あけましておめでとうございます&短編小説「初詣」

あけましておめでとうございます!
2018年になりましたね!

昨年は、このサイトをオープンして、
色々な方にご覧頂きました!
本当にありがとうございます。

今年も頑張りますので、
よろしくお願いします!

早速ですが、新年のご挨拶の短編小説
「初詣」を用意しました!

-----------------------------------–

初詣…
賑わう人々。

その、隅の人気のないところで、
一人の少女がほほ笑んでいた。

霜野 柚音(しもの ゆずね)…。
彼女は、家族で初詣に来たタイミングで憑依されてしまった
不運な女子高生だ。

着物姿で、綺麗に整えられた髪。

しかし、柚音の表情は歪んでいた。

「くふふ…♡
 着物姿の女子高生って最高じゃねぇか」

手を鼻にくっつけて
そのニオイを嗅ぐ。

「くへへへへへへっ!
 いいニオイだなぁ…」

女子高生の荒い鼻息が周囲に
響き渡る。

「次に胸も触っちゃおっかな!

 滅茶苦茶に触っちゃうけど、いいよな?」

少女が一人、呟く。

少女は満面の笑みを浮かべる。

「うん、わたしの全てを楽しんで♡」

あざとく、可愛らしく微笑む柚音。

憑依した男による一人二役だ。

「--あはっ♡ おっぱいだぁ♡」
一人嬉しそうに胸を触る。

「んふっ♡ ふふっ♡ あふっ♡
 ひぅぅ♡ ひぇっ♡ きゃっ♡」

嬉しそうに一人で胸を触る少女

「あははっ♡ すご♡ すげぇ!すげぇ!
 すっげぇえええええええ!!!!!」

あまりの快感に柚音は叫んだ。

本能の赴くままに。

「---はぁっ♡
 やべっ…濡れちゃってるよ…

 わたしったらエッチね!うふっ♡」

わざと可愛らしく声を出す柚音。

憑依している男がやったらただのキモい男だが、
今は違う。

着物姿の女子高生になっているのだ。

「っかし…メンドくさそーな格好だな!
 髪もなんか整えられてるし…。

 こ~んな晴れ姿で、
 近くの男を襲ったら面白いだろうな~!

 乱れていく着物姿の女子高生…
 ぐふふふふふふふっ♡」

野獣のような飢えた表情を
可愛らしい顔でする少女。

「----ん?」

・・・ちょうど、近くを通りがかった20代のサラリーマン風の
男が目に入る。

「---ふふっ♡ 獲物発見…
 いいや、この体でヤッちゃおっと!

 わたしがどうなろうと、わたしのからだじゃないから
 関係ないしね!
 うふっ♡」

そう言うと、柚音は色っぽく歩きながら、
その男のほうを目指したー。

着物姿の女子高生の大きな喘ぎ声が
響き渡ったのは、その10分後のことだったー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

あけましておめでとうございます!
ということで、今年の挨拶代りの小説を
即興で作りました!

作り置きですけど…
大晦日の夜に作ったので、半分出来立てです(笑)

今年もよろしくお願いしますネ!

小説
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました