<憑依>壊れる日常③ ~ヒョウイノウタゲ~(完)

「生徒会を支配する」

そう宣言した不良生徒の三園によって、
生徒会長の志穂が、変えられてしまった。

聡は、三園の魔の手から、
幼馴染の夕紀や、後輩の彩月を守ろうとするも…。

-------------------------------

「貴様!!!まさか夕紀たちを!!!」

夕紀たちをも狙っているー。
三園からそう言われた聡は怒りを露わにする。

「くそっ・・・!」
聡が慌てて生徒会室から飛び出そうとした。

「----おい、待てよ!」
三園が聡を呼び止めると、
笑いながら言った。

「ははは、必死すぎだろ。冗談だよ」
肩に手を乗せる三園。

「---ふざけやがって!」
聡が叫ぶ。

「--安心しろよ。俺はお前の大事な夕紀や、
 後輩の彩月には手を出さない。
 俺には志穂が居れば十分だからな。」

そう言うと、志穂を抱き寄せてキスをする。

志穂も嬉しそうに、三園を受け入れて、
二人で、濃密なキスをし始めた。

「んふぅ…♡
 わたし、、変えられちゃったけど、、、
 今、、とっても幸せ♡」

志穂が言う。

「---夕紀ちゃんや、彩月ちゃんにも
 この幸せ、教えてあげたい…うふふふ♡」

志穂が、三園から唇を離すと、
興奮しきった表情で言った。

「---ーーー!」
志穂の言葉を聞いて、聡は思う。

”まさかー”  と。

聡の表情に気付いた三園は笑う。

「約束は守るぜ。
 ”俺”は手を出さないってーーな。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

「---わたし、諦めない…」
夕紀が、後輩の生徒会書記、彩月と登校中に
話をしていた。

「ーー志穂は、あんなことする子じゃない。
 絶対に三園のやつに何かされたに決まってるわ!」

夕紀が怒りを露わにする。

「---でも…そうだとしたら、
 先輩まで…」

彩月が不安そうに言う。

ショートヘアーで儚げな、守ってあげたくなるような
雰囲気の彩月を見て、夕紀は言う。

「--大丈夫よ!
 私は、あんなやつに負けない!」

夕紀はそこまで言って思う。

”次は、彩月が狙われるのではないか” とー。

「---彩月…あなたも気を付けてね」
夕紀が言うと、
彩月は微笑んで頷いた。

「わたしは心配ないですよ!
 こう見えても、世渡り上手ですから」

二人は、仲良く微笑み合った。

これが、最後になるとも知らずに…。

「--あ、夕紀!良かった!」
背後から聡が走ってきた。

「あ、聡!良かったって何が?」
夕紀が言うと、
聡が「いや、三園のやつに何かされてたらって思ってさ」と
心底安心したように言う。

「大丈夫よ!何かされそうになったらはり倒してでも
 逃げて来るから」
夕紀が言うと、
聡は「はは…」と笑う。

「--三園やつが宮渕さんに何かしたのは
 間違えない。夕紀も気をつけろよ」

聡が改めて夕紀に注意を促すと、
夕紀はうなずいた。

「---榎本さんも。」
後輩の彩月にも、聡が言うと、
彩月は「はい、ありがとうございます」と頭を下げた。

彩月の顔が少しだけ赤らんでいた。

それに気づいた夕紀が笑う。

「あれ?彩月、もしかしてコイツのこと…」
夕紀が聡を指さしながら言う。

「おい!コイツっていうな!」
聡が苦笑いしながら言うと、
彩月が「あ、いえ、、」と目を逸らした。

「ふ~ん、聡のこと、好きだったりするの?」
夕紀が尋ねると
彩月は「いえいえいえいえ、お二人の邪魔はできませんから!」と
顔を真っ赤にして否定…
否定にすらなっていない言葉を口走った。

「ふふ…」
夕紀は微笑ましく彩月の様子を見守った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

放課後。

「---なぁ、夕紀」
聡が夕紀を呼ぶ。

「---ん?なぁに?」
夕紀が返事をすると、
聡は難しい表情で言う。

夕日が差し込む教室で話す二人。

「--いや、今日は生徒会の話し合い行かなくていいのかな?ってさ」
聡が言うと、
夕紀が悲しそうに笑った。

「うん・・・
 先生に言って、しばらく近寄らないことにしたの。
 彩月にもそう言っておいた…。

 ほら…やっぱり…
 何かされるかもしれないから」

夕紀が言う。

「---志穂だって…芯の強い子だった。
 その志穂があんな…」

また目に涙を浮かべる夕紀。

「---そうだよな…」
聡が言う。
夕紀の涙を見て、とても悲しそうに呟く聡。

「--決めた!」
聡が立ち上がる。

「え?」

「--俺、やっぱり三園のやつとちゃんと話してくるよ!
 アイツをぶちのめしてでも、宮渕さんを救う。
 ほら、他の生徒会のやつら、頼りないんだろ?
 だったら俺の出番だぜ!」

聡が言うと、
夕紀がほほ笑む。

「---大丈夫かなぁ?聡に任せとくとなんか不安!」
夕紀の言葉に
「頼りにされてないな~俺!」と
自虐的に呟く聡。

「---ふふ、そうね」
夕紀が笑うと、聡の方をまっすぐ見て言った。

「--わたしも行く。
 今日は志穂を助けるまで帰らない」

夕紀が強い決意のまなざしで聡を見つめた。

聡は
「夕紀―」とだけ言って、
少し考える仕草を見せたあとに頷いた。

「--分かった…
 一緒に宮渕さんを助けようー」

生徒会長の宮渕 志穂。
聡にとっては密かに好意を抱いている女性。
夕紀にとっては高校1年からの友人。

このままにしておくわけにはいかなかった。

生徒会室に向かう二人。

だがーーー

「ふふ・・・」
”それ”は邪悪な笑みを浮かべたーーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒会室に入ると、
そこには志穂がイスに色っぽく座っていた。

イヤらしい笑みを浮かべて。

「---志穂!」
夕紀が叫ぶと、志穂は「ふふ♡ こりない女」とつぶやく。

「----」
聡が教室を見回す。

「--あいつはどこ!」
夕紀が叫ぶと、志穂が笑った。

「--三園くん?
 ”あいつ”って言い方はないんじゃないの?」
志穂が怒りっぽく言う。
その片手は常に方胸を揉んでいて、
すっかり性欲に溺れてしまっている。

「---あんなやつあいつで十分よ!」

そう叫ぶと、志穂は笑った

「”本人”の目の前でそんなこと言うなんてーネ?」
志穂の言葉に、
夕紀はゾクっとした。

「---まさかアンタ!」
志穂の中に、三園がいるーーー?

そう思った、その時だった。

突然、横から力強くつかまれて、
壁際まで押されて、壁ドンのような状態にされてしまう夕紀。

「--さ、、、聡…?」
一緒に生徒会室に来た聡が”豹変”した。

「---テメェ、調子こくんじゃねぇぞ」
聡が今までに見たこともないような恐ろしい表情で言う。

「---ひっ…ま、、まさか…
 ね、、ねぇ、、聡…冗談はやめ…」

パチン!

聡が容赦なく、夕紀の頬を思いっきり平手打ちした。

「いたいっ…」
目に涙を浮かべる夕紀。

「--ふふふ、昨日の放課後なぁ、
 俺はコイツに憑依してやったんだよ!」

聡が言う。

聡は、昨日の放課後、
三園に憑依されていたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「約束は守るぜ。
 ”俺”は手を出さないってーーな。

 手を出すのは…
 おまえだ…聡…!ククク」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のことを思い出して笑う聡。

「俺、憑依されちゃったんだよ 三園のやつに!
 ひははははは!
 夕紀ィ?どうだった?俺の演技!
 聡そっくりだっただろう!」

聡が叫ぶ。

「--や、、やめてよ…お願い…」
夕紀が恐怖のあまり、目を涙で濡らす。

「-あらぁ、さっきまでの態度はどうしたの」
志穂が歩み寄ってくる。

「---怖がらなくてもいいのよ?
 もうすぐ夕紀ちゃんも”わたしと同じ幸せ”を味わえるわ」
志穂が言うと、
夕紀は悲鳴をあげた。

「---憑依の宴の始まりだ!」

そう言うと、聡は夕紀にキスをした。

「---むぐっ…!!!」
夕紀と聡は、そのまま力を失い、床に倒れた…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ほら!起きなさい!」

体を蹴られて、意識を取り戻した彼は
もうろうとした意識で周囲をうかがう。

「---お、、、俺は…」
憑依から解放された聡が狼狽える。

その視線の先にはーーー
勝ち誇った表情で聡を見下す
幼馴染の夕紀の姿があった。

腕を組み、
蔑むような目線で聡を見つめる。

「---ゆ、、、夕紀…まさか!」
聡が叫ぶと、夕紀が笑った。

「くふふふふ♡
 そのまさかよ!
 三園くん…ううん、ご主人様に体を乗っ取られちゃった!
 わたし、憑依されちゃったぁっ!あはははははは♡」

夕紀が面白そうに笑う。

「いい胸じゃん!うふふ♡」
制服のブレザーを引きちぎるようにして脱ぎ捨てると、
両手で胸をわしづかみにした。

「こんなエッロイ幼馴染がいるなんて、
 聡もずるいよねぇ! あぁん♡ すげぇや うふっ♡」

夕紀が甘い声を出し始める。

「貴様ぁ!夕紀には手を出さないって言っただろうが!」
聡が叫ぶと、
夕紀は笑う。

「ふふふ・・・
 手、出してないんだよなぁ!
 お前が勝手に俺を、夕紀に憑依させたんだぜ!」

夕紀が男言葉で笑う。

「そうよーー
 あなたが夕紀ちゃんに無理やりキスをして、
 ご主人様の魂を、夕紀ちゃんに憑依させたんじゃない」

志穂が言う。

「---お、、、俺が・・・」
聡はその場で膝を折る。

「--アンタ、夕紀ちゃんのこと、思いっきり叩いてたじゃない。
 夕紀ちゃん、泣いてたわよ…?」

志穂が見下すような視線を投げかける。

「違う!それは、俺じゃない!三園!お前が俺に憑依して
 好き勝手やっただけだろうが!」

聡が叫ぶ。

「---でも”俺”は手を出してないぜ?
 手を出したのはお前のからだだ。

 お前が勝手に俺を夕紀に憑依させたんだ。

 夕紀を、お前が地獄に追いやったんだ!」

髪の毛を狂ったようにかきむしって
興奮した様子で足をじたばたさせる夕紀。

「くぅぅぅぅぅふ♡
 もう、我慢できなぁい!」

夕紀が壁に体を押し付けて
お尻や胸の快感を味わっている。

「ふぅん♡ あふっ♡ うふふ♡
 気持ちいい♡」

喘ぎ声をあげる夕紀。

「や、やめろ!夕紀にそんなことさせないでくれ!」
目に涙をためる聡。

「ーーーーお前の好き勝手に夕紀を弄ぶな!」

そう叫ぶと、
夕紀は振り返って笑う。

「---わたしは、三園くんの女ー。
 三園くんのためなら何でもするー」

呟き始める夕紀。

「---や、、やめろ!」
聡には分かった。

これが三園の言う”カスタマイズ”

夕紀が、夕紀でなくなるー。

「やめろ!やめろ!やめてくれ!!!」

「--わたしはーーー」
そう言うと、ボーっとした様子で天井を見つめる夕紀。

「--ふ~~ん、聡、わたしアンタのこと 
 大好きだったみたい…!

 うふふ・・・でも、この感情を、三園くんへの愛に
 書き換えちゃお!

 で、三園君への嫌悪を、聡に書き換えちゃお!!うふふ♡」

聡は雄叫びをあげた。

「うああああああああああ!」
夕紀に殴りかかろうとする聡。

しかし、
背後から志穂に抱き着かれた。

志穂の胸が聡に当たる。

だが、そんなことを喜ぶ気にはなれない。

「話せ!宮渕さん!話してくれ!」
聡がもがく。

「---邪魔しちゃだ~め♡」
甘い声で囁く志穂。

「邪魔をするなぁ!!!」
もがく聡。

「---わたし、、、変えられちゃう♡
 でも、、、でも、、、幸せ♡」

夕紀の目から涙がこぼれるー。

あの涙は、夕紀のー。

「どけええええええええ!」
聡が志穂を殴りつけた。

もう、無我夢中だった。

もう、どうでもよかった。

とにかく、夕紀を助けたい。

吹き飛ばされて机に激突した志穂。
それでも、志穂は笑っている。

「----夕紀!」
夕紀は意識を失って倒れていた。

「---ん…」
夕紀が少しずつ意識を取り戻していく。

「---夕紀…夕紀…ごめん…
 俺、、あいつに憑依されて、夕紀を危険な目に」

聡が涙をこぼしながら言うと、
夕紀は言った。

「-----触らないで」

と。

「--ゆ、夕紀…」

聡は現実を受け入れられずにいた。
三園が夕紀の体から出て行ったということは、、もう…

「---汚い!最低っ…
 あんたみたいのと、わたし、何で親しくしてたんだろ?
 …さ、、寒気がする!あっち行って!」

汚物を見る様な目で叫ぶ夕紀。

「違う!夕紀!俺は・・・」

「---キモい!うざい!近寄らないで!」

ーーその言葉に聡は酷くショックを受ける。

そして、
部屋に三園が入ってきた。

「---よ!聡く~ん!」
ふざけた様子で言う三園。

「---貴様あああああああああ!」
殴りかかろうとする聡。

聡の拳が強烈に、
叩きこまれたーーー

だがーー
殴った相手はーー
三園ではなく、、
三園をかばった夕紀だった。

「---ゆ、、、夕紀!」

聡に殴られて吹き飛ばされる夕紀。

「---あ、、あんた最低!」
敵意をむき出しにして聡を見つめる夕紀。

「--ゆ、、夕紀!やめてくれ…
 そいつは、、そいつは…!」

聡はその場で悔しくて、悲しくて、
涙を流しだしてしまう。

「---夕紀」
三園が夕紀に近づくと

「三園くん・・・♡」
と、ものすごく甘えたような声を出す夕紀。
心底嬉しそうだ。

「--”言ってやれ”」

そう三園が言うと、
夕紀は微笑んで、聡に近づいて、
顔を覗き込んだ。

「---聡ぃ~?
 世界が終わる10秒前みたいなカオしちゃって…
 マジでうけるんだけど!」

バカにしたように、
蔑むように言う夕紀。

夕紀が、落ち込む聡を励ますときに、小学生時代から
言っていたセリフー。

「---ゆ、、、ゆき・・・」
聡の顔は涙でぬれている。

「---出てけ!出てけ!」
三園が手を叩きながら「出てけ」コールを始めた。

夕紀と志穂も満面の笑みでコールを始めた。

「出てけ!出てけ!出てけ!出てけ!
 出てけ!出てけ!出てけ!出てけ!」

勝ち誇った表情の三園ー
敵意むき出しで笑う夕紀ー
見下すような視線を送る志穂ー。

「----うあああああああああっ!」
聡がその場に蹲る。

「--おら、早く出てけよ」
三園が言う。

「もう、終わりだ。
 俺は夕紀と志穂と毎日セックスしながら
 日々を堪能するぜ! なぁっ!」

三園が背後にいる夕紀と志穂に語りかける。

「嬉しい♡」
夕紀が顔を赤らめて言う。

「---はい♡楽しみです!」
志穂が嬉しそうに言う。

「--もうお前には何もしねぇ
 ”怒られちまう”からなー。
 俺は、ここまでだ」

三園が言うと、聡は負けじと三園を睨んだ。

「逆らったら…後輩の彩月ちゃんも、
 俺の手ごまにしてやるぜ?」

聡はその言葉を聞いて、
志穂と夕紀の二人を見た。

もう、、、無理だーーーー。
助けられない。

このままじゃ彩月も…。

「---二度と俺らに関わるな!
 そしたら、あの可愛い後輩ちゃんだけは助けてやるよ」

三園が言うと、
聡は夕紀の方を泣きながら見つめた。

勝ち誇った表情の夕紀。

「出てけ!出てけ!」とコールをしている。

夕紀の目を見るーー

夕紀ならーー
”彩月ちゃんだけでも助けてあげて”と言うー。

そんな気がした。

「くっそぉぉぉぉぉぉぉ!」
聡は生徒会室から飛び出した。

「くくく…負け犬が!」
三園が叫ぶと、
夕紀と志穂は二人とも、狂ったように笑い始めたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日後。

「ごめんなさい…わたしのせいで」
事の結末を聞かされた後輩の生徒会書記・彩月が悲しそうに言う。

「--いや、いいさ…。
 あれ以上、食い下がってたら、榎本さんまで
 あいつに…」

聡はそこまで言うと、涙を目からこぼした。

「--泣かないでください 先輩」
彩月が言うと、聡はうなずいた。

あの翌日、
三園と志穂、夕紀は退学届を出し、行方をくらました。
志穂と夕紀の両親が何も言わないところを見ると、
三園に何かされたのだろう。

放課後の夕暮れ時。
道を歩きながら聡は言った。

「…榎本さんのことは、俺が守るからー」

志穂もー
夕紀も守れなかった。

ならせめて…
彩月だけでも。。。

「---先輩」
彩月が嬉しそうに言う。

「じゃ、また明日な」
二人は手を振り、それぞれの家に向かう。

「・・・・・・・・」
一人歩く彩月。

背後から声がした。

「---本当、怖いよな、女って」
三園の声だ。

「---あら…先輩」
彩月が振り返る。

「--ま、俺は嫌いじゃないけどな」
三園はそう言い、さらに続けた。

「まさかーーー
 好きな先輩の聡を手に入れるために、
 邪魔な二人の女子を排除しようとするなんて…
 怖すぎるぜ…」

三園の言葉に彩月は笑った。

「ふふ・・・わたし、先輩…
 ううん、聡のこと、大好きですから。」

彩月はーーー
聡が好きだった。

けれど、聡は生徒会長の志穂に想いを寄せていた。
そして、幼馴染の夕紀は聡が好きだったー。

だからーー
手近な不良生徒に憑依薬を渡して、
夕紀と志穂を排除してもらったー。

「ねぇ、三園先輩、知ってます?
 女って、愛のためなら何でもするんですよ?」

冷たい声でほほ笑む彩月ー。

「--怖いねぇ…
 ま、俺はかねてから狙ってた志穂と夕紀の体が
 手に入ったから、細かいことはどうでもいいけどな!」

三園が笑う。
そして、さらに続ける。

「---ところで、憑依薬ってヤツ…
 どこで手に入れたんだ?」

三園の言葉に彩月は微笑む

「---聞かない約束、ですよね?」

「--冷たいこと言うなよ。
 教えてくれなきゃ、彩月ちゃんに俺が憑依して、
 記憶を読み…」

そこまで言って、三園は言葉を止めた。

「---わたしの、、邪魔をするのーーー?」

彩月が、この世のものとは思えない
恐ろしい表情で、冷たく、言い放った。

「---------ひっ!」
不良の三園は思わず情けない声を出した。

「---じょ、、、冗談だよ…」

そう言うと、彩月は微笑んで
「じゃあ、失礼します。
 三園先輩は二人の女の子と、存分に楽しい人生を
 送ってくださいネ!」

と言い、そのまま三園に背を向け、立ち去って行った。

「ーーーーこれからはず~~~っと一緒だよ…
 せ~んぱい♡」

彩月は、聡のことを思い浮かべながら、歪んだ笑みを浮かべて呟いた…。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

歪んでしまいました。
何もかも。

もう、戻れません。

お読み頂きありがとうございました!

憑依<壊れる日常>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました