混ざり合う意思 外伝 ヒットマン・加奈

今日は混ざり合う意思
その後を描いたスピンオフ小説を…。

ムスメの身代金の続きはまた明日…(汗

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

黒いミニスカートに、
ジャケットを着こんだ女が
夜の街を歩いている。

ミニスカートの下には
ナイフが足に巻きつけられている。

ミニスカートからは周囲の男を誘うかのように、
大胆に足を露出している。

そんな彼女ー
北村加奈(きたむら かな)は女子高生だー。

いやーーー
数か月前まではーー。

彼女はとある犯罪者が起こした死亡事故現場に居合わせた。

その際に、彼女の中に、
死にかけた凶悪犯罪者の残留思念が憑依してしまった。

それから加奈は変わった。

少しずつ、凶悪犯罪者の意思と自分の意思が混ざり合った。

そして、彼女は豹変し、
高校をやめ、家族を捨て、
裏の世界に生きるヒットマンとなった。

加奈は、、可愛らしい容姿だった。

自分の可愛らしさがこんなことで役に立つなんて、、と
加奈は笑う。

女を武器に加奈は女子高生の年齢でありながら
次々と裏の世界の暗殺をこなして行った。

そして、今日も。

「ここねー」
加奈は邪悪にほほ笑んだ。

とあるホテルの一室。

「--お待たせ」
加奈が色っぽい声を出して部屋に入ると、
金髪の男が振り返った。

とある組の一員だ。

「いや~可愛いね。
 その年で、体売ってるなんて、大丈夫なの?」
男が言う。

加奈は馬鹿にするように笑った。

「家族なんて、もう捨てたから。
 私には必要ない」

加奈は愛想なく言った。

加奈は家族思いだった。
しかし、それも凶悪犯罪者の意思と混ざり、
消えてしまった

「ーーーじゃ、私が…楽しませてあげるね♡」

彼女はそう言うと、妖艶な笑みを浮かべながら
男に近づいた。

そして男を押し倒す

「うわっ!すげぇ…加奈ちゃん!
 君みたいな壊れた子好きだぜ 俺」

金髪男は加奈の胸を触り始めた。

加奈は嫌というそぶりを一切見せずに笑う。

「んっ…・あっ♡
 感じてきちゃった♡」

加奈が顔を赤くしながら甘い吐息を漏らすー。

金髪男の興奮は高められていく。

金髪男はたまらず加奈を逆に押し倒し、
上から彼女の唇を奪った。

そして彼女の体をーー
堪能していく

「あぁん♡」

加奈がうっとりとした表情で天井を見つめるー。

数か月前まで、自分は普通の高校生だった。

でもーー
あの日から自分は変わった。

幸雄という凶悪犯罪者と混ざりあったのだ。

最初は怖かった。
けれども今はーー
満足している

この日々にーー。

あんな腑抜けた同級生や
うざったい親となんて一緒には要られない

こうやって毎日、楽しく生きる
それこそがーー
”俺”の人生じゃないか。

「あぁあああああ♡
 加奈、気持ちいい!
 もっと、もっと!♡」

加奈が部屋中に響き渡る
透き通った可愛らしい声で喘ぐ。

金髪男は狂ったように加奈を堪能している

その時、加奈は邪悪な笑みを浮かべた。

「そろそろ…♡」

加奈がささやくようにして言うと、
男が顔をあげた。

「--お仕事するね♪」

そう言うと加奈は隠し持っていた銃で、男を撃ちぬき、
男は驚きの表情を浮かべたまま動かなくなった

返り血を浴びた加奈。
加奈は冷静に洗面台で血を洗い流す

血を洗い流す加奈は、
先ほどの男との行為の余韻に浸っていた

「…私の体…気持ちイイ♡

 本当に…あの時、死んで良かった~」

凶悪犯罪者の意識。
加奈の意識。

両方の記憶と人格が混ざり合っている加奈。

時々、凶悪犯罪者の事を自分の事のように
語ることもあるー。

「……さて…」
加奈は再び笑みを浮かべると、
妖艶に、再び、夜の街を歩き出したー。

そこに、優しい女子高生の面影はーー
もうなかった。。

外伝 完

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日はムスメの身代金の続きです^^

憑依<混ざり合う意思>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました