優等生の転落 ④ ~もう、戻れない~

この世には、決して”戻れない”ものがあるー。

香織は、もう戻れないー。

優等生の転落、最終回!

---------------------------------------------—

「あ、あはははははははははは!」

笑い続ける香織。

たまらず浦野が声をかけた

「お、おい、大丈夫かよ」

その言葉を聞いて、香織が振り返った
「だぁ~~いじょうぶよ」
香織がなおも笑っている

浦野は、怖くなりつい口にする

「お、おい井浦…どうなってんだよ?」
小声で言う

「井浦?」
高野が反応する。

「井浦~~あははははは!
 私をあんなヤツと一緒にしないでよ、

 私は城咲 香織だし~~」

狂ったようにハイテンションな香織。

「な…」
浦野は驚く。

確かに城咲の中には井浦がいたはず。

一体、どうしてしまったのか?

ふと思い出す。

そういえば、あの薬…
”副作用”があると書いてあったような…

「し・・・城咲さん?」
高野が声をかけると今度は高野の方を向く

「あは…高野君~~
 高野君みたいのいじめると楽しいよね~~~

 あっちの浦野もそうだけどさ~~~!

 人が苦しんでるのって超最高!

 あはははは、あはははははあ~~~」

なおも香織は狂ったように笑っている

「し・・・城咲さん」

「城咲さんに何をしたんだ!」
高野が怒っていう。

浦野にもわからなかった。

浦野は動揺して真実を話す。

「な・・・なんてことを」
高野はショックのあまり、その場に座り込んだ

「ありがとっ 浦野君~~~
 おかげで私は本当の自分に気づけたから

 ああああぁぁ 最高っ!」

そう言うと、香織は空き教室を立ち去った。

「城咲さんーーー」

「井浦ーーー」

残された二人はただただ唖然としていた。

それから数週間。

すっかり変わってしまった城咲香織は、クラスで孤立した。

しかもそれもお構いなしに、周囲への嫌がらせを繰り返す。

優等生だった城咲香織は今やすっかり問題児になっていた。

城咲香織を乗っ取ったはずの井浦は消えてしまった。
そして城咲香織は城咲香織ですら無くなってしまった。

井浦でも香織でもないーーーー
今の彼女は一体…。

高野と浦野は、大切なものを失った傷をなめあうかのように、
仲良くなっていったのだという。

おわり

憑依<優等生の転落>
憑依空間NEO

コメント

  1. ナゲキ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    後味悪いけど、浦野みたいに自業自得的になるのも面白い。何せ普通なら奴も得をするはずだったのだから

  2. 無名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 後味悪いけど、浦野みたいに自業自得的になるのも面白い。何せ普通なら奴も得をするはずだったのだから

    ありがとうございます^^
    この後が色々と大変でそうですね・・

タイトルとURLをコピーしました