50万アクセス記念短編!「闇の四天王」

憑依空間が50万アクセスを達成しました!

本当にありがとうございます!!!

ここまで来れるなんて、
ちょうど1年前の2月、ブログを始めたころは想像もしませんでした…!

今回の50万記念短編は「闇の四天王」です。

私などでは、とても足元にも及ばない、
TSF界の先輩の皆様にゲスト出演していただきました!
ありがとうございます!

井澄ミスト様(ツイッター)
憑依好きの人様(ツイッター)
皆月ななな様(ツイッター)

のゲスト出演作品です!

※作中の設定はフィクションです!
※作中では敬称略(物語上不自然になるので)になっています!お許し下さい!

-------------------------—-

”脅し”や”ゆすり”
あらゆる脅迫手段を用いて、
欲しいものは何でも手に入れてきた
闇の世界では有名な三兄弟が居た。

”太郎”

”次郎”

”三津子”

彼らは、今回、ある力に目をつけた。

それが”人に憑依する力”

世の中には、人に憑依して好き勝手できる…
そんな力を持った人間が居るらしい。

彼らは、その力を手に入れれば、
裏世界で、さらに有利に生きられると考えた。

特定の人物の彼女に憑依して人質にー。

妹や姉に憑依して兄弟を脅すこともできるー。

そう、身近な人間に憑依して、近親者や恋人を
脅すー。
”脅し”を生業にする彼らにとって、その力は夢のような
力だった。

彼らは必死に調査を行った。
”憑依”の力に一歩でも近づくためにー。

そして、複数の憑依関係者の存在を知った。

3兄弟は、憑依に関わる人間を脅し、
憑依に関する情報を入手ー、
あわよくばその者たちから、憑依能力を奪おうと考えていたー。

「----」
とあるファミレスで三兄弟は食事しながら、
遠くのテーブルを見つめる。

”ダーク四天王”と呼ばれる4人のTSF(憑依や女体化、皮などのジャンル)に
精通する人物のうち、3人がこのレストランで会食をする、という
情報を手に入れたのだ。

井澄ミストー

憑依好きの人ー

皆月なななー。

その3人が、遠くのテーブルに結集している。

本名かも分からない。
いや、そもそも”今、見えている姿”が本来の姿かも分からない。

誰かに憑依しているのかもしれない。
変身しているのかもしれない。

「---レストランから出て、別れたら、行動開始だ」
太郎が言うと、
残りの2人は頷いた。

やつらを脅し、憑依や女体化に関する情報を手に入れ、
もしも3人のうち誰かが、その力を持っているのであれば
それを奪うー。

今まで数々の修羅場を潜ってきた太郎たちにとっては
今日も”簡単な脅し”のはずだった。

TSF界の四天王3人が、
会計を済ませてレストランを後にする。

3人は少し談笑したのちに、
三方向に分かれて、歩き出した。

「--よし、
 いいな?手段を選ばず脅せ。
 そして、憑依に関する情報を得るー、
 もしくは憑依の力、そのものを奪えー。
 いいな?」

太郎が言うと、
次郎が皆月なななの向かった方向に、
三津子は憑依好きの人が向かった方向に向かって歩き出した。

太郎は、井澄ミストの後をつける。

「--四天王は、今日から俺達になるんだぜ…」
太郎は不気味な笑みを浮かべて、
井澄ミストの後を尾行しはじめた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三津子は三兄弟の中でも
唯一の女性。
20歳前半ぐらいの、スタイルの良い女性だ。

彼女は色目を使って、人を脅し、
大金を巻き上げる、三兄弟の中でも
もっともあざとい女だった。

「---」

前を歩く憑依好きの人を見つめて
微笑む三津子。

誘惑してからー
必要とあらばからだを使ってー
それから脅すーー。

憑依好きの人から、
憑依に関する情報を手に入れる。

「--あなたも、わたしの虜にしてあげるわー」

三津子はそう呟いた。

いざとなれば、憑依好きの人が
好きなあのキャラクターを目の前で冒涜して…

ブワッ・・・!

「----!?」
三津子に風のようなものが吹き付けた。

「--今のは?」
三津子が疑問に思うと同時に、頭の中に何かが
流れ込んできた。

”わたしは、憑依好きの人の奴隷”

「え・・・?」

脳内に自分の声が響く。

「---な、、何よ…」

”わたしは、あの人を満足させるためだけに生まれた”

”わたしは、あの人のためだけに存在する”

「--う、、、うるさい!」
頭の中に響く自分の声に怒鳴り声をあげる。

「--わたしが、奴隷だなんて…そんなバカなこと…」

三津子はそこまで言って
ふと疑問に思う。

「---あれ・・わたし・・・?」

それも悪くないーー。
いや、憑依好きの人が好き・・・・

好きの人が好き・・・

「あぁ…」
彼女は、憑依好きの人のことを考えるだけで、
幸せな気持ちになっていた。

「---ち、、ちが、、、わ、、わたしは・・・!」

記憶が塗り替えられていく中、彼女は
必死に抵抗した。

けれどーー

「わたしはーーー
 わたしはーーーー
 憑依好きの人が・・・だいすき!!!」

三津子は、
全身に興奮を覚えて、そのまま飢えた表情を浮かべた。

「わたしーー
 なにしてたんだっけ・・・
 ううん、そんなことどうでもいい!

 わたしは…
 わたしは…あの人のためだけに存在するの!」

三津子の脳は、数分で完全に塗り替えられてしまったー。
”新たな主”に仕える女としてーー。

三津子はもう、憑依好きの人のことしか、考えられなくなっていた・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次郎が、皆月なななを尾行している。

”ホワイトダーク”の異名を持つとまで
噂されているTSF界の四天王の一人。

「---クク…」
次郎は”人の弱み”を事前に調査して
それを元に脅しを行うインテリ男。

皆月ななな なる人物の
弱みは握った。

その弱みを利用すれば、
すぐにTSFの秘密を、吐いてくれるだろう。

「ーー僕の調査能力の前にかかれば、
 どんな人間でも、脅すことができる」

次郎はメガネをいじりながらニヤリと
笑うと、少し前を歩く 皆月ななな に向かって叫んだ。

「おい!皆月ななな!」

次郎は無謀にも、四天王の一人に喧嘩を
売ってしまった。

「--僕に憑依に関する情報を渡せ…
 さもなければ、お前の弱みをばらしてやるぞ」

ななな は立ち止まったが、返事は無い。

苛立った次郎は
”皆月ななな”の弱みとして収集した情報を思い出す。

そして、叫んだ。

「皆月ななな!”みんなのTSFれb・・・?」

皆月なななに対して決して言ってはいけない言葉を
口に出そうとしたその瞬間、
前から”小さい針”が飛んできた。

「・・・・?」

次郎の首筋に小さな針がささっている。

「--くそっ!」
次郎は針を慌てて抜いて、前を見る。

既に、皆月なななは何事も無かったかのように
立ち去っていた。

「おいーー、ま… ----!?」

自分の声に違和感を覚えた。

「--えっ…?」
明るく透き通った声…。

おかしい。

次郎が慌てふためいてからだを見ると、
自分のからだの胸が、まるで女のように膨らんでいた。

「---!!!?」

気がつけば服も可愛らしいスカートになっている。

「えーー、ちょっ!?」
手が白く、綺麗になっていたー。

髪が長くなり、
瞬く間に次郎は”女体化”してしまった。

「えっ…えええええええ?」
まるで女子高生のような姿になってしまった次郎。

次郎は慌てて皆月なななの後を追おうとした。

しかしー。

「へぃ、姉ちゃん。かわいいな」

「どっかのJK?」

裏路地のヤンキーたちが集まってきてしまった。

「--ち、、違う!僕は男だよ!」
次郎は叫ぶ。

けれどー
”美少女”の姿になってしまった次郎の言葉を
聞くものはいない。

「--嘘はダメジャン~!」
胸とスカートを触りながら”女”であることを確認したヤンキー。

「--ひっ!!僕は、、僕は男だ…
 あっ、、やめっ・・・んあああっ!」

次郎は女としての快感を感じてしまい、喘ぎ声をあげる。

「--僕はーーー、僕はーーーー!
 あれ…… 
 わ、、わたし…何しようとしてたんだっけ…」

次郎のおかしな様子に、ヤンキーたちが引き気味で、
その様子を伺う。

「---あ、、、そ、、そうだ!
 わたし、新しいお洋服買おうとしてたんだった!
 えへへっ…」

次郎は嬉しそうにそう言うと
からだだけでなく心まで女体化して、
今までのことも忘れて、嬉しそうに洋服屋に向かっていった…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この世には”喰う側”の人間と”喰われる側”の人間がいる。

喰うか、喰われるか。

そんな世界で太郎は生きてきた。

そして、太郎は常に”喰う”側の人間だった。
修羅場もそれなりにくぐってきた。

けれどーー
目の前にいる17歳ぐらいの女子高生に”見える”
井澄ミストに睨まれて、
彼は悟った。

”俺は、喰われる側になった”

とー。

井澄ミストから溢れ出る闇のオーラは、
太郎がこれまで経験したこともない、邪気に満ちていた。

闇世界のマフィア50人に囲まれたこともあるー。

サメだらけの海に放り出されたこともあるー。

けれど…

今、井澄ミストと対峙しているこの瞬間は、
今までの修羅場が、まるで幼児の知育広場にいたかのように、
軽く見えるぐらい、おそろいモノだった。

太郎のズボンから液体が垂れ流れた。

彼はーー
井澄ミストを呼び止めて、目を合わせただけでー
失禁してしまった。

「はひっ…」
太郎がしりもちをついて、涙を浮かべる。

井澄ミストは、声を出さずに笑っていた。

「---あ、、、あ・・・あ、、、な、、なんでも、、ありません」
太郎はやっとの思いでそう声を振り絞った。

井澄ミストの口元が三日月に歪んだ。

そしてーー
そのからだから大量の黒い霧が吐き出された。

「ひっ…ひぃぃぃぃぃぃぃ!?」

逃げようとする太郎。

けれどー、
太郎は黒い霧に包まれた。

「--ま、、待て、、話せば分かる!!
 そ、、そうだ!取引しよう!
 俺を助けてくれれば、俺が代わりに
 ”風紀委員の使命”の続き、書いてやるから!

 な!?それで手打ちを・・・!!」

黒い霧がーー
容赦なく太郎のからだに進入していった。

「----死」

井澄ミストは、そう念じた。

太郎は、虚ろな目で歩き出し、
数分後、自ら車に頭から突っ込み、そのままこの世を去った。

井澄ミストは、その結末を見届けることなく、
その場から立ち去ったーーー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この世には決して触れてはならない”闇”があるー。

闇の世界に生きるものたちでさえ、
除いてはならない常闇が。

それに触れればーー
その先に待っているのはーー。

太郎は、交通事故により命を落としー、

次郎は、消息不明に。
ただし、周辺地域で記憶喪失の女子高生が見つかっており
警察は関係を調査中。

三津子は、まるで人格が変わってしまい、
自分のからだに欲情する変態女になってしまったー。

けれどー
3人がそうなってしまった本当の理由を世間は知らない。

ーー否、知ってはならない。

この世には、覗いてはいけない闇があるのだからー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

憑依好きの人様、皆月ななな様、井澄ミスト様、
お名前の利用許可を頂きありがとうございました^^

好き勝手やり過ぎて、私が四天王様に消されそうな
気もしますが…(!!)

そして皆様50万アクセスありがとうございました!
今後も頑張ります!

ちなみに、私は四天王ではありません^^

PR
小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました