30万アクセス記念!「憑依空間インタビュー 検死官ジョー編」

憑依空間が30万アクセスを達成しました!
ありがとうございます!

いよいよ30万ですか…。
なんだか、私自身も実感があまりありません!

そして、
最近ペースアップしているように思います!嬉しいです^^

今回は、憑依空間インタビュー第1弾。
憑依空間の人物にインタビュー!…という内容です。
今回は「悪の魂」の検死官ジョーへのインタビューです。

------------------------------------
a0001_000591.jpg

ーー今日は、インタビューへのご協力、ありがとうございます。

検死官ジョーは、その言葉を聞くと、
頷いて、用意されたイスへとついた。

相手の記者は、めがねをかけた可愛らしい女性だった。
だが、どこか大人びていて、淡々としている印象だ。

早速、女性記者はインタビューを始めた。

ーーまずは…アナタにとって、憑依とは、何でしょう。

「--憑依とは何か…か。
 私は、人が悪の魂によって、どのように変わっていくかを
 見てみたい。

 変わっていく様は美しい。
 そうだな、、言うならば一つのアートだ。

 君も一度、悪の魂を憑依させられた女性を見てみるいい。
 興奮するはずだ」

ジョーが言うと、記者は苦笑いする。
その様子を見て検死官ジョーは続けた。

「--いつか、悪の魂を克服する人が
 現れるのを私は楽しみにしている・・・

 私にとって憑依は、人の可能性を確かめるものだ」

ジョーは、インタビューだということを意識してか、
綺麗ごとを言う。

ジョーは、体裁を気にする男だ。

ーーそうですか、では、、
自分を一言で表すと何ですか?

「---正義(ジャスティス)だ」

ジョーが答えると、記者がドン引きした表情で
苦笑いをする。

「--なんだその顔は?
 黒船来航を目の当たりにした、町民みたいな顔だな?」
ジョーが言う。
記者は冷や汗をこっそり拭きながら続ける。

ーーところで、あなたはいつも「ジョー」と呼ばれていますが、
本名とかは無いのですか?

「--本名?」
ジョーが笑う。

「同僚も、裏の世界のやつらもみんな、私をジョーと呼ぶのでな…
 君も、私をジョーと呼んでくれれば…」

ーーでも、本名もあるんですよね?

記者が食い下がると、ジョーは目を逸らしながら答えた。

「---奥本 丈だ……」

ジョーは、心の中で早く帰りたいと思い始めていた。

彼は、自分のことを語るタイプの人間ではない。
あまりプライベートを詮索されたくないし、
何故、インタビューなんか引き受けてしまったのかと
後悔しているところだった。

彼は、秘密主義なのだ。

ーーちゃんと、検死官の仕事はしてるのですか?
いつも、悪の魂を憑依させてるだけに見えますが?

「失礼だな。
 私はニートではない。
 ちゃんと検死の仕事はしている。

 魂は貰うがな。」

ーーそれって、盗難では?

ジョーは不快そうな表情で答える。

「--盗難ではない。正義(ジャスティス)だ」

ーーその似合わないファッションには
何かこだわりはあるのですか?

…なんて失礼な記者だ。
ジョーはそう思った。
この場で悪の魂を放り投げてやろうかと思った。

だがーー。

ジョーは一見、弱そうな感じの女性記者を
見つめる。

”顔は笑っているが、心は笑っていない”

ーーヤバイやつなのかもしれない。

ジョーはそう思った。

「君は…
 私が服を着ているのではなく、
 私が服に着られているとでもいいたいのか?」

ジョーが少しだけ苛立った様子で言うと、

ーーーはい

とだけ記者は答えて、微笑んだ。

「---お前、失礼なやつだな…
 お前はもしも目の前に居る人間が
 ベートーベンだったとしても、同じことを聞くのか?」

ジョーが尋ねると、
記者は首を横に振った。

そして、何事もないかのように質問を続ける。

ーー好きな食べ物は?

「・・・・・・ねるねるねるね だ…」

ーー嫌いな食べ物は?

「ピーマンとカリフラワーだ…」

ーー趣味は?

「音楽鑑賞…」

ーー好きな映画は?

「…マグロ食ってるゴジ〇だ…」

ーーいつも、ワイングラスにぶどうジュースを入れて
飲んでいるのはなぜですか?

「----さ、、酒は飲めん…」

ジョーはうんざりとした様子で淡々と答えた。

そして、記者は
”では、最後の質問です”と告げて言った。

ーー私に何か、質問はありますか?

微笑む記者。

ジョーは、気になっていることを尋ねた。

「---お前…
 なかなかの美人だが…
 ”その体”は、本当にお前の体かー?」

美人記者に尋ねた。
20代前半に見える。

彼女は、微笑んだ。

ーーご想像に、お任せします。

そして、
「今日はありがとうございました」というと
彼女は颯爽と立ち去っていった。

一人残されたジョーは、
首を横に振った。

「世も末だなー。
 おかしなヤツが増えた」

そう呟くとジョーは、疲れたという様子で、
取材場所の喫茶店をあとにした。

インタビュー 終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

30万アクセス嬉しいです!ありがとうございます!

前に作った人物カードをいつでも見れるようにするついでに、
インタビュー形式の短編を作ってみました。

他の人物も、機会があれば。
(憑依された側の人でやってみるかも?)

PR
憑依<”悪の魂”>

コメント

  1. 柊菜緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    弱そうな感じの青年記者を
    見つめる。
    女性記者では?

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 弱そうな感じの青年記者を
    > 見つめる。
    > 女性記者では?

    その通りでした!
    ありがとうございます。
    修正しました!