<憑依>無の部屋 ~そこは地獄~

「お前の体をよこせ」

もしもそう言われたら多くの人は

「嫌だ」
と答える。

しかし…それは、”地獄”を見たことのない人間の戯言ー。
地獄は、人を変えるー。

-----------------------------------

女子高生の
木川田 樹里(きかわだ じゅり)はとある人物たちに
突然、拉致された。

しっかりものの樹里は、この非常事態でも
臆することなく拉致をした男の方を
睨むようにして見ていた。

明るく、世話焼きの樹里は高校でも、
クラスメイトから信頼される”優等生”だった。

自分の意思をしっかりと持ち、
不正や悪いことに対しては凛とした態度で臨む。

そんな子だった。

「---わたしを、どうするつもりなの?」
四角形の何もない部屋に連れてこられた樹里が言うと、
男は笑った。

「ククク…きみの体が欲しいんだ。
 私にくれないか?」

男がニヤニヤしながら言った。

突然の言葉に樹里は
”この男は頭がおかしいんじゃないか?”と
頭の中で思う。

「---い…いやよ!
 誰があなたなんかに!」

制服姿の樹里は、泣くこともなく、
毅然とした態度で男の言葉を拒否した。

「--そうか。
 困ったな…」

男が考え込んだ表情で言う。

「--私はこう見えても紳士でね。
 人からモノを無理やり奪うことはない。
 それが人の体であってもね」

男が言うと、
樹里は叫んだ

「あなたと話すことなんか何もないわ!
 早く私を解放して!」

睨むようにして男を見る樹里。

「くくく…
 気の強い御嬢さんだ。
 
 だが…」

男は紳士的な表情を歪めて笑った。

「それを屈服させるのがー
 私にとって、何よりの快感」

男はそう言うと、樹里の方を見て笑う。

「きみは、必ず私に体を譲りたくなる。

 泣き叫びながら
 「体を差し上げます」と私に言うだろう」

男の言葉に樹里はムッとして叫ぶ。

「そんなわけないじゃないー!
 ふざけないで!」

男は「今に分かる」とつぶやいて
部屋の出口に向かう。

そしてーー

「--どこに行くのよ!」
樹里が叫ぶと、
男は無言で扉を閉めて、
外からカギをかけた。

何もないー
四角形の部屋

「ちょっと!どういうつもり!?
 警察に通報するわよ!」

樹里が叫ぶ。

スマホがポケットに入っている。

慌ててそれを取り出し、
警察への連絡を試みる樹里。

だがーー
”圏外”だった。

「無駄だよー」
男の声が部屋のスピーカーから響き渡る。

「そこは私が作り出した通称”無の部屋”
 ご覧のとおり何もない部屋だ。

 君にはそこにずっといてもらう。
 私にからだを提供したくなるまでーーな?」

男の声に樹里が叫ぶ。

「--ふざけないで!
 こんなことしてただで済むと思ってるの!?
 お父さんやお母さん、警察の人が
 きっと私を見つけてくれる!」

樹里が気丈にも叫ぶ。

ピピッ…

男は多数のモニターが並んだ部屋で樹里の様子を見ていた。

「フフフ…私は
 ”無許可の憑依”はしない。
 必ずきみに言わせてみせるよ…

 ”体を差し上げます”となー」

男がスイッチを押すと、
部屋の照明が消えた。

何もない、真っ暗な世界。

「ひっーー?
 な、、、何なの?」

樹里がおびえた声を出す。

何も見えないー

何も音もしないー

そこは、漆黒の空間…。

闇は人に恐怖心を与えるー。

樹里は次第に焦り始めていた。

「ちょっと!なんなの!
 ねぇ、、、何よ!!電気ぐらいつけてよ!」
樹里の声に焦りが見え始めた。

「くくく…
 暗闇は人を発狂させる…」

男はスピーカーのマイクをオフにした状態で呟いた。

「何分、持つかな?」
男が口元をゆがめた。

樹里が暗闇の中歩く。

壁に手をついて、扉を手探りで探す。

「--ど、、、どうして私がこんな目に!」
樹里は途方にくれて、その場に蹲る。

周囲を見渡すが、何も見えない。

上を見ても。
下を見ても。
左も、右も暗闇。

部屋の中の壁や天井、床は全て黒塗りだった。

だからこそ、余計に恐怖心が煽られる。

「ーーー」
樹里の”強い心”が次第に、恐怖で埋め尽くされていく。

「---だ、、出して!」
樹里が叫んだ。

「出して!ねぇ!出して!出して!出してよぉ!」

樹里の目に、涙がたまり始める。

その声の変化を、男は聞き逃さなかった。

「わずかな変化だがーー。
 恐怖が声ににじみ出ている。
 始まったな-」

男は笑う。
”樹里”が恐怖に支配され始めた。

「助けて!お願い!助けて!助けて!」
樹里が壁を叩く。

だが、男は答えない。

「助けて!助けて……
 いやっ…わたし……助けて…お願い…」
樹里はその場で泣き出してしまった。

男は満足げにその様子を見つめる。

モニターには樹里の姿が映っている。
部屋は暗闇だが、
特殊な処理で、カメラには普通に樹里の姿が映し出されている。

「--うぅ…助けて…助けて…」
樹里が泣きじゃくっているのを確認して、
男はようやく声を出した。

「ならば、私にからだを譲るか?」

だがーー
樹里は泣くだけで、返事をしない。

「---強い子だな」
男は呟いた。

前にも3、4人、
この部屋で”実験”したことがあるが、
全員、この時点で”まさか本当には体を奪われないだろう”とでも思ったのか
「体を譲りますから!」と泣き叫んだ。

「----」
男はこの”無の部屋”の真の力を解き放つことにした。

この部屋はただの無の空間ではない。

心が折れない女性が現れたときのために
”拷問”するための仕掛けが施してある。

この部屋は
通称”ブラック・ボックス”とも呼ばれている。

男が笑みを浮かべながらスイッチを押した…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ーーーーな…なに…?」
樹里の鼻に”異臭”が漂ってきた。

とても臭いニオイ。

長年放置されたトイレのようなニオイだ。

「---んっ…いやっ!」
樹里は思わず鼻を塞ぐ。

しかも、ニオイはさらに臭くなっていく。

「--樹里ちゃん、だったかな?
 キミは暗闇の恐怖に耐えた。

 だが、私はどうしても君の体が欲しい。
 だから、ここからは本気で行かせてもらうよ」

ニオイでそれどころではない樹里。
あまりの臭さに吐き気を催してきた。

「どうだ、そのニオイは?
 いいニオイだろう?
 私も嗅ぎたいぐらいだ!」

男が冷やかしの言葉を言い放つ。

「--うっ…ねぇ、、、どうして私がこんな目に
 遭わなきゃいけないの!?」

樹里が泣き叫ぶ。

あまりの臭さにオエッとなってしまう。

「--決まっている」
男は言った。

「君が、可愛いのが悪い。」

「---悪魔!」
樹里は叫んだ。

男が、”気の強い子だ”と苦笑しながら、
さらにスイッチを押した。

天井が開き、
大量の”納豆”が、部屋中に落ちてくる。

「--ひっ!?」

樹里は納豆が嫌いだった。

男は、それをあらかじめ調べていた。
だからー
部屋に、膨大な量の納豆をばらまいたのだ。

「いやぁああああああああ!」
樹里が叫ぶ。

「--きみは納豆風呂に入ったことはあるかね?」
男が言う。

樹里は泣いている。
何も返事をしない。

「--私は無い。
 いやぁ、君みたいな可愛い子が納豆のお風呂に入るなんて、、
 きみも変態だな!?ははははははっ!」

男が笑う。

部屋中が納豆だらけ。
ボールプールかのように納豆のお風呂ができあがっている。

納豆まみれになった樹里は、
ただただ泣いている。

「ーーやめてよ…やめてよぉ…」
ねばねばした体を震わせながら言う。

「--私に体を譲ってくれる気になったか?」
男が言うー。

「----いやよ!」
樹里が叫んだ。

「----!?」
男は思う。
”なんてしぶとい子だ”と。

「---君のことを見縊っていたようだね。」
そう言うと、男はさらにスイッチを押した。

特殊な装置で、納豆が天井の吸引装置に吸い込まれて
消えていく。

「--はぁ…はぁ…」
樹里は一瞬解放してくれるのかと思った。

「---きみを解放してあげよう」
男は言った。

地獄の中に光が見えた。

「ほ、本当ですかー?」
樹里が嬉しそうな声をあげる。

「あぁ…」

男は思うー

”敬語”に変わったー。

と。

樹里が男に屈服し始めた証だー。

「ありがとうございます
 ありがとうございます…」

樹里がうわごとのように呟いている。

「--」
男は別のスイッチを押した。

カサ カサ…

樹里の耳に変な音が聞こえてきた。

「---な…」
樹里の太ももに不気味な感触が伝わる。

「---な、、なに?」
樹里が手でそれを掴む…

それはーーー

暗闇の中でもわかってしまった…

樹里がつかんだのは
”ゴキブリ”だった。

「いっ・・・いやあああああああああああああ!」
虫嫌いの樹里が大きな悲鳴をあげた。

「---くくく、解放してやったぞ
 ”一人ぼっち”からな!
 お友達のゴキちゃんだ!

 どうだぁ~?
 一緒に何して遊ぶ?」

男が樹里を煽る。

「いやぁああぁあぁああああ!」
樹里はパニックを起こして、ゴキブリを踏みつぶした。

ぐしょっ…

「あーあ」
男がつぶやく。

カサ カサ カサ カサ…

ゴキブリの音がする。

「ひとりじゃ辛いだろう?
 今度は”事故”が起きないように
 2匹、お友達を連れてきてあげたからね?」

男が笑う。

樹里がゴキブリを殺すたびに、男は
倍の数のゴキブリを部屋の中に入れる準備をしていた。

「いやあああああああああああああああああっ!
 もういや!!!もうやめて!やめて!
 出して!出して!だしてぇえええええええええええ」

樹里が発狂したーーーー

「あぁああいああああああぁあああああああ!!
 ううううううっ!!!

 いやぁああああああああああああああああああ!」

発狂した樹里はその場で狂ったように叫び続けた。

ゴキブリを潰しながら逃げ惑う樹里。

だが、潰されるたびに男がゴキブリの数を増やした。

既に部屋には16匹のゴキブリがいる。

「あ・・・・・・・あ・・・・・」
樹里はその場で魂が抜けたかのように
座り込んだ。

太ももや手にゴキブリが居るのに
反応すらしない。

「---ゲームセット。」
男は呟いて、部屋の明かりをつけた。

「---樹里、きみの体を譲ってくれーーー?
 そしたら、出してやる」

樹里はうつろな目で、声のした方を見る。

「ーーーーー」
返事をしない。

「---返事はどうした!このクソ尼が!
 一生その中からださねぇぞ!?
 最後のチャンスだ!私に体を提供するか??」

男が本性を現したーーー

「----げます…」
樹里がつぶやいた。
魂が抜けたような状態で。

「---聞こえねぇぞ!?
 大きな声で言ってみろ!

 体を差し上げます と!」

「---からだを、、、差し上げます」
樹里はうつろな目でそう呟いた。

「---よろしい」
男がつぶやくと、部屋の天井が開き、
ゴキブリたちが吸引されていった。

男が部屋に入る。

「許可をくれて、ありがとう。
 ではお言葉に甘えて体をもらうよ」

樹里は泣きじゃくったまま返事をしない。

男はニヤリと笑うと、樹里にキスをした。

「---んくっ…!」
樹里が驚いた顔をするーー

そして男は倒れた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数分後。

「おらぁ!」
乱暴な少女の声が響き、
無の部屋の扉が蹴り開けられた。

「くくく…
 可愛い少女で乱暴なことをする

 何度やっても萌えるな…」

男・・・
いや、樹里が歪んだ表情で呟いた。

「--さ、今度はこの体で楽しむとするか」
樹里はそう言うと、
妖艶にほほ笑んだ。

「わたしはー、木川田 樹里 
 うふっ♡」

嬉しそうに歩き出す樹里。

樹里が歩く廊下にはさまざまな扉があった。

”無の部屋”
ー樹里が閉じ込められていた部屋

”制御室”
男がさっきまで居た部屋

”姥捨て山”
使い終わった体を処分するため、
永遠に幽閉するための部屋ー。

”極楽”
この部屋については、ここでは語れない。

男は、これまでにも他の少女に憑依しては
遊びまくった。
前の少女は”妊娠”してしまったから
姥捨て山に捨てた。

「---私は紳士」
樹里は呟いた。

男の憑依は
”許可をとることから始まる”

そして、
最後にはちゃんと”ゴミ捨て場に捨てる”のだー。

「----うふふ♡」
樹里は”解放”された。

外の世界へと歩いていく。

何も変わらない、いつもの樹里。

ただ、一つ、”心”を除いてはー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

男の拷問は恐ろしいですね…。
樹里も、これから使えなくなるまで
使われつくすことでしょう^^

許可をとって、ちゃんと捨てる。
ある意味、彼は紳士なのかもしれません(え?)

PR
小説

コメント