憑依小説 混ざり合う意思①

クラスでも優秀な成績を誇る優等生。。

ある日、そんな彼女に凶悪犯罪者の意識が混ざり合ってしまう…

果たして、彼女の運命は・・・?

-------------------------------------------------------—

とある高校。

二人の女子生徒が談笑しながら帰路についていた。

北村 加奈(きたむら かな)と
藤堂 美優(とうどう みゆ)

二人は中学時代から親友の間柄だった。

加奈は、控えめな性格で、クラスで2位の成績を誇る優等生。
生徒会書記でもある。

美優は少し活発な、女子生徒。明るい性格で友達も多い。

「え、本当に?」
美優の言葉に加奈が反応する

「うん、ホラこれ」
美優は最近、彼氏が出来たようだ。

彼氏の写真を加奈に見せる美優。

「え~凄い、結構かっこいいね!」
加奈が笑顔で言う。

加奈は人をねたんだりするタイプではない。
美優の事をまるで自分の事のように、心から祝福してくれる。

「…加奈にも、そのうち良い人が見つかるよ」
美優が笑顔で言うと、

加奈も「そうだといいね」とほほ笑む。

「あ、私、今日はこのあと、バイトがあるから、
 あっち方向なんだ!」
加奈が駅とは違う方向を指さす

「あ、そっか。じゃあ今日はここまでだね。
 また明日!」
美優が手を振ると、加奈も手を振った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バイト先への道を歩いていると、
突然、後ろから車が凄いスピードで走ってきた。

そして車はそのまま近くの電柱に激突した。

突然のことに加奈は驚く。

「え…え…?何これ・・・?」
加奈がおびえた様子で、恐る恐る車に近づいた。

その時、パトカーのサイレンの音が聞こえてきた。

加奈はサイレンの方に目をやる

「もしかして、この車…」
直感的にこの車がパトカーから逃げていたのではないかと
悟る。

恐る恐る運転席を覗くと、
そこには血まみれになった男がいた。

男は生きていた

加奈の方をじっと見る。

「俺は……まだおわれねぇ」

「きゃあ!」

突然 声を出した男に加奈は怯えて後ずさる

「おびえんなよ…なぁ…

 俺は…まだ、、、死にたくね……ぇ」

男はそのまま目を閉じた。

「え…え…?」
加奈は涙ぐんだ表情で男を見る。

男は死んでしまったのだろうか。

加奈が男を不安げに見つめたその時だった。

突然男が目を開き、その目が赤く光った気がした。

…加奈は驚いて、目をそらし、もう一度男の方を見たが、
その時にはもう、何の異常も無くなっていた「

「今の…?」
加奈はそう呟くと、
不思議と目の前の光景が気にならなくなぅていた。

「あ、そうだ バイトバイト」
そう言うと、加奈はバイト先に走り出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お疲れ様」
バイト先の閉店時間。

加奈はいつものように仕事を終えた。

「…お疲れ様でした~!」

愛想の良い加奈は先輩・後輩問わず
人気がある。

「加奈ちゃんがいて、本当に助かるよ」
バイト先のプレイボーイ・石田が言う。

何かと加奈にアプローチをかけてくるが、
加奈はいつも笑みを浮かべて上手く回避している

加奈は笑顔でいつものように、石田の戯言を流す。

そして呟いた

「面倒くさ…」
加奈はそう呟いた

「え?」
目の前の石田がきょとんとした顔をする

「え??」
加奈自身も今、自分が何を言ったかわからないという様子で
首をかしげた

「あれ…?今、ワタシ…?」
加奈は微妙に違和感を感じた。
一瞬意識が飛んだ気がしたのだ。

疲れているのだろうか。

夜。

自宅で眠りについた加奈は夢を見た

「俺はまだ死ねねぇ…」
あの男だ。
事故を起こして血まみれになっていたあの男。

「俺は…生きる…」

男が頭の中に直接語りかけてくる気がする

そして男が加奈の方に向かって歩いてきた。

「いやっ!」
加奈はベッドから飛び起きた。

「はぁ…はぁ…夢…」
加奈は冷や汗をかいていた。
怖い夢は今までにも何度も見ている。

だが、今のは…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登校すると、美優が手を振りながら近づいてきた

「あ、美優おはよう」
加奈が笑顔であいさつすると、
美優はねぇねぇ聞いてよ、と
彼氏の話をし始めた。

加奈は笑顔でいつものように話を聞いていた。

しかし…。

ウザッ…

加奈は内心でそう思った。

そしてすぐに思う

「え??今、私、美優のこと…?」

今までそんな風に思ったことはなかった。
美優は自慢話が多いけれども、加奈にとって大切な親友だったし、
悪いように思ったことなんて一度も。

そんな加奈をよそに、自慢話を続ける美優。

しかし加奈の意思とは裏腹に、
加奈は次第にイライラしてきた。

”どうしちゃったの私?疲れてるのかな…”

加奈はそんな風に思っていたが、
次第にイライラが抑えられなくなって口にした

「ねぇ…そんなに私に自慢したいの?彼氏のこと?」

目の前の美優が驚く。

「え、、ご、ごめん。そんなつもりじゃ…」

その言葉を聞き、加奈も自分で驚く

「え…あ、、あれ?今、私・・・?」

混乱する加奈に美優が言う

「ごめんね、不愉快な思いさせちゃって、
 私、先に教室に行ってるね!」

美優はよそよそしく立ち去って行った。

「え、美優!
 ご、、ごめんね本当に!」
去っていく美優に加奈は叫んだ。

「何で…私・・・?」
加奈は動揺する。

そして次の瞬間笑みを浮かべた。

「…うっざ… そうだ…
 美優から彼氏奪ったら美優どんな顔するかな~~?」

そう呟くと、不安げな表情の消えた加奈は美優の後を追い、
教室へと歩き出した。

②へ続く

憑依<混ざり合う意思>
憑依空間NEO

コメント

タイトルとURLをコピーしました