<憑依>ネオ・ビジネス~体は会社の備品~①

とある会社ー。

一人の若き女性社員が、
憑依されるー。

社長にとって、社員は会社の”備品”でしかなかったのだ。

憑依された女性は、
体を使って、取引先との交渉を有利に進めようとする…。

------------------------------------

「---ははっ、大変だなぁ…」

電話をしながら、男が笑っている。

男の名前は 田辺 宗一(たなべ そういち)。
24歳の会社員だ。

「そっか…大変だな。
 まぁ、、頑張れよ!

 来週の土曜日には、たっぷり楽しませてあげるからさ!」

宗一が言う。

電話の相手は彼女の伊藤 愛結(いとう あゆ)

来週の土曜日は彼女の誕生日だった。

愛結とは高校時代からの付き合いだ。
高校の生徒会活動をしている際に意気投合して、
そのまま付き合い始めた二人。

大学は別の大学だったけれども、
それでも二人の絆は揺るぐことなく、
そのまま宗一と愛結は、今も付き合いを続けている。

「--じゃ、また明日」
宗一が電話を切る。

「大変だな…愛結も」

愛結は、とある会社の事務職をしている。

とても可愛らしく、美人な彼女は、
よくセクハラまがいの発言も受けると言う。

宗一にとってはとても心配なことだったが、
とりあえずは見守ることぐらいしか出来ないのも事実だった。

「誕生日…か
 喜んでくれるといいな」

宗一は用意してある愛結へのプレゼントを見つめて、
そう呟いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

愛結は、会社のとある集まりに出ていた。

取引先との忘年会のようなものだ。

「---可愛い御嬢さんだ。
 お名前は?」

会社の取引先の男、
又吉 吾郎(またよし ごろう)が
イヤらしい目つきで、愛結の方を見る。

スーツ姿でも、そのスタイルの良さがよく分かる。

「--伊藤 愛結です…。」
嫌そうな表情にならないように笑顔を振りまく。

「--はははっ!
 可愛いなぁ!初々しいところもまた魅力だ。」

取引先の又吉が笑うと、
愛結の会社の社長・鴻上 竜馬(こうがみ りゅうま)も
笑った。

「--いやぁ…こんな子を抱けたら、
 お宅との取引、2倍、3倍にするんですけどねぇ」

取引先の又吉が言う。

愛結は「ふふ・・・」と愛想笑いを浮かべながらも、
手を震わせていた。

愛結は、そういうことが嫌いな性格だったのだ。
”どこまで清純なの?”と大学時代友人に言われたぐらいだ。

「--どうだい?このあと一緒に?」
又吉が平気でセクハラ発言をする。

「ごめんなさい。。
 失礼しますーー」
愛結は我慢できなくなって、その場から退散した。

他の社員たちが不思議そうにその様子を見る

「チッ!あ~あ、つまんないの!」
取引先の又吉が不愉快そうにそう言い放った。

「申し訳ございません。
 よくしつけをしておきますので」

鴻上社長は、酒を注ぎながらそう呟いた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜。

酒の席から会社の社長室に戻った鴻上は、
冷蔵庫から水を取り出して飲み干す。

そしてー
窓の外に見える、夜の街を見つめた。

「社員は家族ーか。」

先代社長が掲げた理念。

だが、先代は2年前、
若い女性社員に毒を盛られて急死した。

そしてー
鴻上 竜馬が、後継ぎとして、後を継いだのだ。

竜馬は、まだ40代。
社長としては、若い。

「私にとっては
 社員は家族などではないー
 社員はーーー”備品”だ」

鴻上はそう言うと、笑みを浮かべる。

2年前、父を殺害した新入社員の女は、
”記憶にない”と容疑を否認し続けた挙句、
最後は自ら命を絶った。

「記憶にない…か」

当たり前だ。

鴻上社長がーーー。

「-----くくく」

鴻上は机の中から、とある薬を取り出した。

”憑依薬”

これを使って、思いのままにーー
あの女を操ったのだからー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

愛結が出社すると、
社長から呼び出された。

「--社長から直々の呼び出しなんて珍しいな。
 何の話だろう?」

同期の脇 拓哉(わき たくや)が言う。

「うーん、何だろう…
 昨日の宴会で、途中退席したことを怒られるのかも…」

愛結が言うと、
拓哉が呆れた様子で言う。

「いやぁ、昨日のセクハラ発言だったらああして当然だろ!
 伊藤さんは何も間違ってないよ」

拓哉の言葉に、愛結は「ありがと」と言うと、
そのまま社長室へと向かった。

ーーー失礼します。

社長室に緊張した面持ちで入ると、
鴻上社長は笑顔で愛結を出迎えた。

「---お話とは、何でしょうか?」
愛結が聞くと、鴻上社長が笑った。

「--私は、数か月間”出張”することにしたよ」

出張?
鴻上社長の意図が分からない。

「はぁ…出張ですか…どちらに?」

愛結が尋ねると、
その瞬間、鴻上が突然愛結にキスをした。

「んくっ…」
慌てて引きはがそうとする愛結。

だがーー

愛結の意識が、薄れていくー。

体がビクン、ビクンと何度も痙攣する。

そしてー
そのまま愛結は白目をむいて倒れた。

鴻上社長も同じく倒れるー。

数分が経った。

「---」
愛結がゆっくりと起き上がる。

視界の邪魔をしている髪の毛を乱暴にどかすと、
愛結は呟いた。

「ひひひ…憑依ってのは何回してもいいものだ…」
口元をゆがめて、イヤらしく笑う愛結ーー

「---出張…、きみの体の中に出張させてもらうよ…
 
 くくく…なーんてな!!!」

愛結が表情をゆがめて笑う。

「--伊藤 愛結の体、ゲットぉぉぉぉお!
 ひひひひひひひっ、
 あはははははははっ!!
 うふふふふふふふっ♡」

社長室の中で一人笑う愛結。

「あ~~最高」
嬉しそうに髪の毛を乱しながら、社長室の机に座る。

足を組んで座ってみるが、
スーツだからイマイチ色っぽさにかける。

「---くふふ・・・明日から私服にしよっと」

愛結のマネをしながら笑う。
社長権力を使えば、愛結を私服出勤にするのはたやすい。

そして、愛結は舌で唇を舐めながら笑った。

昨日の宴会での言葉を思い出すー。
取引先の又吉が、体を売れば、取引を2倍、3倍にすると言っていた。

「--うふふふ・・・
 …ん?あ~彼氏いるんだ、わたし」

愛結がつぶやく。
愛結の記憶を鴻上社長が読み取りながら笑った。

「--ま、いっか。
 わたしも会社の備品だし!
 会社のために、体をおじさんに売っちゃおっと!
 あははは、ふふふふふ♡」

わざと色っぽく歩きながら、
愛結は、自分の部署へと戻って行った。

「--あ、おかえり。どうだった?」
同期の拓哉が愛結に尋ねる。

「--うふふ♡ とってもいい話だった」
愛結はそう言って、笑みを振りまく。

拓哉はいつもと違う妖艶な笑みの愛結を前に
顔を赤らめた。

「---あら、そんな赤くなっちゃって!」
愛結はわざと、ボディタッチをして、そのままご機嫌そうに
座席へと戻っていく。

「----」
拓哉は自分のドキドキが止められなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

愛結は、挑戦的なミニスカートと胸元を強調した服装で、
会社に出社した。

「---な、、、、何だその格好は?」
部署の部長が叫ぶ。

「--うふふふ♡ ご不満ですか?部長」
愛結は挑発的な表情で部長を見た。

「--お、、不満とかそういう問題じゃない!
 今すぐ着替えてきなさい!」

部長がそう叫ぶと、
愛結が、色っぽく歩きながら、
部長の机の上に座り、足を組んで部長の方を見た。

「き…きさま!何をしている」

そう言いながらも、目の前で、
足を組んでいる愛結に視線が釘付けになっている。

顔も赤くなっている。

愛結の綺麗な足が目の前にある。

「ーー社長からの許可、出てるんですけど」
愛結が言う。

「なんだと!?」
部長はそう言いながら、パソコンで通達を確認する。

すると、愛結が突然、体を密着させて、
社長の手の上から自分の手を被せて、
パソコンを操作し始めた

「くっ・・・な、、何を?」
部長は、前かがみになっている愛結の胸元に目が釘付けになった。

「ほら…これですよ♡」
通達を開き、部長の耳元でささやく愛結。

「--あ、、、、あ、、、ああ、わかった」
部長は顔を真っ赤にして放心状態で呟いた。

「---ふふ♡」
周囲の社員たちを”アリ”を見るかのような目で
見下しながら自分の机に戻る。

「ーーーお、、おい、、どうしたんだよ?」
同期の拓哉が尋ねたが、
愛結は笑うだけだった。

そして、呟いた。

「--ねぇ、、、今夜、空いてる?」

愛結が甘い声で囁く。

彼氏がいるのは知っている。
だがー同期の拓哉は、愛結が好きだった。

その言葉に、拓哉は即答で返事をした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜。

彼氏の宗一のところに電話がかかってきた。

「ねぇ宗一…」
彼女の愛結からだった。

「--愛結?どうした?
 なんか、声が変だけど…?」

宗一が違和感を感じて言うと、
愛結は笑った。

「ううん…
 あ、そうだ、宗一、
 わたし、しばらく会社に泊まるから

 あっ♡、、
 だから♡
 よろしくね!!」

その声に違和感を感じながら宗一は聞き返す。

「え?そんなに仕事忙しいのか?」

「え? あぁ、、そこ♡ そこもっと♡、、

 うん、、、忙しいの。。
 わたし、会社に尽くさないといけないから、、、
 だから、、、しばらく会えない!」

愛結が喘ぎ声のような声を上げている。

「おい、、愛結…?
 土曜日は…?」

宗一が聞くと、
愛結は答えた。

「土曜日?大事な取引先との時間が
 入っちゃったから、会えなくなっちゃった!えへっ♡」

悪びれる様子も無く、電話口の愛結が笑う。

「---…そっか…わかった…」
宗一はショックを受けた。

本当に、誕生日を楽しみにしていたのだ。

「---じゃ、また」
宗一は電話を切った。

あまりのショックで
”今、何してるんだ?”と聞くのも忘れてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あぁ、、最高だよ、、、伊藤さん!」

同期の拓哉が愛結の体を抱きしめながら笑う。

「あぁん♡ わたしも、、、さいこう♡

 あは♡あははは♡」

ナース服を着た愛結が笑う。

「まさか、伊藤さんにコスプレ趣味があったなんて」
拓哉がイヤらしい目で愛結を見た。

これはー
”予行練習”

取引先の又吉を満足させるための。

「うふふふふふふふっ♡」
愛結は笑う。

「あはははははははははっ!
 あははははははははははは♡」

狂ったように、社長室で、同期の拓哉と
ナース服姿で抱き合いながら、笑う愛結。

その部屋の片隅には、
セーラー服や、チャイナドレス、メイド服などが
用意されていた…

全ては、取引先を満足させるためーーー。

翌日ー。
拓哉は、”愛結を襲った”という情報を流されて、
懲戒解雇となったー。

もちろん、愛結自身が流した情報だー。

「---ばいばい、拓哉くん」

愛結は、笑いながら、その通達を見つめて微笑んだー。

②へ続く

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

「他者との関係をよくするために体を奪われる」という
リクエストから生まれた作品です!

続きは明日です!!

PR
憑依<ネオ・ビジネス>

コメント