<憑依>ダークドライブ~新社会人の悲劇~

妊婦が犠牲になってから数年後。

”あの車”が帰ってきた。
時代は流れ、オートドライブ機能を搭載した車となって…

ハンドルに潜む亡霊はより”強力な力”を身につけていた…

ダークドライブの新作です!

------------------------------—-

今日は入社式。
大学を卒業してとある商社への入社が決まっていた彼女は、
会社への道を歩いていた。

着慣れないスーツを着て、道を歩く彼女ー、
小久保 真帆(こくぼ まほ)は、
その日、新社会人としてのデビューを迎えるはずだった。

しかしーー。

「あれ…?あんなところに車が…?」

真帆は道端に停車しているピンク色の車に
目をやった。

ポツンと路上に止まっている車。

真帆はなんだか、その存在が気になってしまった。

「--いけない、急がなきゃ」
腕につけた可愛らしい時計を見て、焦る。

しかしーー

「---・・・・・・な、、なんか気になるなぁ・・・
 ちょっとだけ」

真帆はピンク色の車に吸い込まれるように
して、近づいていった。

その目は、少し虚ろになっているようにも見えた。

「---、やっぱ誰も乗ってない」

ちょ、、ちょっとだけ乗ってみようかな

そんな考えが頭をよぎる

真帆はすぐに首を振った

「だめだめだめー。
 道端に止まってる車に勝手に乗るなんて!
 それに、わたし、早くしないと遅れちゃう!

 社会人デビュー初日に遅刻なんて
 洒落にならないよ!」

真帆は一人呟きながら、
次の瞬間、ピンク色の車の扉を開いていた。

「えー?あれ?」
真帆は自分の行動に疑問を感じながらも
車に乗り込む。

そしてーー

”ようこそー”

声が聞こえた。

「えっ…だ、、、誰・・・?」

”俺か?
 この車のハンドルに宿る亡霊だよ”

「--・・・ぼ、、ぼうれい?」
真帆が驚いて声を出す。

”そうーー。
 これからお前の体を借りて、
 久々のドライブを楽しむんだよ。
 
 へへへ、分かるか?
 久しぶりの爆走だ!”

「---な、、何言ってるの…?」
気味悪い、という感じでおびえる真帆。

”時代の進歩ってすげえよな…。
 いまやオートドライブが搭載されてるんだぜ?
 おかげで誰かに憑依しなくても、
 車をこうして移動させることができるようになったんだよ

 ”いい体”が居そうな場所にな”

「-…な、、何なの…
 わ、わたし急いでるんで…」

真帆は慌てて車から降りようとした。

だが…真帆は運転席について、
車を走らせる準備を始めた。

”車の技術が進化したからよ・・・
 俺も進化したぜ!へへへへっ!

 車を見た人間に暗示をかけられるようになった。
 ”車に乗れ”ってな!

 そして、ハンドルを握ってない状態の体も、
 車の中に居れば、乗っ取れるようになったぜ”

「---ど、、どういうこと!
 あひっ…」

真帆が突然白目を剥き、
苦しみ出す。
泡を吹きながらもがき苦しむ真帆ー

そして…

真帆は邪悪な笑みを浮かべた

「へへへっ・・・
 新入社員の女の子、ゲット~!」

真帆が笑う

「心配しなくていいよ・・・
 わたし、最後にはちゃ~んと”後始末”
 するからねっ!

 何にも怖くないよ!えへっ!」

車の背後に初心者マークが浮かび上がる。

「えへへっ~わたし、免許取立てみたいだからね!」
真帆は自分の記憶をたどり、ほほ笑んだ。

そして、
真帆はバックミラーで自分の顔を確認すると、
シートベルトもせず、車を発進させた…。

「ははっ!この子の体も
 なかなかエッろいなぁ~!」

なめまわす様な視線で真帆は
自分の体を見つめる。

そして時々ハンドルから手を放しながら
両腕で胸をわしづかみにした。

「えへぇ…♡」

体に走った快感に顔をゆがめ、
だらしなく涎を垂らす真帆。

「前までは、ハンドル握ってなきゃ
 ダメだったけど、今は車の技術が進歩したからな~
 
 ハンドルから手を放しても大丈夫♪」

真帆が嬉しそうに一人で叫ぶ。

そして再び両腕で自分の体中を
触り始めた。

「あはは!えへへ!!
 えへ!えへ!えへへへへっ!」

その表情は乱れきっていた。
先ほどまで、新社会人デビューを迎えて
緊張していた女性とはとても思えない。

しかし…。

「…えへへへへへぇ」
真帆がペロペロと自分の唇を舐めながら笑う。

「さって、そろそろ爆走しよっかな♡

 真帆、本当は会社に行きたかったけれど、
 もうイクの辞めたの!
 えへへへ!
 真帆の人生 台無し~~!

 でもね!真帆、別に悲しくないよ!
 悲しくないように、ちゃんと”後始末”するからね」

一人でそう言って笑みを浮かべると
真帆は自分のお尻を乱暴にさわりながら
車を加速させた。

「あ~~~気持ちイイ!」
なびく髪を妖艶に抑えながら微笑む真帆。

「この車で切る風…」
車に潜む”亡霊”は、
自分が生きていたころを思い出す。

あれから、長い時が経った。
けれども、この風は変わらない。

「---それに今はぁ」
真帆は涎を垂らしながら自分の胸を
ハンドル押し付けた。

「あっ!あぁっあああっ!
 えへへっ!!すごぉい!
 私の体ぁ、興奮してるぅ♪」

真帆はハンドルにスーツの上から胸を
押し付けて快感に体を震わせた

「うはっ…ぁっ…あはぁ…はぁっ♡」

喘ぎ声をあげる真帆。

クラクションも鳴っているが今の真帆には
どうでもいい。

「あぁん!
 真帆、おかしくなっちゃいそう♡」

体をクネクネさせながら喘ぐ真帆。

既にスーツにはシミが出来ている。

「あん!
 新入社員なのに、、
 こ~んなことしちゃってる!!!

 えへ!えへ!えへへへへ!」

だらし無い笑みを浮かべて
ひたすら体を弄ぶ真帆。

車は乱れて蛇行運転になっている。

自分のスカートの中に手を突っ込み、
体を弄ぶ真帆。

あまりの興奮に運転しながら体がガクガクと
震えるー

体が歓喜の叫びをあげている

「あはははははははっ
 すごい、、すごい、、わたしの体すごいよぉおぉ♡

 あぁぁあああああああっん♡」

愛液をポタポタと流しながら
絶頂を迎えた葵。

顔には笑みと涙を浮かべているー。

「---はっ…すごすぎるよ…わたしぃ…」

その時だった。
スマホが鳴る。

スマホには「会社名」が表示されていた。

笑みを浮かべる真帆。

「あらら…新社会人初日、
 遅刻しちゃった♡」

笑う真帆。

「でも、もうどうでもいっか!」

スマホを操作して通話状態にすると

”小久保さん、時間過ぎてますけど、
 今、どうしてますか” とスマホから
声が聞こえてきた。

真帆は、スマホを置き、
再び、スカートの中を滅茶苦茶にいじり、
盛大に喘いで見せた

「わ、、、わたし、、、
 もっと大事なこと、、、
 見つけちゃったんですゥ~~♡

 あぁ、、ぁあああ、あっ、、、
 女の喜び、、喜び、、、ぃぃい!

 わたしは、、わたしは、、社会人である前に、、
 おんななの~~うふふふふふふふぅ~♡」

電話に聞こえるように大声で叫ぶ。
何かわけのわからないことを言っていたが、
そのまま喘ぎ続けていると電話は切れた。

「--えへっ!き~れちゃった!」
可愛らしく笑う真帆。

さらに興奮した真帆は
スーツを脱ぎ、スーツを車の外に投げ捨てた。

そして車の中で半立ちになって
スカートを脱ぐと、スカートも脱ぎ捨てる

「えへへ…
 わたしったら、な~んて格好で運転してるのかしら…
 
 あぁぁ…たまらないよぉ」

既に真帆は3回絶頂を迎えて
体を震わせていた…。

車のドアを開けて、外に聞こえるように大声で喘ぐ真帆。

しかも、上下共に下着だけの姿になっている。

真帆は車を一旦停車させ、
自分の体を晒すため、車のドアを全開にして
喘ぎまくった。

「いひっ…年頃の女の子がぁっ
 こんな、恥ずかしいことしてるぅ!!!

 あぁぁああん!
 すごいよぉ!エロいよぉ!!!
 真帆、滅茶苦茶になっちゃったよぉ♡」

車の近くを通った人が驚きの視線を
真帆に送るー。

車の運転席で、
下着姿の女性が、妖艶に喘ぎ続けている。

「---ま、、、、真帆…?」

真帆にとっては聞き覚えのある声。

ポニーテール姿の同年代の女性が
真帆の喘ぐ車の前に立っていた。

「あらぁ…!」
真帆は記憶をたどって、その女性の正体を理解した。

矢代 智香(やしろ ちか)
同じ大学出身で家も近所の子だ。
彼女は、入社式が明日のため、今日は休みのようだ。

「--な、、、何やってんのよ!」
智香が驚きの声をあげる。

だが真帆は笑った

「真帆~
 おかしくなっちゃったぁ!!

 ねぇ!智香ぁ!
 アンタも乗ってみない?

 人生観変わるよ!えへへ!」

真帆が言うと、
智香が真帆の行為をやめせようと車に乗り込んだ。

その時だったーー

「えーーーっ…いぎっ…
 あぁあああああああっ!」

智香に異変が起きる。
白目を剥き、泡をふく智香。

そしてーー

「えへへっ…
 わ、、、私も乗っ取られちゃったぁ~」

智香が邪悪な笑みを浮かべる。

ワンピース姿の智香は、自分のワンピースを
びりびりに破って微笑んだ。

「いやぁ~車の技術の進歩はすげーわ!
 魂を分離させて憑依することもできるように
 なったからな!えへへ!」

男言葉で話す智香。

真帆は笑い
「じゃあ、そろそろ行こ!」とつぶやき、
車を急発進させた。

「車の進歩は、俺の進化~!」
さっきまで、真帆の異常な行為に
顔をしかめていた智香は
真帆と同じだらしない表情を浮かべている。

智香は自分のポニーテールを乱暴に
ほどくと、
既に100キロを超えた車の中で、
微笑んだ。

「この先に~
 大通りの交差点があるよ、今回は
 そこでクラッシュしよ!えへへ!」

智香が真帆に抱き着くと、真帆はハンドルを
握るのを止めて、智香の方を向いて
智香を抱きしめた。

智香も真帆を力強く抱きしめ、
二人、熱くキスをする。

クチュクチュと音をたてる

「うふっ、あはっ、、あははっ、、あはっ、、えへへっ!」

「まほぉ…まほ!気持ちイイよぉ!」

亡霊に憑依された二人は
下着姿で熱く抱き合い、キスを交わしていた。

「ちかぁ…わたしたち、これから死んじゃうのに、、、
 しわわせだよね!!えへへへぇ♡」

「うん、気持ちイイよォ!
 真帆!真帆ぉ♡」

二人の興奮は頂点に達する。

そしてー
交差点は目前に迫っていたーー

赤信号の中、
片足でアクセルを踏み続けていた車は120キロを
超えていた

「あああああああああああああっ♡」

「私の体、気持ちいい!ああぁあああああん♡」

二人が耐え切れない快感に大きな喘ぎ声をあげた瞬間…

交差点の車と追突し、
玉突き事故を起こし、
車はペシャンコに押しつぶされた・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「暴走事故か…」
駆け付けた警察官が呟く…。

警官が、運転席と助手席で
血まみれになって死んでいる
下着姿の女性二人を見て顔をしかめる

「……凄い、嬉しそうですね」
後輩の警官がつぶやく。

「---あぁ、、、、最近の子は
 何を考えているんだか」

警官は理解不能、と言う様子で、
その場を後にし、
周囲の交通規制のため、動き始めた…。

ボロボロになった車。

だが、亡霊は確信していた。

”不思議と俺の宿ったパーツは、
 何らかの形で再生される。

 別の車のパーツに再利用されたりな…”

薄れゆく意識で亡霊は呟く。

次は何年後かー。
また、気づけば俺は綺麗になった車の中で
目を覚ますだろうーーー。

亡霊は、再び眠りにつく前に囁いた。

”また、会う日までーおやすみ”  と。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

ダークドライブは相変わらずダーク展開まっしぐら!
いつ書いてもこんな感じになります(笑)

しかし…
1回ごとに数年進んでるので
このまま書き続けると…(汗)

PR
憑依<ダークドライブ>
憑依空間NEO

コメント

  1. 柊菜緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    車は乱れて蛇行運転になっている。
    自動運転ついてて蛇行しちゃうかw

    むしろダークドライブはコメディ感ある気がする。

  2. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    車の部品が電車とか飛行機に再利用されたら大惨事になりそう…て思ったけど中古の車の部品をわざわざ使わないですかね

  3. 匿名 より:

    SECRET: 1
    PASS: 852f9ab654c0bf18686d2540c4bb0a7e
    リクエストです。
    父子家庭の娘は憑依能力を得って、近所の若妻や会社のOLに憑依して、成りすましながらお父さんを攻める…
    みたいなホワイトモノが見たいです。
    書いてもらえたら嬉しいです。これからも無名さんの作品を応援してます。

  4. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 車は乱れて蛇行運転になっている。
    > 自動運転ついてて蛇行しちゃうかw
    >
    > むしろダークドライブはコメディ感ある気がする。

    オートの切り替えができるみたいです(笑)

  5. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 車の部品が電車とか飛行機に再利用されたら大惨事になりそう…て思ったけど中古の車の部品をわざわざ使わないですかね

    電車とか飛行機に…
    (使うかどうかは上手く設定をつけて)
    やってみたいですね^^

  6. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > (リクエスト 鍵付投稿様)

    ありがとうございます^^
    気長にお待ち頂ければかけると思います!
    これからもよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました