<憑依>デス・ヘルメット

祖父は言った。

「絶対にかぶってはいけない」 と。

息を引き取る最後の直前に、
一人息子に対してそう告げた祖父。

息子はその言葉を守っていた。
だがー、大学生になり、彼女を家に呼んだその日、
悲劇は起きた…。

-------------------------------

大学生の丹本 芳明(にもと よしあき)は、
自宅に彼女の直美を招待していた、。

趣味はバイクいじり。
祖父から受け継いだ家には広めの庭と駐車場スペースがある。

そこに、立派なバイクが止まっていた。

「---ふふん…」
今日もバイクを眺めてドヤ顔をする芳明。

彼は心底バイクが好きだった。
”バイクは彼女”
そう豪語していた彼にも、彼女が出来た。

月野 直美(つきの なおみ)

子供っぽさが残る可愛らしい容姿の彼女。

けれど、性格は対照的に落ち着いており、
大人の女性、という感じの女性だ。

その直美が、今日、家に遊びに来ることになっていた。

実家暮らしだが、ちょうど、母親と父親は、
親戚の家に行っていて、今日は帰らないそうだ。

「---ふぅ。浮気してごめんな」
バイクを撫でながら一人、呟く芳明。

「--でもさ、俺、一番はお前だから。
 な、だから…」

バイクが一番。
一人で笑みを浮かべてそう言う、芳明。

その時だった。

「--私が2番なのね?ふふっ」

背後から、彼女の直美の声がした。

「ゲーッ!」
芳明は振り返って、真っ青な表情で
直美に手を振った。

「---いや、そのこれは…
 ホラ、俺、バイクが…」

芳明が冷や汗をかく。

これが修羅場か。

芳明はそう思った。

なんで、バイクと彼女の間で修羅場になっているのか。
そもそもこのバイクはメスなのか?
いや、そんな概念は…

「ーーー」

頬を膨らませてすねた表情を見せる直美。

「あ~~~ごめんごめん!
 嘘だよ!直美が一番だよ!」

芳明が慌てて言うと、
「ふふっ、冗談よ!
 バイクを見つめる芳明くんの顔、好きだから、
 今のままでいいよ!」

と微笑んで言った。

「おじゃましま~す」
直美が、誰も居ない家の中に入っていく。

「--彼女なんて連れて来たの初めてだよ」
芳明が言うと、

「あら?そうなの?嬉しい!」
と、直美が喜ぶ。

とりあえず和室に案内する。
古い家だから、和室も備えられている。

ここは元々、亡き祖父が使っていた部屋だ。

部屋の隅には、黄色いヘルメットが置かれている。

「---」
芳明はそれを見つめる。

あのヘルメットは…。

芳明は祖父が死んだ時のことを思い出す。

”芳明…
 あのヘルメットは絶対にかぶるな…
 そして、、、ゼッタイに…捨てようともするな……

 あれは……わしが、犯してしまった罪から
 生まれた悪魔のヘルメットだ…”

祖父は、最後の瞬間にそう呟いた。

最初、迷信だよ!と笑いながら、
母の妹が、そのヘルメットを捨てようとした。

だがーーー
妹は突然、心筋梗塞を起こして死んでしまったのだ。

それ以降、一族はみな、恐怖を抱いて
そのヘルメットをそのまま放置している。

「-----」
芳明は、ふとそんな昔話を思い出して、
苦笑いした。

「あ、何か飲むか?」
芳明が言うと、

「ーーう~ん、じゃあ、芳明くんチョイスでお願い!」
と直美が笑った。

「俺、チョイス?よ~し!凄い飲み物持ってきてやるぞ~!」
芳明はそう言いながら台所に向かう。

この日のために、エナジードリンクをブレンドした
特製のスペシャルドリンクを作っておいたのだ。

「----う~ん、和って感じ!」
直美が一人、和室で呟く。

「あら?こんなところにヘルメット…
 ずいぶんホコリ被ってるのね…」

黄色いヘルメットを見つけて、直美がそれを手にする。

「---芳明くんのヘルメットかな?
 …そうだ!掃除しておいてあげよっと!」

直美が微笑みながら、ヘルメットの掃除をする。

そして、一通り掃除を終えると、
直美がほほ笑んだ。

「---ちゃんと見えるようになったかな~」

そう呟きながら、
ヘルメットを自分の頭にかぶせるーーー

「------!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くくく…完成だぜ!
 芳明スペシャルドリンク!」

芳明は一口それを飲んでみる。

「ぐっは!クソまず!」

芳明は、悪戯好きで、よく彼女の直美に
悪戯をしていた。

大人な直美は、そんな芳明の一面も好きだった。

”芳明くんチョイス”とは
そういう悪戯を期待しての言葉だった。

芳明が和室に戻ると、
直美の姿が消えていた。

「直美ーーー?」

芳明がふと、部屋の隅に目をやる。

”あのヘルメット”がないーーー!

「--ーまさか!」
芳明が慌てて外に出ると、
芳明のバイクにまたがる直美の姿があった。

「---直美!」
芳明が叫ぶと、
直美はヘルメットをかぶったまま芳明の方を見た。

「---直美!!!
 お前・・・い、今すぐそのヘルメットをとれ!
 そのヘルメットは…!」

芳明は自分の愚かさを呪った。
”言うべきだった” と。

まさか、直美がヘルメットに興味を示すとは思わなかった。

「---この体は貰った」

直美がそう言った。
ヘルメットの下からはっきりした声で。

「---な、なんだって!?」
芳明が叫ぶ。

直美は意にも介さず、
バイクのエンジンを吹かせ、
そのまま急発進してしまった。

「な、、、直美!くそっ!」
芳明は、もう1台止めてあった、サブのバイク…
大学の先輩がいらないと言っていたから安く買取したバイクに
またがり、直美のあとを追う。

「くそっ…あのヘルメットはやばいんだ!直美!」

彼女の身を案じながら、後を追う。

前を走る直美が
蛇行運転をしながら、
スピードをどんどんあげていく。

今にも転倒しそうなほどにバイクを傾けて、
気分よく走っている。

「---くそっ!直美!それと…俺のバイク!」

直美のこともー、
バイクのことも心配だった。

赤信号。

直美のバイクが止まる。

芳明は「よし、追いつく!ヘルメットを引きはがしてやる!」と
笑みを浮かべる。

しかし…

直美がこちらを向いた。

そして、指を一本立てて、挑発すると、
そのまま、赤信号を無視して爆走し始めた。

「おい!!まじかよ!」
赤信号無視に毒づきながらも、
後を追う芳明・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「---くくくっ この風だ!
 気持ちいい!!!最高だ!」

直美がいつもの穏やかな雰囲気ではなく、
興奮を隠せない、という様子でヘルメット越しに言う。

「--っかし、女の体とはな…
 髪の感覚とか、足の感じとか、
 面倒くせぇ…
 っ~か寒みぃ!」

スカート姿だった直美は
そのままバイクに乗り込んでいた。

タイツは穿いているが、
どうしてもバイクを運転するには適していない。

「くっそ…
 不便な体だぜ!」

そう言いながら、タイツの方を見つめる。

「--」
バックミラーで彼氏の芳明を確認する直美。

直美の意識は、今やヘルメットの中に宿っていた
怨霊に完全に乗っ取られていた。

そう、憑依されていたー。

このヘルメットは…
芳明の祖父が若いころ、地元のワルとつるんでいたころの
悪友のものだ。

だがーー
祖父と悪友は喧嘩になり、
バイクで走りながら言いあいになった。

併走する二人。
そしてーーその最中に喧嘩に気をとられていた悪友は
車にはねられて・・・死亡した・・・。

祖父は自責の念からそのヘルメットを拾い、
家に持ち帰った…

そう、
ヘルメットには祖父の悪友の怨霊が潜んでいた。

「---ひゅう!」
バイクで走りながら嬉しそうな声をあげる直美。
彼女の意識は心の奥底に幽閉されている。

「---くそっ!」
芳明は懸命にバイクで追跡する。

赤信号ー。

直美はそれを無視する。

「---っぶねぇな!ババア!」
横断歩道を渡っていた高齢者を罵りながら
爆走する直美。

「---…何なんだよあのヘルメット・・・
 直美はどうしちゃったんだよ!」

芳明はさらに直美を追跡する

直美はヘルメットの下で、
この上ない、笑みを浮かべていた。

「くはははははははっ!
 これ、これだよ!!!
 このスピード感!

 あぁ…たまらない…」

直美が、色っぽい声を出す。

別に、憑依している怨霊は色っぽい声を
出しているつもりはない。

だがー、悦びの感情を爆発させると、
どうしても声が色っぽくなってしまう。

「あぁ…♡
 もっと、もっと走りたい!」

直美が、突然交差点でUターンをする。

転倒するかしないかギリギリのテクニックを
見せる直美。

直美は免許を持っていない。

だが、怨霊につき動かされて、
その体は、快楽に満ちていた。

「んはっ…」
女の体で爆走している…
そう思った怨霊は興奮してしまう。

直美の体も怨霊の意思に従い、
興奮状態になっていた。

下着が少しずつ濡れ始める。

「----いくぜ!」
直美が可愛らしい声で言うと、
さらにアクセスを踏み、スピードを上げる。

そして、再び別の交差点で、Uターンをする。

他の車がクラクションを鳴らす。

「---くくくっ!ヒャッハー―!!!!」
大声で叫びながら直美はさらに爆走した。

「---くそっ!」
芳明もUターンしようとした…

その時だった。

タイヤが…滑った…

芳明は目を見開いた。
「------!!!」

自分が、どのような状況に陥ったか
理解するのに時間がかかった。

そしてーー
理解したときにはーーー

交差点の中心部で、芳明は
大事故を起こして・・・
他の車に跳ね飛ばされ、そのまま死亡した。

即死だった。

「----くくっ!ばーか!」
直美がバックミラーでその惨状を見て、笑う。

「このスピード感!たまんねぇぜ!
 ふふふふふふふふっ!
 あはははははははははは~~~~♡」

直美の高らかな笑い声が響き渡った…。

ヘルメットに支配された彼女…

死のヘルメットが、
仲良し大学生カップルの未来を
奪ってしまった…

もう、戻れない。

二人の時間は、
もう、戻らない。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ヘルメットをとると、体から抜けてしまうようですが、
どうやって食事を摂るんでしょうね(笑)

このあとの内容も決まってますが、
それはまた機会があれば…!

PR
小説

コメント

  1. ステン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このヘルメットを被って例の車に乗ったらどうなるんでしょうか…笑

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > このヘルメットを被って例の車に乗ったらどうなるんでしょうか…笑

    確かにそうですね(笑)
    今度、〇〇万アクセス記念に書いてみます!