<憑依>聖夜の裁判 検死官VS憑依弁護士

検死官ジョー。
日々、悪の魂を憑依させ、その変化を観察する彼は
荒ぶっていた。

そう、12月。
クリスマスが近づいてきたのだ。

検死官ジョーは、クリスマスを前に、あることを決意する。

「悪の魂」と「憑依弁護士」のクリスマス特別版です。

-------------------------—

「くく…12月24日」

検死官ジョーが、部屋のカレンダーを
ワイングラス片手に見つめながら笑う。

「クリスマスケーキ、クリスマスチキン、
 彼女とのデート」

ジョーはニヤリと笑う。

「--世の中は愚かなものだ。
 クリスマスで儲かる業界の陰謀だというのに、
 寒い中、カップル同士で楽しい時間を送る。

 まんまと、業界に乗せられているわけだ」

検死官ジョーには、
彼女が居ない。

いつも、悪の魂を憑依させて観察をしているだけだから、
仕方がないと言えば、仕方がない。
彼には出会いが無いのだ。

「--賢い私は、25日の夜にスーパーへ行く。
 ケーキやチキンが値下がりしているからな。」

ジョーは部屋の隅に自分で立てた
小さなクリスマスツリーを見て微笑んだ。

「愚民どもー。
 私はクリスマスなどに惑わされない。

 そう、銅像の如く、
 私の心は揺らぐことは無い」

ジョーはそういうと、
一人立ち尽くしてから叫んだ。

「寂しくなんか…」

ジョーは持っていた
ワイングラスをクリスマスツリーのほうに投げて叫んだ。

「寂しくなんか、、、ないもんねーーーー!!!」

ジョーは足を子供のようにジタバタさせて、
悪の魂が保管してある場所へと向かった。

彼はーー
本当は寂しいのだ。

だがーーー

インターホンが鳴った。

「--なんだ、こんな時に?」

ジョーは考える。

きっと、女神がやってきたのだと。

ジョーは微笑みながら玄関の扉をひらいた。

「---こんな夜分に、何の用かな…?」
検死官ジョーが、ワイングラスを手に、
キザな雰囲気で言う。

何故だか知らないが、ジョーには、来訪者が女性である
確信があったのだ。

しかしーーー

目の前に立っていたのは、男だった。

「----誰だ貴様」
ジョーが、面倒くさそうに言う。

「--奥本 丈さんですね?」
男が、薄ら笑みを浮かべて笑う。

奥本丈、本名で呼ばれた。

ジョーの部屋のクリスマスツリーがむなしく輝いている。
彼は一人ぐらしだが、何故か家の中は
クリスマスデコレーションされている。

「・・・・本名で呼ぶな」
ジョーが言う。

「奥本 丈さんですか?」
来訪者の男は、再び聞き返した。
丁寧だが、威圧感がある。

「-----チッ、、、そうだ」
ジョーが言うと、
その男が、名詞を手渡した。

「弁護士の、甘利 卓です」

「---甘利?」
ジョーは記憶を辿る。

裏世界のネットワークにも精通しているジョーは、
その名前を聞いたことがあった。

何でも、彼が担当する裁判では、
時々、とんでもないことが起きるのだとか。

ジョーは、自分同様、
この弁護士が何らかの力を使っていると、憶測していた。

「ーーで、その弁護士が何の用かな」
ジョーがワイングラスに入れたぶどうジュースを飲みながら言う。

すると、甘利は缶コーヒーを手に微笑んだ。

「君の同僚の検死官、舛田という男がね…
 君を訴えたんだよ…。

 盗難、暴行、痴漢行為などなど…」

甘利の持つ書類を見てジョーは驚く。

「なにっ…私はそんなこと…!」

そこまで言いかけてジョーは言葉を止めた。

同僚の検死官、舛田は、
ジョーの悪の魂による蛮行を知っている。

彼は、それを止めようとしていた。

ジョーを止めるため、舛田は手段を選ばず、
嘘の被害届をまとめあげ、
弁護人として”裏世界で噂”の憑依弁護士、
甘利卓をつけ、
ジョーを罪人に仕立て上げて、悪の魂による蛮行を止めようとしたのだ。

ジョーは、それを悟った。

「くくく…舛田のやつ、強引な手に出たか。

 良いだろう。で、裁判はいつだ?」

ジョーが言うと、甘利は缶コーヒーのタブをあけながら答えた。

「明日だー 12月25日。クリスマスの裁判。良いだろう?」

ちょうど別の案件も抱えていた甘利弁護士は、
今回の裁判を速攻で終わらせようとしていた。

関係者への憑依や、思考の書き換えを駆使し、
裁判を明日に設定。
それも、1日で判決がでる
スピード裁判を用意したのだった。

「---くくく」
ジョーが呟く。

「--君は今、クマに戦争を挑んだダンゴ虫の
 ような存在だ」

ジョーが笑うと、
甘利弁護士も笑った。

「ふん…。」
そして、甘利はニヤリと笑った。

「--ところで、奥本 丈さんよ。。。
 寂しそうな部屋だな。

 くりぼっちか?」

甘利弁護士が笑うとジョーが叫んだ。

「くりぼっちではない!
 私には、タオちゃんが居る!

 それと、本名で呼ぶな!!」

ジョーの言葉に、
甘利弁護士は部屋の隅をちらりと見る。

そこにはー
水槽に入ったカメが居た

「---あれがタオちゃんか…」

甘利弁護士が笑いをこらえる。

「--イヴにも仕事か?
 あんたも、くりぼっちみたいだな」

ジョーが言うと、甘利弁護士は笑う。

「くくくくくく…ふふふふふふふ」

甘利に釣られて、ジョーも笑う

「ふふふふふふ…はははははははは!」

そして、何故かジョーが、
ぶどうジュースの入ったワイングラスを差し出した。

それを見て、甘利弁護士は完コーヒーを差し出した。

「メリークリスマス!」
二人は邪悪な笑みを浮かべながら
”乾杯”したーーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日。

検死官ジョーが法廷に入ると、
既に甘利弁護士は自信満々の表情で
席についていた。

「---舛田のやつめ…
 そんなに私の”悪の魂”を止めたいか。」

ジョーが笑う。

痴漢。

暴行。

窃盗。

よくもまぁ、こんなにでっちあげたものだ、とジョーは笑う。

こんなでっちあげの訴えが
通るはずがないーー。

「・・・・・」
ジョーは、缶コーヒーを法廷で飲んでいる甘利弁護士を見つめる。

「-----何かあるな」
ジョーはそう、思った。

痴漢。暴行。窃盗。

ジョーはそのいずれもしていない。

だから、普通であればこんな訴え…。

しかし、痴漢の被害者を名乗る女性ー。

そして、暴行の被害者を名乗る女性ー。

窃盗の被害者を名乗る女性が法廷に入ってきていた。

そして、ジョーに訴えを起こした、張本人・
同じ検死官の舛田も…。

「--ージョー…
 これ以上、悪の魂で、罪のない人々を
 悪の道に引きずりこむことはさせない…」

同僚の検死官・舛田は、
ジョーの暴走を止めようと、
甘利弁護士と結託して、
ジョーを罪人に仕立て上げようとした。

痴漢・盗難・暴行の被害者を名乗る3人の女性は、
全員、甘利弁護士に憑依されている。

甘利弁護士は、複数人のコントロールを同時に
行うことができる、憑依人の中でも高い技術の持ち主だった。

「では、奥本丈さん…」
痴漢の被害者を名乗る女性が言う。

「裁判をはじめ… ぶふっ!」
女性が突然口をふさいだ。

「----(ま、、間違えた!)」
甘利弁護士は冷や汗をかくー。

同時操作していると、よく動かすからだを間違える。

今の台詞は、自分で言おうとしていた台詞だ。

「ゴホン・・・。
 では、奥本 丈さん、裁判を開始しようと思うが良いか?」

ーー傍聴人

ーー裁判官

ーーそして裁判長。

”全て”に甘利弁護士は暗示をかけている。

この法廷は、甘利弁護士のシナリオどおりに進むのだ。

正気なのは、
甘利弁護士本人と、
検死官のジョー、
そしてジョーの同僚検死官、舛田の3人だけだ。

「-ーー待て。2つ、良いかな?」
ジョーが笑う。

なぜか暴行の被害者女性がうなずく。

ジョーはあえて無視して言った。

「ひとつ。私も弁護士を用意した。」
ジョーはそういうと、昨日慌てて雇った弁護士を
招き入れた。

「---私の弁護を担当する草薙弁護士だ」
ジョーが紹介すると、
冴えないおじさん風の草薙弁護士が、甘利のほうを睨む。

「---草薙…か」

甘利は笑う。

ついこの間、とある会社のバカ息子が夜道で
女性に襲い掛かった事件があった。
そのときも、草薙とは対決している。

「ーーそしてもう一つ。

 …わたしを…
 本名で呼ぶな!!!!!!」
ジョーが叫んだ。

甘利はそれを無視して、裁判長に裁判の開始を促した。。

ジョーには秘策があった。
”既に”悪の魂はヤツを侵食しているのだー。

ジョーは小声で笑う。

「メリークリスマス」と…。

最初に、ジョーに痴漢被害を受けたという女性が立ち上がる。
見たところ、女子高生のようだ。
制服姿の彼女は、淡々と”作り話”を語る。

もちろん、甘利弁護士に憑依されていて、彼女の意思ではない。

「わたし…通学中に、電車内で、その人に
 触られて…ほんとうにこわかった…」

ジョーは心の中で思う。

”よくも、まぁ嘘をでっちあげて…”と。

そして裁判官や、裁判長、傍聴席の人々を見つめて思う。

「--こいつら」

”甘利 卓”
ジョーは昨夜、裏世界のネットワークを通じてこの弁護士をしらべた。

恐らく、この男は、他人に憑依ーー
もしくは暗示をかけるなんらかの力を持っている。

甘利が関わった裁判では、不可解な判決や
女性が暴走する事例が多い。

ジョーには分かっていた。

”この法廷に居る人間、全員、
 甘利弁護士に憑依、もしくは暗示をかけられている”と。

「--わたし……悔しくて…恥ずかしくて…」
痴漢被害を訴える女子高生が涙を流す。

「---」

何故か甘利弁護士も涙を流している。

「---むっ」
甘利弁護士はそれに気づいて慌てて涙をふく。

甘利は現在、自分の体と、
痴漢被害の女性、暴行被害の女性、盗難被害の女性、
計4人のからだを同時に操っている。

残りの裁判関係者には、一度それぞれに憑依して、
暗示をかけておいた。

この裁判に、負けはないー。

だが…
甘利弁護士が同時に、違和感なく操れるのは3人まで。

今回は無理して自分と、3人に憑依=計4人に憑依しているため
うまくコントロールできていなかった。

「悪いがー。
 私はここ数年、電車にすら乗っていないが」

ジョーが言う。

「--嘘よ!」
甘利弁護士が叫ぶ。

「---プッ」
ジョーが笑う。
何で甘利弁護士が女言葉で叫ぶのか。

「---ーー!?」
甘利弁護士が「しゃべるからだ」の間違えに気づいて
顔を赤らめる。

「---どうした?甘利弁護士?
 体調でも悪いのか?」
ジョーが笑いながら言うと、
痴漢被害の女子高生が
「うるさい!黙れ!」と叫んだ。

完全に制御できていない。

だが、
裁判長や傍聴者、裁判官は誰も気にするそぶりを見せない。

「---私は、奥本丈に、下着を盗まれました」

OL風の眼鏡の女性が言う。

ジョーは思う。
”誰だよお前はよ” と。

お前の家なんか知らんぞ?
でっちあげご苦労さん。と…。

「--うふふ…やだ、下着盗まれたことを
 思い出したら興奮してきちゃった!

 とにかく、そこの男、わたしの下着を盗んだの!」

盗難被害のOL女性が言う。
もちろん、そんな事実はないし、
甘利弁護士に彼女も憑依されている。

「--私はお前の家など知らん。
 あと、私を本名で呼ぶな」

ジョーが言う。

だが、甘利は無視して、
最後の暴行被害者の女性の証言をはじめさせた。

「--私は、そこの奥本に殴られました」

あざだらけの女子大生。
ジョーの暴行被害を訴えている。

だがー
このあざは、甘利弁護士に憑依された
女子大生が、自らを殴りつけたときに出来たあざだ。

はいはい、と言う様子でジョーが話を聞いている。

なぜこの女子大生は、
ミニスカサンタの姿で法廷に来ているのか。

甘利の趣味なのか。

ジョーはだんだん茶番に飽きてきた。

「--では、奥本丈さん。何か反論は?」

甘利弁護士に言われて、
ジョーは笑った。

ジョーの担当弁護士、草薙弁護士が口を開こうとするが、
ジョーはそれを手で止めた。

草薙は、ジョーがなんとなく、”飾り”として呼んだだけで、
ジョーは最初から彼には期待していない。

「---私を奥本と呼ぶな。
 ジョーと呼べ」

ジョーはそれだけ呟いた。

甘利弁護士が缶コーヒーを飲みながら笑う。

「反論はそれだけか!くはは!これは傑作だ!」
甘利弁護士が笑うと、
3人の被害女性も笑う。

もはや、隠す気もないようだ。

「奥本丈さん。
 あんたは、有罪だ!
 痴漢、暴行、盗難 その全ての罪で!」

甘利弁護士が缶コーヒーの缶をぐしゃりとつぶす。

「-ーくくく…ははははははははは!」
甘利弁護士が笑う

「あはははははははっ!はははははははっ」
痴漢被害を自称する女子高生も狂ったように笑う

「くくく…うひひひひひひひひっ!」
完全に憑依されている盗難被害のOLが笑う

「ははははははははは~」
暴行被害の女子大生が何故か服を脱ぎ捨てながら笑う。

ジョーはただ、その様子を見つめていた

「さぁ、裁判長!判決を!」
甘利弁護士が叫ぶ。

3人の被害者役の女性には憑依してー

そして、裁判官や裁判長は暗示をかけてー。

「---判決」
裁判長が呟く。

「くくくくく…あ~おもしれぇ!
 奥本丈、お前もその程度か!あはははははっ!」

自称痴漢被害者の女子高生が笑う。

もはや憑依を隠す気すらない甘利弁護士は、
操作している4体の体で好き勝手騒いでいた。

「--うはははははっ!勝利の宴だ!」
暴行被害の女子大生が証言台に立って笑い出す。

「---真実は捻じ曲げるためにある!」
甘利弁護士と、3人の憑依された女性が同時に叫んだ

「---奥本丈を無罪とする」

裁判長が言った。

「----へ?」
甘利弁護士と、3人の被害者役の女性が唖然としている。

ジョーは笑いながら立ち上がった。

「---くくく、どうした?
 落城寸前の城主みたいな顔して」

ジョーが言うと、
甘利弁護士が「なぜだ…私はカンペキに仕組んだはずだぞ!」と叫ぶ。

ジョーは首を振った

「正義(ジャスティス)は勝つ。 それだけのことだー」

そういうとジョーは鼻で甘利弁護士を笑う。

「では…私は忙しい。 これで失礼するよ
 ”二流弁護士”」

そして法廷の出口へと向かう。

「--ジョー…!」
同僚の検死官、舛田がジョーを呼び止める。

「もう悪の魂で人の人生を壊すのはやめ…」

舛田がそこまで言うと、ジョーは言葉を遮った。

「---私は己が道を突き進む。
 ジャスティス道をな」

ジョーはニヤッと笑い、
そのまま法廷を後にした。

「--くそっ!くそっ!この私が!
 真実は、捻じ曲げるためにあるのに…」

甘利弁護士が歯軋りをする。

裁判長も含めて、
”ジョーは有罪”と暗示をかけておいたはず。

なぜだ・・・?

「くっそがぁ!」
甘利弁護士は裁判長の頭を叩く。

だが、暗示をかけられている裁判長は無反応だ。

女子高生と女子大生とOLも怒りをあらわにして
暴れている。

「--ーーくそっ…覚えておけ検死官ジョーよ…。」
甘利弁護士は、一人そう呟いた。

「-----」
ジョーの同僚検死官・舛田は、ジョーの出て行ったほうを見つめて
ため息をついた。

そして、甘利弁護士のほうを見て…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョーは自宅でワイングラスを手に
大笑いしていた。

「くくく…あの二流弁護士の顔、、、
 無様だったな」

ジョーは、
”裁判長”に”ひねくれ者の悪の魂”を3つほど
投げ込んでおいたのだった。

だからー
甘利弁護士の”ジョーは有罪”の暗示に対して
ひねくれた裁判長は”無罪”と判決を出したのだった。

「--ーー」

ジョーはカレンダーを見て顔をしかめる。

12月25日。

「くっくくく…今年も私はくりぼっちか…」

ジョーはそう呟くと、ベランダに飛び出して叫んだ。

「寂しくなんか…ないもんねーーーー!
 私にはタオちゃんがいるもんねーーーー!」

道を歩いていた通行人がビクっとしてベランダを見て
目をそらした。

やばいやつが叫んでいる。
通行人たちはそう思ったのだ。

ジョーは、水槽の前に行って、
カメを見ながら乾杯した。

「メリークリスマス、タオちゃん」 と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とある川辺ー。

ジョーとの裁判で被害者を名乗っていた
3人の女性が満面の笑みを浮かべたまま、
目を見開いて、川に浮かんでいた。

そしてーー
ジョーの同僚の検死官、舛田も、
恐怖を顔に浮かべたまま、川に浮かんでいた。

動かぬ体となって…

「---使い終わったパーツはゴミ。
 金にならない依頼人もゴミ…」

甘利弁護士はそう呟きながらその場をあとにした。。。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

無駄に長くなりました^^
憑依空間の憑依人たちはくりぼっちが多いようです笑

憑依<”悪の魂”>
憑依空間NEO

コメント

  1. より:

    SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    これで舛田も死んで、現時点でジョーに対抗できそうなのは、リベンジを申し込みそうな甘利くらいか。
    まあ名倉みたいな規格外もいるから上には上がいるが。
    出来ればそのさらに全ての上に立って見下ろしたいねえ。かなり難しいけど
    何でもこうやって対抗馬?が出てくるのも見てて面白いのでもっとやってほしいです。
    今回のジョーみたいに甘利には勝ったが、名倉には圧倒されたり、見てて楽しかった。

タイトルとURLをコピーしました