<憑依>走れエロス

少女は、走り続ける。

例え、自分の体がどうなろうともー。

自分に憑依した男の意思に従い、
ただ、ひたすらに走り続ける…

この身、滅ぶまで。

-------------------------------

「うん、これから帰るね」
学校帰りの女子高生、新城 琴美(あらき ことみ)は、
笑みを浮かべながら電話で話していた。

家族と話しているようだ。

電話を終えた琴美は、同じ部活所属の
同級生と一緒に談笑しながら帰っていた。

その時だったーー

「あれ…えっ…?」
突然 琴美が悲鳴を上げる。

「---ね、、ねぇ、、か、体が動かない…」
恐怖を浮かべる琴美。

友人が慌てて駆け寄る

「え?ど、どうしたの…!?」
パニックを起こす友人。

「---あっ…た、、、たす・・・」
そこまで言うと、琴美は固まってしまう…

そして・・・

「ちょ、ちょっと琴美!?
 琴美ぃ!」

友人が叫ぶ。

が、その時だった。

「どいて!」
琴美が突然乱暴な口調で、友人を突き飛ばすと、
鞄を放り投げてそのまま走り始めた。

「えーっ、へっ?」
友人は唖然とする。
自分を突き飛ばした琴美が全力疾走している

「一体・・・なんなの?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「えっ、、えへへへっ やったぜ!
 本当に憑依できちゃったぁ!」

走りながら琴美が満面の笑みを浮かべている。

髪を振り乱し、
スカートを風でなびかせながら走っている。

「---あははっ!すっご!」
琴美は自分の胸を触りながら嬉しそうに声を出す

「これが女子高生かぁ~」

訳の分からないことを言いながら
全力疾走する琴美。

「・・・・・ったく、これさえなきゃな」
琴美が不愉快そうに目をつぶる。

男が使用した”憑依薬”は
海外で製造された安価な憑依薬だった。

数日前、大量にネットで流れたものを
男は購入したのだった。

だが、この憑依薬には重大な欠点がある。

それはー
”憑依のためのエネルギーを自家発電しなければならない”ことー。

つまり、憑依した体で、走り続けていないと、
すぐに憑依が解けてしまうのだ。

だから、琴美は走っていた。

「ま、いいよね!
 走ってれば好き放題できるんだし!」

男は、記憶の一部を読み取った。

「へ~新城 琴美ちゃんね!

 えへへ!琴美だよ♪」

嬉しそうに走りながら笑う琴美。

「はぁっ・・・はぁっ・・・」
可愛い息が口からあふれ出す。

それだけで琴美は興奮した

「うぁ・・・女の子の息切れ・・・
 いいなぁ・・・えへへ」

琴美は興奮してそのまま胸を弄んだ

「あっ、、ひぃっ!
 こ、、こんなに気持ちいいんだ!
 えへへ!えへっ、うへへへ!」

下心丸出しの表情で笑う琴美。

「えへへ!えへ!えへへへへ♡」
だらしなく唾液を垂らしながら走り続ける琴美。

周囲の通行人が汚い笑い方で笑いながら
走っている琴美を見て、
不審者を見る目で琴美を見つめた

「あはっ、、あっ!
 琴美、見られちゃってる、、えへへ~~~!
 はっずかしい~」

琴美が顔を赤らめる。

だがーーー

「あぁん・・・
 みられるって快感!!!
 えへへへっへへへへ~」

幼い顔立ちの琴美の顔が醜悪にゆがむ。

今の彼女に、周囲の目などどうでも良かった。

舌を出してペロペロと自分の指を舐める。

「う~ん!琴美ちゃんの指、おいっし~!」
自分の綺麗な白い手をペロペロペロペロと
なめまわす琴美。

唾液がイヤらしくしたたり落ちる。

「はっ・・・はっ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

既に1時間走っている。
全力で。

琴美は運動が苦手な方で
インドア系の少女だ。

その琴美が、既に1時間全力疾走させられている

「はぁ・・・あ、、、暑い・・・
 そうだ・・・」

琴美は走りながらブレザーのボタンを引きちぎると、
そのままブレザーを投げ捨てた。

近くにいた小学生が唖然としてその様子を見つめる。

呼吸が追いつかない。

「はぁ・・・あぁっ・・・あっ・・・
 琴美・・・しんじゃう・・・♡」

なおも走り続ける琴美。

制服のリボンを乱暴に取ると、
うっとりとした表情でリボンのニオイを嗅ぐ。

そして、満足した表情でリボンも道端に投げ捨てた。

その時だった。
スマホに着信が入り、
琴美がスマホを走りながら見ると、
それは母親からの連絡だった。

「琴美?遅くない?どうしたの?」
母の声。

その母に琴美は息を切らしながら言った。

「おかあさん、すっごいエロい体、産んでくれて
 ありがとう!
 おかげで今、琴美 すっご~く興奮してる
 えへへ!

 じゃあね!ばいば~い!」

息を切らしながら言うと、琴美はスマホを乱暴に投げ捨てて
そのまま走り続けた。

体は悲鳴を上げているー
琴美本来の意識もどこかで悲鳴を上げているかもしれないー。

けれども、
そんなことは今の琴美には関係のないことだった。

ひたすら全力で走る琴美。

あまりの疲労に、体が痙攣し、
頭痛がしてきた。

だがーー

「えへへーー
 まだ、琴美ちゃんの体 はぁっ・・・
 楽しみたい はぁっ はぁっ・・・」

琴美はそう呟くと、
自分の髪をグチャグチャに振り乱し、
笑い声をあげた

「あはははあっははははっ!
 憑依さいこぅ!!」

乱暴に胸を触り始める琴美。

顔色が悪くなっている。

「あっ、、、あっ、、はぁん・・・
 も、、、もう時間がないから、、、、
 一気にイクよォ・・・♡」

胸を刺激し続ける琴美

「あっ、、、あ、、、記憶読むと、、、
 わたし、、まだ、、、彼氏もいないのに
 こ~んなはずかしいことぉ!

 あっ、、、でも、、それをさせてる、、、
 いえ、、させられてるっていうのに
 とっても、興奮する

 はっ、、、あ、、、あ、、、
 あああああああっ♡」

足からボタボタと愛液を垂らしながらも走る琴美。

そして

「ううううっ、、、あぁぁぁああああああっ!
 も、、、もうむりぃ!!!

 ごめん、琴美ちゃん、
 イッチャウ!!イッちゃう!!

 あああああああああああああっん♡」

絶頂に達し、体をガクガク震わせる琴美。
その場に倒れそうになる。

けれどもーー
”憑依を続けていたい”

その一心で琴美はなおも走り続けた

男の意思に従って。

「ゲホッ・・・」
琴美の口から血が吐き出された。

「---や、、、やばいんじゃない、わたし・・・
 で、、、でも いっか♪
 私の体じゃないんだしぃ!

 えへへへへへ~」

琴美の額からは冷や汗が流れている。

もう、体は限界だった。

けれどー
琴美は走り続けた。

男の”憑依を続けたい”という欲望に従って。。

「うううう、、、あっついよぉ!」

琴美は乱暴に制服を脱ぎ捨て、下着姿になった。

「えへへ!つかまっちゃうかも♪
 もう、どうにでもな~~~~れ!」

琴美は野獣のような表情を浮かべて
スカートをも脱ぎ捨て、
白い綺麗な足を大胆に露出した

周囲の通行人が驚いて琴美を見る。

「あはははははははっ!
 琴美~自由になっちゃいましたぁ♡」

下着以外の服を全て脱ぎ捨てた琴美は、
大声で叫んだ。

この方が走りやすい。

この方がーー。

その時だったー

突然、胸が苦しくなり、
呼吸が、出来なくなった

「ひっ・・・あ、、、か・・・」
青ざめる琴美。

だが、琴美はそれでも走ろうとした。

しかし・・・

琴美は、、、
その場に倒れてしまった・・・

そしてーーー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「はぁっ!くっ・・・」
ぼろアパートの一室。

男は目を覚ました。

「---ふふっ」
男が笑みを浮かべる。

最高だった。

もうちょっと楽しんでいたかったけれど・・・。
もう、しょうがないよな。

あの子はどうなったのだろうか。

ま、俺には関係ないか。

そんな風に思っていると、彼は無性に走り出したくなった。

「なんだよ・・・
 さっき走ったから、快感にでもなったのか?」
自分で笑いながら男はうずく体を抑えながら、
外出する準備をした。

「--はぁ、ちょっとだけ走るか!」

そう言うと、男は走り出したー。

男が出かけたぼろアパートの一室には
”憑依薬”と書かれた容器が転がっていた

その容器の下の方には小さく
”副作用に注意”と書かれていた・・・

安物の憑依薬には副作用があった。

それはー
”憑依している間”行ったことが
強く自分の脳に刻み付けられてしまうという副作用が。

男はー。
その後、死ぬまで走り続けた。

”走る””走らなくては””はしる!”

走る、という思考に支配された男はー、
自分の体を止めることができず、そのまま発作を起こして死亡した。

”安物買いの銭失い”

憑依薬にも、多少のお金をかけなくてはならないー。

おわり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

安物憑依薬のお話でした(笑)

安物ゆえ、色々な影響があるみたいですね。

走らされた琴美は災難でした・・・
あの後どうなってしまったのかは
皆様の妄想の中で補完してください!!!

PR
小説

コメント

  1. 柊菜緒 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今までで一番の謎ストーリー(笑)

  2. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    安物の副作用これはこれで面白そうですね

  3. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 今までで一番の謎ストーリー(笑)

    本当にその通りです(笑)
    書き終えたあと「ん???ま、いいか」となりました

  4. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 安物の副作用これはこれで面白そうですね

    安物は買っちゃいけない ということですね^^
    でもダイ〇ーに憑依薬売ってたら買ってしまいそう…

  5. たなや より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お願いです!
    売上少女の続きを明日書いてほしいです!
    楽しみで仕方ないんです!!!

  6. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > お願いです!
    > 売上少女の続きを明日書いてほしいです!
    > 楽しみで仕方ないんです!!!

    楽しみにして下さりありがとうございます~

    ただ、さすがに1日に2個書くのは厳しそうです(汗)

    予定を載せちゃっていて、
    明日載るはずのものを楽しみにしている方も居ると思うので
    急に変更は難しかったり…

    お待たせしてしまってゴメンナサイ^^