47万アクセス記念!「”狂”からわたしが世帯主 ~バレンタイン~」

憑依空間が47万アクセス達成です!
ありがとうございます!

今回は、”狂”からわたしが世帯主の後日談を作ってみました!

バレンタインも近いので、バレンタインVerです(笑)

-------------------------—

幸せだった家族、和久井家。

その大黒柱だった父、健(たける)は、
イベント会場の警備の仕事の際に、
とあるアイドルオタクの男、森町(もりまち)を注意した際に
逆恨みされてしまい、
憑依の力により、
妻と、2人の娘を奪われてしまう。

さらに、暗示をかけられて、健は家を追い出されて、
娘たちと森町が暮らす家のすぐ隣の家に住むことになってしまう。

あれから、時が流れたー

変えられてしまった娘たちを毎日目の当たりにしながら
死んだような日々を過ごす父の健。

そして、バレンタインの日がやってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしとやかだった長女の真里菜が、窓際で森町と
抱き合って喘ぎ声を上げている。

いつもの光景だ。

森町は、健に、奪った娘たちの豹変ぶりを
毎日のように見せ付けていた。

「あぁん… あっ、、お父様… お父様ぁ!」
真里菜が、アイドルオタク男・森町の好きな
アイドルと同じ格好をさせられながら喘ぎ声を
あげている。

「---もう、いい…」

娘は死んだ…。
今、反対側の家で喘いでいるのは
真里菜の姿をしている別の何かだ。

あれは、真里菜じゃない。

”元”父の健は、耳をふさいで蹲った。

それからしばらくすると、
ふいに健が今、住んでいる家の玄関の扉が開いた。

「---真里菜?」

玄関のほうに行くと、長女の真里菜が
腰に手を当てながら自信に満ちた表情で立っていた。

「--ふふ、”元”お父さん。
 今日、バレンタインデーだからチョコ持ってきてあげたよ!」

真里菜が笑う。

微笑み方だけ見ていると、娘そのもの。
いや、からだは娘のものなのだ。

「---ほら♡ 食べて♡」
真里菜が、チョコを床に投げつけた。

「----」
健がチョコを見るとーー
そのチョコは「虫」が蠢いている上に、
カビのようなものが生えていた。

「---うふふ♡ ”元”おとうさんのために
 作ったの♡
 たべて?」

真里菜が言う。

「---ふ……ふ…ふざけるな!」
健は思わず叫んだ。

「----こんなもの、食べられるか!」
そう叫ぶと、真里菜が舌打ちした。

「---おい、食べろよ!」

健がはっとして真里菜を見る。

真里菜は今、また森町に憑依されているのだと悟る。

「---お前・・・そうやっていつも真里菜に…」
健が言うと、
真里菜は勝ち誇った笑みを浮かべる。

「---そうよ。
 新しいお父様は、わたしのからだをいつもこうやって
 楽しんでるの!

 でもね、わたしもすっごく嬉しい!
 お父様にからだを使ってもらえるんだもん!」

そう言うと、真里菜がビクっとなって
再び邪悪な笑みを浮かべた。

憑依されてーー
記憶をいじられてしまった真里菜は、
もう以前の真里菜ではないーー

変えられてしまった真里菜ー
憑依されている真里菜ー。

2つが、健の心を傷めつけた。

「夏帆も、郁恵も俺が可愛がってやってるから
 安心しろ!さ、食べろ!」

カビの生えた虫食いバレンタインチョコ。

こんなものを食べれば、
絶対に…

「----無理だ」
健が言うと、真里菜がほほ笑んだ。

「じゃあ、わたしが食べちゃおっかな♡」
真里菜がうれしそうにチョコを手に取る。

しかし、真里菜はチョコを見て、
少し気色悪そうな表情を浮かべて
手を震わせた。

「--た、、食べたくない…
 でも、、お父様が食べろって言ってるから…
 食べなくちゃ…」

目に少し涙を浮かべている真里菜。

「----ま、、真里菜」

健には分かっている。

もう、真里菜は真里菜じゃない。

でもーーー。

「---わたし、、こんなものたべたくない… 
 でも、、お父様が言うなら!」

森町の指示に従ってチョコを食べようとする真里菜。

「やめろ!」
健が叫んだ。

「--俺が食べる!」

真里菜を人質にとられているも同じー。

もう、取り戻せない。
そうとは分っていても、
真里菜は大切な娘だー。

「----バカなおっさん!」
真里菜がそう蔑むように言うと、
チョコを健の口に突っ込んだ。

気持ち悪い感触。

健はそのまま必死にチョコを飲み込んだ。

「---ふふ♡
 わたしのお芝居に騙されちゃって…

 ばーーーーーーーか!!!」

そう言うと、真里菜はそのまま立ち去って行く。

「真里菜!待ってくれ!!!真里菜!!!!!」

だが、その言葉は娘には届かなかったーー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

健は強烈な腹痛で寝込んでいた。

玄関が開く。
森町が合鍵を勝手に作ったようだ。

「----おじさん」

健が苦しみながら、顔をあげると
次女の夏帆がメイド服を着て立っていた。

「これあーーーげるっ♡」

そう言うと、夏帆は大量のゴキブリが入った箱を
健に向かって投げつけた。

「んんんんんっ! やめ… ひっ…
 ぎあやああああああああ!」

健は悲鳴をあげた。
虫嫌いではないが、この数のゴキブリ。
しかも体調不良の状態では、
どうすることもできなかった。

「はははははっ!
 あの日、俺に恥をかかせたことを後悔するんだな!」

森町の意識が夏帆を支配して叫ぶ。

「はははははははははっ!
 あ~ははははははははは♡」

夏帆の嬉しそうな笑い声が部屋中に響き渡った…。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

この地獄からは、永遠に抜け出せそうにないですね(汗)

憑依<”狂”からわたしが世帯主>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました