<憑依>暴走憑依男~夜に咲くさくら~②(完)

さくらを追い詰めていくオタク男ー。

自分をあざ笑った女子大生を”絶望”させていく。

男にとって、それはゲームだったのかもしれない…。

------------------------------—-

破れ乱れた服で、上半身を半分露出させながら
笑う鳴海。

さくらは目から涙をこぼしたー。

鳴海はー
たった一人の肉親の母のために、
日々頑張っている真面目な子だったー。

そんな鳴海の人生がーー。

「うふふ・・・♡
 さくら…私、悲しい…。。。

 せっかく今まで頑張ってきたのに…
 こんな風に全部壊されちゃうなんて」

さくらの上に乗った鳴海が笑う。

「----…やめて!鳴海から出てって!」
さくらが叫んだ。

大学内でギャラリーが出来ている。

真面目でおしとやかな鳴海が
突然、自分の服を破り捨てて
さくらを押し倒したー。

それは、
”異常”な光景だったー。

「あははははっ!
 わたし、もう人生壊されちゃった!
 ははは!!可愛い女の子の人生壊すのって
 興奮するぅ!!」

鳴海があまりの興奮に体をブルブルと震わせている。

「---やめてよ!
 鳴海は関係ないでしょ!」

さくらが叫ぶ。

だが-、
オタク男はーーいや、鳴海は笑った。

「ダメよ…
 ”あんたが私を巻き込んだ”のー。

 私は復讐のためなら”使えるものは何でも使う”のー」

鳴海の言葉に心優しいさくらはカッとなったー

「どこまで人を弄べば気が済むの!
 このオタク!!!!」

ーー普段 声を荒げたりしないさくらが精いっぱいの力で
叫んだ。

ー許せなかったーー。

確かに自分はオタク男を笑ったかもしれないー。

けれど、こんなー
”他の人まで巻き込む”なんてー。

鳴海の顔から笑顔が消えた。

「くっ…言ったな!?お前、言ったな!?
 今、僕の事をオタクって言ったな!?」

大人しい顔の鳴海が目に狂気を浮かべて叫ぶ。

「もういい、滅茶苦茶にしてやる!
 お前も、、、僕、、いや、私も滅茶苦茶になってやる!」

鳴海はそう言うと、倒れたままのさくらのスカートの
中に無理やり手を突っ込み始めた。

「やめて!鳴海!目を覚まして!」
さくらがもがくー。
鳴海にこんなことをさせるわけにはいかないー。

「---あぁ、さくらちゃんのアソコ、
 もう濡れちゃってるねぇ~
 うふふふ♡」

鳴海が汚らしく涎を垂らしながら
イヤらしい笑みを浮かべているー

「やめなさいよ!」
さくらが力を込めて鳴海の体を突き飛ばした。

さくらは慌てて立ち上がり周囲を見たー。

破れた服を身にまとい、笑う鳴海―。

既に周囲には大勢のギャラリーが出来ている。

「お、おい…あれ?飯淵さんだよな…」

「鳴海…何やってるの?」

「うほっ!すっげぇ、写真撮るしかねぇなこりゃ!」

色々な声が上がっている。

もうーーー、手遅れ…。

さくらは目に涙をためて、鳴海の方を見たー。

鳴海は笑うー
「あんたが、私を巻き込んだのよ!」

そう言うと、自分のスカートにも手をかけ、
それをそのまま脱ぎ捨ててしまった。

「きゃあああ!」

「ふぉぉぉぉぉぉ!」

周囲から色々な声があがる。

大学のキャンバス内で
服を脱ぎ捨ててしまった鳴海―。

彼女のーーー
母を楽させたいという想いはこんなカタチで、消えてしまうのかー。

「---鳴海…お願い…目を覚まして・・」
さくらはその場に座り込んで涙を流した。

鳴海はそれを見て、
自分の髪を手でかきむしり、ボロボロにしながら、さくらに近づいた。

「--どう?これで理解した?
 私に逆らえばーこの女みたいに、アンタの大切なものが
 一つずつ壊されていくーーー」

鳴海の言葉にさくらの心は”折れた”

「わたしーーずっと、アンタのこと、恨み続けるから!
 あはははははっ!!あはははははははっ!!

 女の子の人生壊すの、ほんと最高!!!
 すっげぇ興奮する…!!!」

鳴海が笑いながら、イヤらしい液体を体から流している。
口からは涎を垂らし―、
その目にはーー涙が浮かんでいたーー

あの涙はーーー
鳴海本人が流した涙なのかもしれないーー

「---あはははは…じゃ、そろそろもどろっか」

鳴海がさくらに近づいて、さくらにキスをすると、
鳴海はその場に倒れた。

ほどなくして警備員が駆け付けた。
白目を剥いて、ピクピクと痙攣している鳴海は、
そのまま運び出されて…
後日、退学になってしまった…。

そのあと、鳴海がどうしているのかは、
さくらは知らないー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

”あの日”以降、
さくらは家に引きこもるようになった。

スマホにはバイト先の店長からLINEが来ていた。

”ごめんな…
 これ以上、市川さんを庇えない”

さくらが無断欠勤を続けることに関して、
バイト先の本部から指摘が入ったようだ。

もう、さくらの事は解雇するしかないと…。

「----ごめんなさい」
さくらは目に涙をためた。

さくらはーー
あの日以降、全てにおびえるようになってしまったー。

”あの日のことは…辛いだろうけど…
 何かあったらいつでも相談に乗るから!”

バイト先の木藤からのLINE…

”市川先輩…
 私・・・心配です。大丈夫ですか?”

明美からのLINE…

”---色々あったって聞きました…
 力になれることがあったら、何でも言ってください!
 力になりますから!”

風香からのLINEーーー

けれども…それに”答える”ことは許されないー。

”さくらちゃんを、地獄に落としてくのって、本当に楽しいよー”

オタク男の声が脳内に響いた。

”くふふ・・・憑依して
 女の子を地獄に落としていく……
 まるでゲームみたいだ!”

オタク男が叫んだ。

「---…・・」
さくらは、もう、返事する気力も失っていたー。

白目を剥いただらしない恰好の鳴海が運ばれていく
姿が頭から離れないー。」

「--鳴海…ごめんね…」
さくらはまた、涙を流したー。

その時だった-

「許さないからー」

鳴海の声。

ビクッとしてさくらが振り返ると、
そこには鳴海の姿があったー。

いやー
”実際には存在しない”

さくらの脳にいるオタク男が
さくらの脳を刺激して”幻覚”を見せているのだ。

「---私・・・さくらのせいで人生壊れちゃった…」
鳴海が涙を流す。

「---ごめん。。ごめん、、、ごめんね」
さくらはパニックになってひたすら頭をあげる。

だが、鳴海は恨めしい表情でさくらを見たー。

「---私が今、どうしてるか知ってるー?
 大学を退学になってー、
 変態女のレッテルを貼られてーーー
 あの時、大学に居た他の子が、わたしの様子を
 ネットに投稿しちゃって…

 もう…地獄よ…」

さらに鳴海は続けたー

「お母さん…わたしのことでショックを受けて
 倒れちゃった……
 
 お母さんから悲しそうな目で
 「どうしてあんなことしたの…」って言われちゃった…。

 わたし・・・・・・もう、、死にたいよ」

鳴海が涙をこぼす。

オタク男が見せている幻覚ー。
けれども、ほとんどは事実だった。

鳴海の母は倒れー、
鳴海は絶望のどん底でふさぎ込んでいる。

「---ごめん……許して・・・」
さくらが振り絞るように声を出す。

「---許さない……
 ずっと、、ずっと、ずっとずっと、アンタを恨む――」

そう言って、鳴海の幻影は姿を消した―――。

「---もう、、、イヤ…
 もう、、、、助けて…」

さくらはその場で頭を抱え込んだ。

その様子を見てオタク男は笑った。
”僕に、全てを任せなー”

その言葉にも、さくらは反応しなかった。

そしてーー

さくらの体がビクン、としてその直後、
さくらは邪悪にほほ笑んだ

「くふふっ…もう、私は地獄に落ちちゃった…」

さくらはカレンダーを見る。

あと8日ー。
さくらに憑依して22日が経った。

憑依薬によれば1か月前後で、
体から拒絶反応が出て、憑依者もろとも
死んでしまう可能性があるとのことだった。

それを防ぐためには、
元々の体を完全に”奴隷”にする必要があるらしいがー。

「まだ、その時じゃない」
さくらはクスッと笑った。

そして、さくらは笑う。

「あと1週間、、、
 この体で”夜”を楽しんじゃおうかな ウフフ…♡」

さくらは不気味に笑うと、
小悪魔風の衣装を身にまとって、
そのまま夜の街へと歩き出したーー

「私はーーー市川さくらーー」
満面の笑みでほほ笑むさくらー。

「私はー”夜に咲く”さくらー
 クスッ…」

静かに笑うと、
さくらは”夜の街”へと身を投じたー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間後ーー

さくらは”バイト先”の前に立っていたー
小悪魔風のミニスカートを身にまとい…。

店内では木藤と明美が話している姿が見えるー。

「次はーー
 あなたの番よー。
 山西明美ちゃん…」

笑いながら呟いたさくらはー、
そのまま店内へと向かった…

おわり
暴走憑依男 第2部に続いています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

初代と第2部の間の裏側を書いてみました!
鳴海さんはどうなってしまったのかはご想像にお任せします…。

また機会があれば、暴走憑依男関連作も書いていきたいと思います!
ありがとうございました!

憑依<暴走憑依男>
憑依空間NEO

コメント

  1. 柊菜緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんなことになったらそりゃあ精神的にきますわな

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > こんなことになったらそりゃあ精神的にきますわな

    鳴海さんはただの被害者…

タイトルとURLをコピーしました