「---市村君」
上層部の男、佐倉が孝彦を呼び止めた。

「---もしも・・・
 もしも仮に、誰かが”憑依”された場合、
 ”もろとも”で構わないー。
 射殺を許可する。

 憑依薬…
 あんな悪魔のようなものを広げるわけにはいかない。
 事後処理は私が内密に行う」

佐倉の言葉に孝彦は戸惑いつつも、
頷いた。

”憑依薬の拡散”は、おわりを意味するー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おはよっ!」

彼女の松本 彩香(まつもと あやか)が
元気よく背後から声をかけてきた。

「あ、おはよう!」
龍平は嬉しそうに返事をする。

「--あれ?今日はポニーテール?」
龍平が不思議そうに尋ねる。

彩香はにっこりと笑った。
彩香も年頃の女子高生だから、髪型は定期的に変わる。

けれども、ポニーテール姿は見たことが無かった。

「---何か、うなじの部分がどうこうって
 ちょっと前に言ってたじゃない?
 あの時、龍平も一人で騒いでたから、
 龍平に喜んでもらえるかなって!」

少し顔を赤らめて言う彩香。

確かに龍平はポニーテールの話題で、
少し前に、男子生徒たちと盛り上がっていたことがある。

「--え…、ぼ、僕のためにわざわざ」
顔を真っ赤にして言う龍平。

「そっ。ほら、わたしのうなじの部分、どう…」
彩香がポニーテールのうなじの部分を
龍平に見せて笑っている。

「---うあっ…」
龍平が変な声を出した。

「---ちょっ!龍平!鼻血!大丈夫??」

「大丈夫じゃないよー」
困り果てた様子で龍平は悲鳴をあげた。

「何よ~ポニーテールぐらいで鼻血なんか出して~」
彩香が呆れた様子でティッシュを龍平に渡す。

そんな様子を、通学中の
おしゃれ好き生徒・美香とスポーツ好き生徒・淳子が
たまたま見かけていた。

「なぁに、あれ?」
美香が不思議そうに遠目から二人を見つめる。

「え?なになに?」
淳子が興味深そうに二人を見る。

「あ~あれは…
 市村くんがトマトジュースを飲んでいるタイミングで
 彩香が市村くんを笑わせて
 鼻からトマトジュースってとこね」

淳子が得意げに言う。

「んなわけないでしょ」
美香が冷めた様子で言うと、
淳子は「あ、未来の警察官クン、もしかして鼻血?」と
背後で楽しそうに話していた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「--あの…」

昼休み。
クラスメイトの由香里が話しかけてきた。

座間に憑依されていた彼女も、
今ではすっかり立ち直っている。

「ちょ、、ちょっと…市村くんに相談が」
由香里が顔を赤らめて小声で言う。

「え…え?ど、どんな相談?」
龍平が戸惑いながら言うと、
由香里は「ほ、放課後でいいかな?」と答えた。

何だろう?

そう思いながら龍平は、
放課後の図書室に向かう。

”食卓にはダンゴ虫”という謎の小説を読んでいた由香里が
微笑む。

そして、小声で本題に切り出した。

「---市村くん…
 そ、、その…メイド服とかチャイナドレスとか
 コルセットとか…いる?」

「え…えぇっ!?」
龍平は思わず声をあげてしまう。

「---ど、どうして…?僕に女装趣味なんて」
龍平が顔を真っ赤にして言うと、由香里が続けた。

「あの…わたし、憑依されてる間に
 そういう服買ったみたいで…いっぱいあるの…
 でも、お父さんとかお母さん、憑依のこと、知らないし、
 ばれずに処分したいな…って」

由香里が言うと、
龍平は「あぁ…そうだよね。家庭ごみで出せば
ばれちゃうもんね」と答えた。

「---市村君のお母さんとか、着ない?」

「-----!!」
龍平は母のメイド服姿を想像して、吐き気を催した。

「あ、ご、ごめん…無理だよね」

”無理”とバッサリ切り捨てられた龍平の母。
天然に酷いこと言うなぁ、と龍平は苦笑いしながら
由香里の話の続きを聞く。

「--あ、彩香ちゃんは…?」
由香里が言うと、
龍平は鼻血を噴きだした。

彩香のチャイナドレス姿を想像して、
龍平はノックアウトされてしまったのだ。

「え???ちょ、ちょっと、市村くん!?」
慌てる由香里。

そこに、スポーツ好きの淳子がたまたまやってきた。

「--あれ?未来の警察官、ちょっと興奮しすぎじゃない?」
淳子が、悪戯っぽく笑った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その夜ー。

父の孝彦は、廃工場に辿り着いていた。

ここで、憑依薬が製造されている。

座間が憑依薬を使ったのが、既に半年以上前。
普通に考えれば、既に憑依薬は
座間以外の人間にも流出しているだろう。

しかし、それを調べる手立てはない。
座間の場合は、たまたま孝彦の目の前で
憑依薬を使ったから、それに気づくことができた。

だがー
誰も見ていない場所で憑依薬が使われたらー?

誰かが憑依されて、悪事に手を染めたらー?

世間は、”あの人がこんなことするなんて思わなかった”と
言うだろう。

誰も、その人間が憑依されたなどと、思わないだろう。

しかしー
座間が目の前で憑依薬を使ってくれたのは、
ある意味では幸運だったのかもしれない。

もしも座間が別の場所で憑依薬を使っていたのであれば、
息子の彼女である彩香や、クラスメイトの由香里は、
永遠に座間の操り人形だったかもしれないのだからー。

永遠に、誰かに”成りすましたまま”
彼は生きながらえたかもしれないのだからー。

「---油断はするな」
孝彦が、後輩刑事の南と史恵に指示をする。

南は30代後半の刑事で
孝彦の後輩にあたる。
孝彦のことを慕っており、口も堅いことから、
憑依薬に関する捜査にも適任だと孝彦が判断し、
協力を要請したのだった。

もう一人の史恵は20代中盤の女性刑事で、
期待の新人とされる人物。
美貌と警察官としての能力両方を併せ持つ人物で、
異例の若さで今回の捜査に抜擢されたのには、
上層部の佐倉の親戚筋であることのが理由のようだ。

「--”発砲”の許可も出ている。
 なるべくなら確保したいところだが、
 相手は憑依薬を作る連中だ。
 やむを得ない場合は、発砲も視野に入れて行動するように」

孝彦が言うと二人はうなずいた。

憑依薬の製造工場ー。
中に居るのは5人だと既に確認している。

相手も、あまり憑依薬の事を明るみに出したくないのだろう。

「--私はあちらから」
後輩刑事の南が言う。

工場の道が3方向に分かれている。

本来、別行動は得策ではない。
だがー、工場に居る5人のうちの一人も逃がすことはできない。

ここは、電撃的に制圧する必要があった。

「わかった。俺は中央から進む。」

「じゃあ、私はあちらから進みますね」
史恵が言うと、孝彦はうなずいた。

「--何かあった場合はただちに連絡するように。」

孝彦はそう言うと、
サインを出し、3人は別の方向に進み始めたー。

孝彦は廃工場を進みながら思う。
憑依薬なんてものは、この世にあってはならないー

孝彦は、座間に憑依された子を直接見たわけではない。

けれどー
息子の龍平から、話は聞いた。

最後に座間に憑依されていた由香里という少女ー。
優等生であった彼女は、
座間に思うが儘にされて、半年間もの間、操られていた。

「-男と遊びまくって!
 何人もの男とヤリまくって!!
 タバコを吸いまくって、酒を飲みまくって…!

 くくく…
 真面目なわたしがぶっ壊れていく日々…!!
 あぁ、…ゾクゾクするぅ…!うふふ・・・あははははは!

 そんなわたしを、今更助けてどうするの?
 えぇ??市村くん!!」

彼女は、完全に支配されていたー。
だが、龍平はそんな彼女に懸命に言葉をかけて、
救い出したのだと言う。

直接見たわけではない。
それでも、その憑依薬の恐ろしさは、
よく伝わってきたー。

人の尊厳を踏みにじる、薬。

それはーー

ふと、物陰からナイフを持って襲い掛かってきた男を
孝彦は格闘術で制した。

「一人確保」
孝彦が無線で連絡を入れると、
後輩の南と、文恵からも”それぞれ一人確保した”と
連絡が入った。

「--と、いうことはあと二人か」

憑依薬を座間以外に売買している可能性は非常に高い。

この者たちから、それを聞き出して、
行方を追うのもまた、孝彦たちの役割だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「---」
女性刑事の史恵は、
親戚である警察上層部の男、佐倉のコネで
警察官になった。

自分は、努力をしてきた。
今も、努力を怠らず、日々、自分を高めるようにしている。

けれどー
同僚からは”コネ女”だとか、
そういう風に見られている。

彼女は、それが悔しかった。

だからー
親戚である佐倉に懇願して、
この危険な仕事に志願した。

表には出来ない仕事。
けれど、
それをこなすことで、少し、自分がまた成長できると思った。

「----動かないで」

物陰に、男が居るのに気付いた。

史恵は銃を構えて、
その男に近づいていく。

「----手を挙げて、ゆっくりとこちらを向きなさい」
史恵が毅然とした様子で言う。

男はゆっくりと手を挙げた。

しかしーー
手を挙げた男の手から、
”何かの容器”が落ちた。

「------!」

床に音を立てて転がり落ちる容器ー。

「---くくく、若い女刑事さんか」
男は背を向けたまま呟いた。

「最高だぜー」
そう言うと、男が突然気を失った。

「----えっ」
文恵が驚く。

ふと、転がり落ちた容器に目をやると、
そこには”憑依”と書かれていた。

「-----!!!」

パァン!

史恵は咄嗟に発砲した。

男の倒れた体の、胸部に銃弾が命中する。

しかしー

「うっ…!」
史恵が声をあげた。

体がビクビクと痙攣する。

「---!!」
”憑依”
血の気が引いていくような感覚を味わって、彼女の意識は途切れた。

「-----雪野!大丈夫か?」
銃声を聞きつけた、孝彦の後輩刑事、南が駆け付けた。

倒れている男の方を見る南。

「--」
南が、史恵に合図をし、
その倒れている男の生死を確認する

「先輩」
史恵が背後から声をかけた。

「ん?」
南が振り返ると、文恵が
狂気の笑みを浮かべて銃を向けていた。

「---お、、お前、何をー」
南はハッとした。

”これが、憑依ー”

「---わたし、乗っ取られちゃいました!うふふ♡」

史恵は嬉しそうに、銃を先輩刑事に向かって
撃ち込んだ…。

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

次回も、龍平サイド(学校)のお話と、
憑依薬確保サイド(父親側)のお話があります^^

憑依<フュジティブ>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました