憑依小説 混ざり合う意思④

加奈は加奈であることに間違えは無い。

しかし、入り込んだ意識と混ざり合い、

確実に、加奈は、加奈でなくなっていく…

--------------------------------------------------

加奈の部屋からは喘ぎ声が響き渡っていた。

「あっ…あぁ…気持ちイイ…♪」

加奈は自分の体を一心不乱にもてあそんでいた。

めちゃくちゃになってしまいたい。
もっと、もっと…

加奈は髪を振り乱し、
狂ったように自分の体を触っている

「あぁ…はぁ…はぁ…」

もう何度も絶頂を迎えている加奈は、
流石に体力が無くなってきたのか、
その場に座り込んだ

「あぁ~~~気持ちいい」
加奈はうっとりとした表情でつぶやく。

そしてしばらく部屋の天井を見つめる

…わたし・・・何でこんなことしてるんだろう・

ふとそんな疑問が頭を過る

しかし、そんなことはどうでもよかった。

こんなに可愛い体だから、
こんなに気持ちいいから…

細かいことなんて気にしなくていいよね…

加奈はそんな風に思った。

しばらくして、加奈は立ち上がり、
自分の身なりを整えた。

相変わらず普段の加奈が着なさそうな
派手な格好をしている。

乱れきった髪を化粧台の前で整える。

「はぁ~~
 なんか新鮮な感覚。
 どうしてだろ??」

加奈はそんな風に呟きながら
満面の笑みで自分の髪を整えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜。

加奈は昼間の事を思い出す。

自分の体を見て、興奮が抑えられなくなった加奈は
本能の赴くままに自分をいじり倒した。

鏡に映る自分に興奮し、鏡にキスをした。
鏡ごと自分を抱きしめた。

しかし、今になって思う…
何て気持ち悪いことを…。

自分で自分が嫌になった。

「……疲れなんかじゃない」
加奈はそう呟いた

「誰か…・…助けて」
加奈は涙ぐんでそう呟いた。

加奈はふと思い立つ

「……もうダメ…
 お母さんに相談しないと…」

自分がオカシイ…
このままだとどうにかなってしまう。

そんな恐怖から加奈は母親に相談することを決意した。

1階に降りる。

「あれ?どうしたの?」
母親が加奈の方を見る。

加奈の母親はまだ30代後半。この年の娘を持つ
親としては若い方だ。

外見上も若々しい。

「お母さん…」
加奈は母親に語りかける。

相談…するはずだった加奈はとんでもない行動に出る。

突然、加奈は母親に向かってキスをした

「ちょ…な、なに?」
母親がたじろぐ

しかし加奈は言う
「お母さん、私を、、私をめちゃくちゃにして!」
加奈は興奮した様子で言う

荒い息遣いの加奈を、母親は必死に引きはがそうとする

「ちょ、、やめなさい!」
母親が言うと、加奈は突然力を込めて母親を押さえつけた

「うるせぇよ…私を満足させろってんだよ!」
加奈とは思えない口調で、母親を威圧する

「え・・・」
突然の言葉に母親はもう返す言葉が無かった

「……いやっ!」
突然、加奈が母親を突き飛ばす。

「わ・・・私・・・何してるの??」
加奈が訳の分からないと言った様子で涙ぐむ

突き飛ばされた母親もわけがわからず
加奈の方を見る

「か…加奈・・・どうしたの?」
母親が言うと、
加奈が言う

「……ねぇ、、私、、どうしちゃったんだろう?
 最近・・・・・
 
 …もうイヤ!」

加奈はそのまま自分の部屋へと走り去ってしまった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

週明けの月曜日。

美優が登校すると、
加奈は既に投稿していた。

ロッカーの荷物を整理しているようだ。

「加奈、おはよう」
美優が背後から声をかけると
加奈が振り返った。

加奈はいつものような笑顔で
「おはよう」と
ほほ笑んだ。

美優は一つ違和感に気付く。

加奈の制服のスカート丈が随分短くなった気がする。

「加奈・・・?大丈夫?」
先週のこともあり、美優は心配して加奈に尋ねた。

「え?私?大丈夫大丈夫。
 もうすっかり元気になったよ
 やっぱり疲れてたみたい。」

そう言いながら加奈は教室の中に入っていった。

机に着席した加奈が何かを呟いている

「私は……北村加奈・・・
 違う私は…倉持 幸雄…??」

ぼそぼそと加奈がつぶやいている

「もう怖がらなくていいの…・・」
加奈が一人呟き続ける。

「違う…私は・・・か……私は…私よ・・・ウフフ…」
加奈が不気味に一人笑う。

その様子に美優が気づく。

「加奈・・・?」
呼びかけると、加奈はいつものように美優の方を見て
笑顔を見せた。

その時だった。
美優の新しい彼氏、高藤が教室にやってきた

「なぁ、美優」
何かの相談のようだ。

美優と高藤は仲良さそうに話している。

その様子を見た加奈は腹が立った。

自分にはこんなこと一度もーー
こんなこと。。

「ねぇ高藤君」
突然 加奈は椅子から立ち上がり
甘い声を出した

「加奈・・・?」
いつもと違う声色に美優は戸惑う

「私と……付き合って♪」
甘い声でそう言うと加奈は突然高藤を押し倒して、
その上に馬乗りになった

「な…なんだよ北村さん!」
高藤が驚いて声を上げる。

しかし有無を言わさず加奈は高藤に口づけをし、
クチュクチュと音をたてはじめた

「ちょっと!加奈!ふざけないで!」
美優もさすがに頭にきて、怒鳴り声を上げた。

すると加奈は笑い始めた

「アンタより私の方が可愛いから。」
それだけ言うと、加奈は再び高藤に体を押し付けはじめた。

そして高藤もその気になってしまったのか、
加奈を抱き寄せている。

「ちょ…何なのコレ」

美優だけでなく、クラス中が騒然となっていた・・・

⑤に続く

憑依<混ざり合う意思>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました