29万アクセス記念短編!「姥捨て山」

憑依空間が29万アクセス達成です!
ありがとうございます!

記念の短編小説や画像、情報なども
どんどん作らないといけませんね笑

今回は記念短編「姥捨て山」をどうぞ!

------------------------------------

「うっ…」
彼女が目を覚ますと、
そこは異臭のする、不気味な薄暗い部屋だった。

かなり広い部屋だ。

周囲には何も…ない。

「わたし……どうしてこんなところに?」
彼女は、自分の記憶を辿る。

確か、自分は部活を終えて、
下校中だったはず…。

下山 篤子(しもやま あつこ)が
自分の体を見て驚く。

「ひっ…どうしてわたし、こんな格好をしているの?」
篤子が叫ぶ。

篤子はーー
服を着ていなかった。

「な・・・何なの…
 わたし、、どうしちゃったの!?」

篤子は、こうなる前のことを思い出す。

そう、自分は美術部の活動を終えて
下校中だった。

友達と別れて、そして
家を目指している途中で…。

「そうだ…わたし・・・」

下校中、背後から口をふさがれて、
そして…意識が遠のいてしまった。

そう、自分は誘拐されたのだ…。

「…逃げなくちゃ…」
篤子が立ち上がると、自分の体に違和感を覚えた。

「---な、、なに、、このお腹…!?」
篤子が驚いて自分のお腹を見る。

お腹はぽっこりと膨れていた。

「---に、、、妊娠…?」

自分は、妊娠しているのだろうか。
どうしてーー?

薄暗い異臭のする広い部屋。

篤子は脱出しようと歩き出す。

しかし、何かにつまずいてしまう。

「---い、、いやあああああ!」
篤子がつまずいたのはーー
自分と同じぐらいの女性のからだーー。

目を見開いて、死んでいるようだ。

「ひっ…な、、なんなの…ここ・・・
 誰か…誰か!!!」

篤子はパニック気味に叫ぶ。

だが、返事は無い。

高校内では、おしとやかで男子達からの人気のあった
篤子が取り乱している。

「---助けて…」
篤子がその場に座り込む。
自分の体の胸や
秘所に違和感を感じる。

どうしてだろう…

”お目覚めかなー”

部屋にあるスピーカーから声が聞こえた。

「---…だ、、、誰!?
 ここは何なの!?ねぇ!!!わたしを出して!」

篤子が叫ぶと、
スピーカーの声は笑った。

”そこは通称”姥捨て山”ー
 きみは、理解できないだろうが、
 きみが意識を失ってから、もう3ヶ月経っている”

「--うそ…」
篤子が唖然として言う。

”きみの体に憑依させてもらって
 3ヶ月間、存分に楽しませてもらったよ!
 最高だった。

 けれどーーー。
 きみの体は妊娠してしまった。

 だからね…
 もうきみの体は必要ない。
 処分させてもらうことにした”

「---ふ、、ふざけないで!!
 酷い!!!酷いよ!!!
 わたしを出して!」

篤子が泣き叫ぶ。

しかし…

”そこは私の会社の地下室だ。
 出口は無い。

 私が使い終わったからだを”処分”するための
 姥捨て山。

 お友達がいっぱいいるだろう?”

篤子があたりを見回すと、
自分と同じように、この男に憑依されて、
処分されたと思われるからだがたくさん転がっていた。

「--いっ…いやあああああああああ!」
篤子は恐怖のあまり叫んだ。

”ごみはちゃんとゴミ箱にー。

 では、これで失礼するよ”

スピーカーの音が消える。

「いやっ!出して!ねぇ!出してよ!お願い!
 わたしをここから出して!ねぇ!!!」

篤子は泣き叫ぶ。

けれどーー
その声はもう、誰にも届かない

「いっいやああああああ!」

ーーーそこには、何もない。

出口も、友も、夢も、希望もー。

そう、まさにそこはーー
地獄のような空間だった。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

なんか凄くダークで怖い作品が出来上がりました…
普通の小説にするには「う~ん」という感じだったので
記念短編というカタチにしました!

小説
憑依空間NEO

コメント

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    このダークっぷり好きです!

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > このダークっぷり好きです!

    ありがとうございます^^
    憑依事後でしたが、ダークさが伝わってよかったです!

タイトルとURLをコピーしました